FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北アルプス・霞沢岳 その1

2015.04.30~05.03

4月30日:晴れ
負傷後初めての山行き。
静かな山行ができ、ロープは使わないで雪の中に入れる山。

会から候補にも上がった霞沢岳に決まりました。

何せ初めての山行で不安と期待を抱いての出発。
パートナーのIchie さんもそのあたりを気遣ってくれて助かります。

DSCF5405_convert_20150504094822.jpg
上高地で出発準備をするIchie さん

計画も行き帰りとも夜行は使わないで、朝出発して日中に走る。
従って行き帰りの道中に2日、山登りに2日とり、のんびりした山行にする

DSCF5407_convert_20150504094842.jpg
河童橋付近から望んだ穂高岳&岳沢

今年は雪が少なさそう。先日剣・八峰に行ったS.Arrow君も言っていた。
上高地周辺も例年に比べ極端に少ない。
今日は小梨平泊まり。

DSCF5410_convert_20150504094907.jpg
テント設営後先ずはビールで乾杯。
今回は軽量化で好きな日本酒はやめて焼酎にする。パートナーはウイスキー。

14時に小梨平に到着。
夕食までのんびりと過ごし、18時40分就寝。

記録:阪急茨木7:30→平湯12:00、13:10→上高地13:40、13:50~小梨平14:00

5月1日:晴れ
4時起床、6時過ぎ出発。

林道には全く雪がない。
昔は雪が一面にあったのに、年々少なくなってきている。
明神岳も雪が少ない。

DSCF5415_convert_20150504094932.jpg
明神から望んだ明神岳
明日から東稜に行くぽっぽ隊4名はどうするのかな?

徳本峠に入ってからも雪はなし。
ようやく沢筋に入って雪とご対面。

ここから峠まではしっかり雪がついていた。
積雪量はたぶん例年より、かなり少ないのであろう。

途中枝沢からの雪崩音を聞く。
全層雪崩に注意が必要。

徳本峠小屋まで結構長く感じられた。
以前来た時はあっという間に届いたような気がするけどなあ。
あっ、あの時は空身みたいなもんだったか?

DSCF5424_convert_20150504100141.jpg
新旧小屋のスタッフさん。
2010年に新館ができたそうだ。

DSCF5425_convert_20150504100214.jpg
小屋の前で記念写真を撮ってもらう。

そういえばここに前回来たのは2005年の正月だ。
新島々から会のメンバー6人で徳本峠越えをした時だった。

その前年NanohaBabさんと徳本峠越えを試みたが、
大雪で峠登り1/3くらいで断念した苦い思い出がある。

DSCF5429_convert_20150504100240.jpg
徳本峠展望台より望んだ明神岳・穂高連峰。

峠よりわずかなトレースと布を頼りにジャンクションピーク(JP)を目指す。
JPも雪が少ないのか、テンバとしてはイマイチ。

少し通り過ぎて、最低鞍部まで伸ばしてみる。
鞍部は少ししか雪が残っていなかった。

整地すればテンバにはなるが、
少し登り戻って雪の多いところに設営と決める。

DSCF5432_convert_20150504100305.jpg
テントに寝転がって仰ぎ見た碧い空。

今日もゆっくりした山行で、
快晴なので気持ちが良い雪山歩きができた。

記録:起床4:00、小梨平・出発6:10~明神6:40、6:50~徳本峠峠入口7:00~徳本峠9:25、9:50~
最低鞍部手前12:25



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/998-03fb6b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック