FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北方稜線・毛勝山(2)

2019.04.26~29

4時起床、星が見えている。
2日間雪が降り続いたので谷筋遡行は止めて尾根筋を登ることにする。
今日1日だけであるので時間を決めてそこから引き返す。
その時間は10時とする。

毛勝三山縦走は勿論、毛勝山すら登頂もできなくなったが、雪山に足を入れたい気持ちが強い。

DSCF1146_convert_20190430131748.jpg
5 時40分出発。

DSCF1148_convert_20190430131839.jpg
登山口でアイゼンを装着して出発。

出発からいきなり急登が始まる。
小窓尾根もそうだった気がする。

凹状部分を登っていくが、どうも登りにくいので左方向にトラバースして尾根上を登る。
急な登りに所々トラロープが張ってある。
急登を約1時間で休憩をとる。

DSCF1149_convert_20190430131920.jpg
1 回目の休憩。               6:50

ここのルートには殆どテープが無い。素晴らしいルートである。
(我々がルートから外れているのだろうか?)

なおも続く急登、それから1時間で2 回目の休憩に入る。

DSCF1150_convert_20190430131954.jpg
2 回目の休憩地点。                     8:01
高度も大分稼いだようだ。

DSCF1152_convert_20190430132028.jpg
これが毛勝山か?

ここから少しのアップダウンはあるものの依然急登が続く。
雪庇ではないが雪の塊に亀裂もできてきており油断できない。

どんどん高度を稼ぐも稜線には程遠い。
1時間経過で3 回目の休憩に入る。

DSCF1154_convert_20190430132103.jpg
3 回目の休憩。            9:07

DSCF1155_convert_20190430133602.jpg
山頂は遥かかなたかな?

幸いなことにラッセルらしきことは殆どしなくてすんでいる。

9 時40分、今回は予定通りここで登ることを断念して引き返すことにする。
1650m地点。
ここまで4時間かかったので山頂(2415m)まで全く単純計算で3 時間かかるようだ。

DSCF1157_convert_20190430132157.jpg
4 回目の休憩地点(引き返し地点)にて。       9:40

1556493968006_convert_20190430132236.jpg
自撮り棒で全員の記念写真。

好天の下での登山を満喫できました。
写真を撮りまくる。

DSCF1159_convert_20190430132315.jpg
富山湾とその向こうに能登半島がはっきり見渡せる。

DSCF1161_convert_20190430132355.jpg
今登ってきたトレース。

DSCF1162_convert_20190430133646.jpg
Nano ha Bab さんとI ma chan 、Kyu ri さん。

DSCF1163_convert_20190430132449.jpg
コンプライアンス室長?

20分ほど休憩して下山にかかる。
登るときは感じなかったが、雪が緩んできている。

古いスノーシャットではすぐにダンゴ雪となってアイゼンに引っ付く。
歩きにくいことこの上ない。
しょっちゅう払い落とさなくてあならない。

降り始めてすぐに右膝後ろが痛くなってきた。
先行集団と段々差が出てくる。
室長、リーダーの二人が後についてくれている。
登り2 回目の休憩地点までだましだまし歩く。

5 回目の休憩地点。

DSCF1165_convert_20190430132527.jpg
5 回目の休憩地点。

テルモスのお湯もなくなってしまいました。
やっぱり必要以上に体力を使っているようだ。
少し分けてもらう。

1556449651913_convert_20190430132601.jpg
笑っているが疲れています。

ここからは右手にピッケル、左手にストックに切り替える。

痛みが増加してくる。足を上げても、曲げても痛い。
右膝を折り曲げるときに荷重がかからないように、にピッケルで身体を支えながら下りる。

前との差がどんどん開くも、焦らずに安全第一で下る。
12:50分出発地点に帰着できました。

DSCF1166_convert_20190430132706.jpg
登山口にて。

1556493932506_convert_20190430132631.jpg
自撮り棒で撮った全員写真。
毛勝山の案内が反対に写っている。人の配置も???1枚上の写真と比較すると・・・

山荘に戻って荷物を整理し駐車場へ。
不思議なことに登山口からの林道歩き、
山荘からの駐車場までの林道歩きもあれほど痛かった膝裏の痛みが全く感じられない。

DSCF1169_convert_20190430132749.jpg
来た時は我々の車だけだったのに今はこんなに多くの車が。

今2 時半だから、これから帰ろうと思えば帰れそうだが、安全第一とのんびりしたいのでもう1泊する。

DSCF1171_convert_20190430132819.jpg
立山方面に向かうと剣岳の雄姿が美しく迎えてくれている。

お風呂に入って、今日の宿泊地立山・山野(サンヤ)スポーツセンターに。

DSCF1172_convert_20190430132851.jpg
剣岳はいつ見ても思い出一杯のわくわくする山だ。

DSCF1174_convert_20190430132923.jpg
夕食後の2次会。

記録:
片貝山荘5:40~登山口5:50~途中3 回休憩~1650m 地点9:40、10:00~途中1 回休憩~登山口12:50~片貝山荘で荷物整理して~第4 発電所(駐車場)14:30➙お風呂➙山野スポーツセンター17:30





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/1848-e1057228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック