FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

韓国・インスボン(2012年)その3      

スラブ、チムニー、クラック登攀              

5/25(金)
パートナー:Ok田、Ka野

DSCF4327_convert_20120605185633.jpg
さあ、出発!今日も一日登ろう。

①インスリッジ

(スラブ、クラックのアルパインチックな稜・10Pくらい)

DSCF4331_convert_20120605185803.jpg
インスリッジの取り付きにて
これから指差す向うの山頂まで

DSCF4335_convert_20120605185841.jpg
何ピッチ目かな?Ka野さんとOk田さん

DSCF4337_convert_20120605185912.jpg
4ピッチ・5ピッチ間の懸垂

DSCF4343_convert_20120605185946.jpg
5ピッチ目のクラックを登るOk田君

②鳩ルート
1P:スラブ、
2P:スラブ、フェース、
3Pハングしたをトラバース後スラブを7ピンA0、

DSCF4350_convert_20120605190018.jpg
鳩ルート3ピッチ目をトラバースするOk田君 
その向うはインスCを登り終え懸垂下降するA木さん


4P:クラック。

DSCF4351_convert_20120605190402.jpg
鳩ルート4ピッチ目を登る
ここを登り終え、懸垂下降で地上に

DSCF4352_convert_20120605190434.jpg
今日来られた大阪アルデの皆さんの夕食

5/26(土)
①ウジョンB(友情B)

パートナー:Kurikuri

DSCF4357_convert_20120605191451.jpg
ウジョン(友情)Bの4ピッチ目・ダブルクラック

取付までスラブ2ピッチ90m、
1P:クラック&スラブ、
2P:いやらしいトラバース後フェース&またいやらしいトラバース、
3P:なが~い疲れるチムニー、
4P:ダブルクラック、
ここから山頂へ。

②ペグンデ
山頂までトレーニング、単独

DSCF4359_convert_20120605190537.jpg
今日は土曜日。ペグンデ山頂は人、ひと、ひとでした。

DSCF4360_convert_20120605190608.jpg
ペグンデの隣の稜も人、ひとでした

DSCF4361_convert_20120605190638.jpg
小屋の前もハイカーでいっぱい

DSCF4363_convert_20120605190709.jpg
小屋に戻って一息入れる

最終日の27日(日)は

DSCF4364_convert_20120605190741.jpg
白雲山荘の入口

午前中登る予定であったが、
朝食後小屋の皆さんと記念写真を撮って下山して

DSCF4366_convert_20120605190819.jpg
小屋の老夫婦と記念写真を撮って下山開始

麓のウイドンでお風呂に入り山道具などの買い物(超軽量ストック、クライミングパンツ購入)。

ここからタクシーでソウル・景福宮の旅館に入る。
荷物を置いてタクシーで登山店に行って買い物ツアー
(アイススクリュー、チェストハーネス、頼まれ物のアプローチシューズ、クラック手袋)。

DSCF4378_convert_20120605190903.jpg
ソウルの街での夕食

アクセス:5/27
トンサイ(Taxi・W4000(w1000/人)→ウイドン(Taxi・W36000(w9000/人))→景福宮(宿泊地)W3900(w1000/人)→鐘路5街(チョンノオーガ).。
鐘路5街(地下鉄W1150)→キョウンボッグン(景福宮)(鐘路3街乗り換え)


DSCF4379_convert_20120605190934.jpg
6人用(2段ベッド3台)に8人宿泊(2人は床に布団2流れ)

5/28(月)帰国
起床4時、散歩。
出発5:20(リムジンバス5:40.W10000)→仁川空港6:40、9:10→関空11:00

過ぎてしまうと8日間もあっと言うまでした。
朝晩ののんびりムードとは裏腹に天気が良かったので休養日も無く登ってしまい少々登りすぎたかな?

スラブも少し慣れてきたような気もするが、
やはりピン間隔が長いので気が疲れます。

2012年レート:1円=w14.2(w1==\0.068)
2008年レート:1円=w9.69(w1=¥0.103)
2007年のレート:1円=w7.78(w1=¥0.128)


記録:
インスB:パートナーI川、Kuri

1P目:取り付きまで50mのクラック。
クラックを上ったところにビレー点があるがそれより5mほど右にトラバースしたところでビレー

2P目:終了点間近の左にペツルがある
(左のスラブを登る)が直登の場合#5カムを噛まして登る。

3P目:10mほど登ってからのクラックは幅5cmくらいのクラックが続きおもしろい。
右側に適当間隔でペツルがあるが、カムを入れるのを考えながらカムだけで登るとおもしろい。
(2本ほどペツルを使った)

4P目:クラックを登り、
左にダイクが現れたらそこからトラバースしてビレーポイントへ。

5P目:ラフなところを登りつめ、
ウジョン(友情)Bの合流点を過ぎてフレークを登りつめ60m一杯で松ノ木でビレー

6P目:やさしいクラックを30m登り終了

7P目:ここからもう1P登りたぬきの腹まで伸ばす。

8P目:たぬきの腹を15m登り山頂に到着

7・8ピッチはパートナーによってはロープ不要。
ここより懸垂60mで終了。

医大ルート:
取り付き:シュイナードBの取り付きから直登60mでオアシステラスに

1P目:オアシステラス右端の松ノ木の辺りから取り付く。
スラブ30mでビレー。

中間部分にワンポイント核心がある。
初日は難なく登れたが、2日目はホールドを意識しなかったため足を滑らせフォール。
左上のため落ちると恐い。

2P目:細いクラックを左上気味に登っていき、
途中でもう一段上のクラックに乗り移り、

その後レイバックをまじえながらクラックを登り最後に右へトラバース気味に一段上ったところでビレー

3P目:とてもフリーでは登れそうも無いスラブ15m。A0

4P目:50mのスラブ。
ピン間隔が遠いのでビビリが入るも登るらにゃしょうがないので、心落ち着けて登る。

5P目:は登らずに懸垂で下りる

今までに登ったルート:
2007年:インスA、シュイナードB、ウジョン(友情)A、白雲台
2008年:シュイナードB、インスA、ウジョン(友情)B、白雲台
2012年:シュイナードA(Follow)、医大(フォロー)、/インスA、医大、/インスB、白雲台/インスリッジ、鳩 / ウジョンB、白雲台

 


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/577-b83915d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック