FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

大台ケ原「サマーコレクション」

期間:2010.11.05夜~11.06
大阪ぽっぽ会 Gramps
    
「私たちが6年前に行った「冬のようなサマコレ」。忘れられない山のひとつです。朝の寒波と樹氷、紅葉と谷の白い流れと大峰の山々。快適なクライミング。終わった後の稜線の寒さ、駐車場に戻ったら凍えて指がかじかんで、ホットココア握りしめて車に飛び込んだ。助手席で人心地ついたあの瞬間、あの温もり。すごく充実した、幸せな気分。何もかもまざまざと昨日のことのように思い出します」NanohaBab

DSCF2409_convert_20101108220609.jpg
サマーコレクション8ピッチ目から見下ろしたシオカラ谷の紅葉

今回はKuriさんと2人で行ってきました。
大台ケ原山上駐車場近くに12時過ぎに到着。幕営即小宴会。

今回初めて山へ猪口を持参。
燗酒を猪口で飲むと最高に美味しい!

朝方はパッチを慌ててはいたほどかなり冷えました。
西大台へ入るための講習会は8時半であったが交渉して8時から特別に始めてもらった。感謝。

DSCF2373_convert_20101108215649.jpg
取り付きに向うKuriちゃん

今日は無風快晴、
紅葉も盛りは過ぎたと言われているが素晴らしいの一言です。

いつもの道を1時間かけて取り付きに到着。
9時50分登攀開始。
今回は1ピッチ目以外はGrampsがリードしました。

1ピッチ目:2級ノープロテクションで30mルンゼを左上。

DSCF2376_convert_20101108215728.jpg
1ピッチ目を登るKuriちゃん(写真真ん中下)

DSCF2381_convert_20101108215811.jpg
2ピッチ目取り付きにある例のペナント

2P:10b:1ピンを取って2ピン目に行く出だしが悪い。
前回は少し上にあがってしまったようで動きが取れなくなり、A0して下りてやりなおした。

今回はなんとか移行できた。まだ慣れていないのか厳しく感じた。

IMG_5967繧オ繝槭さ繝ャ_convert_20101108215854
2ピッチ目リードのGramps

DSCF2382_convert_20101108215938.jpg
2ピッチ目フォローのKuriちゃん(毎度米粒ですみません)

3P:10aのピッチ。このルートで一番長いルート。
2P目より慣れてきたせいかやさしく感じられた。

DSCF2385_convert_20101108220020.jpg
3ピッチ目終了点から見た隣の岩壁と紅葉

IMG_5968繧オ繝槭さ繝ャ_convert_20101108221323
3PリードのGramps

DSCF2387_convert_20101108220137.jpg
3PフォローのKuri

4P:10c:適度の緊張感をもって登れるピッチでしたが、
ハングでZクリップをしてしまいクライムダウン。

このピッチのビレー点を通過して次のピッチまで伸ばす。
前回はヌンチャクの残りが3セットしか残っていなく苦労した。

50mロープでは下の大木まで伸ばすのが精一杯であった。
それにしても素晴らしい紅葉である。

登っているのは2人きり。
この大きな自然を2人きりで独占してよいのだろうか?

5P:5メートル位上の木までKuriさん行ってもらう。
ここで15分の大休止。

DSCF2392_convert_20101108220226.jpg
休憩中のKuriちゃん

6P:ジェードル状の草付きをトラバースして対壁の左上気味のルンゼをビレーポイントまで。

IMG_5975繧オ繝槭さ繝ャ_convert_20101108220309
7P終了点

7P:5.8:右上バンドを8mくらい登って、
フェースをガバフレークを使って左上する。

IMG_5979繧オ繝槭さ繝ャ_convert_20101108220439
7PハンドトラバースのGramps

ここで一枚写真を撮ってもらう。
スタンスも適当にあり高度感のある楽しいハンドトラバースである。

DSCF2399_convert_20101108220348.jpg
7P終了点から見下ろして見た紅葉

カンテにでてビレー。
Kuriさんもこのトラバースで写真を何枚か撮る。

DSCF2400_convert_20101108220530.jpg
7Pハンドトラバース中のKuriちゃん

8P:カンテを直上する。
250m下の取り付き点まですっぱり切れ落ちて見える。

紅葉がなんとも言えない。
高度感抜群のピッチである。

DSCF2413_convert_20101108220642.jpg
8P目をフォロー

奥鐘西壁、屏風岩、雪彦山にもこんなところがあるなあと。
先回と同じくセカンドを確保しながら眺める景色:

青空に紅葉が映え、シオカラ谷の流れ落ちる清流、遠く霞んで見える大峰の山々を楽しむ。
最高のピッチである。

9P:5.8:登り始めは右側壁を登り、
元に戻って最後の核心部のハングを乗り越す。

前回はセカンドで荷を背負っていたのでびびったので、今回は心してトライ。
思い切って登ればそんなにも難しくなかった。

DSCF2418_convert_20101108220730.jpg
登攀終了した満足感の顔?

しかし疲れているとこのハングも厳しいかもしれない。
終了点で休憩がてら道具を整理して、千石尾根を駐車場に向かう。

「北からの風はきつく冷たかった」は前回で、今回は暖かく快適に歩けました。

6年前に登った時素晴らしいルートと感じたが今回もやっぱり素晴らしいルートと再確認できました。

IMG_5990繧オ繝槭さ繝ャ_convert_20101109112448
千石尾根を駐車場に向う

今年は頻繁に山に入っているが、
8月の剣岳以外は皆快晴に恵まれ本当に幸運です。

今回入山申し込みは保険を兼ねて土曜日、日曜日2日分を申請しました。初日が快晴。2日目は曇りの天気予報であったが大台ケ原はどんなんであったかなあ?

(駐車場8:30,取り付き9:30,登攀開始9:50、2P終了10:50、5P終了12:50休憩・出発13:08、7P終了14:10、8P終了14:50、9P(登攀)終了15:20、15:40、 駐車場16:10。登攀時間5時間(前回4時間半)
スポンサーサイト



コメント
快晴!
Kuriちゃん、ようやく念願のサマコレに行けたんですね。よかったよかった~。
2010/11/09(火) 11:59:44 | URL | SunnyK #WOq6nlhY[ 編集 ]
Re: 快晴!
> Kuriちゃん、ようやく念願のサマコレに行けたんですね。よかったよかった~。
SunnyKさんこんにちは、実はKuriちゃんは昨年も行っております。明日の名張よろしく!
2010/11/22(月) 15:08:50 | URL | Gramps #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/359-dc4ff966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック