FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

大台ケ原 蒸篭 ブッシュマン

2008.05.27                                大阪ぽっぽ会 Gramps

サマーコレクション」「サンダボルト」はこの地区にある。

DSCF3075_convert_20080803151956.jpg

2日前の25日はこのルートを登るために申請していたのに雨でふいになってしまった。細かいことだが申請費用1千3百円は返ってこずに無駄払いである。

しかしそれが西大台の維持管理費に少しだけでも協力になっているのであれば嬉しいことである。

岩登りは雨が降っては登れない。登るためには最短3週間前には予約をしなくてはならない。

その日が晴れるかどうかなんてどうして予測できるでしょうか?制度を見直してもらいたいと思うのは私だけでしょうか?(早くできるように検討されているようです)

 前置きが長くなりました。25日は雨、26日晴れ、27日晴れの予報。ならば申請の要らない東地区の蒸篭に晴れの続く2日目を狙って26日夜出かけ、27日朝から登れれば最高である。

DSCF3074_convert_20080803152036.jpg

4時間かけて27日午前0時半に満天の星の下、大台ケ原駐車場に到着。アルコールを少し飲んで1時に就寝

27日:意外と寒く熟睡できなかったが6時に起床。朝食を済ませ7時5分出発。
幾組かのハイカーも出発している。
蒸篭は最近知った。大蛇からすぐ北隣の岩である。大蛇に何度も来ているのに蒸篭なんて名前すら知らなかった。
そういえば地図を見たら蒸篭は載っていた。岩壁である。
その蒸篭へは高低差の少ない尾鷲辻から行くことにする。

DSCF3031_convert_20080803152112.jpg

大蛇への分岐を右に折れ少し行ったところの沢を降りて行くと右に蒸篭が現れてきた。
取り付きテンを探しながら行ったらそれらしきところににシュリンゲがぶら下っている。

DSCF3034_convert_20080803152155.jpg

ここで登攀具を着け8時35分スタート。
わがままを言って、核心ピッチの5ピッチ目を登らせてもらうことにする。
当然つるべで登るため1ピッチ目は私が登ることになる。

1ピッチ目:Gramps:このピッチは通常湿っているとか。

DSCF3035_convert_20080803152315.jpg

今日は幸運にも乾いている。難易度は5,9(ナイン)となっているが乾いているせいかそんなには思えない。(強いて言えば、終わりころがナイン位あるのかな?)

2ピッチ目:NanohaBab:まさにブッシュ登りの感がある。

3ピッチ目:G:凹角をまっすぐ登り突き当りを左に登るのかなと思ったら右にピンが設定されている。
ここは小柄な人は少し厳しいかな?右に廻って直ぐ直上して左にあるルンゼ上を跨いで左上してビレーポイントへ。
先ほどの突き当りから左上してビレーポイントにルートを伸ばした方が少し厳しくなるが自然のような気がする。

DSCF3043_convert_20080803152346.jpg

4ピッチ目:Bab:ここも中間部がまたまたブッシュである。
大蛇方面から声が聞こえてくる「おっ!あそこに誰か登っている」「ほんまやっ!」こちらからも大蛇の人たちがよく見える。
写真を撮りたいがカメラはBabさんが持っている。終了点は広いバンドである。

5ピッチ目:G:先ず右上して行ってハングに取り付く。
ハングの直ぐ上のホールドを掴めば直ぐ乗りこせるかなと思ったら、次のホールドが届かない。
どうして登ったかはOSトライの人のために伏せて起きます。

DSCF3051_convert_20080803152421.jpg

ハングを乗りこすと今度はスラブである。
ついこの間登ったインスボンのスラブとは大違いのコケコケみたいな感じのすっきりしないスラブである。
雨上がりや、濡れていたら登れるのかなあと考えつつ終了点へ

6ピッチ目:Bab:出だしの少し右上気味のトラバースが厳しい(私は厳しかったのでトラバースをせずに強引に直登をした)。
少し登ったところで左手に掴んだホールドが剥がれフォール。

やや左上気味に登って行くと頭半分大くらいの石が剥がれ、谷底まで一直線に落下。数秒後谷底から大音響がこだましている。

DSCF3056_convert_20080803152458.jpg

まだまだ新しいルートのため注意していてもこのようなことが起こる。
このピッチが一番骨があったような気がする。

DSCF3060_convert_20080803152535.jpg

登攀も終わって休憩。直ぐ上の梢で鳴く鳥の声を聞きながら景色を眺めたり写真を撮ったりして暫しの間ゆっくり過ごす。
さわやかな気持ちの良い日である。大蛇も平日のためかそんなに多くの人が来ていなかった

DSCF3065_convert_20080803152610.jpg

休憩後尾根を辿る。途中千石の中の滝が綺麗に見える。
ツクシシャクナゲも咲き競っている。遊歩道に出て、帰りはシャクナゲ道を下りことにする。
シオカラ谷経由で駐車場に到着。
ゆっくりした楽しい山行ができました。

DSCF3057_convert_20080803152653.jpg

駐車場7:05~取り付き8:20登攀開始8:35~終了11:20(ゆっくりせずに普通に登れば2時間半位で登れるか)

DSCF3075_convert_20080803151956.jpg
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/24-fe381485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック