FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

タイ・プラナン(その1)6回目のリゾートクライミング

日程:2013年1月17日夜~1月28日朝         
参加者:Ei、Sonoちゃん、INN、UHR、ASOK、KN、Gramps

DSCF7742_convert_20130128213913.jpg
アオナンからライレイに向かう

昨年は直前に弘美さんの不動岩での事故死で中止になりました。
今年は彼の追悼山行として同じこの時期に行ってきました。
残念なことにHGSYさんが家庭の事情で直前に行けなくなりました。

1月17日(木):
22:00関空に集合して18日深夜便でタイ・バンコクへ。

1月18日(金):
バンコク→クラビ空港。冬スタイルのため暑い。
迎えのタクシーでいつものホテルへ9時過ぎに到着。

すこし前から胃の辺りが締め付けられるように痛む。
その痛みは短い間隔で定期的に訪れる。

一度に2~3回締め付られるような痛みが襲ってくる。
クライミングに行く用意をしていたら中に急に便意を催す。
下痢である。

クライミングは断念する。
集合場所の1回ロビーに行ってその旨を伝える。

しかしその時点になったら、痛みもすこし和らぎ、
間隔もすこし長くなってきたので行くだけは行くことにする。

今日のエリアはダイヤモンドケーブ。
クライミングエリアまでは船で行かなくてはならない。
船賃が片道80バーツから100バーツに上がっていた。

DSCF7738_convert_20130128214001.jpg
ダイヤモンドケーブで登るINNさんとUHRさん

ほぼ毎年の値上がりである。
クライミングエリアに着いたが、今日はとても登る元気がない。

銀マットを敷いて横になって、
みんなの登るのをなんとなく眺めている。

気温は30度以上あるが木陰はじっとしていれば涼しい。
この間3度もトイレに走る。

忌まわしい痛みは定期的に襲ってくる。

船は4時に迎えに来てくれることを約束していたが、
みんなも登り疲れかれたということで、
終わって30分前に船着場に行ってみると、
幸運にも迎えの船も来ていた。

恒例の屋台での夕食も止めて一人ホテルに帰って、横になる。

朝の機内食を取って以来、
まだ水以外何も取っていない。

痛みの間隔も2~3時間と伸び、
その間は眠れているようだ。

真夜中の1時前になって、
やっとシャワーを浴びる気になれた。

というより汗で体中が気持ちが悪く、
ところどころ痒いからだ。

DSCF7739_convert_20130128214024.jpg
ダイヤモンドケーブ・ノースフェースを登るSonoちゃん

1月19日(土):
昨日一日中何も食べていない。
朝食をすこし取ってみることにする。

バナナ、小さな食パン一切れとヨーグルトを半カップ。
食後胃炎を和らげる薬・ファモチヂンDを飲む。

今日のクライミングエリアはタイワンドウォール。(ワン、ツウ、スリーに変更)

用意をしていたらまた痛みが来た。
行きたい気持ちを断ち切ってホテルで寝て静養することにする。

痛みは以前のように強くはなくなってきた。
それでも30分に一度襲ってくる。

胃潰瘍かその少し前の糜爛のような気もする。

不安な気持ちになるも、
嘔吐、血便もないので白と判断で、今少し様子を見ることにする。

本を読んだり、眠ったり、テレビのNHKワールドを見たりして過ごす。
夕方みんながかえって来て、我が部屋で夕食兼宴会。

飲めない食えない私はベッドで横になって皆なの楽しい会話に耳を傾けていた。

DSCF7741_convert_20130128214047.jpg
いつも利用しているロングテイル・ボート

その2に続く
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/679-4292e129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック