FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

高槻の山・ポンポン山~天王山
ポンポン山(その18) 

時:2011年6月6日(月)晴れ

今日の行程は川久保~尾根コース~ポンポン山~柳谷観音~天王山の予定。

高槻市営バスで川久保へ。
このバスコースは山間料金で通常の210円より高く290円かかる。

終点川久保で6~7人の登山者が降りた。
ここからポンポン山へは渓谷コース尾根コースとがある。

DSCF1472_convert_20110607132927.jpg
水無瀬川上流の川久保附近

バス停から7分で尾根コースへの入り口である。
ここから山頂まで尾根コースは6㎞、渓谷コースは5㎞。

今日は尾根コースを登ることにする。
尾根コースはどうやら私一人のようだ。

少し登ったところで突然前方を鹿が降るスピードで横切った。
何かに追われている。

が追っている動物の正体は分からなかった。
日本犬くらいの大きさであった。

少しすると再び前方反対方向から鹿がフルスピードで横切って行く。
今度は追いかける動物は現われなかった。

どうやら上手く逃げ切ったようだ。

今日も背中の荷物が軽いので快調に登っていける。
緑も大分濃くなってきている。

梅雨とはいえ湿度が低いせいか気持ちが良い。
登り始めて1時間強で釈迦岳方面の北から伸びてきている尾根上に到着。

前回北から来てここで東に曲がらなければならないところを少し手前で東に下りてしまった。
休憩がてら地図を出して調べてみる。

ここがおおさか環状自然歩道の(北から東に下りる)曲がり角であることを確認。

休憩後北へ方向転換して釈迦岳を目指す。
登りはじめたら上から近所のご夫婦が下りて来られた。

本山寺駐車場に車を停めてポンポン山へ登って、ここを下りて駐車場一周コースだそうです。

9分で先回間違って東に下りた地点に到着。

ここより釈迦岳、少し進んで東海自然歩道に合流左折してポンポン山に到着。

DSCF1483_convert_20110607133011.jpg


今日は晴れてはいるが先日より視程は良くない。
木陰で少し早めの食事。

DSCF1484_convert_20110607133045.jpg
山頂の木陰で憩うハイカー

隣にいた女性パーティーが前回山頂で山座同定をされていた方達と分かり意気投合?
海印寺から登ってきて、同じ道を引き返すとのことで途中まで同道させてもらうことになる。

DSCF1490_convert_20110607133114.jpg
とあるピークから眺めた天王山

このコース何回も登り下りしているそうでビューポイント、花の生息地等を教えてもらいながら海印寺・柳谷観音分岐までご一緒させてもらう。

DSCF1492_convert_20110607133148.jpg
長岡京市遠望(今日は視程がイマイチでした)

DSCF1497_convert_20110607133220.jpg
鉄塔下のビューポイントから

お二人さんありがとうございました。

DSCF1499_convert_20110607133256.jpg
ご同道していただいたお二人さん(ここから海印寺へ帰られる)

ここからはまた一人になり、ほぼ南に下る。
沢まで下りて再度登り返し下ったところが西山古道入り口。

DSCF1502_convert_20110607133336.jpg
沢を横切って再び登り

古道NPOの方たちが登山道整備をされていた。

DSCF1507_convert_20110607133411.jpg
NPOの方たちが植えられた「陽光桜」この辺り一帯に50本植えられたとか。
この春も花が咲いたそうです。


ここから車道を東に12~3分進んで右の橋を渡り少し進むと、
「天王山ハイキング入り口」の道標に導かれて再び登山道へ。

DSCF1509_convert_20110607133448.jpg
~ウツギ?

登りになった途端記憶にあるような道。
良くリハビリで天王山山頂からすこし足を伸ばした道の最終地点だ。

DSCF1512_convert_20110607133521.jpg
天王山への道から見た市街地

15分程度登ったところで小倉神社への分岐。
なんとここに素晴らしいテーブルと椅子が出来ているではないか。

DSCF1514_convert_20110607133602.jpg
磨きが掛けられた立派なテーブルと椅子

件のNPOの方たちが作ってくれたのでしょう。
残っているおむすびとお茶を飲んで大休止。

後は天王山目指して歩くのみであるが、
天王山ハイキング道に入った頃から急に暑くなってきた。

山頂近くに来たら子供たちのはしゃぐ大きな声、歓声が聞こえてくる。
山頂に着いたら30名くらいの子供たちがゲームをし遊んでいる。

DSCF1518_convert_20110607133638.jpg
山頂でゲームの作戦を練る子供たち

今日は代休で学童保育の元気一杯の小学生たちである。

少し休憩しようとしたが蚊がすぐに寄ってくるので早々に退散。

DSCF1523_convert_20110607133712.jpg
「名神大山崎JC」天王山中間地点の展望台から

DSCF1525_convert_20110607133744.jpg
少し下った公園から見た桂川

最近、天王山は山崎聖天さんから登るが
今日は自宅まで歩いて帰らなければならないので舗装道路を避けて宝積じ経由で下りることにする。

DSCF1527_convert_20110607133817.jpg
宝積寺の三重の塔

JR山崎駅についてほっとするも
ここから自宅まではあと30分歩かなかけばならない。

DSCF1529_convert_20110607133857.jpg
地上から見た桂川。遠方は楠葉の建物

脚が張ってきている。
帰宅してストレッチ、風呂に入る前に水で冷やし、
入ってから再度ストレッチをしたらすっかり回復した。

今日も歩けて満足でした。

記録:
高槻バス停9:10→川久保9:32~尾根コース入り口9:37~釈迦岳からの稜線出合10:44、10:55
~大沢・柳谷への分岐11:04~釈迦岳11:07~東海自然歩道との合流点11:16~ポンポン山山頂11:30、11:49

~釈迦岳への分岐12:02~釈迦岳12:12~大沢・柳谷への分岐12:16~展望良場所(善峰寺分岐)12:21
~展望台12:34~善峰・大沢・柳谷観音分岐12:50~展望台13:09~

海印寺・柳谷分岐13:15~沢の出合13:33~柳谷駐車場13:45~浄土谷への分岐13:58~天王山への入り口14:04~小倉神社への分岐14:21、14:31~天王山14:51、15:07
~展望台15:17~宝積寺15:26~JR山崎駅15:36~自宅16:09 
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/431-105a0965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック