FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

烏帽子岩

2018.09.27

約1か月ぶりの烏帽子です。
最近は難しいところへのチャレンジをする気がなくなってしまっている。
今日は風邪気味のせいもあるのでしょうか?

そのうちモチも上がってくるのでしょうか?
やはりトライすると肘痛が再発するのではと恐れていることがそうさせているのでしょう。

ということで今日も易しいところを登らせてもらいました。

1本目:熊カンテと太陽がいっぱい間のルート

DSCF9246_convert_20180928185749.jpg
熊カンテ。

2本目:アフタバイト
午前中この2本しか登れませんでした。

DSCF9247_convert_20180928185639.jpg
ゴールドフィンガー。

昼食後

3本目:ゴールドフィンガー

DSCF9248_convert_20180928185930.jpg
サピエンスを登るアンパンマン。

4本目:ハーフ&ハーフ

DSCF9249_convert_20180928185729.jpg
ゴールドフィンガー。私が定期診察に行っている病院に勤務している先生。

5本目:6本目:
タイムトンネル、すきま風(TR)


終わって大北で楽しく飲んで帰りましたが、
バスの中へスマホを忘れてしまいました。
ズボンのサイドポケットに入れて着席しました。
立ち際にズボンから滑り落ちたようです。

電話連絡したところありました。
翌日引き取りに行ってきました。
翌金曜日は上天気なのに何処へにも行けずでした。

スポンサーサイト
自転車・御幸橋~枚方大橋一周+御幸橋往復

2018.09.26

今日は午後雨予報なので午前中に走ってきました。

一周(約30㎞)した辺りから両足の膝裏が痛くなってきた。
その後は無理せずにゆっくり走る。

DSCF9244_convert_20180926141917.jpg
宇治川         from Gokoubasihi

DSCF9245_convert_20180926142005.jpg
背割り堤。

進入禁止の様でした。
奥に見えるのは何人かで調査しているように見えました。

台風21号(9月4日)で桜が何本か倒れたりして散策等禁止と聞いています。

記録:
御幸橋~枚方大橋一周+御幸橋往復

走行距離:46.:83km
走行時間:2 時間 33分 20 秒 (総時間: 時間 分)
平均速度:18. 3 km/h (30km地点までは20km/h)

9 月度 走行距離累計:46. 83 km 2017.年9月度累計204. 7 km

2018年9月現時点までの累計:1670. 96 km 2017年8月末までの累計2,291.15 km

2017年累計:2,914. 44 km
ドロミテ (その1)

2018.09.14~09.24
参加者:Makichan 、Nomisuke 、Hokie 、おいちゃん、Makichan2 、Fuchan 、New K2 、Imachan 、Gramps (9名)

9月14日

9月4日の台風21号の影響で関空、関空アクセツが不通になってしまった。
ヤキモキしていたら、
14日から少し動くとのことでしたが、我々の23時45分発ドバイ行きは欠航。

ある方のご尽力で航空会社変更、バンコク経由ドバイ行きで17時30分で行けるようになった。
金曜日休めないグループはこれには乗れないので、
1日遅れの同じ航空会社、同じ経路、同じ時間で出発できるようになりました。

我々先発組 4名は鉄道はまだ不通のためバスで向かう。
私はりんくうタウンまで鉄道でそこからシャトルバスに乗り換え空港へ。

DSCF8833_convert_20180925182555.jpg
関空でホッと一息。             17:00

9月15日

関空➙バンコク➙ベニスMP空港➙コルチナ・ダンペッツオ

関空からMP空港まで乗り換え時間を含めて27 時間の旅で全員疲れてしまった。
それからMP空港で2 時間待って今日の宿泊地・コルチナ・ダンペッツオまで2 時間15 分の旅で本当に疲れました。

DSCF8845_convert_20180925182621.jpg
コルチナ・ダンペッツオバスターミナルから。

ホテルには18:00 にやっと辿り着けました。なんと自宅から37時間も要しました。

DSCF8846_convert_20180925182648.jpg
疲れを知らないスマホ男。早速スマホチェック。  ホテルロビーにて。

シャワーを浴びて夕食を食べに町へ出かける。

DSCF8847_convert_20180925182712.jpg
岩山がすぐそこに迫って見える。

DSCF8848_convert_20180925182741.jpg
街の中心部に立派な教会がありました。

DSCF8849_convert_20180925182806.jpg
やっと有りつけた夕食・ビール?

DSCF8850_convert_20180925182830.jpg
今夕はちょっと豪華な肉料理。

9月16日

DSCF8851_convert_20180925182900.jpg
ホテルの窓から見える山景色。       8:15

天気は晴れ。
今日はチンクェ・トーリの岩場へ出かける。
ホテルからチンクェ・トーリ下の山小屋・Cinque Torri までタクシーで約40分。

DSCF8858_convert_20180925182947.jpg
小屋の前から望んだチンクェ(5)の1つ。

小屋から岩場まで30分。

DSCF8862_convert_20180925183032.jpg
本日トライする岩の前で。

ルートは「Via dll Guide Ⅳ+ 5ピッチ。

我々の前にイギリスの若者3人パーティーか先行する。

DSCF8864_convert_20180925183105.jpg
ワンピピッチ目をフォローするImachan 。

DSCF8865_convert_20180925183132.jpg
2 ピッチ目をリードする Imachan 。       ここがこのルート核心部。

3 ピッチ目で英国人Pは先を譲ってくれた。
後ろからはドイツ人・2人パーティーが追い着いてきた。

取り付きから約2時間で山頂へ。

DSCF8866_convert_20180925183203.jpg
山頂にて。   後ろの山々が・・

DSCF8867_convert_20180925183236.jpg
山頂で寛ぐ我がグループ。         12:34

DSCF8869_convert_20180925183305.jpg
英国人3人Pが到着。

DSCF8870_convert_20180925183340.jpg
山頂から眺める景色。

DSCF8871_convert_20180925183413.jpg
こちらにはこんな岩塔が。            山頂より           12:40

やがてドイツ人Pも到着しました。

DSCF8872_convert_20180925183449.jpg
ドイツ人のお二人。   右の人我が会のTake 17 君によく似てました。

DSCF8874_convert_20180925183524.jpg
この岩も登っています。   楽しそう!またいつか登ってみたい。  

DSCF8875_convert_20180925183557.jpg
この岩も登っていました。   我々の岩から3方の岩全部登れそう!!     

山頂でのんびり過ごして下山することに。
下山は反対側を懸垂で下ります。
トポでは3m下に懸垂地点があると書かれていました。確かにありました。
だが下りなくともすぐ傍に新しくビレー点が作られていました。
ここから、英国隊、我々、ドイツ隊の順で下りることにする。

DSCF8876_convert_20180925183635.jpg
懸垂開始。                               13:30

トポでは懸垂は3 回とあるが2 回で下りれた。
最後に回収のための引っ張ったロープが3mほど上で引っかかってしまったのでFuchan がフリーで登って回収してくれました。

DSCF8878_convert_20180925183712.jpg
今回登った岩の前でレスト。   右側の面の少し込んだあたりがスタート地点。
1ピッチめは少し登って目だった水平ラインを右に行ったところでビレー。2ピッチ目はさらに右に移動して直登していく。

DSCF8884_convert_20180925185701.jpg
パートナーと登った岩の前で記念写真。                       14:20

DSCF8888_convert_20180925183838.jpg
右の岩塔 「Cima Ovest] を登った。

DSCF8892_convert_20180925183910.jpg
再度全員で記念写真。

西に少し歩いて登ったところに山小屋(Sc o i a t t l i ) がある。

DSCF8894_convert_20180925183946.jpg
山小屋で乾杯!

この山小屋のテラスで30分ほど休憩いて下山にかかる。

DSCF8902_convert_20180925184027.jpg
下の小屋への下山路。

DSCF8903_convert_20180925184111.jpg
ただ今下山中。15:40

15時45分下の小屋前で待っててくれていたタクシーでホテルへ帰還。

DSCF8904_convert_20180925184154.jpg
コルチナ・ダンペッツオの町並み。

DSCF8905_convert_20180925184233.jpg
コルチナ・ダンペッツオの街。

DSCF8907_convert_20180925184320.jpg
教会

17:30後発隊をバスセンターまで迎えに行って、
一緒に夕食を取る。

DSCF8908_convert_20180925184408.jpg
後発隊を迎えて合同夕食会。

何年か前にテレビで見たが、
フリークライミングツアーで何回も優勝しているカトリーヌドベステル?が、
ツアー参加を止めて若い時にお世話になった方々を今度は逆にお連れして雪壁?アイス壁をお連れして登っている記録でした。
セカンドで登っているおじいちゃん・お二人の楽しそうな顔が忘れられない。

今の私の心境は難しいところへの挑戦ではなく、易しくともワクワクするところを登ってみたい。
今日のルートはそれにぴったりのところでした。


明日に続く・・・・



ドロミテ(その2)

2018.09.14~09.24
参加者:Makichan 、Nomisuke 、Hokie 、おいちゃん、Makichan2 、Fuchan 、New K2 、Imachan 、Gramps (9名)

9月17日

今日はドロミテのオーロンゾ小屋への移動である。

DSCF8911_convert_20180926193509.jpg
コルチナ・ダンペッツオのホテルからの眺め。            6:40

8時に迎えに来てもらう。
タクシーでここからオーロンゾ小屋まで約1時間。
小屋に荷物を預けて、
Makichan グループ、おいちゃんグループは明日登るノーマルルートの取り付き偵察と、ヴィア・フェラータに行く。

我々4人は北東稜の取り付き偵察と3ピッチ試登予定で出発。

DSCF8917_convert_20180926193548.jpg
オベスト、グランデはガスが少しかかっているがわくわくしてくる。      ハイキング道から眺める。

DSCF8918_convert_20180926193621.jpg
3塔が段々とはっきり見えてくる。

小さな教会の辺りからノーマルルートは入っていくようだ。
これを通り過ぎて、ラパレット小屋が現れこの辺りから登りになって峠に出る。

峠から北壁に向かって少し尾根を登ると岩へのトラバースルートが何本もある。
適当に選んで真ん中のチマ・グランデ(真ん中)方面に進む。

DSCF8922_convert_20180926193739.jpg
左からチマ・ピッコラ(2857m)、チマ・グランデ(3001m)、チマオベスト(2973m)を前に。    9:21

北東稜へは10時ころ到着(小屋から1時間強)。
早速用意して登攀開始。                              

DSCF8923_convert_20180926193821.jpg
1ピッチ目を登るFuchan とビレーするNew K2 さん。 10:30  

DSCF8924_convert_20180926193847.jpg
1ピッチ目でビレーする Imachan 。     

DSCF8925_convert_20180926193926.jpg
3ピッチ目をビレーする New K2 さん。 

約2時間で3ピッチ終了。ここから懸垂2ピッチで取り付きに戻る。

DSCF8932_convert_20180926194110.jpg
チマ・グランデから峠への帰り道。     13:05              

DSCF8933_convert_20180926194145.jpg
左からチマ・ピッコカラ、チマ・グランデ、チマ・オベストの北面。

DSCF8936_convert_20180926194216.jpg
峠と最奥のロカテリ小屋の中間の小高い丘より。   13:30

峠まで出て最奥のロカテリ小屋に向かう予定であったが、北壁の良く見える途中の小高い丘で休憩していたら
疲れたのかもういく元気がなくなって、引き返すことにする。

DSCF8938_convert_20180926194411.jpg
丘で休憩中の Fuchan 。

30分で中間部にある小屋・ラパレット小屋に着く。

DSCF8939_convert_20180926194444.jpg
ラパレット小屋。                 14:06

ここからはチマ・ピッコラの東面が良く見える。

DSCF8941_convert_20180926194524.jpg
チマ・ピッコラをバックに飲む。  ↑↓
DSCF8943_convert_20180926194559.jpg

少し飲んだら寒くなってきたので、帰ることにする。

DSCF8946_convert_20180926194640.jpg
もう直ぐのオーロンゾ小屋へ帰る3人。     ハイキング道は整備されている。

DSCF8947_convert_20180926194712.jpg
小屋の南東面方向にある針峰群。

小屋に15時過ぎに帰れた。

DSCF8955_convert_20180926194754.jpg
小屋のテラスから望んだチマ・オベスト、チマ・グランデ。

小屋で夕食を頂いて、明日早朝に出発。
朝食はお弁当にしてもらう。
ドロミテ(その3)

2018.09.14~09.24
参加者:Makichan 、Nomisuke 、Hokie 、おいちゃん、Makichan2 、Fuchan 、New K2 、Imachan 、Gramps (9名)

9月18日

今日はドライチンネ・チマグランデの北東稜に行きます。
4時半起床、5時45分に出発。
今日も晴れています。

DSCF8957_convert_20180928134109.jpg
夜明け前のドライチンネ。                          6:30

DSCF8958_convert_20180928134151.jpg
夜明け前の風景。   右下にラパレット小屋が見える。                      6:35

ラパレット小屋手前から左に折れて峠に向かってハイキング道を登っていく。
峠から左にある尾根を少し登る。

DSCF8959_convert_20180928134250.jpg
この辺りからトラバースして真ん中の塔・チマグランデに向かう。  

DSCF8960_convert_20180928134446.jpg
雲海                                     6:44                

DSCF8962_convert_20180928134626.jpg
モルゲンロートが美しい。

7時13分、小屋を出て1時間半。登攀開始。

DSCF8963_convert_20180928134829.jpg  
登攀開始。              右がわ

DSCF8964_convert_20180928134932.jpg
5 ピッチ目をリードするImachan。 8::05

DSCF8965_convert_20180928135150.jpg
振り向いたFuchan。 リードしています。

後ろからドイツ人2人が迫ってくる。
彼らはツインロープを使っていた。

9ピッチ目辺りで我々を抜かして行く。
このころになるとトポと実際の登っているルートが判然しない。
ビレー点のないところは適当にカムを噛まして作って登っていく。
ビレーステーションに出会うとホッとする。

DSCF8966_convert_20180928140015.jpg
Fuchann を確保するNew K2 さん。

あれほど晴れていた空は、ガスが出てきたりしてポツポツしたりするようになってきた。

DSCF8967_convert_20180928140107.jpg
次のピッチのリード前の Imachan 。

ガスの切れ間で隣のオベストがはっきりと見える。

DSCF8970_convert_20180928140302.jpg
左の塔の先端に人がいます。     リングバンドから

DSCF8972_convert_20180928140348.jpg
最終ピッチを登る Imachan 。             15:11

リングバンドまでトポのピッチ数では 13 ピッチであるが、我々は15ピッチを要した。
ここまで7時間半かかった。

てっぺん迄は後3ピッチだが、
我々の実力と天候を考えてここリングバンドより下りることにする。

リングバンドを西に回り込む。
1か所ルンゼ横断があった。
念のためロープを出して渡るも慎重に渡ればロープは無しでも渡れた。

ここから少し行ったところに、谷側に立派な懸垂下降点があった。
(4人でロープを出してルンゼ横断時間を含めて約30分で到着)
注意深く見ないと発見しずらい。

DSCF8973_convert_20180928140419.jpg
この下に懸垂下降地点がある。       15:38

DSCF8974_convert_20180928140543.jpg
ガスで底が全く見えないところを懸垂するFuchan

下り始めて最初のビレー点は20m位のところにあったが飛ばして次のビレー点まで下降する。
連続で3 ピッチ下り。

そこからサレバを歩いて降りると、また懸垂地点に出っくわす。
このころから雨も本降りとなる。

確かこのような状況を3 回ほど繰り返した気がする。
依って計6 ピッチ懸垂したか?

ここからは岩壁からお別れして、トレースを辿ってジグザグに下降すること10分位でハイキング道に着いた。
丁度オーロンゾ小屋と教会との真ん中あたりか。

DSCF8975_convert_20180928140630.jpg
ハイキング道で記念写真。                 19:36    Photo by Hokie

やっとハイキング道に出れました。雨も止んでくれました。
登り始めからハイキング道まで12時間かかりました。

明るい中に帰ってこないと残りのメンバーに心配かけるのでと思いつつこんな時間になってしまった。
ところが他のメンバーは我々よりももう少し後のようであった。

20時までに小屋に帰れれば夕食にありつける。
そして全員間に合いました。


その4に続く
ドロミテ(その4)

2018.09.14~09.24
参加者:Makichan 、Nomisuke 、Hokie 、おいちゃん、Makichan2 、Fuchan 、New K2 、Imachan 、Gramps (9名)

9月19日

今日もいい天気。
昨日の疲れもありヴィアフェラータにしました。
ヴィアフェラータは岩場に梯子、歩道にワイヤーのロープを固定し、カラビナ付きのスリングで身体とワイヤーとを結び付けて安全を確保しながら岩場散策をすること。

DSCF8978_convert_20180929073618.jpg
夜明け前。    朝食前の小屋から           6:30

DSCF8982_convert_20180929073745.jpg
朝のオーロンゾ小屋。        2333m

9時半に出発して、モンテ・パルテノ(山)にくり貫かれているヴィアフェラータを散策しながら
最奥のロカッテルリ小屋で食事して帰る予定にしました。

DSCF8992_convert_20180929073838.jpg
峠近くから見たドライチンネ。    真ん中の岩塔が昨日登ったチマグランデ。 

DSCF8994_convert_20180929073917.jpg
ヴィアフェラータの入口で。       10:40 

入り口へは峠から右折して尾根を登って行けば自然と誘ってくれました。

DSCF8995_convert_20180929075305.jpg
ドライチンネをバックに。    入り口前で

DSCF8997_convert_20180929074023.jpg
ヴィアフェラータ(1)      Fuchan 、 Imachan 、New K2 。

ここのヴィアフェラータは北からの侵入防戦用に作られたものを観光化したものだそうです。

DSCF9002_convert_20180929074113.jpg
ヴィアフェラータ(2)   Fuchan 、 Imachan 、New K2 。

DSCF9003_convert_20180929074154.jpg
モンテ・パテルノ(山)のヴィアフェラータから見たドライチンネ。

DSCF9005_convert_20180929074230.jpg

DSCF9008_convert_20180929074317.jpg
岩がくり貫いてあります。

DSCF9014_convert_20180929074348.jpg
New K2 さん、Iachan 。

DSCF9017_convert_20180929074454.jpg
ヴィアフェラータ       ワイヤーロープが見えます。

DSCF9019_convert_20180929074546.jpg
下りのヴィアフェラータ ワイヤーにカラビナスルーして下りてきました。                 
DSCF9022_convert_20180929074626.jpg
くり貫かれたトンネル。

立って歩けるトンネル、腰を曲げなければ進めないトンネルもありました。

DSCF9023_convert_20180929074710.jpg
ロカテリ小屋が見えてきました。

入口からここまで1時間10分。
我々は割愛しましたが、途中から山頂?に行けるルートもありました。


DSCF9024_convert_20180929074749.jpg
ロカテリ小屋に到着。

オーロンゾ小屋からゆっくり ゆっくり歩いてこのロカテリ小屋まで3時間かかりました。
一昨日歩いた Mkichan グループは2時間で歩いたそうで。

DSCF9025_convert_20180929074832.jpg
ロカテリ小屋テラスにて。             Nomisuke 、Hokie 、Gramps  

楽しい昼食時を過ごして、オーロンゾ小屋帰ってきました。

DSCF9034_convert_20180929074926.jpg
夕食風景。 

DSCF9036_convert_20180929074959.jpg
夕食風景。

DSCF9037_convert_20180929075030.jpg
お休み前に明日からの行動打ち合わせ。

オーロンゾ小屋は労山会員証を見せると€12 も割引してくれます。

その5に続きます。









ドロミテ(その5)

2018.09.14~09.24
参加者:Makichan 、Nomisuke 、Hokie 、おいちゃん、Makichan2 、Fuchan 、New K2 、Imachan 、Gramps (9名)

9月20日

お陰様で今日も晴れ。
オーロンゾ小屋から戻ってコルチナ・ダンペッツオ➙チンクェ・トーリへ。

DSCF9042_convert_20180929151933.jpg
朝食前のひと時を過ごすFuchan と Nomisukesan 。                   6:50

予定より1時間早い8 時迎えに来てもらうようにしていたが、なかなか来ない。
当初決めた9時に迎えに来た。お陰で待ってる間に朝の体操ができたのでこれまた良しとしよう!

DSCF9046_convert_20180929152015.jpg
山小屋の前で記念写真。

小屋から15 分くらい下ったところにミズリナ湖がある。
タクシーにお願いして、ここで15 分くらい休憩をして、湖畔散策を楽しむ。

DSCF9051_convert_20180929152101.jpg
素晴らしい景色のミズリナ湖
さざ波が立っていた。

DSCF9063_convert_20180929152151.jpg
先ほどの反対側から眺めた湖。ドライチンネが見送ってくれているように思える。              9:15

ここから30分くらいで今日の宿に着く。

DSCF9064_convert_20180929152239.jpg

チェックインできたので、荷物を置いて4日前に来たチンクェ・トーリの岩場に向かう。

DSCF9065_convert_20180929152338.jpg
チマ サッドの岩塔 。        10:40

今日は3パーティーでトレテルザの3 ピッチのルートを登る。

DSCF9066_convert_20180929152412.jpg
トップバッターの Makichan が登り始める。         11:35

DSCF9067_convert_20180929152459.jpg
続いて Fuchan スタート。   11:47

DSCF9069_convert_20180929152652.jpg
2 ピッチ目をリードする Imachan 。

我々は3 ピッチのところを2 ピッチで登ってしまった。
2 ピッチ目はロープが重かったそうです。
やはり3 ピッチに切った方がロープの流れが良いのかもしれない。

DSCF9072_convert_20180929152731.jpg
山頂での記念写真。                12:49

山頂では四周の景色を眺めをしばし楽しむ。

DSCF9080_convert_20180929152819.jpg
この岩塔も登っている人が見える。

下りて来てフリークライミングを少しやってみる。
我々は2本登ってお終い。

DSCF9091_convert_20180929153103.jpg
緩めのシューズも慣れて来たのでフリールートも何とか登れました。

DSCF9089_convert_20180929153015.jpg
この岩塔には、おいちゃん・Makichan2 パーティーが終了点に見える。13:45

下山して山小屋の前で全員の記念写真。

DSCF9097_convert_20180929153213.jpg
チンクェ・トーリ小屋の前で記念写真。       15:52

2台目のタクシーが渋滞で遅れているため待ってる間に再度記念写真を撮ってもらう。

DSCF9103_convert_20180929153303.jpg
最年少と最年長との握手。どうでも良いことだが・・・

ホテルに帰って夕食のために出かける。

DSCF9109_convert_20180929153350.jpg
Nomisuke さんと教会。  

DSCF9112_convert_20180929153432.jpg
コルチナ・ダンペッツオ中心街で。    19:13  

DSCF9115_convert_20180929153526.jpg
夕食。                    18:45   

DSCF9126_convert_20180929153613.jpg
良い感じの部屋でした。

明日はベネチアのメストレへバスで移動する。
ドロミテ(その6)

2018.09.14~09.24
参加者:Makichan 、Nomisuke 、Hokie 、おいちゃん、Makichan2 、Fuchan 、New K2 、Imachan 、Gramps (9名)

9月21日

DSCF9133_convert_20180930095350.jpg
ホテルのベランダから見た山並み。

DSCF9140_convert_20180930095431.jpg
ホテルでの朝食。

IMG_2740_convert_20181116185019.jpg
ホテルのオーナー、スタッフ(姉妹)と小豆島のKen さんご夫婦。

IMG_2742_convert_20181116185127.jpg
そこへ闖入させておらいました。

夕方からバスでメストレへ移動のためそれまで街で買い物をしたりしてのんびりする。

DSCF9144_convert_20180930095501.jpg
既に何回か載った教会と街のメーンストリート。

DSCF9153_convert_20180930095540.jpg
自転車人気?   25名でツアーしているそうです。  14:00

15時30分、バスでコルチナ・ダンペッツオを出発して2時間半かかってメストレ駅に到着。
そこから15分歩いて今夜の宿に着く。

DSCF9154_convert_20180930095620.jpg
バスで移動。     大きなバスでした。   16:30

DSCF9155_convert_20180930095650.jpg
夕食のため出かける。     静かな町である。

メストレはベネチア7観光に来た人たちがよく泊まる街だそうです・。
ベネチアから鉄道で1駅のところにあります。
理由はベネチア泊は高いからです

明日はそのベネチア観光の予定です。
ドロミテ(その7・最終)

2018.09.14~09.24
参加者:Makichan 、Nomisuke 、Hokie 、おいちゃん、Makichan2 、Fuchan 、New K2 、Imachan 、Gramps (9名)

9月22日

DSCF9158_convert_20180930113600.jpg
ゆっくり目の朝食。                         7:40

今日はベネチア観光です。
それにしても通して雨は半日降っただけで後は晴れとなんとラッキーだったでしょうか!

DSCF9163_convert_20180930113656.jpg
ホテルを出て駅に向かう。   歩道、自転車道、車道それぞれ分離してる。            8:45

DSCF9164_convert_20180930113725.jpg
車道にはトラムカー(LRT)も走っている。

メストレ駅から1駅・終点まで電車に乗っていく。

DSCF9169_convert_20180930113803.jpg

終点・ルシア駅から船に乗り換えてサンマルコ広場のあるところまで行く(往復€20)。

DSCF9174_convert_20180930113834.jpg

大きな豪華客船が沢山停泊しているのにはびっくりしました。

DSCF9175_convert_20180930113931.jpg
豪華客船。   まるで10階建のマンションみたい。

DSCF9178_convert_20180930114000.jpg

DSCF9179_convert_20180930114032.jpg

DSCF9182_convert_20180930114111.jpg
客船が3隻停泊してました。 ほかにも停泊していました。

DSCF9183_convert_20180930114158.jpg

DSCF9187_convert_20180930114231.jpg

船から降りてびっくりしたのは人・人・人で50年前の大阪万博のようです。

DSCF9193_convert_20180930114302.jpg
一年中こんなに人・人なんでしょうかね?

DSCF9207_convert_20180930114420.jpg
ゴンドラ。      

DSCF9214_convert_20180930120019.jpg
リアルト橋も人・人。人でした。

DSCF9217_convert_20180930114546.jpg
リアルト橋から

DSCF9221_convert_20180930114618.jpg
帰り船の中  

有名なところの入場はまさに50年前の万博と同じで長蛇の列をなし
とても並ぶ気がしませんでした。

ホテルに帰ってシャワーを浴びて夕食に出かける。

DSCF9223_convert_20180930114713.jpg
適度な広さの広場があります。↑↓
DSCF9224_convert_20180930114756.jpg

DSCF9225_convert_20180930114845.jpg

DSCF9226_convert_20180930114920.jpg
レストランは19時からなのでここで一杯飲んで時間待ち。       18:40

DSCF9231_convert_20180930114946.jpg
最後の夕食。

DSCF9235_convert_20180930115030.jpg
食事を終えて。
                
DSCF9236_convert_20180930115059.jpg
ホテルに帰ってきました。

強者どもは、これからまた出かけて行きました。

9月23日

いよいよ帰国の日になりました。

DSCF9237_convert_20180930115131.jpg
朝のホテル前。 ↑↓ 

DSCF9238_convert_20180930115213.jpg
  

メストレから11:00 のバスで M P 空港へ。 

DSCF9241_convert_20180930115240.jpg
ちょっとの時間があれば直ぐにビール。
今回の仲間は飲み助がそろいました(私を除いて)。まったく!

DSCF9242_convert_20180930115311.jpg
                                              12:40

MP空港15:50(日本時間22:50)➙ドバイ23:35(日本時間24日4:35)

時差ぼけ防止のためMP空港より日本時間に合わせて寝ます
(時計も日本j時間に合わせています。)
 
ドバイでトランジット。

ドバイ3:40(日本時間8:40)➙関空17:50

約4時間あるのでここでも時差ぼけ防止で眠る。
そして飛行機に乗ったら(日本時間は8:40分なので)眠くとも起きているようにする。

DSCF9243_convert_20180930115339.jpg
頑張って眠っています。    5:14(日本時間22:14)



   
不動岩・ドロミテへのトレ

2018.09.06

14日からドロミテに行く予定ですが、台風21号で関空が甚大な被害を被ってしまい出国できるか???

その最後のトレをしました。

意外と暑くなくラッキーでした。

先ずは①ひし形ハング➙②トラバース➙③クラック➙④デレティシマ最終クラックをつるべで登り⑤懸垂。

DSCF8821_convert_20180907130100.jpg
①菱形ハングをリードする。
                   ⇓  ⇓
DSCF8822_convert_20180907130128.jpg
③クラックをリード。
                    ⇓   ⇓
DSCF8823_convert_20180907130150.jpg
④最終クラックをフォロー。
                        ⇓   ⇓
DSCF8825_convert_20180907130210.jpg
⑤懸垂で取り付きに。

昼食後、砂かぶりを登って懸垂下降。

最後に登ったことが無そうなのでハーケンルートをリードしてもらう。

DSCF8828_convert_20180907130238.jpg
初めてのハーケンルートを登る。

オンサイトトライであったので時間は少しかかりました。
ヨセミテへの良いトレになりました。

烏帽子に行ってたFuchan 、New K2 と大北前でドロミテ最終打ち合わせ。
そして飲みました。
めちゃは暑くなかった不動岩

2018.09.02

参加者:たこ、Kits、ポイ、さんご、まー君、Take 17、Gramps (Ryu監督)

肘痛もやっと治りかけてきたので、ゆるゆるクライミングに参加できるようになった。
が、ゆるゆるではなかった。

DSCF8798_convert_20180903092447.jpg
タイコをトライすポイ君。

遅れて参加。
皆さんはもう既に登られていた。

DSCF8801_convert_20180903092509.jpg
クラック右ルートをフォローするKits 君。

リードはサンゴちゃん、フォローはたこ、Kits 。
Kits 君の後にフォローで登らせてもらう。

DSCF8802_convert_20180903092540.jpg
隣のルートでビレーするマー君。  

2 ピッチ目はサンゴ・タコ、Kits・Grampsに別れ、我々は山頂へと進む。

山頂手前でTake 17・まー君と合流して4人で懸垂下降。

DSCF8803_convert_20180903092601.jpg
終了点にて。

ここでパーティー再編成。

Kits・Ryu監督:正面でフリー
たこ・サンゴ・Grmps
Take 17・まー君

DSCF8804_convert_20180903092624.jpg
Nanoha Bab さん。  どなたか(Mio?)が献花してくれていました。ありがとうございます。

たこ、Take 17パーティーは砂かぶりを登る。

DSCF8805_convert_20180903092648.jpg
ワンポイントハングでビレーするFusa ちゃん。

DSCF8806_convert_20180903092711.jpg
ワンポイントハングをフォローするKiku 2号さん。

DSCF8807_convert_20180903092734.jpg
砂かぶりを登るサンゴちゃん。

続いて登ってくるのはTake 17 君。

DSCF8810_convert_20180903092801.jpg
余裕が見える登り?
背中の荷物が重そう。

続いてフォローするまー君は

DSCF8812_convert_20180903092835.jpg
これまためちゃ重そう!!!

クライミング技術を磨くのであれば先ずは軽量化で登ったほうが良さそう。
登れるようになってから徐々に負荷を加えていくようにしたほうが習得は速い。


DSCF8813_convert_20180903092903.jpg
ハーケンルートをフォローするM奥様と校長先生。    リードはM旦那。

今日最後の練習は

DSCF8814_convert_20180903092932.jpg
ワンポイントハング1ピッチ目のたこ・マー君。

我々(サンゴ・Gramps)の最後はミート&ポテト。

止めとけばよいのにやってしまった。
ハングでワンテン!!!

言い訳は、ダブルロープ、ゆるゆる靴であるが、
最大の原因は肘を気にしていると指・前腕筋肉の衰えか?

サンゴさんにフォローしてもらって、最後の懸垂練習をして今日はお終い。

180902_170740_01rs_convert_20180903143244.jpg
ミート&ポテトの終了点にて。    Photo by Kits

記録:
①クラック右(フォロー)➙山頂(リード)
②砂かぶり(F)
③菱形ハング(L)
⑤クラック(L)
⑥ミート&ポテト(L)

③を除いて全て懸垂練習。