FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

ポンポン山(その10) 
時:2006年3月27日(月)晴れ

今日は晴れ、明日は雨の予報。
ということで出かけることにする。

これで5週連続の訪問となる。
今日も福寿草は咲いていた。

今日の登りコースは出灰(いずりは)からの尾根コースで望む。
10時10分出灰バス停下車。

途中地鶏の養鶏場。
レンギョの花や椿の花が美しい。

高槻労山のM鍋氏の工房によったりして林道を登山道入り口まで40分ほど歩く。

ここから山道に入る。
大原野森林公園への分岐を左に見て進む。

ツツジの丘で休憩。
ここより少し先から西尾根を進む。

意外と早くフクジュソウの所に着いてしまった。
うっかり通り過ぎる所であった。

フクジュソウは今日も太陽に向かって精一杯咲いていた。
葉っぱもかなり出てきていて盛りが過ぎたようだ。

15分ほど鑑賞して山頂に向かう。
いつもより早く12時過ぎに到着。

山頂が一杯になるほどの人・ひと・ヒトである。
天気も良く温かいためであろう。

手を上げて知らせてくる人があった。
5週も連続で来ると何人かの顔見知りも出来てくる。

ここで昼食。
今日も好きなうどんである。

残念なことに肉を忘れて来た。
それに春霞がかかり遠望は望めない。

1時間ちょっと休憩して下山にかかる。

今日の下山コースは時間的に早いので先週ちょっと間違えて行き過ぎた道を行ってみることにする。

「本山寺~原大橋コース」
本山寺より少し下った所に分岐あり。

一番左が林道でその右が林道に沿って歩く登山道、
一番右が神峰山寺行きコース。

今は神峰山寺には入れないのでその裏を通るコースをとることになっている。
今日はそのコースに入り

10分で神峰山寺コースを左にして真っ直ぐ進む。
尾根通しに北へ西へと下りていく。

やがて急降下して行き止まりみたいな所を左に回りこみ沢に出て、
それを渡り左に回りこみながら、

やがて踏み後もなくなった傾斜地を西方面に採石場めがけて滑りながら下りる。

採石場内をとおり車道に出る。
そこは本山寺口バス停である。

この時間帯は1時間もバスは来ない。
仕方がないので2つ先の原大橋バス停までを歩くことにする。

採石場の埃っぽい道路、
そして亀岡~高槻線で交通量も多く危険な移動を30分。

これがポンポン山へのルートの一つであるのならば余り薦められたルートではない。
途中で間違えたかもしれない。後日再調査してみよう。

今日も楽しい一日が過ごせた。感謝!

記録:
出灰バス停10:10~上登山口10:53~大野原森林公園分岐11:06~ツツジの丘11:14、11:20~フクジュソウ地11:40、11:55~山頂12:14、
13:20~高槻の古木「杉」13:51~本山寺14:08~神峰山寺への下り分岐14:20~沢越え14:35~本山寺口バス停(採石場入り口)15:00~原大橋バス回転場15:25
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/422-ee57ecc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック