FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

   八ヶ岳
    乙女の滝、ナイヤガラ滝、南沢大滝、小滝


期間:2013.03.07~2012.03.09
参加者:NanohaBab、Ogs、Hnd、Gramps

DSCF8427_convert_20130310160748.jpg
乙女の滝

3月7日(木):
今回はのんびりアイスクライミング。
7日早朝出発して夕方赤岳鉱泉小屋に到着。

DSCF8368_convert_20130310160826.jpg
美濃戸から見た阿弥陀岳

DSCF8374_convert_20130310160848.jpg
歩きだして1時間・15時20分。大同心、小同心が見えてきました。

前月に続き今回も小屋泊まりとする。
テント泊もできなくなり、だんだんと堕落?していくのだろうか。

夕食までに少し時間があるので、
人工アイス壁・アイスキャンディーを1本づつ登ってみる。

DSCF8377_convert_20130310160927.jpg
人工氷壁・アイスキャンディーを登るHndさん
DSCF8382_convert_20130310161001.jpg
アイスキャンディーのOgsさん
DSCF8384_convert_20130310161225.jpg
Gramps
DSCF8387_convert_20130310161252.jpg
NanohaBabさん

食事前に持参した愛飲している菊正宗を燗して一人頂く。

DSCF8388_convert_20130310161319.jpg
夕食のひと時

DSCF8391_convert_20130310161346.jpg
今晩の献立

3月8日(金):
今日はじょうご沢の乙女の滝に出かける。
Fi、F2の滝は埋まっている。

F3の滝は左から巻いて越して、前に進む。
やがて右奥に立派な滝が見えてくる。乙女の滝である。

取り付きまでは雪で埋まっており、
凍っているところは最後のみである。

乙女の滝は風の通り道だそうだが、
今日の風はきつい。時々飛ばされそうになる。

DSCF8400_convert_20130310161414.jpg
乙女の滝をリードするOgsさん

風があるので寒い。
取りあえず左から滝の裏側に廻りこんで、防寒のための服装を整える。

一部水が滴り落ちている。
その滴が飛んできて服を濡らすが直ぐに凍りついてしまう。

乙女の滝は全員初めてである。
今日は一番登り易いところを選んで右を登ってみることにする。

Ogsさんがリードしてくれて、
残り3人はトップロープでトライする。

DSCF8403_convert_20130310161438.jpg
乙女の滝のBabさん

TRで登るのだが、
右の壁には足を掛けずに登るように心がけ、
それができたので満足です。

あまりにも寒いので、各人1本登って、
次のエリア・ナイヤガラの滝に移動することにする。

ここより少し下りて、
右に曲がり(下からは左)登り詰めていくこと10分で到着。

DSCF8409_convert_20130310161506.jpg
ナイヤガラのHndさん

正月よりは大分埋まっているとのこと。

ここは真ん中をリードしてみる。
何とか抜けれた。時々青空が覗く。

DSCF8414_convert_20130310161536.jpg
ナイヤガラのGramps

振り返ってみると左に大同心、
その向こうに赤岳、中岳、阿弥陀岳が美しい。

DSCF8419_convert_20130310161615.jpg
ナイヤガラから見た大同心、赤岳、中岳、阿弥陀岳

寒いので「のんびりクライミング」を実行に移し下山開始。

DSCF8426_convert_20130310161746.jpg
下山開始

帰りのF3は懸垂で下り、
小屋に2時半に帰着。

まだ早いのでアイスキャンディーで遊ぼうという意見もあったが、
「のんびりクライミング」を実行して部屋でほっこりする。

勿論、菊正を「燗をほっこりとして一杯飲まう」

DSCF8440_convert_20130310161813.jpg
夕食はステーキでした

3月9日(土):快晴
21時就寝、6時起床。

DSCF8445_convert_20130310161851.jpg
外は窓の近くまで積もった雪とツララと

昨夜に引き続きよく眠りました。
昨夜は時々強い風が吹いていたようだ。

外に出てみたら大同心も小同心も真っ白に化粧している。
雪も降ったようだ。

DSCF8454_convert_20130310161927.jpg
昨夜の雪で大同心、小同心も雪化粧

今日は南沢大滝でのアイスクライミング。
8時出発して中山峠で小休憩後、行者小屋小屋経由で南沢小滝に。

DSCF8455_convert_20130310162254.jpg
中山乗越を登ってくる3人

南沢はOgsさん、Hndさんは初めてとか。

DSCF8463_convert_20130310172229.jpg
南沢小滝

昨日の乙女の滝、ナイヤガラの滝も誰もいなかったが、
小滝も我々だけである。

晴れていて風もなく温かい。
アイスクライミング日和である。

DSCF8473_convert_20130310162355.jpg
南沢小滝のHndさん

DSCF8470_convert_20130310162524.jpg
同じく小滝のBabさん

Ogs、bab、Hndさんの順で登り、
最後に私が登る。

どうにかリードで登れた。

DSCF8475_convert_20130310162451.jpg
南沢小滝をリードするGramps

その後TRでOgsさんと私は下まで繋がっていない氷柱にトライ。

腕がパンパンにパンプしてしまう。
(翌日の今日くしゃみ、咳をしたら腹筋が痛い)

ここを終えて次は大滝に向かう。

小滝から約10分詰めるたところにある。
3人の若者が既に登っていた。

我々の後すぐに年配のお二人が登って来られた。
昨年3月大同心大滝でお会いしたベテランのお二人である。

滝の真ん中をOgsさんがトライ。
トップロープを張り終えたら、
「もう時間がない」と事務方より声がかかる。

DSCF8485_convert_20130310162551.jpg
南沢大滝を登るOgsさん

Babさん、Hndさんはパス。

私はリードしてみたかったが、
時間の関係でそのままTRでスクリューを回収しながら登ることにする。

「アックステンションなしでスクリューを回収しながら登る」ことを課してみる。

見事?できたのでうれしかった。

登り終え整理してみなさんにお別れの挨拶をして下山開始。

もう少し登りたかったが、時間が無くなったのでしょうがない。

今回はのんびりした山行ができました。
楽しかったです。皆さんに感謝。

記録:
3/7:大阪駅6:30→名神高槻バス停7:00→美濃戸駐車場13:00、
   美濃戸山荘13:30~赤岳鉱泉小屋15:50

3/8:小屋8:15~乙女の滝9:15、ナイヤガラの滝13:45~小屋14:35
3/9:小屋8:00~中山乗越8:27、8:35~行者小屋8:45、8:50~
   南沢小滝9:35、大滝13:20~美濃戸駐車場14:00→高槻バス停20:30
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/696-de6d8b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック