FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

南八ヶ岳 赤岳:天狗尾根       
           
      積雪期:新・旧人トレーニングを兼ねて

期間:2005.3.18夜~3.21
参加者:Furuchi、NanohaBab、Seiko、Sato、kobayashi、Shokuda、Gramps

積雪期の壁を登るにはトレーニング不足ということで
「尾根縦走プラス岩稜で適当なところ」ということで今回は八ヶ岳東面の赤岳天狗尾根に決定しました。

3日間とも天候に恵まれ楽しい山行ができました。
全装備を持っての縦走のため軽量化に徹しましたが何故か若干1名のみ重量化でトライすることになってしまいました。

3月18日(金)大阪より21:43分、5名。京都より2名の計7名で夜行「ちくま」に乗り込む。
残念ながらSeikoちゃんが風邪のため塩尻でリタイアされた。

それにしても既に大阪にいるときからしんどいのに塩尻まででも行ってみるという根性には敬服しました。
若いからこれからなんぼでもチャンスはあるのでここは我慢、がまん。
DSCF0002_convert_20140217215153.jpg
天狗尾根遠望
3月19日(土) 晴れ
小淵沢より小海線に乗り換え清里へ。
車窓から見える雪を冠した山々のなんと素晴らしいことか。

思わず口々に「Seikoちゃん清里まで乗ってきたらよかったのに」と。
ここよりタクシーに分乗して美し森まで10分。

服装を整え出発。既にここから雪がありプラブーツでも楽に歩けるのでラッキーである。
天気がいいので気持ちが良い。

車止めまで1時間。
そこから40分で地獄谷へ自然に導かれるように入ることが出来た。

権現、旭岳の頂上がまばゆい。
天狗尾根の大天狗も垂直の壁を見せている。
7~8個の堰堤を越え出合小屋には11:25分に到着。

DSCF0003_convert_20140217215216.jpg
出合小屋

小屋前に2人パーティーが休んでいた。彼らは旭岳東稜を登るそうだ。
休憩後右の赤岳沢に進む。20分ほどで左の尾根への浅いルンゼ状の急登を登る。

新人のSato君が最後尾から「ラッセル交替しましょ」と言って<
我われの列の横をかけ上がりあっという間に樹林帯に消えて行った。
なんとすごいパワーか!!荷物も6テンとポールを持っているのに今回は軽いかるいと言って喜んでいる。
頼もしい新人だ。

尾根に出てからは森林の中をひたすら高度を稼ぐのみ。
それでも後ろには大きな姿の富士山が、左には権現岳、旭岳がいつも見え、楽しい縦走である。
高度計の2275m地点で6テンと3テンが張れる場所があったので今日の幕営地とする。(13:50)

DSCF0004_convert_20140217215239.jpg
尾根上での小休憩

3月20日(日) 晴れ後曇り夜雪
起床3時なのに出発が5時40分と3時間近くもかかってしまった。
引き続き樹林帯を登る。途中で6人用テントが張ってあった。

ここの住人は出発はまだのようである。
森林限界手前で登攀準備。Kobayashiが何かを落とした。
幸い10mくらい下で木に引っかかり止ってくれた。
物を落とさないように注意工夫が必要と感じ取ってくれたことでしょう。

カニのハサミとはっきり分かるところを左から巻く。
少し落ち込んでいるので注意して渡る。

カニのハサミも直登出来そうだ。
少し進むと岩に突き当たりここの右にフィックスロープが付けてあったが無視してわれわれのロープを出して登る。

トップとラスト以外はユマール使用で登ることにする。
ユマールだと出だしのトラバースが登りにくかったことでしょう。

トラバース後、凍った岩を越え雪壁を25mほど登ってザイル一杯で木でビレー。

ビレー点よりそのまま20㍍ほど登り再び稜線に出て進む。
小岩壁に突き当たった。

DSCF0007_convert_20140217215303.jpg
Shokudaさん

Babさんはこれを直登したがっていたが
トップのFuruchi君が左を巻いて進んでいたので巻くことにする。

巻いた後少し下って、左壁を登り返して稜線に出るのであるがザイルを出そうかとFuruchi君に聞いたら
「要らない」との返事であったのでそのままGramps、Furuchi、Satoとノーザイルで登るも

「もし事故が起きたら」なんて途中で心配になりザイルを出すことにする。
Shokuda君に登って来てもらいここよりロープで登りフィックスを作る。

直登してくればここにでられる。

次の小岩峰までFuruchi君にトップで進んでもらう。
この小岩峰はどこからでも登れそうであったが、
右から登りやはり安全を考えてシュリンゲを鎖状にたらして登ってもらう。

DSCF0008_convert_20140217215323.jpg
新人Sato君

このあと、いよいよ大天狗である。
もちろん我われは大人数のため直登を避けて右から巻くルートを取る。

右巻きルートも最初5㍍ほど岩を登らなければならない。
乗っ越しが少し被り気味でいやらしく見えたが良く見ればホールド、スタンスもたくさんあり、
そんなに難しくはなかった。

そのあと大きく右にまわりこんで稜線に出る。

小天狗、竜頭峰が美しい。
竜頭峰がえらく高く遠くに見える。
あそこまで行くのがしんどそうだ。

先ほどまで曇っていた空に薄日が差し始めた。
稜線に出たら風がきつい。

DSCF0010_convert_20140217215346.jpg
Babさん

バランスを崩されないようお互い注意しながら進む。
編笠山からの縦走路と合流する地点で休憩する。

今、後にした大天狗やツルネ、旭岳、権現、編笠山。
遠くには御岳、左には富士山がでっかく見える。
至福の一時である。

やがてわれわれの後続パーティーの東三河ハイキング山の会の2人パーティーも到着。
彼らはここよりツルネ経由で美し森まで帰られるそうだ。

これから竜頭峰、赤岳と大変だがゆっくり景色を満喫しながら縦走である。

赤岳山頂には11:05に到着。
風も強く寒いので記念写真をとってすぐに下山開始。

DSCF0011_convert_20140217215411.jpg
新人Kobayashi君

赤岳の下山であのスーパー新人:Sato君が下山に弱いことを発見。

みんなで新人Kobayashi、Sato君に歩き方講習をしながらの下山となる。
さすがお二人とも若さのせいか?のみ込みも早く、すぐに旨く歩けるようになってしまった。

Sato君は力が余っているのかラッセルトレもしながらの下山である。
いつの間にか行者小屋に着いていたという感じ(12:40)。

行者小屋は閉まっていた。
時間も十分ありのんびり過ごす。

夕方にヘリが飛来して赤岳山頂付近でホバリングしてピックアップしていた。

事故があったようである。
水場からの水も取れず今日も夕食は水つくりからはじまった。

各自工夫したメニューでの食事を楽しむ。

先月2月はここでIchimaruさんの豪華メニューで食事したのとは大違いであるが、
ベース方式と縦走方式での食事の差はしょうがない。

今日も鼾組は(俺はかかへんって?)3テンへ移動して就寝。

DSCF0013_convert_20140217215439.jpg
Gramps

3月21日(月)晴れ
4時起床。昨夜は風、雪と少し荒れたようだ。
今朝の気温は零下13℃。

今日はスクリューも持っていないので南沢大滝、小滝を見学して帰阪することで出発。
小滝についたら幸い誰もいないのでトップロープで少し遊んで帰ることにする。

各自2回トライしたら3時間はあっという間に過ぎてしまった。

アイス初体験のKobayashi、Sato君はじめみんな満足して美濃戸口に向かう。

美濃戸口で風呂に入り、Furuchi、Shokuda両君の金持ちグループは新幹線利用の電車で、
その他4名は茅野からバスで帰阪することになりここで解散とする。

バスグループは3連休の最終日ということもあり、
大阪には2時間30分遅れの23:15分に到着(高槻組の高槻バス停には1時間10分遅れ)。

DSCF0014_convert_20140217215458.jpg
Furuhi君

私にとって今回の山行は89年新人を連れて6人で奥鐘西壁中央ルンゼに壁で2泊して完登したのと
97年甲斐駒Aフランケ、奥壁にこれまた新人のChirotaさんとBabんの3人登攀できた時のように大満足の出来た山行でした。

奥鐘は新人の女性1名含んだ6名(現ぽっぽ在籍はMurasanと私のみになってしまいました)
で高低差800mのルートを3パーティーで連なって登るということで
多くの人に反対されながらの登攀でした。

トップのパーティーに私が、新人を中間パーティーに入れて、
しんがりパーティーにMurasanパーティー編成で全装備を背負っての3日間の登攀でした。

季節も寒くなる11月のため軽量化と防寒で悩みましたがこの時も徹底的に軽量化を図りました。

甲斐駒は1年目のChirotaさんを含めての登攀で
Aフランケはアブミビレーもしなくてはならないところもあり3人パーティーの編成は厳しいルートでした。

奥壁ではルートファインディングに失敗して大苦戦しました。
下で確保しているChirotaさんの「Grampsさん死んじゃう!死んじゃう!」の必死の声が今でも聞こえてきそうです。

大分横道にそれてしまいましたが、
みなさん今回の山行ありがとうございました。

DSCF0001_convert_20140217215126.jpg

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/782-c17955af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック