FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

源次郎尾根Ⅰ峰平蔵谷中谷ルート(北ア剣岳)
                               
期間:2001.08.14
参加者:NanohaBab、Gramps       大阪ぽっぽ会 Gramps

写真は小赤壁で文章とは関係ありません

昨年の夏は天候悪く
中谷ルートは断念し八つ峰Ⅵ峰DフェースをMy本君と登った。

彼とは今回仕事の都合で一緒できず残念です。
今年も11日、12日と降られ
13日も壁が濡れており14日のワンチャンスでのトライした。


3時半起床。昨日に引続き天気は良さそうである。
ベースの剣沢より雪渓を下って平蔵谷出合を少し登り返した地点が取付きである。

雪渓上にはごろごろと落石が散らばっている。
丁度中谷ルートの下である。

我々のほんの少し後に3人パーティーが来た。
S労山(Iw佐,Mz谷,Kw崎さん)の方々である。

1ピッチ(P)目:トップ(T):Gramps:草付は濡れていていやらしい。
ノーピンで2ピッチ目まで進む。

2P:T:NanohaBab:人工で20メートル。
所々ピンが腐っていたり、甘かったりでどきどきするピッチである。

C1_0385_convert_20090602111241.jpg

3P:T:Gram:左の凹状を3メートル登って左の壁に。
そこを5㍍ほど左上し、直上5㍍後ビレー。

C1_0386_convert_20090602111353.jpg

4P:T:Gram:この上のフェースはⅤ~Ⅵ級か?
右のクラックにトライやっと1本ハーケンを見つけほっとする。

続いて草付にウォートホッグ打ち込み、次にハーケンを打って登る。
その上は1.5㌢のクラックが走っているがエイリアンを持っていないのでどうしょうもない。

再び左のフェースのわずかな凹みを求めて5㍍ほど登るももうこれ以上登れない。

力尽きて落ちたら…昨夜の夢が脳裏を掠める。
交通事故で車に吹っ飛ばされたあの夢。あーこれで俺も…。

負けてたまるもんか。
6,7㍍右の少し下にハーケンにぶら下がったシュリンゲが目に入る。

その少し手前に潅木がある。
そこまでトラバースできれば何とかなる。

「よっし、やったるぜ」。
小さな皺に渾身の力で爪を引っ掛けてトラバース4㍍。

掴めた・細い枝だが。
根元にシュリンゲを巻いて、それに掴まってそおっと下降。

例のハーケンについているシュリンゲに手が届いた。これで助かった。

後続のS労のパーティーが探してくれた正規の3ピッチ目の終了点へ懸垂下降。
ほんまに疲れた。

指の爪の間から血が滲んでいた。
長いことビレーしてくれていたBabさん、すんませんでした。

C1_0387_convert_20090602111504.jpg

5P:T:Gramps:草付からスラブを登る
終了点で先行パーティー待ち。

先ほどの登攀に比べなんと楽なそして楽しいクライミングか。
20cmX30cm位の浮石がズルズルとうごきだす。

びっくり。慌てて手でとめる。
そういえばこの下の雪渓にこれ位の石がごろごろ落ちていたあれだ。

C1_0388_convert_20090602111606.jpg

6P:T:Bab:スラブのトラバース。
A0をしながらビレー点へ。20㍍。それにしても短いピッチだ。

この終了点でS労山パーティーが先を譲ってくれた。
ありがとう。

C1_0389_convert_20090602111709.jpg

7P:T:Gram:草付から凹状部へ。
草付でスリップ。ひやっとする。濡れておりいやらしい。

5㍍ほど登るとかぶっており、ちょっと厳しそう。
シュリンゲが垂らしてあったが白色に褪せてとても掴んで登る気にはなれない。

雰囲気的には不動岩の「ハスラールート」と「砂かぶり」の上部を合わせたようなところであった。
乗っ越し地点にハーケンがありヌンチャクを掛けて一息。

後は落石を起こさないように慎重に登りビレー点へ。
トポでは30mとなっていたが40mはあるようだ。

C1_0390_convert_20090602111847.jpg

8P:T:Gram:大岩溝の登りであるが、
大崩壊した後のためか、想像していたよりも浮石は少ないように感じた。

左の側壁の岩は硬いため右の壁に注意を払って登れば大丈夫のようだ。
とは言え落石には最大の神経を使ったピッチでした。

終了点ではチョックストーンに座って確保した。

C1_0391_convert_20090602112010.jpg

9P:T:Gram:奥深いチムニーだが左の壁をチョックストーンの外側を巻いて登り、
左に抜けてリッジを登る。やっと明るい登攀。

このピッチもテラスで座ってビレーが出来た。

C1_0392_convert_20090602112129.jpg

10P:T:Bab:20m位のフェースを登り、
前傾した草付を登るのだが、5級位のところをわざわざ登ったのか?

左にやさしく登れそうなところがあったのに。
ここ3ピッチをトップトップで登れなかった憂さを晴らすかのように。

ここでザイルを解いて縦走路迄ブッシュ帯。
結構この藪こぎも疲れました。

縦走路のテラスでS労山隊を待って、源次郎尾根を下る。
昨日登ったところであるが下りも結構厳しかった。

源次郎の取付きで熊の岩に向かうS労隊と別れて、剣沢に向かう。

NanohaBabさん、
地労委のごたごたででろくろくトレーニングのできなかったのにすごく頑張りましたね

疲れましたが充実感がありました。
渇ききった喉にはビールもポカリも野菜ジュースもおいしかった。
 

記録:
剣沢(4:45)、取付き(5:45)、登攀開始(6:15)、終了(縦走路)(13:50,15:20)、剣沢(18:50)
ルート間違ロス:1時間30分?


[追]:ルートを間違えた3P目
日本のクラシックルート、登山体系、日本の岩場ルート図集を参考にしていたが
日本の岩場(下)を見ていれば間違わずに済んだかも?
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/219-e927e3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック