FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

クラッククライミング

2015.10.07

DSCF6669_convert_20151008075244.jpg
渡渉を終えて、岩場に向かいます。

Tamtam君からお誘いを受け、怪我後初めて第一岩壁に行ってきました。
調べてみたら第一岩壁は3年ぶりでした。
もちろんクラッククライミングも3年ぶりということになります。

DSCF6670_convert_20151008075304.jpg
NanohaBab さんの散骨を少しだけしました。

DSCF6473_convert_20151008105424.jpg
2012年10月のBab さんの登り。
第一岩壁最後の登りとなりました。

身体の調子と、ブランクで当然登れないことを覚悟しています。
リードなんてとても出来ないので、トップロープをお願いする。
それでも久しぶりの岩場。気持ちがよい。

DSCF6671_convert_20151008075323.jpg
TamTam 君の「これなんですか」の出だし。

今日は平日とあって我々のみ。
ゆっくり登る。

3年前のこのころと比べるとTamTam君の成長著しいのには目を見張るばかりでした。

DSCF6672_convert_20151008075342.jpg

DSCF6673_convert_20151008075400.jpg
「これなんですか」の上部を登る。

DSCF6471_convert_20151008105402.jpg
2012年10月のサキサカ下部を登るTamTam君。
この当時まだTR?でしたか。今じゃ11もトライする人に!

DSCF6674_convert_20151008075417.jpg
Amy ちゃんの登り。

DSCF6676_convert_20151008075438.jpg
初めて?のクラック。Kaori ちゃん。
センスあり。これからもやりたいと言ってました。

記録:
①これなんですか:TamTam君にトップロープを張ってもらい、残り3人はTRで練習。
            当然ノーテンデは登れませんでした。
②奥壁の5.7 or 5.9のルート:ここもTRを張って登らせてもらいました。
            ここは5.9の方を何とかノーテンで登れました。
③スネークマン:TRでも全く登れませんでした。
④サキサカ下部:TRで何とか登れました。


DSCF6294_convert_20151008105542.jpg
2012年10月の「これなんですか」を登るGramps。
もうリードはできないかも。

やはりクラックも通わなければ登れないと痛感しました。またよろしくお願いします。
中級登山学校・コーチ研修       小太郎岩

2015.08.22

中級登山学校前日に同じ場所でコーチ研修が行われた。
その模様を写真で紹介しました。

動ける範囲内で撮ったので、写真漏れしている方たちも大勢います。悪しからず!

DSCF6102_convert_20150824220156.jpg

DSCF6103_convert_20150824220235.jpg
小太郎岩・ライオンハングと5段ハング

DSCF6104_convert_20150824220304.jpg
出発準備中のパーティー

DSCF6108_convert_20150824220324.jpg
右下部岩壁を登る

DSCF6109_convert_20150824220344.jpg
下部岩壁登攀中
蒸し暑くて汗びっしょりです。

DSCF6110_convert_20150824220407.jpg
下部岩壁を登る
今日は風気味で調子はイマイチでした。

DSCF6112_convert_20150824220430.jpg
上部1ピッチ目を登る
鼻右から5段ハングが今日のルートです。

DSCF6113_convert_20150824220516.jpg
上部2ピッチ目の登り始めのパーティー
今日のルートはライオンハングの鼻

DSCF6114_convert_20150824220537.jpg
上部1ピッチ目を登ってきました。
鼻の左を登る予定。

DSCF6117_convert_20150824220601.jpg
1ピッチ目終了点より俯瞰。

DSCF6125_convert_20150824220627.jpg
2ピッチ目を登る。
鼻左ルートに向かう。

DSCF6126_convert_20150824220651.jpg
1ピッチ目を登る。
リボルト隊も兼ねています。

DSCF6127_convert_20150824220716.jpg
2ピッチ目のライオンの鼻の乗越。
頑張りましたね!

DSCF6129_convert_20150824220800.jpg
鼻の上でビレー中。

DSCF6130_convert_20150824220823.jpg
3ピッチ目
5段ハングルートに向けてピッチを切りました。

DSCF6131_convert_20150824220852.jpg
鼻乗越中。
珍しく真剣顔。やっぱり今日は体調が悪そう。

DSCF6135_convert_20150824220917.jpg
4ピッチ目の5段ハングを登る。
ピッチを刻んだため4ピッチ目になりました。

DSCF6136_convert_20150824220941.jpg
2ピッチ目終了点よりルート探索する。

DSCF6138_convert_20150824221007.jpg
登り終えて
終了点にNanohaBab さんの散骨を少しだけしました。
Bab さんも中級には何年も参加されていました。


DSCF6142_convert_20150824221038.jpg
帰還してのひと時
店主のN さんも!

DSCF6143_convert_20150824221106.jpg
夕方から入山した生徒さん達(1)

DSCF6145_convert_20150824221129.jpg
こちらも夕方に入山しました生徒さん達(2)

DSCF6146_convert_20150824221157.jpg
夕食のひと時

DSCF6147_convert_20150824221221.jpg
夕食も作ってくれました。
ありがとうございました。

明日は中級登山学校本番です








中級登山学校・小太郎岩・アブミ

2015.08.23

昨夕から入山して、朝から始動。
昨日よりは爽やかである。

我々は3時半起床、ライトを点けて4時半出発。
明るくなるまで、取り付で待って登攀開始。

DSCF6149_convert_20150825102007.jpg
登攀前の無線チェック
右下部岩壁

DSCF6152_convert_20150825102104.jpg
明るくなってきたので登攀開始
ライオン鼻の左ルートを登る予定。

DSCF6154_convert_20150825102128.jpg
こちらも登攀開始
こちらは鼻の右から5段ハングの右を登るルート。

DSCF6161_convert_20150825102152.jpg
生徒さんもセカンドで登攀開始

DSCF6162_convert_20150825102219.jpg
上部岩壁2ピッチ目を登る。

DSCF6163_convert_20150825102245.jpg
上部岩壁1ピッチ目を登るリーダー。
この草付ルートはまだ登ったことがない。

DSCF6167_convert_20150825102309.jpg
上部岩壁1ピッチ目の終了点にて
余裕の笑顔?が見える。

DSCF6168_convert_20150825102332.jpg
1ピッチ目終了点間近

DSCF6169_convert_20150825102359.jpg
1ピッチ目左を登る
声を掛けたら上を向いてくれました。

DSCF6170_convert_20150825102427.jpg
同じく1ピッチ目の登攀。
さすが余裕を見せます。

DSCF6171_convert_20150825102449.jpg
ライオンの鼻左ルート2ピッチ目を登る。

DSCF6173_convert_20150825102558.jpg
左ルート3ピッチ目の確保

DSCF6176_convert_20150825102627.jpg
ライオンの鼻ルートをリードする。

DSCF6182_convert_20150825102653.jpg
左ルート3ピッチ目をフォローする。

DSCF6183_convert_20150825102718.jpg
昨日登った5段ハングの右をリードする。

DSCF6185_convert_20150825102750.jpg
左ルート3ピッチ目
アングルが良いのでついつい撮ってしまいます。

DSCF6188_convert_20150825102818.jpg
また撮ってしまいました。

DSC_0296_convert_20150825102838.jpg
右ルート最終ピッチを登る2人。            photo by Yさん

DSCF6189_convert_20150825102905.jpg
藪の中での最終ピッチをビレーをする。

下山してきました。

DSCF6190_convert_20150825102929.jpg
生徒さんたちのテント村ができていました。

DSCF6191_convert_20150825103000.jpg
帰還第1号

DSCF6193_convert_20150825103025.jpg
5段ハングの登攀
小屋のテラスからズームで撮る

DSCF6194_convert_20150825103050.jpg
帰還第2陣

DSCF6202_convert_20150825103359.jpg
川で水浴する・・・
計4人・全員の光景を載せたかったのですが、中1人余りにもが露わな姿でしたので諦めました。

DSCF6208_convert_20150825103147.jpg
下部岩壁での練習(1)  ズームで

DSCF6210_convert_20150825103217.jpg
下部岩壁での練習(2)

DSCF6211_convert_20150825103422.jpg
下部岩壁での練習風景(3)

我々は少し早く下りてきてしまったようだ。

DSCF6214_convert_20150825103303.jpg
店主Nさんと集合記念写真

以上

名張・香落渓谷の岩場 第一岩壁

DSCF6466_convert_20121023121526.jpg
今朝の第一岩壁

期間:2012.10.21夜~22
参加者:NanohaBab、TamTam、Gramps、SnowArrow(日帰り)(OGT)
    :かつお(OZW)日帰りで屏風岩

ロックガーデンンでの「ぽっぽ岩登りスクール」終了後の懇親会の途中で帰らせてもらい現地に向かう。

22時30分就寝、6時起床、8時40分登攀開始。
先週同様いつもより1時間半くらい早い開始である。

DSCF6468_convert_20121023121614.jpg
サキサカ下部を登るOGTさん

今朝は3人のみでスタート。

1本目:「直登」。最上部で今回も少しカムを掴んでしまった。

感覚的には前回よりレベルアップしてきたようだ。
良い感じであった。

TamTam君は上部で苦戦。
Babさんは前回より登りよくなってきている。
やはりクラックも回数が上達への近道か。

DSCF6474_convert_20121023121815.jpg
CONDO SAN Ⅶ級 を登るOGTさん

2本目:「これなんですか」前々回は精いっぱいのRP。
前回はテンション。
最後の抜け口のムーブがよくわからなかった。

今回は抜け口のチョックストーンが掴めたが頼りない。
それでも頑張って登り切れた。

きっと力任せでではない登り方があると思う。
それが分かるまで頑張ってみよう。

DSCF6469_convert_20121023121639.jpg
CONDO SAN へのアプローチ 花 の下部をフォローするSnowArrow君

Babさん下部の登りがうまくなってきた。
上部の被りはテンテンでトップアウトした。

3本目:「高田屋10b」。TRでトライ。前回余裕をもって登れたのに、
今回はメロメロ。

DSCF6471_convert_20121023121704.jpg
サキサカ下部を登るTamTam君

4本目:「 サキサカ下部」フォロー。抜ける前が力で登っている。

ここも工夫がいる。6年前にリードRPしているのになあ。

DSCF6472_convert_20121023121730.jpg
サキサカを登るBabさん

4,5本目:「花への取り付き」。サキサカ下部終了点から取り付きまで初リード。

でかいクラック結構怖い。
下部でテンション。上部は何とか登れた。

DSCF6475_convert_20121023121849.jpg
「はな」へのアプオーチ Babさん

5本目:「花」。6年前初めてここを訪れる。
それからはご無沙汰である。

ここ1年ぼちぼちクラックを登り始め、
最近少し足繁く通うようになってきた。

「花」は6年前初めて登って、2回目でRPできたルートである。
今日は6年もたっているのでOSトライみたいなものである。

自信をもって登れと言い聞かす。
登り始めたら下からBabさんが「がしっ、がしっときまっている」と。

DSCF6477_convert_20121023121921.jpg
「花」の出だしのGramps

ホンマ面白いようにきまっていく。

だが上に行くにしたがって狭くなってきてガシッ、ガシッとはいかなくなってくる。
先はまだまだある。

手指を入れるクラックが無くなり行き詰ってくる。
思わずレイバック。

そう言えば6年前もレイバックで登ったような気がする。
やっと最上部まで到着。

先回は最上部にカムを噛まして登った気がする。
今回は嵌めようかなと思ったが、余裕がありそうなので嵌めずにトラバースを開始。

怖いところだが恐怖心はない。
大股開きで終了点の錆びたリングにギリギリでヌンチャクを取りロープを掛ける。

一安心。
トラバースが終わり6年ぶりの再登ができた。

やはり最上部にカムを噛ますべきであった。

取り付きに帰ったら汗びっしょり。

DSCF6479_convert_20121023121950.jpg
そろそろ疲れてきました。ここから厳しくなってきます。

TamTam君ダブルクラックのこのルートをTRだが左だけできれいに登って行く。
途中上部でワンテンションあったかな?

DSCF6482_convert_20121023122038.jpg
最上部。ここからトラバースのTamTam君

Babさん5本目で疲れが出てきたようだ。
上部まで行ってリタイアー。

DSCF6480_convert_20121023122016.jpg
Babさんの登攀

今日はこれで終了。

DSCF6484_convert_20121023122100.jpg
今日も無事故で終わりました。感謝!

SnoArrow君は「でかいつら」を早々にRPしたようだ。
おめでとう!


帰りの渡渉は水嵩も減って、水も澄んでいる。

DSCF6485_convert_20121023122145.jpg
帰りの渡渉。あっ!

今度の木曜日から日曜まで明星山に、
11月2日から11日まで陽朔に行くので当分間名張には来れないのが残念。
名張・香落渓谷の岩場 第一岩壁

DSCF6292_convert_20121015134307.jpg
今朝の第一岩壁

期間:2012.10.13夜~14
参加者:SnowArrow、TamTam、ひよこ、Gramps(Sunny、OZW、OGT)

ぽっぽ岩登りスクール後の懇親会を終えて入山。
23時就寝、6時起床、8時30分登攀開始。

DSCF6290_convert_20121015134210.jpg
前夜のテント泊(1)

いつもより1時間半くらい早い開始である。
2グループに分かれての練習になる。

DSCF6291_convert_20121015134230.jpg
前夜のテント泊(2)

私は2日前に引き続き、昨日のスクールと3連荘。
少し疲れているかな?

1本目:「直登」。
最上部でA0をしてしまったが、
2日目よりは良い感じであった。

ひよこさんは下部でテンションが入っていたが、
上部の核心部は少し迷っていたが上手く登り切ったようだ。
立派!!

DSCF6293_convert_20121015134330.jpg
「直登」を登り始めるひよこさん

2本目:「これなんですか」
2日前に精いっぱいのRPしたのに、
今回はテンション。

DSCF6294_convert_20121015134358.jpg
「これなんですか」のGramps

最後の抜け口のムーブがよくわからない。
力任せでではない登り方がきっとあると思う。

ひよこさん上部がメロメロでした。

DSCF6303_convert_20121015135333.jpg
「これなんですか」の上部登り始めのひよこさん

DSCF6299_convert_20121015134433.jpg
「サキサカ下部」を登ってこられたSunnyさん
ビレーヤーはSnowArrow君

3本目:「高田屋10b」。TRでトライ。

8月に来たときはカム残してもらいどうにかこうにかノーテンで登れた。

今日はバックロープをつけてカムを噛ましながら登ってみる。
TRのせいか余裕をもって登れた。

DSCF6306_convert_20121015134455.jpg
「高田屋」上部ハング乗越をすませてのGramps

4本目:「これなんですか」TR。
疲れのせいもあるのかと言い訳。
最後の乗り越しが分かずにテンション。

ひよこさんもやっぱりダメ。

DSCF6308_convert_20121015134518.jpg
「直登」上部のTamTam


5本目:「でかいつら」。TR
最後に4人全員で登ってみる。

このルートこれで4回目である。

1回目ノーテン、2回目途中敗退、3回目はワンテン。
今日はノーテンで登れたが、
この登りじゃ登ったことにならないはずかしい精いっぱいの登り。

とてもナッツ、カムを掛けながらの登りなんてできやしない。

DSCF6309_convert_20121015134540.jpg
「RS]下部のOZW君

DSCF6312_convert_20121015134604.jpg
「RS」トライのOGTさん

TamTam君はスイスイ登った。
SnowArrow君はナッツ、カムを噛ましながらトライ。
ひよこさんはテンテンでした。(なぜかこれを見てTamTam君が大はしゃぎしていた)

DSCF6319_convert_20121015134628.jpg
訳あってお休み中のSunnyねえさん

一昨日と今日と楽しいクライミングができました。
やはり定期的に詰めて登りこまなくてはとても上達は望めないと痛感する。

DSCF6327_convert_20121015134705.jpg
帰りの渡渉                       17時30分