FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

夏山山行北ア剣岳・八ツ峰Ⅵ峰・Dフェース・富山大ルート                

期間:2000.08.11~08.14  
       
8月11日:
東京単身赴任中、新潟出張の延長でそのまま富山に入いり、
富山地鉄終点の立山でビバークして、大阪組みを待つ。

8月12日:
朝一番5:30発の整理予約券を得る為に4:30分より並ぶ。
Yam本1号さんよりテレが入る。

彼らは今駐車場にいることが分かる。
一番ケーブルに乗ってバスに乗り継ぎ室堂入り。

バスの荷物券はコンパクトにしていたので私のみ払わずに済んだ。
室堂では時間が十分有るためゆっくり準備して8:00に出発。

2回程休憩を入れて剣御前小屋に10:00に到着。
ベースである剣沢には10:30に到着する。

テント3張設営し終えた頃にO見さんが到着。
これで7名、後大阪よりバスで直行のKis川さんだけとなる。

早速宴会モードになるも疲れている人はすぐに昼寝。
Kis川さんがなかなか来ないので心配になる。

2時頃迎えに行ったO見、I東と元気な姿で到着。先ずは一安心。

飲んで眠っているMiy本君(ミヤモ)を起こして明日登攀する予定の平蔵谷中谷ルートの取付点の確認に出かける。
どうにか取付き点は分かった。

往復3時間弱の行程であったが飲んだ後の3時間はしんどかった。

8月13日:
天気予報によれば、午後から雨とか。
中谷ルートは9ピッチ有り時間も掛かりそうなので行くべきかどうか迷う。

結局午前中で登れる6峰Dフェース富山大ルートを登ることに決定。
このルート7年前に登ったことがある。

あのときは熊の岩にツェルとを張って、Ban東さんと岳僚のSakur田君と登った。
元此花のHayasさん、元豊中のSyou司さんもいた。

彼らは前日八峰Ⅰ峰から縦走して遅く帰幕したため、
我々が富山大ルートを登るこの日は休養日としていた。

我々が登っていた時ラジオを聞いていたHayasさんがⅤⅥのコルよりⅥ峰まで駆け登ってきて、
上から岳僚の三人がグランドジョラスで遭難したと知らせてくれた。

我々は急遽登攀を中止して帰阪したことがあった。

今日はこのルートをMiyamoと再登。
今年は残雪が多い。岩壁の取付き点へは二重の雪の壁が出来ていた。

なかなか取付けず岩壁をヘツッテやっと到着できた。

富山大ルート

1ピッチ目:top:Gramps:Ⅳ+:濡れている。
被り気味の岩を越えて凹角沿いにやや左上した後ピッチを切る。

フォローのMiyamo を確保していたら指先がジンジンしてきた。
今登った岩の冷たさのためだ。

2ピッチ目:T-Miyamo:Ⅲ:凹角を左上してかぶった岩を左から巻いて上がったところでビレー

3ピッチ目:T-Gramps:Ⅲ:2P目を少し手前で切ってしまったため、5m登ってビレー。

4ピッチ目:T-Gramps:Ⅳ+~Ⅴ-:少し左に移動して立った岩を登る。
Ⅴ-とあるがピンが沢山あるので脆くても安心感がある。

高度感があり登っていても気持ちの良いピッチである。
セカンドのミヤモホールドが一箇所抜けビビリ。

5ピッチ目:T-Miyamo:Ⅲ:左上バンドに沿って登りDフェースの左端に出て、直上5m位してビレー。

6ピッチ目:T-Gramps:Ⅳ:リッヂをどんどん登っていく。
Ⅳ級グレードとなっているが、Ⅲ+程度の気がする。

7ピッチ目:T-Miyamo:そのままDフェースの頭まで行って終了。

隣のCフェース組(O見-Kit川、I東-Ima立)パーティーも終了している模様。
Dフェースの頭に集合して。下山開始。

ⅤⅥのコルへの下山路。
どこでどう間違えたのか、通常のルートからルンゼ1本北側に懸垂で降りてしまった。

O見、I東の健闘で無事ⅤⅥのコルに到着。

下山に4時間も費やしてしっまた。
今日の登攀の核心部は下山路となってしまった。

これから長ーいながいベースまでの道のり。
それでも5時には帰着できた。

夕食前の一時メロンあり、オレンジあり勿論ビールありで楽しく過ごしテントの人となる。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/331-f537149f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック