FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

不動岩・アルパイントレ

2018.08.27

肘痛でクライミングはづ~とお休みだが、9月の山行を控えて岩慣れのため参加。
今日も暑~い!
無理せずに易しいところをナチュプロでトライしてみる。

DSCF8781_convert_20180828205059.jpg
Nanoha Bab さんも暑そう!

遅れて11時から参加のため皆さんはもう練習を始めていました。

DSCF8782_convert_20180828205126.jpg
ビレーヤーはFuchan、フォローするのはNew K2 さん。

DSCF8783_convert_20180828205145.jpg
テラスにはImachan とアイゼントレに励むB.Snow さん。

上部にいるのは大学ワンゲルの方たち。9月に入ったら北岳バットレスに行かれるとか。

とにかく暑い!
冷凍庫に凍らした飲料を忘れたのでテルモスに入れたスポーツドリンク合計1,5 リットルしかない。

午後2 時半飲料水がなくなったのでここで終了して大北へ直行。
スポーツドリンク500cc、ビール、酒で喉は潤ったのか?

記録:
①砂かぶり(フォロー)
②菱形ハング
③クラック
④クラック2ピッチ目(フォロー)


肘はそんなに痛くないのでホッとしています。



スポンサーサイト



沢登り・下多古本谷下部

2018.08.26

25日予定の前鬼川は一昨日の台風20号のため一日延期して26日に催行する。
6 時大阪出発、前鬼川林道入口に9 時ころ到着。

なんと通行止め。台風で崩落、陥没(3m)。がっくり!

沢通のお二人は次の候補地を考えてくれている。
小谷川。
ここも水量が多く断念して、下多古本谷へ移動。

ここの林道も通行止めのようで途中で車を止めて下部のみを遡行することにする。

DSCF8757_convert_20180828140725.jpg
下部入渓地点。                    10:37

DSCF8758_convert_20180828140759.jpg
やっぱり普段より水量が多いそうです。

30分ほどで滝に遭遇。水量、水流の2つで越せないので高巻きをする。

DSCF8760_convert_20180828140824.jpg
高巻きをリードするShokuda 君。

づるづるで結構いやらしかった。

高巻きしていたら、入渓して1時間くらいで道路に出てしまった。

DSCF8761_convert_20180828140845.jpg
ここで終了?                      11:35

よく見ると下り用?のフィックスロープがあった。よくよく探してみると手すり付き階段もある。
ここから再入渓開始。

DSCF8762_convert_20180828140906.jpg
再入渓地点。         11:50

DSCF8763_convert_20180828140928.jpg
再入渓地点から少し遡ったところ。

DSCF8764_convert_20180828140950.jpg
じゃぶじゃぶしながらの遡行は楽しいです。

DSCF8765_convert_20180828141024.jpg
左から滝のような水が・・・

「こんな滝あったかなあ?」と思案顔してた Shokuda 君。
やっぱり水量が多いのだ。


DSCF8766_convert_20180828141045.jpg

DSCF8768_convert_20180828141110.jpg
休憩 1

入渓して約2時間。

DSCF8769_convert_20180828141133.jpg
手前にあるザックは40 年前の物、渓流シューズは30 年前の物。

ダフネ・セルフさん(1928 年生まれ90歳で現役のモデルさん)の言葉
「クローゼットの中には、これまでの私の人生が詰まっている。自分の愛した洋服を長く大切に着る」


僕はこれしか無いので仕方がないけど。

DSCF8770_convert_20180828141201.jpg
胎内くぐり?

DSCF8772_convert_20180828141226.jpg

DSCF8773_convert_20180828141249.jpg
引き返し。

釜は洗濯機状態。落ちたら出られないかも?で引き返しました。

DSCF8774_convert_20180828141323.jpg
今日のメインイベント?
この滝は直登できません。

DSCF8775_convert_20180828141353.jpg
滝の右側に活路を開く。
リードするはSeghro 君。ビレーヤーは Shokuda 君。

ここからもう1ピッチ高巻いたら、祠のあるところに出てしまった。
沢へは2ピッチ懸垂したら出れそう。

でもここら辺りが下部の終了点みたいとベテランお二人の判断。

DSCF8777_convert_20180828141419.jpg
社・宗像神社の前で記念写真。          13:40

ここから少し登ったところが、中庄屋さん、吉岡さんのガイドブックにある下多古本谷の入渓地点だそうだ。
お二人ともよく知っている。

そこまで歩いてみる。約10分くらいで入渓地点の橋に到着。
ここの河原で遅い昼食。
カップうどんが美味しかった。

DSCF8779_convert_20180828141454.jpg
橋の裏側にハチの巣が並んでいた。

食事後は林道を下って駐車地点まで歩く。
途中土砂崩れがあり車は通れない。

また懐かしい下多古の岩場跡も通りました。
ツタが生い茂りハンガーが光っているだけでした。