FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・剣岳源次郎尾根
      (やっと登れた源治郎尾根) 
       
期間:2009.5.1夜~5.4
参加者:NanohaBab、牧師、MaruSan、Gramps

写真を多く載せているため写真場面と文面とは一致していません。ご了承ください。

DSCF6986_convert_20090505153321.jpg
出発地点・室堂にて(牧師、Gramps,NanohaBab)9:13

今年の「ぽっぽ春山」は剣・八つ峰、源次郎尾根、頚城山域・焼山で計9名でした。
その他にフリーくライミングで椿岩に3名、不動岩に3名。

DSCF6988_convert_20090505153353.jpg
室堂より雄山方面 9:30 

当初の予定は源治郎~剣岳~早月尾根の計画でしたが、
今年も天候と体調の都合で剣沢ベースの周回コースに変更して行って来ました。

何年もトライしながら天候不良で行けずやっと念願が叶いました


DSCF6990_convert_20090505153416.jpg
大日岳方面(写真では見難いが大日岳の雪庇はすごい) 10:20

5月1日:晴れ。
21時30分南茨木より車で立山に向かう。高速料金は1600円で行けた。

DSCF6991_convert_20090505153442.jpg
一回目の休憩 10:20

5月2日:晴れ。
立山に2時着。駐車場は満車。
幸運にも1箇所空いていた。

車内で5時まで仮眠後ケーブル駅に向かう。

DSCF6992_convert_20090505153508.jpg
雷鳥坂から俯瞰した雷鳥沢キャンプサイト 10:20

何とすごい人である。
ケーブル以外に室堂臨時直行バス便が出たのでそれに乗るも2時間待ちの7時30分の出発。

DSCF6996_convert_20090505153533.jpg
2回目の休憩を終えて 11:15

今日は剣沢までなのでゆっくりと服装を整えて9時過ぎに出発。
やはり足の痛みは残っているが歩けないほどではないので行けそう。

DSCF6997_convert_20090505153601.jpg
3回目の休憩(剣御前小屋横) 12:00

今年は天気が良いので四周の山々が特に素晴らしく見える。
大日岳の雪庇はすごい。

DSCF6999_convert_20090505153624.jpg
剣御前小屋横 

雷鳥沢で休憩後は別山乗っ越しの御前小屋までの登りの始まりである。
途中2回ほど休憩して御前小屋に到着。

結構しんどかったがいつの間にか着いてしまった感じである。

DSCF7005_convert_20090505153651.jpg
別山乗っ越しからの剣方面を望む 

DSCF7003_convert_20090505153718.jpg
別山乗越しからの源次郎尾根と八つ峰

明日登る予定の源次郎尾根が厳しそうに聳えたっている。
登れるだろうか?否、行けば簡単やと思いつつ勇姿を写真に収める。

ここから30分ほどで今回のベース剣沢に到着。
すでに多くのテントが設営意されている。

早速テンバ作りに取りかかる。
2時間も掛かってしまった。

DSCF7009_convert_20090505153744.jpg DSCF7010_convert_20090505153815.jpg 

DSCF7011_convert_20090505153839.jpg DSCF7012_convert_20090505153916.jpg

DSCF7013_convert_20090505153942.jpgテンバ作り開始12:40 完成14:30

設営後はビールを買ってきてもらい先ずは乾杯。
連休前半は天気に恵まれ良かった。

明日からの天気がイマイチなのが気になる。
どうか明日も天気が持ってくれますように。

DSCF7014_convert_20090505154020.jpg
5月3日:源次郎尾根(その1) 5:20

DSCF7015_convert_20090505154054.jpg
源次郎尾根アップ(その2)

5月3日:薄曇り時々晴れ。

5時過ぎ出発。雪も余り硬くない。
気温が高いのであろう。

剣沢を下りながら源次郎を見ると1峰の登りにもう7人ほどが登っているのが見える。

DSCF7017_convert_20090505154119.jpg
源次郎尾根取り付きのルンゼ 6:35

源次郎の取り付きは夏と違ってルンゼを登っていく。
一旦取り付きらしいルンゼ入り口まで行き、

ルンゼを見あげると思ったより長く見得たので違うかと思い、
確かめるため長次郎側に入り口があるか下りて探して見ることにする。

DSCF7018_convert_20090505154146.jpg
取り付き少し上部にて休憩するMaruSan、牧師 

長次郎雪渓まで行ってしまったがないので、
がっくりだが仕方がない。

再び登り返して先ほどの取り付まで戻る。3~40分のロスである。

DSCF7021_convert_20090505154209.jpg
ルンゼを登るMaruSanとBabさん 7:30

この取り付きからのルンゼの雪壁は長かった。
昨日は偉そうにトレースが付いていちゃ面白無いなんて大口を叩いていたが、

今の私には大助かりである。

DSCF7024_convert_20090505154235.jpg
ルンゼから少し上のナイフエッジを行くNanohaBab とMaruSan 7:40

途中で一回休憩を入れて左からの尾根と合流する。

DSCF7026_convert_20090505154305.jpg
最初の小岩稜を登る牧師さん 7:45

小岩稜、ハイ松、雪壁を越えてリッジの手前で休憩。

DSCF7027_convert_20090505154332.jpg
ナイフエッジを慎重に渡る牧師さん 7:50

ガリーを登る時に雷鳥の声。
見たいので急いで登る。

雷鳥の真横1メートル手前まで来ても逃げない。
そおっとカメラを取り出してシャッターに収めれた。

DSCF7028_convert_20090505154358.jpg
DSCF7028_convert_20090505154358.jpg
最初の休憩(牧師、Bab、MarSan) 7:56

DSCF7030_convert_20090505154457.jpg
剣沢、別山方面を望む 7:57

この辺りから八つ峰がよく見える(8時半頃)。

DSCF7031_convert_20090505154520.jpg
雷鳥を1メートルの近くで撮ったのは初めてである 8:14

この後は雪壁、ナイフエッジ、小岩稜を何回か繰り返し1峰へ。

DSCF7032_convert_20090505154603.jpg DSCF7033_convert_20090505154630.jpg

ナイフエッジをロープ無しで歩くのはちょっと緊張する。
横風・突風には要注意である。

少し腰を落として安定姿勢を作りながら渡る。

DSCF7034_convert_20090505154858.jpg
雪壁を登る牧師さんとMaruSan(見えにくいが・・・)8:22

DSCF7036_convert_20090505154938.jpg
雪壁を登る(その2) 8:31

1峰から2峰へは思ったより時間は掛からなかった。
懸垂地点前は雪が不安定に見えたので40mほどロープを出す。

結果としてはここもロープの必要はなかったようだ。
 
DSCF7037_convert_20090505155008.jpg
お隣の尾根・八つ峰(中央が5・6のコル) 8:37 

懸垂用に60mロープを持参したが、
今年は50mロープ1本で十分であった。

軽量化を考えれば8mmx50mロープ1本で十分である(足らなければ懸垂を2回すればよい)。

DSCF7038_convert_20090505160249.jpg
柔らかい雪壁リッジを後ろ向きで下るBabさん、MaruSan 8:52

DSCF7039_convert_20090505160314.jpg
再び登りの牧師さん 9:01

因みに2人目から4人目の3人の懸垂時間を計ってみたら5分であった。
意外と時間が掛からないことを知った。

DSCF7043_convert_20090505160342.jpg
雪壁を登り終えて 9:09

DSCF7045_convert_20090505160410.jpg
剣本峰を望む 9:24 

ここからのいよいよ剣本峰への登りである。
以前この尾根の側壁・成城大ルートを登って本峰目指した時は長く感じた。

DSCF7046_convert_20090505160440.jpg
2峰に立つNanohaBabさん 9:34

DSCF7048_convert_20090505160509.jpg
同じく2峰に立つMaruSan 9:34

DSCF7049_convert_20090505160542.jpg
2峰懸垂地点手前(雪が崩れそうだったのでロープを出す) 9:47

DSCF7050_convert_20090505160621.jpg
懸垂中のBabさん 10:04

DSCF7056_convert_20090505160736.jpg
懸垂終了の牧師さん 10:09

DSCF7058_convert_20090505160830.jpg
本峰への登り 10:50

時間が掛かるのとしんどいのを覚悟して出発。
途中一回休憩で登れた。

意外とあっさり登れてしまった。
あの時一緒だったBabさんも同感のようだ(山頂11時到着)。

DSCF7060_convert_20090505160922.jpg DSCF7061_convert_20090505160947.jpg

DSCF7062_convert_20090505161013.jpg DSCF7063_convert_20090505161038.jpg
やりました剣岳・山頂 11:00

DSCF7065_convert_20090505164121.jpg
同じく剣岳山頂にて 

それにしても何年目にしてやっと源次郎が登れた。
感激も一入である。これで剣の主だった尾根も全て登れた。

天候も崩れずに幸運であった。
全員感激、満足感に浸りながら30分ほど休憩して下り始める。

DSCF7073_convert_20090505161308.jpg
下山開始から30分のところ 12:00

風もきつくなってきたので雨具を着け下山開始。
テンバまで天気が持つよう祈りつつ下るも何とかいけそう。

DSCF7074_convert_20090505161336.jpg
下り始めて最初の休憩 12:31

別山尾根の下りも結構アップダウンがあってきつい。
新しく出来た剣山荘で大休止をしビールを買って剣沢のテント場に14時帰還。

最後まで降られずに済みました。ありがとう!

DSCF7075_convert_20090505161401.jpg
今登った剣をかえりみ見る 12:35

今夜はちょっとだけ沢山飲みました。美味しかった!

DSCF7084_convert_20090505161434.jpg
剣山荘手前を下る牧師さん、MaruSan、Babさん 13:32

5月4日 薄曇り:
気持ち的には源次郎尾根1本で帰るのはもったいない。
いつもの山行ではあり得ないと思いつつ、天候も気になり降られ前に下りるしかない。

DSCF7085_convert_20090505161535.jpg
別山乗越しからの下り。立山方面(太陽が曇り空からかすんで見える。まだ天気は持ちそう)6:53

3時起床5時出発。いつも思うことだが帰路の別山乗越しまでの登りはきつい。
1時間かかって剣御前小屋に到着。

DSCF7088_convert_20090505161602.jpg
雷鳥平のテント村 6:53

DSCF7089_convert_20090505161627.jpg
今日の大日岳 6:53

昨日登った源次郎を振り返り感慨にふける。
ここからは雷鳥沢への下り。太陽が雲にかすんでいるが微かに微笑んでくれているようだ。

DSCF7091_convert_20090505164737.jpg
ホテルニューフサジを見下ろす。今は名前が変わっているかな? 

今朝3時に出発して源次郎に登りに行ったA木・Ko松・Is井・Ok本さん達も何とか雨雪に降られずにいけそうだ。

DSCF7094_convert_20090505161706.jpg
雷鳥沢にて雄山方面を。月夜みたいですが朝の太陽です。 7:15

雷鳥平のテンバのテントも往きより大分増えているようだ。
この雷鳥沢に現在1歳2ヶ月になる初孫がもう少し大きくなったら連れてきてやりたいなあなんて考えている私がいた(Gramps)。

DSCF7097_convert_20090505161743.jpg
室堂に帰ってきました。 8:32

DSCF7098_convert_20090505161806.jpg

8時過ぎに今回の山行終了点・室堂に到着。
大勢の観光客と一緒に立山に下る。

ご一緒してくれましたNanohaBabさん、牧師さん、MaruSan有難うございました。
 

DSCF7104_convert_20090505161912.jpg   DSCF7105_convert_20090505161942.jpg
雪の大谷 (室堂~美女平までバスで、ここから立山駅までケーブルカーで下山)                     
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/205-8bc583b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック