FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

雪彦山(中級11-2) 

期間:1986.9.13~14            
P9060101_convert_20120210161816.jpg
地蔵岳正面を登るGramps(2009.9.6 photo by Kuri)


9月14日:地蔵の東稜、加古川ルートの一部

5時半起床。昨日車で登った大曲の遭難碑までランニング。
登りの連続でしんどかった。

8:00過ぎにキャンプサイトを出発。

9:00東稜の取付に到着。
今日のコーチはA木さん、生徒はTu井さんで3人パーティー。

我々の前に3パーティーいたため上り始めは10:00.

昨日トップで登ったところをセカンドで登るのはおもしろくはない。
しかしトップのA木さんがどのように登るか、

また出来るだけ難しいところを探して登れば、
それなりに勉強になるので、それなりに価値があるだろう。

1ピッチ目:セカンドのTu井さんが登りはじめたら、
鉢の付き纏われて立ち往生。

今日の蜂は昨日の蜂よりもしつこい(昨日のと同じ蜂かも)。
蜂がTu井さんからようやく離れたと思ったら、

今度は上で確保しているA木さんを来襲。
それぞれ10分余もじっとしたままで大変なことでしたね。

2ピッチ目:松ノ木まで。

3ピッチ目:チムニーまでのトラバース。

4ピッチ目:チムニーで前のパーティーの人が苦労していたが、
我々はなんとなく上手く登れてしまった。

やはり開脚した時に脚に無理が掛かる。
凹角を登る時に苦労するのでトレーニング(ストレッチ)の必要がある。

昨日トップの時は1メートルごとに全部ビレーを取って登ったが、
コーチは適当に間隔をあけてビレーを取っている。

5ピッチ目:前のパーティーが休憩をしていたので先に進む。
6ピッチ目:今日はコーチにお願いして正面フェースを登らせてもらう。

昨日のバンドをトラバースした後垂直に登る予定をしていたが、
トップのA木さんが右上ルートを取ったため、そのルートをトレースする。

13:00地蔵岳山頂に到着。

これで2日間の練習が終る。

時間も未だあるのでこれで終るのはもったいないのでコーチにお願いして、
正面加古川ルートの最終2ピッチを懸垂下降して中央バンドに降り、
そこから登り返す。

最初のピッチはアブミを使用して登り、
最後はコンテで頂上に出る。

下山途中で正面壁を眺めてみると、
丁度中央バンドから登ったルートが良く見える。

あんなところを登ったんだなあと感激である。

17:00帰営。Ki村君、Si水君の3人で皆さんより1日早く帰る。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/538-ede929e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック