大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

ポンポン山(その8) 

時:2006年3月15日(水)晴れ

今日はこんなに天気が良いのに誰も岩登りに付き合ってくれる人がいない。
そこで福寿草鑑賞に今週も出かけることにする。

昨夜例会後の2次会最後の一杯を止めときゃいいのについつい飲んでしまった。
今朝は久し振りの頭痛(二日酔いか?)というわけで川久保に着いたのが11時過ぎ。

先週は川久保尾根コース→ポンポン山→川久保渓谷コース→川久保だったので今日はこの逆コースを行く事にする。

部落入り口の民家の庭先にある福寿草も今日は咲いていた。
水無瀬川を右に左にと見ながら歩を進める。

昨日か一昨日降った雪が川原に所々残っている。
遅い出発のせいか誰一人いない静かな歩きである。

めがね橋で5分ほど休憩する。
なんでこんな所にこんな立派な橋と道路を作らなきゃいけないのだろう。

ここから7~8分でお花広場?まだ何も咲いていない。
何が咲くのか楽しみだ。

ここからは林道と分かれて登山道に入る。
水無瀬川源流のせせらぎの音を聞きながらの登りである。

20分位でポンポン山に到着。
今日も10数名の人がいる。

今日は視界イマイチであったが、なぜか愛宕山ははっきり見える。
昼食にいつものラーメンも持って来たが紅茶とパンのみ食べて福寿草を見に出かける。

ここから北の方向にある尾根を下るのに何故か「西尾根」を下っていくのである。
ポンポン山山頂を基準にしていないのかな?

今日の福寿草は満開といってよいでしょう。
先週も良く咲いていたがその3倍は咲いているようだ。

ラッキーである。
再びポンポン山に引き返し大休止後、川久保尾根コースへと下山開始。

途中釈迦岳で少し休む。
この釈迦岳は水無瀬川の源頭だそうだ。

お釈迦様が水を大切に守ってくださっているとか、いたとか?
万葉集にも数多く読まれている山だそうだ。

そう言えば10年程前までは我が家の水もこの水であった。
夏冷たく、冬温かい水であったが今は淀川の水と代わってしまった。

先週登ってきた子の道を今日は下りと、
たかをくくっていたらなんと結構登りがあるではないか。

途中で一度休憩して川久保に到着。
なぜか今日も疲れた。

腰痛?坐骨神経痛?昨夜の飲みすぎ?のせいかな?
それでも楽しい一日が過ごせたことに感謝!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/420-31a97247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
坐骨神経痛は腰を使うほど治る!
1日たった5分間でできるとっても簡単なストレッチで、無理なく安全に坐骨神経痛の痛み・痺れを根本から解消する 方法をお教えします。もちろんご自宅で一人で行えます。
2011/06/06(月) 07:33:02 | 坐骨神経痛改善法