FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

雪彦山(中級登山学校)

期間:2012.07.20夜~22            
参加者:パーティー(生徒・OKT、スタッフ・NO1)
DSCF4943_convert_20120727120353.jpg
三峰東稜1ピッチ目終了点から

7月20・21日:森ノ宮23:15発、キャンプ場1:15着。

仮眠して5時起床。
少し寒いくらいの朝である。

多くのパーティーは5時半ごろに出発。
われわれもそのくらいに出発したかったが6時出発としていたので、予定通り6:00出発。

7時ころ今日の登攀予定の三峰東稜に到着。
途中ヒル3匹が靴下、靴の中にいるのを発見。

今回は食わる前に発見したので難を免れる。
それにしてもものすごく蒸し暑い。なかなか汗が引かない。

三峰東稜(一般ルート):
1P目:出だしが湿っておりいやらしい。
その上ザックの重さが気になる。

毎回このピッチ1か所だけA0をしてしまって、
フリーで抜けていない。

今回はそれどころではなかった。
A0のしまくりの感あり。

ピッチ終了したら汗びっしょり。

DSCF4944_convert_20120727120418.jpg
三峰東稜1ピッチ目を登ってくるOKT君

2P目:クラックにカムをかましながら左上して、
少し直上後被り気味のところを乗越て
、左上気味に登り木でビレー。

少し身体も慣れてきた。

3P目:右に回り込んでから左上気味に登ってビレー

4P目:ここからコンテでコル手前まで進む。

ここで休憩してコルに下り、
100mほど不行岳に沿って下り懸垂下降地点に進む。

懸垂下降のセットを生徒のOKT君にしてもらう。
完璧にマスターしているようだ。

今回はロープを投げずに袋に入れて懸垂下降をする。

下りたところから次の登攀ルートの地蔵東稜の取り付きまでの
不行沢の下りは濡れておりいやらしかった。

DSCF4947_convert_20120727120525.jpg
地蔵岳東稜取り付のASHさん、SMZ君、OGRさん

地蔵岳東稜一般ルート:
1P目:スラブぽいフェースを45m伸ばす。

DSCF4948_convert_20120727120732.jpg
地蔵東稜1ピッチ目のOKT君とNO1君

2P目:できるだけ真っ直ぐに3ピッチ目の取り付きにロープを伸ばす。

取り付きすぐ下の大木でビレー。
取り付きまで登ってもらいロープを引き上げてもらう。

3P目:チムニー状クラックの右を登り、フェースを20m位登り大木でビレー。

DSCF4952_convert_20120727120759.jpg
3ピッチ目リードのGramps

4P目:コンテで通称馬の背まで歩く。

DSCF4953_convert_20120727120827.jpg
地蔵岳正面を登る中級の人達(地蔵岳東稜から)

5P目:馬の背を途中1ピン取っただけで登り切り、
枯れた大木のと石でビレー。

登ってきたお二人にコルまで下りてもらい、
ロープを手繰ってもらう。

6P目:このルートの最終ピッチ。
やや細かいフェース。

DSCF4956_convert_20120727120902.jpg
最終ピッチのOKT君

今朝一番の1ピッチ目とこのピッチが登り甲斐があるところ。
とお二人の弁でした。同感でした。

DSCF4962_convert_20120727120945.jpg
地蔵岳山頂にて

地蔵岳山頂で記念写真を撮る。
時間もまだ12時でもう1本登れそうだが天候も気になるので、
休憩して下山することにする。

DSCF4963_convert_20120727121025.jpg
地蔵岳山頂

14時30分、キャンプサイトに帰還。

30分もしたら俄に曇ってきて突然といって良いほど雨が降り出す。
それも本降り。濡れなかったパーティーは我々だけ。
みんなには悪いが早々に下山して正解であった。

16時半全パーティーが下山したのでビールで乾杯。
地鶏のすき焼き風で夕食。

DSCF4967_convert_20120727121054.jpg DSCF4969_convert_20120727121121.jpg
スイカ割?

私は夕食というよりも好きな菊正宗を燗して飲んでいただけみたい。

DSCF4972_convert_20120727121155.jpg DSCF4973_convert_20120727121223.jpg DSCF4974_convert_20120727121254.jpg

飲みすぎたのではと後悔。
明日の朝が心配。

DSCF4975_convert_20120727121331.jpg DSCF4976_convert_20120727121358.jpg DSCF4977_convert_20120727121427.jpg

7月22日(日):

4時起床、二日酔いになっていなくほっとする。
昨日の地鶏の汁でうどんを作って頂く。

私の好きなうどんで朝食大満足。

5時KWNさんが大曲の東屋まで車で送ってくれる。
30分は時間短縮でき感謝。

地蔵岳正面・右カンテルート:
昨日あれだけ降ったのに幸運なことに壁は濡れていない。
6時20分、登攀開始。
DSCF4981_convert_20120727121457.jpg
地蔵岳正面右カンテルート2ピッチ目より

1P目:上昇気流の下部のピンを利用しながら左上していく。
従来のカンテに出たところでビレーせずに、15m位登ったところでビレー。

DSCF4985_convert_20120727121654.jpg
右カンテルートのOKT君

2P目:以前ここから林に入るところまでロープいっぱいに伸ばし重くてしんどい思いをしたので、
今回は途中で切ってビレーをする。

DSCF4986_convert_20120727121729.jpg
右カンテのNO1君

3P目:ここでビレーをすれば山頂まで伸ばすことができることに気付く。

山頂まで届いてそこでのビレーは気持ちがよい。
まだ誰も登ってきていない。8時5分前に完登。

DSCF4990_convert_20120727121755.jpg
3ピッチ目のGramps

メモ:
1P目はランニングビレーの長さなど調整したりして最初のビレー点を飛ばして行かなくとも、
昔のように最初のビレー点で切っても3Pで山頂まで行ける。


少し休憩して、
一般道を下り再度正面の取り付きに向かう。

取り付きに着いて用意をしていたら、
兵庫中級登山学校の方々が大勢来られた。

加古川ルート:

今度はNO1君にリードしてもらう。
初リードで緊張しているとか。

1P目:最初7m位直登して少し左に登っていくもピンがないとか。
私も久しく登っていないのではっきり覚えていない。

DSCF4993_convert_20120727121822.jpg
2ピッチ目をビレーするOKT君

下から兵庫のIWSさんが右でも行けるよとアドバイスをくれる。
実はこのルート右からも左からも行けることを初めて知る。

DSCF4998_convert_20120727121853.jpg
岩壁に咲いたユリと蝶々

私は多分いつも左から上っていたような気がする。
右からはルネッサンスのピンを使いながら登っていく。

途中でヌンチャクがなくなってしまったと。
そのあとどうしたか分からないがとにかくロープを伸ばしていく。

フォローして分かったことだが、
1ピッチ目のビレー点を見逃して2ピッチを1ピッチで登ってしまった。
(昔は40mロープであったために1ピッチが短いのである)。

DSCF5010_convert_20120727122041.jpg
加古川ルートを登ってくる兵庫のGanさん

ヌンチャクがなくなってからは
アブミルートなのでアブミで登って途中1か所だけランニングビレーを取ったようだ。

DSCF5008_convert_20120727122111.jpg
右ルートを登る兵庫中級登山学校のMRさん、OIさん達

2P目:(実質3P目):1ピッチ目は少し不安定であったが、
2ピッチ目からは着実に安定した登りでロープを伸ばして行く。

DSCF5009_convert_20120727122145.jpg
加古川ルートでセカンドを確保するNO1君

カンテに出て少し上の木でビレー。

DSCF5013_convert_20120727122219.jpg
加古川ルートをリードするNO1君

3P目:ここから一般道みたいなところを、OKT君、Grampsが山頂まで伸ばしてビレー。
12:55分終了。

DSCF5016_convert_20120727122254.jpg
兵庫のみなさん

時間は少し要したが
初めてのリードで満点の出来だと思います。

生徒のOKT君も来年はリードするぞと力強い言葉でした。

DSCF5026_convert_20120727122330.jpg
ピンがないの、ぼろぼろだとかブツブツ言いながら登って行ったFuchan

私はこのルートをフォローですがオールフリーで登れたことに満足でした。

DSCF5027_convert_20120727122410.jpg
頑張って登りました生徒のOKT君。来年がたおしみです。

手前味噌になりますが、
約7年前の2005.9.28Babさんと加古川ルートをオールフリーで登りました。

今までにオールフリーで登ったという記録を見ていません。
ひょっとしたら我々が初登?

ならうれしいですが・・・
まあどなたか「そんなの既に登っているよ」とおられましたら教えてくだされば幸いです。
DSCF5028_convert_20120727122443.jpg
展望台から見た地蔵正面を登るクライマーたち

記録:
19日・20日
森ノ宮23:15→雪彦山麓キャンプ場1:15

21日
起床4:45、出発6:00~三峰東稜取り付き7:00、
登攀開始7:30~終了10:00?
地蔵東稜登攀開始10:50~終了12:30?~キャンプ場14:30


22日
起床4:00出発5:00→東屋~地蔵正面右カンテ登攀開始6:20  
   ~終了7:55~
地蔵正面加古川ルート登攀開始9:00?~終了11:30?~キャンプサイト13:10

出発15:15→雪彦温泉15:30、16:30→大阪駅19:05


DSCF5035_convert_20120727122519.jpg R0016947_convert_20120727122809.jpg
ぽっぽ会から参加した3人                        ASHさんとGramps  PHOTO BY HSIさん

R0016965_convert_20120727122840.jpg
中級登山学校(雪彦山)一同         Photo By HSIさん
スポンサーサイト



コメント
おつかれさまでした!
蒸し暑い中、おつかれさまでした。
満足の登りだったようで、生徒の方々も楽しめたのだと思います。
無事故で良かったです。
2012/07/27(金) 18:36:55 | URL | 田中yk #-[ 編集 ]
Re: おつかれさまでした!
> 蒸し暑い中、おつかれさまでした。
> 満足の登りだったようで、生徒の方々も楽しめたのだと思います。
> 無事故で良かったです。

田中ykさんへ、
コメントありがとうございました。
これから小太郎岩、御在所、終了山行・錫杖岳と続きます。事故のないようにして皆で頑張ります。
よろしくお願いいたします。
Gramps
2012/08/01(水) 16:57:33 | URL | Gramps #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/01(水) 23:46:52 | | #[ 編集 ]
Re: 7/22の雪彦山行写真を拝見しました
> 7月22日に雪彦山でお邪魔しました兵庫中級学校のヤナセです。スイカ割りなど楽しそうな写真の数々を拝見しました。私には登攀中に写真を撮る余裕がまだありませんので、撮っていただいた写真は良い記念になります。ありがとうございます。またご一緒できる日を楽しみにしています。

柳瀬さん、こんばんは。
当日は大阪、兵庫で楽しくクライミングができましたね。いつか合同でクライミングができると楽しいですね。
過去には個人的に兵庫の方たちの山行にも混ぜていただいたこともあります。
今後ともよろしくお願いします。
Gramps
2012/08/03(金) 21:53:04 | URL | Gramps #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/603-c72336ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック