FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

奥美濃シリーズ 金糞岳          

期間:1988.1.15~1.16         

1月15日:
残念ながら、この日の記録はワ-プロに記録しているとメモしてあるがどこにあるか記憶がない。

山崎5:32→京都6:12→米原→長浜7:39、7:42→高山8:30~二俣9:15~国境稜線ベース15:00.就寝20:00

1月16日:

昨夜は随分風が吹いたようだが、樹林帯のため木々の音のせいであろうか。
テントの外に出てみると満天の星空。

天気予報では良い方向に向かっているようだが、
予報は「今日はまだ曇り、昼から一時晴れ」である。

多分予報より早く好天に向かっているのであろう。
餅入りラーメンの朝食を済ませて出発。

天候は昨日と今日とでは天国と地獄の違いがある。
雪も締まり気味で歩きやすい。

稜線上に出て小朝の頭に向かう。
5人もいるとこのくらいのラッセルは全く楽だ。

左(西)に花房尾根が水平に延び、
右(東)にはまだ日の出前のために奥美濃の山々のシルエットを見ながらの稜線漫歩といったところか。

小ピークを下ったり、登ったりしながら進む。
金糞岳手前の最低鞍部への下りでご来光である。

誰かが「7時11分」と発声。全員振り返りしばし立ち止まり見惚れる。
前方左の尾根の上部も既に朝日に輝いて素敵である。

このコルで一休みして、いよいよ、金糞岳の急登である。

ここでAk松君(一番若い)がハッスルして山頂までの7~80%をラッセルしてくれる。
やはり雪が少ない為ヤブコギを強いられる。

この登り美濃側が瘠せ落ちているため、ガスが出ている時は要注意だなと思いつつ登る。
山頂は南東に細長い形になっている。

1時間ほどで頂上間近に、
ここから山頂の標識までは最高齢者に敬意を払って、先頭で歩いてもらう。

山頂は風はきついが天気快晴のためかそんなに寒さを感じない。
山頂から見る奥美濃の山々。

あれが昨年縦走した横山岳、土倉岳だとか、
あれは金草岳だ、冠山だ。

ソ麦岳だ、能郷白山だと地図と見比べながら山当て談義に花が咲く。
コーヒーで乾杯して、記念写真を撮ってから少し下りた陽だまりで大休止。

9時30分、下山開始。ワカンを外して下り。
気温も上がってきているせいか、時々雪の中にはまり込む。

ベースに着いた頃には革靴の中は濡れてしまっている。
1時間くらい掛かってベースを撤収して、再び下山にかかる。

ここからの下りが意外と時間が掛かるように感じる。
もう靴の中はぐしょぐしょである。

追分に14:00着。ここからは林道を只ただ歩くのみ。
それにしても今日一日は晴れた春山のように素晴らしい天気であった。

林道の終点二俣には15:20分に到着。
ここで、あまったラーメンを作りながら大休止。

濡れた靴下を履き替えさっぱりする。
何故かあんなに良かった天気が一瞬にして激変・雨となる。

急いでバス停シェルターに駆け込む。今回の山行もフィナーレを迎える。

雪山をやりだすと雪山を続けたくなるし、そうすると岩登りが出来なくなり悩む。
どうしたらいいのでしょうね?

同行者:4名、うちAk松君しか記録なくまた、記憶もない。最高齢者は、Ka藤さんか?

起床4:00、出発6:30~頂上8:40、9:30~ベース10:50、11:45~取り付きダム13:55~二俣15:20~高山16:45、17:08→長浜18:00、18:12→米原18:22、18:38→京都→高槻
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/323-053946a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック