大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

金星月に接近

2016.12.03

左肘を痛めて1か月、そのうえぎっくり腰を3日前にやってしまいました。
泣き面に蜂です。

やっと腰の痛みもなくなり、夕方ゆっくり2㎞程歩いてみました。
なんと夕焼け空に金星と月が並んでいました。

運が向いて来たような気持になりました。
早く治って、山に行けるようになりたい!

DSCF2252_convert_20161204080042.jpg


「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルやダンスで活躍している英人。

22)正しい姿勢と自信があなたの洋服をきれいに見せる⇔着こなしに欠かせないもの。
23)シワもシミも老いもひっくるめて、この世にあなたはたった一人⇔美しさに基準はない。

スポンサーサイト
万博記念公園

2016.11.26

DSCF2192_convert_20161128124342.jpg
往きの電車のつり広告。

万博記念公園、行ってもしょうもないとこと思っていました。
実際万博(1970年)以来一度も行ってませんでした。
なんと46年ぶりの訪問でした。

DSCF2200_convert_20161128124407.jpg
中央門入ったところからの「太陽の塔」
高さ70mもあるんだそうです。

行ってみたらなかなか良いところである。
紅葉は盛りを過ぎてはいたが、のんびりと歩いていると癒されてくる。

DSCF2203_convert_20161128124449.jpg

46年も経つと木々も立派に成長して森となっている。
ここにアメリカ館、ここがドイツ間のあったところとあるが、その面影は全く残っていない。

樹木におおわれて、夏でもきっと涼しそう。
四季それぞれに訪れてみよう。そんな気にさせてくれる。

DSCF2208_convert_20161128124510.jpg

今日は夕方から牧師宅に行く予定があり、
その時間調整で出かけてきたので3時間ほどしか余裕がなかった。
もう少し時間的余裕を持ってくればより楽しく過ごせたかなあ!

DSCF2212_convert_20161128124535.jpg
鯉も泳いでいました。透き通った水とさざ波も癒してくれます。
紅葉は写真よりず~と美しかった。

DSCF2235_convert_20161128124604.jpg
展望タワーへの道・森の空中観察路にて。

楽しい3時間が過ぎました。

DSCF2245_convert_20161128124630.jpg

この後、牧師宅で飲みながらNanohaBabさんの登山道具を整理します。

DSCF2249_convert_20161128143816.jpg
持参したお酒はすぐに空いてしまった。
合計1本半飲んでこれまた楽しいひとときを過ごしました。

「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルやダンスで活躍している英人。

20)立ち上がれないときは、少しの気分転換を⇔転んだときには。
21)好奇心は、知恵と幸せをもたらしてくれる⇔人生は贈り物。




烏帽子岩・フリークライミング

2016.11.17

続編


クライミングに抜群の体形ですね。
毎日走っているそうです。気持ちだけとか???
烏帽子岩・フリークライミング

2016.11.24

今秋一番の冷え込みである。がそのつもりになるとそんなに寒さは感じられないのが不思議です。
2年半ぶりに京都の人とご一緒させてもらいました。

DSCF2175_convert_20161125112800.jpg
初めて烏帽子に来られたT さん。
クライミング歴は浅いがうまく登られていました。

DSCF2177_convert_20161125112824.jpg
子供だましを登るDnjo さん。

DSCF2178_convert_20161125112846.jpg
早々とお昼休憩に!

天気予報は曇りとあったが、お日様も出て青空も見え結構良い天気である。

DSCF2182_convert_20161125112910.jpg
ハーフハーフを登るFucchan。

DSCF2183_convert_20161125112933.jpg
2年半ぶりのクライミングを楽しむ(苦しむ?)京都から来られたN さん。

DSCF2185_convert_20161125112955.jpg
ラマーズをマスターで登るアンパンマン。
少し前までは滑りもあり苦戦していたが、今日はばっちり登れました。

DSCF2187_convert_20161125113017.jpg
ラマーズから継続でタキシードボディーを登るアンパンマン。
すごい!!



記録:
①アップルート
②いじわるおよね
③アルゼンチリ(TR)
④タイムトンネル

この後降雨のためまだ早かったが退散して大北前で11c?にトライ。

「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルやダンスで活躍している英人。

18)人、土地、経験、すべての出会いが刺激となる⇔自分を年寄りだとは思わない。
19)工夫次第で、おしゃれも暮らしももっと楽しめる⇔手作りを楽しむ。

芦屋川~宝塚・アイゼントレーニング

2016.11.23

DSCF2149_convert_20161123202939.jpg
芦屋川駅前
先週とは、えらい違って今日はすごい人出である。

こうもり谷へフリークライミングの約束があったが、ひじ痛のため涙を呑む。
来月早々の西穂高参加者にこの歩きを誘ってみたが、みんな都合が悪く、
今週も単独トレになった。

負荷は先週9 ㎏であったが、今週は12 kgに少し増やしました。

DSCF2151_convert_20161123203024.jpg
高座の滝。

気温が下がったとはいえ、高座の滝から風吹岩まではシャツ1枚なのに汗をかいた。

DSCF2154_convert_20161123203048.jpg
曇り空だが視程はすごく良い!   風吹岩から。

風吹岩から東お多福山、石の宝殿までは長く感じられた。

DSCF2161_convert_20161123203111.jpg
海ではありません。石の宝殿から見た雲。
何十回と来ているが初めて見ましたこの景色。

DSCF2162_convert_20161123203134.jpg
大平山への縦走路で見た黄葉。
疲れた体を癒してくれました。

石の宝殿から1時間40分で大平山取り付きに着きました。

DSCF2165_convert_20161123203155.jpg
大平山取り付きの黄葉。

DSCF2166_convert_20161123203218.jpg
これから向かう先の落ち葉。
このコースには舗装された道路が3か所ある。

今日は神戸市主催の六甲全山縦走が開かれていた。

DSCF2172_convert_20161123203244.jpg
阪急宝塚駅少し手前にゴール地点があった。
全山縦走は何回も参加したが今じゃ遠い昔の思い出になっている。
来年参加したいので応募要領をお聞きしてきた。


DSCF2173_convert_20161123203309.jpg
私のゴール・阪急宝塚駅。
某大学が何か催し物をしていました。

今日も、ひじ痛、ひざ痛でよくがんばりました。

記録: 12 kg アイゼントレーニング  7時間5分

芦屋川8:35~高座の滝8:58、9:10~風吹岩9:46、9:52~雨が峠10:35、10:42~東お多福山11:00~石の宝殿11:55、12:09~大平山13:29、13:39~塩尾寺14:50、15:05~塩尾寺公園15:17~宝塚15:40


「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルやダンスで活躍している英人。

16)自然に抗うことなく、すべてをゆだねる⇔ありのままが一番。
17)人間の欲望のために、命あるものを傷つけてはいけない⇔毛皮は着ない。

労山50周年記念&カツオ君開店お祝い

2016.11.19

今日はふたつもりをこなす。
日中は労山50周年記念座談会&講演会
夜はカツオ君の開店お祝いに!

労山50周年記念行事第2弾。
事故に学ぶに当会会長の牧師が登壇。
「2度と重大事故を起こさないために」は

DSCF2052_convert_20161122101837.jpg
報告を終えて

DSCF2054_convert_20161122101859.jpg
午後の部の「あの頃の未来、今の未来、今後の未来」パネルディスカッション。

DSCF2125_convert_20161122101928.jpg
特別講演「山上での実体験から語る山の天気」西穂山荘常務

終わってこれから「カツオ君の開店記念祝い」に向かう。

DSCF2126_convert_20161122102054.jpg
カツオ君と

DSCF2130_convert_20161122102150.jpg

DSCF2128_convert_20161122102212.jpg
カツオ君ご夫妻。

DSCF2132_convert_20161122102307.jpgDSCF2131_convert_20161122102234.jpg


DSCF2136_convert_20161122102326.jpg
今日の参加者全員で。

DSCF2140_convert_20161122102352.jpg
懐かしい人にも会えました。

「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルやダンスで活躍している英人。

14)見たことのない扉は、突然現れる⇔不安のその先にあるもの。
15)自分に似合うスタイルを知っている人こそ、真におしゃれな人⇔流行は追うのではなく、取り入れるもの。

不動岩・アイゼントレ他

2016.11.20
参加者:Sachinne、かつ、おれ、2Mamas、Joyful、Mototoro、Ii ji、Shokuda、tamTam、ポイ、ミオ、Gramp(11名)

DSCF2141_convert_20161122092543.jpg
道場の朝の風景
昔よくお世話になった方のお家付近。

今日の不動は冬山アイゼントレ、小豆島アルパイントレ、フリークライミングとそれぞれのパターンで集まりました。

私はアイゼントレ、少しフリーをしました。
最初に、Sachinne、かつ君、おれ君とアイゼンを履いて下山路を2往復しました。

DSCF2143_convert_20161122092620.jpg
逆Lをリードする2Mamas君。
フォローはShokuda 君(写ってはいませんが)

Sachinneはこの後、Shokuda君と小豆島遠征トレのためフリーの練習を。
残ったかつ君、おれ君と3人でひし形をアイゼンで登りました。

DSCF2145_convert_20161122092645.jpg
下降路をアイゼンで登るSachinne さん。

この時かつ君の靴の調子が悪くなったので、
おれ君と2人でワンポイントハングを登り今日のアイゼントレを止めました。

DSCF2147_convert_20161122092706.jpg
アイゼンで岩稜歩きトレをするおれ君とSachinne さんのお二人。

中央壁中央では2Mamas 君、Joyful 君、こうもり谷の壁が濡れていて登れないので転戦をしてきたポイ君、ミオさんたちが頑張っていました。

一方MototoroさんとII ji さんは小豆島トレのため厳しいところを6本登るのだと朝早くから頑張っていました。

中央壁正面では左右のミート&ポテト、リトルボーイを登り、
その後Joyful 君と重箱を登り本日は終了(タイコを登りたかったが時間切れ)。

DSCF2142_convert_20161122092600.jpg
NanohaBab さんに「今日もみんな無事故」を報告し感謝!


「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルやダンスで活躍している英人。

12)物事を真剣に受け止めすぎない鈍感さも、ときには必要⇔人生はいつも自分の思い通りに行くとは限らない。
13)本当に価値のあるものは、お金では買えない⇔かけがえのないもの。

烏帽子岩・フリークライミング

2016.11.17

今日も良い天気。
ひじ痛だが、比較的易しいところを楽しく登れればという気持ちで烏帽子に向かう。

DSCF2047_convert_20161118091108.jpg
タイムトンネルを登るパーティー。
いつもの木曜日より静かな一日。

DSCF2048_convert_20161118091132.jpg
いないないばあを登るパーティー。

DSCF2050_convert_20161118091150.jpg
ラマーズを登るアンパンマン。

今日の記録:
①ゴールドフィンガー
②サピエンス:トラバースの後の乗越の時の左足が怪我後初めてハイステップで届いた。
③タイムトンネル
④すきま風
⑤アフターバイト:登り始めでレイバックして右足で乗り込むところがひざ痛のためできず。
⑥イナバウア
⑦いないないばあ
⑧アルゼンチリ:TR
⑨おじいちゃんのドタドタ落ち


腕に負荷のかかりそうなところは登らずにしていたが、
結果として本数を登り過ぎてしまったようだ。

「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

10)笑顔はあなたの魅力を引き出してくれる魔法⇔いいことを沢山考える。
11)老いはみんなに訪れるけど、成長は望む人にしか訪れない⇔年齢はただの数字。


縦走・芦屋川~宝塚・アイゼントレ

2016.11.16

こうもり谷フリークライミングの予定であったが用事が入り断念。
そこで体力維持のためアイゼントレを兼ねて歩くことにしました。

芦屋川駅前は平日にもかかわらず結構の人がいた。

DSCF2020_convert_20161116220225.jpg
芦屋川沿いの紅葉。

左肩痛、左ひじ痛、右ひざ痛の三重苦ではあるがおよそ40年前に読んだ大阿闍梨・光永澄道さんの「ただの人となれ」
に感銘して、それ以来「怪我しても怯まず突き進むようにすれば治ってしまう」を実行しています。

今日から20年ぶり3回目の読み直しをしています。

DSCF2024_convert_20161116220245.jpg
風吹岩から見た瀬戸内海。

DSCF2025_convert_20161116220305.jpg
風吹岩から見た荒地山方面。

それにしてもこの芦屋川~宝塚の歩きは年々しんどくなってきているように思える。
だが、好きな山を続けるためには「歩きトレ」を頑張ってするしかない。

DSCF2033_convert_20161116220348.jpg
東お多福山の紅葉。

DSCF2034_convert_20161116220410.jpg
石の宝殿には5~6名のハイカーが休んでいました。
これから彼らも縦走路を宝塚方面に行かれるようです。

DSCF2037_convert_20161116220440.jpg
太平山の取り付きに20数名の団体さんがいたのにはびっくりしました。

DSCF2040_convert_20161116220519.jpg
塩尾寺を下ったところから見た宝塚市街。

DSCF2044_convert_20161116220545.jpg
宝塚駅手前で見た紅葉。

今回は9kgの負荷でアイゼン装着で歩きました。
記録は6時間59分でした。

DSCF2045_convert_20161116220602.jpg
宝塚駅に到着。

記録:
芦屋川9:36~高座の滝10:05、10:11~風吹岩10:48、10:55~水飲み跡11:25~雨が峠11:36、11:46~東お多福山12:05~
石の宝殿12:56、13:08~大平山14:19 、14:32~塩尾寺15:40 、15:58~塩尾寺公園16:13~阪急宝塚駅16:35



「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

8)悲しみは乗り越えるものではなく、寄り添い付き合っていくもの⇔悲しみに寄り添う。
9)笑顔の絶えない家庭で育ったから、私は今も笑顔でいられる⇔両親が与えてくれたもの。

不動岩・アイゼントレーニング(前夜薪ストーブ宴会)

2016.11.12夕刻
薪ストーブ宴会・参加者:神戸うし、カツオ夫妻、Segrho 夫妻、Gramps

神戸うしさんが薪ストーブを購入したので試し宴会を催しました。
結構暖かく素敵なものである。
カツオ君も気に入って、しきりに連れ合いにおねだりをしていました。

DSCF1977_convert_20161114124831.jpg

カツオ君の料理で美味しく飲んだり食べたりと楽しいひとときを過ごせました。

DSCF1981_convert_20161114124854.jpg
楽しいひとときでした。

2016.11.13
参加者:Mototoro、Shokuda、Seghro、Sachinne、Kei、TamTam、Gramps

DSCF1986_convert_20161114124921.jpg
翌朝の朝食後のひと時。

前日百丈河原に宴会で泊まったので、
皆さんより少し早く出勤して早朝トレをしました。

DSCF1987_convert_20161114124942.jpg
ハーケンルートをトライするTamTam 君

記録:

ユマール:

①東壁左
②クラック
③カンテ
④ハチの巣左

リード:
⑤ひし形ハング
セカンド:
⑥ハーケンルート
⑦砂かぶり


これで今季合計26本になりました。
本チャンまでに目指せ50本!

夕方から連れ合いの古希祝いのため早退しました。

「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

6) 好きなものを食べるけど、食べ過ぎない⇔特別なことはしない。
7) この世は知らないことに溢れている⇔いま、この瞬間を味わう。

不動岩・アイゼントレ

2016.11.10

ひじ痛も少しマシになったが、指に負担の少ないアイゼントレをする。

DSCF1962_convert_20161111102711.jpg
NanohaBab さんの月命日。
2016年の中級登山学校の文集ができました。
Bab さんは中級登山学校に20年近く携わっていました。


今日のアイゼントレは中央壁左サイドで。
ユマール使用でのトレのため、フィックスロープを終了点までトラバースをして掛に行かなくてはならない。
これまではフリーソロ?でトラバースをしていたが、落ちたら万事休すのため、
安全のためにソロシステムで終了点までトラバースしてフィックスロープを設定しました。
時間はかかるがこれからはこの方法ですることにする。

DSCF1966_convert_20161111102731.jpg
不動岩付近の黄葉    ひし形ハング終了点から
赤いロープがトラバース用のロープ。

MiwMiw さんとI i j さんはお二人で東壁でアイゼントレです。

DSCF1976_convert_20161111102813.jpg
アイゼントレのお二人。

DSCF1968_convert_20161111102753.jpg
中央壁正面を登るクライマー。      お昼休み大テラスから見た

登ったルート:
①ひし形ハング
②菱形右
③ハーケンルート
④ハーケンルート
⑤ひし形ハング
⑥菱形右

これで今季合計19本になりました。
本チャンまでに目指せ50本!

人はいくつになっても、美しい。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

4)好きなものを前にしたら、年齢なんて関係ない⇔楽しいから続けているだけ。
5)健康な心こそ、美しさへの一番の近道⇔美しさより大切なもの。

太閤道・トレッキング

2016.11.09

ひじ痛でこうもり谷でのフリークライミングを諦める。
で、低山ではあるが近くの山に出かけてみる。
ひざ痛もあるので空身にする。

空身じゃということでアイゼンをつけてやっと安心する自分が情けない!

DSCF1948_convert_20161109151404.jpg
いつもの三川合流の見える地点。
空は雲があり、今一つすっきりとは見えなかったが気持ちがホッとする。

1か月前に熊情報があり、笛を吹きふき進む。
そのせいか、天気のせいか?誰一人とも会わなかった。

三川合流から少し行くと、若山神社への下りとなる。
途中ゴルフ場の脇を通るとネット越しに紅葉した木々が奇麗に見える。

DSCF1950_convert_20161109151450.jpg
ゴルフ場の中の紅葉が見れました。

三川合流から30分で折り返し地点の若山神社に到着。
ここも一部紅葉していました。

DSCF1952_convert_20161109151515.jpg
若山神社境内の紅葉。

雨が降ったり晴れたりの変な天気である。

DSCF1955_convert_20161109151538.jpg
本殿横の紅葉した木々。

15分ほど休憩して引き返す。
いきなり登りである。空身なのにしんどい!

途中のゴルフ場内の黄葉が目に入ってきた。

DSCF1956_convert_20161109151600.jpg
寒いからかゴルファーも往きに1組、帰りに1組のみでした。

帰りは三川合流では休憩なしで進む。

終着点近くは竹林でタケノコの産地でもある。

DSCF1959_convert_20161109151623.jpg
竹林の中を進んで登山口へ。

記録:
登山口9:51~太閤道出合い10:33~三川合流10:43、10:48~若山神社11:23、
若山神社11:36~三川合流12:15~太閤道分岐12:26~登山口12:57


所要時間:3 時間



不動岩・中央壁正面

2016.11.07

連荘クライミング。
実は昨日のクライミングで左腕ひじ痛になっていた。

でも久しぶりの不動正面を登りたくて止められない。

DSCF1942_convert_20161107214924.jpg
来た時は12度でしたが、お昼には16度になっていました。
昨日と打って変わって暖かい日になりました。

アップのつもりの「ミート&ポテイトズ」の乗越で痛みを感じていた。
続く「リトルボーイ」ではひじ痛に加えて手術後の背中の痛みも。

それでもやり続けてしまうアホな私。
「タイコハング」では特に痛みを感じずに登り続けることができた。

無理して登っているのでしょうね。
第2核心部を過ぎ、新しくくわえられた第3核心部の上のホールドがわからない(忘れている)。
持久力もなくなりテンション!

常々「タイコが登れなくなったらクライミングを止めます」だったが、
ワンテンだからまだ続けてもいいでしょうと自己弁護。
内心は久しぶりなので満足、まんぞくです。

明らかに無理しています。

DSCF1943_convert_20161107214941.jpg
ペガサスをトライするGan さん。

続いて「ペガサス」にトライ。ハングの手前のところでスリップして、テンション。
ハング乗越でまたまたテンション。

この後は意地で登り切る。
その応報は:昨日から痛み出してたひじ痛が強くなってきた。

大北でビール1本飲んで退散(帰宅してまた日本酒を飲んでしまった)。

2リットル入りの日本酒が左手では持てないほど痛んでいます。
明日1日の休養で復活できるか心配です。

DSCF1944_convert_20161107214955.jpg
Gan さんとBab さんのお参りに。

記録:
①ミート&ポテト
②リトルボーイ
③タイコハング:ワンテン
④ペガサス:2テン

後ワンマンショー、小熊物語を登る意気込みで来たが、とんでもなかった!!!


「人はいくつになっても、美しい」  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

3)すきになれないところは、ちらっと見るだけで良い⇔とらえ方ひとつで。







こうもり谷・クライミング

2016.11.06

昼から晴れの天気予報は見事外れました。
朝から曇り。時々パラパラとくる空模様。
昼からも曇ったままでした。

DSCF1931_convert_20161106211521.jpg
衝原湖。     こうもり谷入口

最初に「もういいでしょう5.9」を9年ぶりにトライしました。
オンサイトトライの気持ちで登ったが、ワンテンしてしまった。

それでも何にも覚えてないところを登るのはOS気分で楽しかった。

続いてミオさんもマスターでトライするもテンションが入りました。

DSCF1936_convert_20161106211640.jpg
もういいでしょうを登るミオさん。       Photo by Ganさん。

勢いをかって隣の「コーナー10a」にこれまた9年ぶりに挑戦。
ムーブを確かめながら登って行く。
ここはノーテンデ登れて満足です。

DSCF1935_convert_20161106211614.jpg
コーナーを登るU さん。

ミオさんも「コーナー」をマスターでトライ。
少し時間はかかったが、見事OSでした。
(厳密にはFLかもしれないが、まあOSと変わらないでしょう)

こうもりに来るとどこを登るかいつも決めていない。

今日もタビジロウでもトライなんて考えていたが、
結局ロンググリーンになってしまった。

DSCF1938_convert_20161106211720.jpg
ロンググリーンをトライするGan さん。

2日と同様TRで2回トライ。
前回よりも少こ~し進歩していたような気がする。

ミオさんはオンサイトに気をよくして「マーメード」にチャレンジ。
残念ながら力及ばず途中で時間切れで終わりました。
時間がかかり過ぎていた。
今後の課題でもある。

DSCF1940_convert_20161106211742.jpg
旅路をトライするKi君。
久久振りの再会です。

人はいくつになっても、美しい。  ダフネ・セルフ
2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

2)好きで続けてきたことが、思わぬところで役に立つ⇔無駄なことは何一つない。


不動岩・アルパイントレ

2016.11.05

今日も素晴らしい天気でした。
ミオさんからお誘いを受け出かけました。

彼女の今日の課題は:
①ひし形ハングをリード(過去にしている)
②ハーケンルートのリード(これも過去にしている)
③ホワイトチムニーのリード(初めて)

見事完遂しました。

P1010532_convert_20161106203412.jpg
ホワイトチムニー終了点にて。   Photo by アンパンマンさん。

私はフォローでアイゼントレをする。
上記①~③をフォロー&菱形ハングをリードの4本を登る。

P1010526_convert_20161106203353.jpg
ホワイトチムニーをフォローするGramps.。   Photo by アンパンマンさん。

これで今季合計13本になりました。
本チャンまでに目指せ50本!

人はいくつになっても、美しい。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

1)何かを始めるのに、遅すぎることはない⇔年齢にとらわれない。

こうもり谷・クライミング

2016.11.02

この秋一番の冷え込みとなった。
最初に登った「哲学の道」で指の冷たさを感じ、思わず息を吹きかける。
今季初体験である。

DSCF1900_convert_20161103085841.jpg
衝原湖。ピリッとした気持ちの良い朝でした。

「哲学の道」から「エネマ」に。
哲学の道は久しぶりにうまく登れたが、やっぱり力が入っていた。
エネマを最後に登ったのはレインボーをトライしていたのが最後であるから、
9年ぶりのトライ。何とかノーテンで登れたのでうれしい。
続いてレインボーをトライしようとしたが、出だしから全く登れない。
9年前はいったいなんだったのだろう?

レインボーの記録(2007年)
レインボー11c① ヌンチャク掛け
レインボー11c② ワンテン

レインボー③ ヌンチャク掛け
レインボー④ ヘロヘロ
レインボー⑤ RP

DSCF1899_convert_20161103085900.jpg
鷲鼻ハングに向かうモチマスさん。

次に何をトライしようか迷ったが、Gan さんが「ロンググリーン」をトライしていたので、それをやってみることにする。

リードしようと思ったがトップロープでさせてもらう。
ムーブは全く覚えていない。
正にテンテン、A0でやっとのことで終了点まで行けた。
手は完全にパンプ状態。筋トレできたと自分を慰める。
リードなんてしなくてよかった。

DSCF1904_convert_20161103085922.jpg
旅路をトライするアンパンマン。

ロンググリーン、2回目もTRでさせてもらう。
今度は少しマシに進めたので良しとする。
もう1回トライしたかったが、もう若くないと自分を慰労して我慢する。

帰宅して調べてみたら、ロンググリーンも5回目でRPしていた。
今日の調子では永久にRPは難しそう。

ロンググリーンの記録(2004年)
①マスターで上部核心部まで。そこのムーブ分からず
②トップロープで最下部から上部核心部までムーブ解決
③トップロープで下部OK、核心ムーブ分からず、その上は何とか行けそう。
④ヌンチャク掛けながら核心部のムーブを何とか解決?
⑤RP(通算5トライ目)

今日のハイライト:

DSCF1905_convert_20161103085941.jpg
初N さんレインボーを本日見事RPしました。
ビレーヤー冥利に尽きます。
正倉院展

2016.10.31

DSCF1889_convert_20161101160655.jpg
博物館前庭

正倉院展(奈良国立博物館)に行ってきました。
奈良訪問は久しぶりでした。

平日なのに入場するのに20分くらいかかりました。
遠く東京からも来られていました。

DSCF1887_convert_20161101160720.jpg
入場券
聖武天皇ご遺愛品である漆胡瓶(シッコヘイ)。

DSCF1891_convert_20161101160739.jpg
天平文化
私にはよくわかりません。

DSCF1895_convert_20161101160807.jpg
博物館庭園。

脚が棒になって出てきました。

DSCF1898_convert_20161101160826.jpg
奈良公園の木も少し色づいて来ていました。


健康ライフ:
脱水:日常生活での脱水予防

脱水にならないために水を沢山飲む→これは間違い

日常生活で脱水にならない方法は:
①3度の食事をきちんととる(いろんな種類のものをバランスよく食べる)
      1日の水分摂取量の半分は食べ物から取っている。
      水分を取らなきゃということで水をいっつぱい飲むと→お腹が膨れたりして食事が食べられなくなる(本末転倒になる)
      食べることが水分補給だという意識を持つ!
  
   朝起きたら一杯の水を飲む(脱水予防に役立っている):体に良い。なぜ良いか?
     夜失った水分を補給することになる。
     水分を取る→胃腸の動きが良くなる→朝ごはんが食べたくなる→水分補給になり、脱水予防になる。

②十分な休息をとる→水分バランスを保つ。

その他:
お茶、お水を適当に飲む。普段飲み慣れている人は紅茶、コーヒーもOK。飲み慣れていない人は利尿作用が出るので勧められない。
アルコール(特にビール)はアルコール分解時に水分を奪ったり、利尿作用等により水分が奪われる。
ビール1リットルに対してアルコール分解のために水1、1リットルの水分が失われると言われている。
飲む場合は酒の肴等と一緒に飲むようにする。水分補給になる。
(京都のある日本酒専門の飲み屋さんは酒と水を一緒に出してくれる)

脱水→血液が濃くなる→脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす原因になる←水分補給をお忘れなく。