FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

④ヨセミテ渓谷&トゥルミメドウス

2019.08.29~09.13

9月2日~9月2日

2日:Half Dome:   Snake Dike

DSCF1947_convert_20190914152557.jpg

この山行が決定されるまでは、ただのハーフドムであり、そんなに興味があったところではなかった。
決まってからは日に日に気持ちが高まってきている。

1日17時間も行動しなくてはならない。体力が持つかだろうか?
過去にアイガーを登った時に17時間行動になってしまったが、当時はまだ若かった。

行く前は、いつもより歩くトレーニングをしなくてはと思うも、ついつい楽なほうへと流れてしまい、こんな状態で不安を持ちながら出発日が来てしまった。

前日に3人が取り付きまで下見をしてくれている。

3 時起床、3 時45分ロッジをヘッドランプを付けての出発。
車がないので登山口まで1時間ほど歩かなくてはならない。

DSCF2003_convert_20190915204530.jpg
1回目の休憩。

登山道に入ってからはトレッキング道を歩き、
ハーフドムへの分岐は昨日の下見とは違うスムーズに歩ける道をとる。
(分岐点はトレールの最終トイレ小屋を過ぎ、少し進むと右への少し下り気味のリトルヨセミテへの道のところを左に大きく折れて入って行く)

DSCF2006_convert_20190915204654.jpg
ロストレイクでの休憩。

DSCF2004_convert_20190915204602.jpg
ロストレイクをバックに。大きな松ぼっくり!

DSCF2005_convert_20190915204628.jpg
休憩地ロストレイクからのハーフドーム。

時々休憩を取りながら進む。ロストレイク付近は景色も良く休憩にはもってこいの所でした。
歩き始めて4時間半余の9時20分取り付きに着いた。

DSCF2007_convert_20190915204735.jpg
取り付き手前。

これも前日下見をしてくれたお陰でロスタイムなしに来れました。

DSCF2009_convert_20190915204843.jpg
取り付き。 真ん中のクラックを登る。

今日は3パーティー7人で登る(残り2人はグレーシャーポイントにトレッキングに出かけている)
カメさんと組んだ我々は2番手で登ることになる。

10時ころスタート。

DSCF2010_convert_20190915204918.jpg
2ピッチ目を登るFuchan と1ピッチ目を登るカメさん。左側を登るのはイタリア人ガイド。

1 ピッチ目:カメさん:ハングした右端まで登りカムを噛まして左にトラバース。
 トラバース左端迄カムを噛ますところがなく緊張する。
 私は登り始めで2度ほどスリップして(靴が悪いのか?と靴のせいにしながら)自信が揺らぎながらハング下まで到着。
 ハング下をトラバースをしている途中でスリップ。
 カメさんが気を遣ってくれ左端にカムを噛まさずに、ハング乗越をして右上してビレーをしてくれていたおかげで
 スリップしても大きく左に振られることなく直ぐにテンションがかかりやれやれでした。

2 ピッチ目:Gramps:少し直上後、左上して、直上(ここでカムを噛ましたら、直ぐ上にピンがあった。トポを見たら ピンマークあり)。その先を少し登ってビレー。

3 ピッチ目:カメさん:スラブを左上(少し緊張)するとピンがある。そこから左へトラバースして、直上。

4 ピッチ目:Gramps:3ピッチ終了間際からダイクをほぼ直上していく。

5 ピッチ目:カメさん:6 ピッチ目:Gramps:
 ダイクを登り続ける。ピン間隔が20mに1個くらいか?1ピッチ40メートル以上。つるべで登ると80m以上を続けて登らなくては ならず、結構しんどいのとダイクの上を登るので足裏が痛くなってくる。
 6ピッチ目の終了点近くはスティープなスラブ。登り始めの所にピンがあり精神的に助かる。

7 ピッチ目:カメさん:8 ピッチ目:Gramps:
 形状はダイク状からクラック、スラブに変わり登り続ける。
 トポでは通常8ピッチ終了後はロープを解いてフリーソロで登っていくのだが、カメさんが都合があってフリークライミング用シュー ズで登っていたので、足の痛みがすごく集中力の関係で後2ピッチロープを付けて登る。(15:00)

DSCF2011_convert_20190915204945.jpg
10ピッチ目を登り終えて。  ここから台地までアプローチシューズで登る。

ロープを解いて仲間が待っている台地まで登る。傾斜は緩いが油断は禁物。その台地までも結構距離がある。
皆の待っているところで記念写真を撮って、

DSCF2012_convert_20190915205013.jpg
頂上手前の台地で全員集合。

山頂まで歩くもここからも長く感じる。(15:30)

1568363736237_convert_20190915205110.jpg
山頂にて。アメリカ人女性と。

山頂で少し休憩をして下りにかかる。(16:00)
下りはすべすべした急な下りである。鎖が両側に掛かっているが結構厳しい下りである。
鎖は素手ではとても持ちこたえられない。革手か軍手が必要でしょう。

DSCF2014_convert_20190915205202.jpg
鎖場。    鎖を掴んで下りるのであるが足場はすべすべしていて降りにくい。

DSCF2015_convert_20190915205320.jpg
鎖場を終えて休憩。  その先の小山を越えて行く。

鎖場を終える小山を上り下りしたところからトレッキング道となり、後はただただ歩くのみ。
リトルヨセミテを過ぎると、往きの分岐に出合う。

DSCF2017_convert_20190915205352.jpg
更に下る。

2つの滝を通り過ぎて登山口(バス停)に到着。(20:25)
運よくバスに全員乗ることができこれからの1時間歩きが省略できホッとする。

DSCF2019_convert_20190915205449.jpg
2つの豪快な滝がありました。

DSCF2021_convert_20190915205524.jpg
休憩!なんと長いことか!!

DSCF2024_convert_20190915205626.jpg
2つ目の滝。  そろそろ薄暗くなってきました。

帰着は21:00。
7人の大勢で行動したこともあり待ったり、待ってもらったりして結構時間を要した。

記録:
出発3:45~登山口(バス停14番?)4:45~取り付き9:20、登攀開始10:00?--10 p--登攀終了15:00~山頂15:30~下山開始16:00~登山口(バス停)20:25➙ロッジ21:00 (16j時間40分)
 


 






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/1927-a6c934d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック