FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北海道・層雲峡(アイスクライミング)2日目
              
                  大雪山・黒岳登山

期間:2014.03.14(夕)~18
参加者:TuboKen、TuboSachi、Gramps

16日(日)2日目は銀河の滝の登攀予定が・・・黒岳登山に。

DSCF1667_convert_20140319161233.jpg
ロープウェーから俯瞰した「層雲峡・氷瀑まつり」会場

4時起床、5時出発。
ホテルから「銀河の滝駐車場」まで車で10分。近い!

目の前に見事な滝がある。
薄暗いと白い滝が垂直に突っ立って見える。

明るくなるのを待って行動開始。
誰も来ていない、我々のみのようだ。

先ずは石狩川の徒渉が待っている。
持参した膝までの長靴でぎりぎりセーフ。

取り付きまでは15分くらいのラッセルで行け、
ほんまに楽に取り付けるので、膝故障中の私には助かる。

徒渉し終わって、装備を装着していたら、グローブを忘れたとTuboKen。
再度渡渉をして、車の中を調べに行ったが見つからない。

もう今日は諦めて、
明日気持も新たに再チャレンジとする。

今日は天気も午前中はもちそうなのでさっちゃんも加わってもらい、
大雪山系・黒岳(1984m)登山に変更。

DSCF1670_convert_20140319161303.jpg
大雪山系・黒岳(1984m)

ローブウェー、リフトを乗り継ぎ1520mまで。
ここから生まれて初めてスノーシューでの登山

(実はレンタルのスノーシューはここより上部は使用禁止だそうだが、
なぜか今日は特別に貸してくれました)。

DSCF1673_convert_20140319161333.jpg
ペアリフトのお二人(KenとSachi)

我々の前には一人だけ。
スキー板のトレースが1本だけ。

晴れた日の広大な白い雪稜を歩くのは気持ちが良い。

DSC00572_convert_20140327164034.jpg
ひとりさびしいGramps

スキーのトレースの跡をスノーシューで歩くと谷側が崩れがちになり歩きにくく工夫がいる。

我々の後に10名くらい登って来た。
全員スキーかスノボーを担いでいる。

DSC00575_convert_20140327164055.jpg
初めて履いたスノーシューで

純然たる登山は我々のみのようだ。

今日は午後から天気が悪くなる予報なので11時を限度に下山することにする。
11時少し前に肩に到着。

DSCF1676_convert_20140319161402.jpg
スノーシュー履いて頑張るお二人

スノボー 組もスキー組もほぼ全員ここから滑り下りるようだ。
明日のクライミングも体力的に気になるので、
これ以上登らずに、下山することにする。

DSCF1677_convert_20140319161434.jpg
黒岳の肩でお遭いしたプロガイド氏?

下山時、傾斜のきついところはスノーシューでは滑り落ちそうで怖い。
脱いで「つぼ足」で降りる。

リフト降り場の少し前に到着した頃から雪になって来た。
下りのリフトは使えないので、スキー場を歩いて下山。
楽しいスノーハイクが出来ました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/790-5964f506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック