FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

小川山、甲府幕岩、カサメリ沢  その2

2017.07.30~08.05
参加者:ガン、カメさん、Fuchan、Gramps

8月2日:
モチも上がらず中、今日は小川山に移動。

DSCF5034_convert_20170807082901.jpg
朝食

雨もどうか?壁も乾いているだろうか心配しながら近くのエリア・スラブ状岩壁に出かける。

①小川山ショートストーリー 濡れており乾いている時のようにはスムーズには身体が動かない。
②ウルトラセブン 登り終わったらまた雨が降り出した。昨日のように土砂降りにならないうちに退散開始。
  
カメさん、私は2本登れたが、ガンさん、Fuchan は1本しか登れなかった。
いずれにしても今日はアップで終わってしまった。

登れない分、皆さんはアルコールの量が増えているようだ。
最高気温21~22度で熱暑の大阪と比べれば天国である。 

8月3日:
今日も天候のせいで起床して何となく過ごしている。
隣のテントの団体さんが出かけるのを横目で見ているだけじゃストレスが溜まるので
われわれもどこかに出かけてみる。

八幡沢左岸スラブ
カメさんの案内で
①春のもどり雪 4p 5,7 を2パーティーに別れて登る。

DSCF5035_convert_20170807082941.jpg
1 ピッチ目をリードするカメさん。

DSCF5040_convert_20170807083008.jpg
4 ピッチ目を登り終えて。終了点にて。

さほど難しいルートではないが、登っていて、登れることが楽しい!

DSCF5042_convert_20170807083123.jpg
終了点からマラ岩、烏帽子左岩稜方面を望む。

登り終えて懸垂2ピッチで取り付きに戻る。

昼食を取り、

②トムといっしょのバリエーション10d?をトライ:MOS を終えて皆さんがトライしている

DSCF5046_convert_20170807083211.jpg
ブラック&・・・を登る Fuchan 。

DSCF5048_convert_20170807083237.jpg
やる気が出ています。ガンさん。

③ブラック&ホワイト 10c スラブ:を登らせてもらう。
 核心部でワンテン。前にトライしたことがあると思っていたが、初見でした。
 もう少し集中して頑張ってみればよかったと悔やんでいます。

DSCF5051_convert_20170807083309.jpg
残念!OSを逃した。

帰り道で、「ただの大岩」の
④ 「WAKA 11a」 をトライさせてもらう。

MOS狙いでトライしたが、残念ながらここもワンテンでした。

今宵もたき火を囲んでのんびりと・・・・でした。

8月4日:
今回の山行は天気は半分あきらめている。
どうせ諦めているなら、4日前に偵察に行った、新しいところ・カサメリ沢に行ってみることにする。

やはり、ここも度の壁も濡れ気味である。

DSCF5053_convert_20170807083339.jpg
Bab さんと。カサメリ沢・コセロック前にて。

コセロックエリアの
①トータルリコール 10b MOS :湿っていて厳しかったが、核心部の一手は見えなくて一か八かで出した手が上手く止まったので登れました。
②猫の手 10a ワンテン:下部は濡れぬれのためプリクリをして登る。
 2ピン目を取るところでこれ以上ヌンチャクがないことに気づく。
 登る前に持っていないの分かっていたのに、最後に受け取ろうと思ってそのまま登ってしまった。
登る前にお互い確認しあっているのに、ヌンチャク確認が忘れられていた。
ただ単に確認らしきことをしていたようだ(これじゃ確認にならない)。

ヌンチャクをもらって再登る。

登り終わった頃にまたもや天気が怪しくなったのでここで中止。

「ワニワニワニ 11b」 をトライしたかったが、少し濡れ気味なので次回の楽しみにおいてきました。

昼食を取って、1日早いが下山して帰ることにする。

今回はあまり登れなかったが、1週間涼しいところで避暑できたので良しとしよう!



 






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/1484-6cd1e782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック