FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

雨の中のボッカトレーニング    芦屋川~宝塚

2015.09.03

今日はクライミングを予定していましたが、天気悪そうなのでボッカに切り替えました。

Snpwarrow君、とTwinBro君が芦屋川からキャッスルウォールを登って
宝塚までボッカの予定なので混ぜてもらうことにする。

DSCF6235_convert_20150904090626.jpg
SnowArrow君とTwinBro君
芦屋川駅前にて。滝の茶屋までご一緒してもらう。

朝の天気予報によれば、夕方土砂降りになるとのことで、
クライミングを割愛してボッカトレにしようと提案したが、
お二人はくらいみんぐをしてからにするとのこと。

よって、滝の茶屋で別れて一人旅に出る。
ここまででも汗びっしょりとなる。

ここから風吹き岩までは未明でも汗びっしょりになるところ。
果たして、汗は普通じゃない。
流れる汗を拭くために、風吹き岩まで何度か立ち止まらざるを得ない。
すでにタオルはびっしょりである。

DSCF6239_convert_20150904090711.jpg
風吹き岩
今日は景色は全く見えなかった。

風吹き岩から雨が降り出してきた。雨が降れば少しはマシになるかと思えば、
全く関係なく汗が流れてくる。

怪我以来、このルートでの負荷は初めての⒘㎏。
いつもの休憩場所・水飲み場跡は腰かける大木もなくなっている。
携帯椅子を持ってきたが、ここで休憩はやめて、雨が峠の東屋まで進む。

DSCF6242_convert_20150904090733.jpg
雨が峠でお会いした青年
これから有馬に向かうそうです。    ブログ了承すみ

雨が峠、東おたふく山と進んで、石の宝殿へ。
雨は依然降り続いている。
歩いているときは蒸し暑く汗がどんどん流れるが、
止まったとたんに寒くなるという厄介な状態である。
それに風も結構吹いている。

その風を避けて休憩。

DSCF6245_convert_20150904090757.jpg
石の宝殿
風を避けての休憩

歩いてるともうどうでもよくなってくる。
片手に傘、もう一方の手には杖。
まるで修行僧になった気持になる。

違うところは
修行僧は無で歩いているけど、
私は次から次へと邪念が湧き出てくる。

もう靴の中も水がいっぱい入っているようだ。
歩くたびにぐちゃぐちゃと音がしている。

休憩地点も雨風で止まれない。
風を避けて休憩。
休憩中に足がつりそうになる。
冷えているのだろ。

漢方薬68番を飲んだら、ものの見事に治まった。
素晴らしい薬だ。

下山が夕方にならず、大雨にも遭わずに済んだ。
果たして夕方に大雨来襲があったのであろうか?

DSCF6246_convert_20150904090816.jpg
宝塚駅に到着

今日はカメラも時計も仕舞ってしまったので、
記録も十分に取れなかった。

SnowArrow君、TwinBro君はなぜか?宝塚へ降りてこなく、有馬温泉に下山?してしまった。

終わってみれば、明日へのリハビリができたかと満足。
それにしても疲れました。
特に手術をした背中あたりに疲れが集中したようだ。

一晩眠ったら、疲れも取れていて一安心。
今夕から御在所に出かけるので、
大事を取って今日のクライミングもお休みにしました。

記録:
芦屋川8:50~滝見茶屋9:10、9:15~風吹き岩9:48、9:57~水飲み場跡10:27~雨が峠10:39、10:46~東おたふく山11:07、・・・~
石の宝殿12:08、・・・~、~、~、~宝塚15:20


17kg 、6時間30分。




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toyotakayamajinsei.blog50.fc2.com/tb.php/1065-89493c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック