FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

    京都府・皆子山

期間:1986年4月29日
参加者:Gramps、Ma鍋、Ta内、Hashi、他1名

京阪三条駅に着いたら予定していた人が来ていない。
5名で出かけることにする。

今日は地図読み山行で皆子山に。

バス待ちの行列が出来る。
臨時バスを出してくれるも、我々は運悪く1号車の最後になる。

平まで1時間立ったままになる。
ここで降りて皆子山登山道口に向う。

地図読み山行のため一般登山道を避け、
地図上でコースを決め尾根伝いに西に登る。

仕事道が付いている。
それを伝って高度を稼ぎ直ぐ右隣の尾根に移りそのままどんどん登っていく。

いつしか比良山の権現が見えてくる。
この辺りから右の沢も無くなる。

ここを右にトラバースして再び西へ登る。
ここより少し登ったら稜線に出る。

ここは切り開かれており眺めも良い。
比良山系を眺めながら休憩をとる。

武奈ヶ岳の頭も少し見えている。

ここより稜線は北西に向って伸びている。
林の横は切り開かれているが、
クマザサが生茂っているが進むのには少し邪魔しているようだ。

500mも進むと進路を北に取り、
一度下って再び西斜面をトラバース気味に登って行く。

一度東斜面に出て、
少し登るとそこは941m地点。

ここからは皆子山の山頂が良く見える。
山頂付近にはもう何人かの人が登って休憩をしているようだ。

大声で呼んでみたが声は届かないようだ。
この辺り虫が異常に発生している。

ゆっくり休憩も出来ないのが残念だが、
先を急ぐことにする。

一旦下り少し進んで再び小ピークを乗り越え、
最後の登りに掛かる。

頂上は木々におおわれ見晴らしは良くない。
南斜面が切り開かれているのでそちらで昼食とする。

ここも虫が多い。
昨年登った時は虫はいなかった。昨年は4月20日に登っていた。

同じ時節でも天気によってか、
年によってか虫の発生にこんなにも差があることは興味深い。

1時間ほど休憩して下山開始。
我々は帰りのバス乗車時間とアイゼンワークの関係で芦火谷を下りてバス停へ。

記録:
家6:20→京阪三条7:22→バス→平8:30 ~△941m地点11:25~山頂12:00、13:00~足尾谷15:00、17:05→バス→京阪三条19:00→高槻20:30

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/557-62705453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック