FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

御在所・藤内壁

 期間:2012.5.3(木)夕~5日(土)
 参加者:牧師、Shokuda 、Hiyoko、Seghro、Yousaku、Gramps

後半は小川山に行くところでしたが天気が思わしくなく(私以外は岳沢周辺)中止して、近場の御在所に変更する。中央道は大渋滞のため下道を春日井まで走り、そこから高速で四日市まで行き、途中で買い物を済ませてテン場へ。
5月3日:瑞浪終了して
テン場に着いたら突然、テントが吹っ飛ばされるほどのえらい風が吹き始める。

夕食は20時から豚汁で宴会。
ちょっと飲みすぎました。24時就寝。

DSCF4138_convert_20120506185107.jpg DSCF4140_convert_20120506185143.jpg

5月4日:御在所・藤内壁
起床5時半。
天気晴れ、だけど御在所岳はガスの中。

そのうち晴れることを期待して行動開始。
登山口に着いたら駐車場も道路脇も車で一杯。

少し下った道路に止める。
白線に車が少し乗っていたらすかさず警察のパトロールカーより白線内に移動の指示が飛ぶ。

DSCF4143_convert_20120506185219.jpg
登山口をスタート

登攀具を準備して出発。
藤内小屋前に7時半着。

DSCF4146_convert_20120506185304.jpg
藤内小屋前での休憩

昨夕から小屋に泊まっていた大阪のパーティー9人が丁度出発するところであった。
挨拶を交わして我々は小休憩。

前尾根への分岐で件の大阪パーティーの最後尾に追いつく。

DSCF4147_convert_20120506185336.jpg
あの土石流で川原となった途中から見た御在所岳

彼らは前尾根組4名、
一の壁5名に分散してのクライミングだそうだ。

我々はSeghro・Grampsはバットレス、
残り4名は中尾根組と分散して登ることにする。

一の壁周辺は風がきつく寒い。
そそくさとバットレスに向う。

バットレスの取り付きも風が強く寒い。
一枚着込んでの準備。

今日はいつもより水が多い。
取り付きを見に行ったらやはり水溜りとなっていが何とか上手くやればロープも濡らさずにいけそう。

中尾根バットレス:クラシックルートはスラブ終了点まで2ピッチ。
1ピッチ目は何の苦労もせずに登れる。

2ピッチ目がこのルートの核心。
特に終了点少し手前が厳しい。

過去何度か登っているが、何度登っても厳しい。
汗が出てくる。

でも登れると充実感があるから不思議である。
セカンドの新人Seghro君は勿論初めてのトライ。

DSCF4150_convert_20120506185411.jpg
バットレススラブ。これから核心部に突入のSeghro

昨日瑞浪のスラブで10bまで経験してきているが悪戦苦闘して登って来た。

ハンギングビレーで腰が痛く、
新品のきつきつのシューズで足痛の二重苦。
大変でした。

DSCF4153_convert_20120506185447.jpg
スラブ初リードのSeghro? 懸垂準備?

右側のルートもトライするつもりであったが痛さと新人の彼が登れそうも無いので
(私も登れないと思うが)諦めて一の壁に行って早飯とする。

その前に久し振りなので、
中尾根取り付までのアプローチを再チェックしてくる。

DSCF4156_convert_20120506195339.jpg
中尾根取り付きへのアプローチから見た一の壁

DSCF4158_convert_20120506195416.jpg
途中に可憐に咲いていたリンドウ

8日に大腸検査のため、
今日から食事制限。昼食はフランスパンのみ。味気ない。

それでも良く噛んでいたら結構美味しいことに気付く。

DSCF4160_convert_20120506195503.jpg
前尾根を登るクライマー

一の壁:コンテスト10a:
中間部のハング越しが濡れていて少しいやらしかった。

DSCF4161_convert_20120506195534.jpg
一の壁コンテスト10aを登るSeghro
写真:今はニコッと微笑んでいるが、少し前の核心部ではどんな顔をしていたのかな?

Seghroさん核心部でフリーズド。

そのまま辛抱強く黙ってビレーしていたら、
じっとしていても埒が明かないことを開眼して思い切って行動開始したそうだ。
そうしたら登れた。

それにしても中尾根組がなかなか戻ってこない。
どうなってしまったのかな?

Seghro君も疲れたようでもう1本登る気がしないようだ。
私も気力喪失している。

ぐずぐずと時間が過ぎていく。
先日Seghro君が前尾根を登った時に1ピッチ目が厳しかったといっていたのを思い出し、
行くか聞いてみたら即行きますの返事のため移動開始。

前尾根ノーマルルート1ピッチ目:
到着したら外国人3人が登るところである。
順番を待つことにする。

すると一人が「前に瑞浪で会いましたね」と
「ほら、犬を連れていました私です」

あっ!思い出しました。奇遇でした。

DSCF4163_convert_20120506195612.jpg
ビレーしているのが、先日瑞浪で会った彼

ところでこの3人パーティーの1人は登らないようだ。
先ずリードした一人2ピン目のヌンチャクを掛け、
ロープをクリップする前にフォール。

再度登り返したが登れず、選手交替。
ちょっと時間は掛かった終了点まで到着。

続いてフォーローも完登。
懸垂で下りてきて終了。

待ち時間が長かったが今度は我々の番だ。

ナチュプロで登って、次にSeghro君がフォロー。
今回は上手く登れたよう。

成長の跡があると納得している様子。

終って後片付けをしていたら一の壁方面から「ぽっぽ!」のコール。
中尾根組みが降りてきている。グッドタイミングである。

DSCF4164_convert_20120506195648.jpg
下山中の中尾根組
とにかく合流でき一安心

中尾根はぐっしょり濡れており、
大変であったようだ。行かなくて良かった。

全員揃って下山開始。
途中藤内小屋で休憩を入れ、車には16時に到着。

DSCF4165_convert_20120506195720.jpg
藤内小屋前での一休み

右の膝がまた痛み出している。辛いなあ。

DSCF4166_convert_20120506195751.jpg
登山口に帰着して車まで歩くところ

記録:
3日:阪急南茨木18:00→御在所幕営地21:00、23時就寝
4日:起床6:00、9:00→瑞浪11:00、17:00→御在所幕営地20:00、就寝24:00
5日:起床5:30、出発6:30→登山口7:00~藤内小屋7:30,7:45~バットレス取り付き9:30?
   前尾根終了下山開始15:15~藤内小屋16:00~登山口16:30→大山崎19:45
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/568-7d9762d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック