FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

     百丈岩(RCS下見
期日:2011.09.10
参加者:牧師、Yokopie、M崎、Yosie、Shoku田、Icchie、Oti合、Gramps

DSCF1999_convert_20110912125845.jpg
東稜ノーマル1ピッチ目で確保する牧師  右のロープは2ピッチ目を伸ばすShoku田のロープ

ぽっぽRCS(ロッククライミングスクール)。もう30年続いている。
昔は募集すると定員の25名は直ぐに集まった。

だが最近は余り集まらなくなった。
どうしてであろう?

ロッククライミングのジムがたくさんできそれぞれのジムがスクールを適宜開催しているからだろうか?

今日はスクールの下見を兼ねて我々もクライミングを楽しむ。
それにしてもすごく暑い日である。

DSCF1983_convert_20110912125508.jpg
下部岩壁をリードするShoku田とビレーヤーのIcchie
ところどころ滑っていて嫌らしかった

先ず下部岩壁で2つのコースを登ってみる。

DSCF1987_convert_20110912125603.jpg
下部岩壁を登り終えてビレー(バックはローソク岩)

DSCF1997_convert_20110912125718.jpg
フォローのIcchie

DSCF1988_convert_20110912125641.jpg
隣のルートでYossieをビレーするM崎さん。上からの声が聞き取りにくいので注意

その後2パーティ(Shoku田・Icchie・Gramps、と牧師・Yokopie)は東稜へ。
M崎・Yossieパーティーは中央ルンゼの左側へと分かれる。

DSCF1998_convert_20110912125753.jpg
東稜1ピッチ目をフォローするYokopie

東稜組みは2ピッチ登って終了後、M崎パーティーの登っている壁の上に行き昼食。

DSCF2001_convert_20110912125931.jpg
中央ルンゼ左ルートで確保をするM崎さん
後方はローソク岩

DSCF2002_convert_20110912130017.jpg
ローソク岩頂稜手前で休憩するハイカーの方々

DSCF2005_convert_20110912130058.jpg
中央ルンゼルートをフォローで登ってくるYossie

暑くて食欲が余り無い。
ここで寝坊したOti合君が参加と同時にShoku田君、Icchieさんが所要のため下山。

DSCF2006_convert_20110912130209.jpg
食後の一時

昼食後、全パーティ懸垂下降で下りて登りかえす。

DSCF2007_convert_20110912130241.jpg
懸垂下降中のYossie

DSCF2008_convert_20110912130316.jpg
朝寝坊したOtieのフォロー姿

DSCF2009_convert_20110912130349.jpg
クライミングを見学のハイカーの方々

DSCF2010_convert_20110912130425.jpg
中央ルンゼルートをリードするOttieとM崎さん

あまりのも暑いのでこれで終了して下山。

大北商店前でビールで乾杯して今日の下見を終える。

下見の結果、百丈での行動を次のように決める。

5名の受講者パーティーを二つのグループ(A,B)に分ける。
3人パーティーを組む。

行動予定:
駐車場で注意事項、行動予定を説明し、装備を装着。

グループA、Bとも下部岩壁に一旦集合
グループAは下部岩壁で1時間ほど登り方、装備の使い方、アブミなどを講習、

グループBは登攀開始

グループBは登攀。
下山後駐車場の岩場で登り方、装備の使い方、アブミなどを講習

登攀ルート;下部岩壁左のⅡ級ルート登攀(終了点にボルトを2本打ちます。)
終了点15mコンテで上がりロープを解く。
そこから右へトラバースして東稜へ(一箇所フィックスを張ります)
東稜登攀(2ピッチ)
ロープを解いてろうそく岩経由中央ルンゼ上へ
懸垂下降で中央ルンゼルート取付きへ(懸垂ロープ・確保ロープをセットします)
中央ルンゼルート登攀
下山
→駐車場集合

帰りに落合君に誘われて室内壁で2時間トレをして帰宅。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/470-ffb4f58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック