FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

御在所・前尾根

2019.06.21夜~22

昨年11月に入会した新人教育プログラム最終としての御在所前尾根。
原則リードで来そうなピッチをリードしてもらうが最終章での課題。

前夜発は2パーティ、当日参加が2パーティーの計4組。

我々はEllarc さん、牧師、Gramps の3 人で組む。

DSCF1592_convert_20190623163859.jpg
スタート地点の裏道入口。                   5:09

DSCF1593_convert_20190623163921.jpg
藤内小屋前。                5:37

ここで10分休憩して、前尾根に向かう。

DSCF1595_convert_20190623164039.jpg
前尾根取り付き。             6:27

登攀間際に前夜発の2組目が(D u n k君、おれ君、神戸うし君)が到着。

DSCF1596_convert_20190623164059.jpg
何時に出発したのか知らないが、速かったのには驚きである。     6:50

壁は少し湿り気味である。
1ピッチ目はリーダ牧師君の命で私が登ることになりました。(内心登りかったのでうれしい)

DSCF1597_convert_20190623164126.jpg
1ピッチ目」の最終章を登ってくる・Ellarc さん。        7:22

DSCF1598_convert_20190623164148.jpg
続いて Ellarc さんの登りを指導しながら登ってきた牧師。
ガスが上がってきた。やばそうである。

2 ピッチ目は牧師と思っていたら、続いて登ってくれとの返事。
素直にお受けする。

2 ピッチ目登ってお二人を確保していたら、にわかに降り出した。
それも本降りでびしょびしょになるほど。
とにかく2 人が登ってくるまで我慢。

後発組は1ピッチ終了点まで来ている。
とにかく全員で取り付きまで撤退。

少し様子見していたら本日組の2 パーティーが到着。
彼らは途中で雨に出くわしたが雨宿りは出来たようであまり濡れていないようだ。
登る気満々。雨も止んできた。

1ピッチ目は濡れているので、回り込みパス。
何ピッチかをパスして途中から登り始める。

前尾根はP6 とかP4とか名前がついているが、最初と最後しか覚えていない。

DSCF1600_convert_20190623164216.jpg
何ピッチ目か分からないがルードする東京から応援に来てくれたおれ君。
(神戸うし君、おれ君、Dunk君パーティー)
       9:37

DSCF1601_convert_20190623164237.jpg
彼を確保するDu n k 君。

DSCF1604_convert_20190623164324.jpg
1回目のリードをしたEllarc さんに引き続いて、つるべ方式でGramps、牧師がリード。
登り終わってEllrc さんを確保する牧師 とEllarc さん。    10:40

DSCF1605_convert_20190623164349.jpg
この日2回目のリードするEllarc さん。           10:51

DSCF1606_convert_20190623164415.jpg
リードを終わり確保準備をするKazu 7 さん。     11:05

DSCF1608_convert_20190623164445.jpg
2年目のTake 17 君と1年目のKazu 7 さんでつるべで登りましたお二人さん。       11:13

DSCF1609_convert_20190623164510.jpg
最終ピッチ・ヤグラの2つ手前のピッチを登る牧師。

DSCF1610_convert_20190623164535.jpg
彼をビレーする1年目のEllarc さん。

DSCF1611_convert_20190623164601.jpg
最終ピッチ・ヤグラを登り終えて(1)。      13:24

DSCF1612_convert_20190623164626.jpg
同じくヤグラを登り終えて。

次の組もヤグラに取り付いていました。

DSCF1614_convert_20190623164649.jpg
ヤグラをリードする新人 Kazu 7 さん。少し中へ入り過ぎたかな?    13:26
ビレーヤーはTake 17 君。

DSCF1616_convert_20190623164716.jpg
ヤグラを登り終えた Take 17 君と Kazu 7 さん。     14:01

登り終わって、我々は裏道合流点迄登り、そこから裏道を藤内小屋へ下山。

DSCF1617_convert_20190623164743.jpg
終了点から裏道合流点迄登る途中。

登攀終わって藤内小屋まで2時間半ジャスト16:00到着。時間的には予定通りでしたが、少しかかり過ぎました。

DSCF1619_convert_20190623164807.jpg
全員揃って藤内小屋前で記念写真。       16:25
お疲れさまでした。

これから風呂に入って、夕食です。
新人教育はこれで終了しました。
携わった担当の方々ありがとうございました。とお疲れさまでした。

 
「みんなと違うからこそできる仕事がある。齢を取ったからできること。」 ダフネ・セルフ






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/1885-af0f4a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック