FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

四国愛媛 石鎚山                

期間:1986.1.30夜~1.31           Gramps

1月30日、31日
30日21時ロープウェー下に幕営。
早立ちしたかったがロープウェーが9時からしか運転しないので、9時10分に上の成就駅を出発。

天気は回復傾向、登山者は私一人のようだ。
他にスキー客が10名ほどいた。

駅を出てすぐに彼等とわかれて一人旅。成就社までは林道といった感じのところ。

001_convert_20080811133654.jpg

多くの人が歩いているのか雪はよく踏まれている。
朝のため道は凍っている。

成就社から八丁坂へは緩い下りのためここでアイゼン、スパッツを付けて歩く。
ここより先は1本のトレースを辿って進む。降り切った所より今度は八丁坂の急登。

トレースがなくとも尾根筋のため道に迷うことはなさそうだ。
急登を登りつめると鎖場に、ここが前社森である。

石鎚の心臓部と書かれた標識があり、鎖が出ていたので巻き道を通らずにそのまま直登する。
登りきったら前がない。断崖である。

右側には5m先に地蔵様がある。四つん這いになって地蔵様まで登り進むも降りられない。
四苦八苦して元に戻り、先の断崖絶壁を覗いてみたら鎖があった。

岩と鎖を利用して何とか下まで降りれた。予期せぬ鎖場に精神的に疲れてしまった。

降りたところに前社森の売店がある。
ここで5分休憩して再び登りに、小ピークをトラバース気味に巻いて樹林帯を抜けると夜明かし峠である。

ここから初めて石鎚連峰がはっきりと望めた。

003_convert_20080811133806.jpg

綺麗である。これから歩く尾根の先により急激にせりあがった山容ある。
ふと先を見ると4人連れのパーティーが200m程先を歩いている。

やがて彼等に追いつく。彼等はここでもう1週間「行」をしているとか。
その中の年配の人は何十年も冬の石鎚で「行」をしているとの事。

小ピークを登った所に一の鎖場。鎖を伝って難なく乗り越える。やがて鳥居が現れる。

002_convert_20080811133727.jpg

雪で埋もれている為に這いつくばって潜り抜けると二の鎖場。
四苦八苦して登る。

手を上げすぎると鎖が太い為か腕が疲れてだるくて仕方がない。
何とか登ったものの、三の鎖場まで来たら疲れてしまった。

一休みすれば登れそうだが、帰りの時間が気になりだす。
頂上は断念しようとしたら先ほどの行者さんたちが来て、

「二の鎖を登ったら、その上は登れるから」とさかんに薦めてくれたが、諦めて下山する。

004_convert_20080811133830.jpg

二の鎖を慎重に降りて後は来た道をどんどん引き返すのみ。
夜明かし峠から振り返ってみる石鎚山の眺めは本当に綺麗だ。

「石鎚さらば、また来る日まで、彌山に光る雪の道、返り見すれば遠ざかる、瞼に残る石鎚よ」
と替え歌を口ずさんでさようならをする。

先ほどの前社森のピークは巻いて降りる。
成就社に感謝と、お礼をしてロープウェー山頂駅に到着。

記録
幕営地1/30 20:30ロープウェー下(下谷)1/31 8:30→成就駅9:10~成就社9:30~前社森~夜明かし峠~二の鎖小屋11:57~山頂小屋?12:25~二の鎖小屋12:55~前社森13:30~成就社14:20~成就駅14:40、15:00→下谷15:10、15:30→高松19:10、20:30→大阪2/1 2:00

反省:
1) ロープウェーの始発が9時ならば、
次回は最終の17:00に間に合うように到着して前日に山頂駅に登っておけば、時間的に2~2,5時間の余裕が生まれる。

2) 今回は天候に恵まれたこととトレースがあったことを考えると、普通は2日間の計画で来る必要かある。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/55-b10ff9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック