FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

錫杖岳、甲府幕岩

2016.07.15夜~18

参加者S. Arrow、Tu、かつ、おれ、ポイ、Gramps

7月16日(土)

この3連休は天気が読めず多くの人が山行を取りやめたようです。
我々も目的の錫杖岳には期待が持てず、予備的に甲府幕岩も計画に入れての出発となりました。

未明に新穂高駐車場に着いた時にはガスっていた。
仮眠して起きたら隣の車に顔見知りの神戸の方たちがいた。

出合いでテントを張る予定であったが、
明日はもっと悪くなりそうなので諦めて日帰り予定で取り付きまで様子を見に行くことにする。

渡渉点は水量が多く裸足になって渡る。
結構冷たかった。

途中から見え始める錫杖全景も今日はガスの中。出合いで神戸の連中は諦めて引き返した。
我々は錫杖初めてが2人いたのでせめて取り付きだけでも見ておこうと前に進む。

取り付きに向かう途中で諦めて降りてきた2人パーティーに遭う。
なお向かうは我々6名と神奈川の若い2パーティー。

左方カンテの取り付きに着いたら静岡のお二人が登る準備をしていた。
壁は完全に濡れている。

誰かが「ここまで来たら絶対登るという人がいますよ」なんて言っている。
目的の「注文の多い料理店」や「1ルンゼ」は諦めて全員でこの左方カンテを登ることにする。

オーダーはS. Arrow・Tu君、かつ・おれ君、ポイ・Grampsで決まる。
最後で登るのは初めての気がする。

DSCF0821_convert_20160720100132.jpg
左方カンテ取り付き。Babさんも。

DSCF0822_convert_20160720100159.jpg
先行2パーティーの後に続いてS. Arrow君がスタート。 ビレーヤーはTu君

DSCF0823_convert_20160720100221.jpg
続いてリードするはかつ君。   ビレーヤーはおれ君。

最終パーティーでGrampsがリード。
濡れていて結構気持ちが悪い???

2ピッチ目はポイ君がリード。
とにかく濡れているせいかトップで登っているパーティーも動きが悪い。
ピッチピッチで大渋滞となる。

DSCF0826_convert_20160720100249.jpg
3ピッチ目を確保するおれ君。
先行パーティーが次のチムニーが濡れているために大苦戦している。ためリードのかつ君も停滞。
勿論その前のS. Arrow隊も停滞している。

DSCF0830_convert_20160720100312.jpg
4ピッチ目を登り始めるポイ君。
その上はフォローのかつ君。

このチムニー濡れぬれのため外に出れなく苦戦。
リードしていたおれ君は抜け口でザックを下ろして、オーバーハンドスタイルで投げ上げて登った。
同じくリードのポイ君はザックをぶら下げて登っていた。

DSCF0832_convert_20160720100338.jpg
お花も奇麗でした。

5ピッチ目のフェースも濡れていたので気持ちが良くはなかった。

DSCF0834_convert_20160720100407.jpg
6 ピッチ目をリードするかつ君。
一か所思い切りができず頑張っていましたが見事抜けていきました。

DSCF0838_convert_20160720100433.jpg
焼岳方面を望む。
天気は薄日が差したり、曇ったり、ガスに包まれたりの状態でした。

DSCF0840_convert_20160720100456.jpg
6 ピッチ目のポイ君。
時間が時間なので出だしは思い切りA0で乗り越していきました。
勿論私もA0 で登りました。
昔はフリーで登っていたんだがなあ・・・


このピッチを終了して注文の多い料理店側に懸垂で降りる。

DSCF0843_convert_20160720100542.jpg
懸垂下降のS. Arrow君。

DSCF0842_convert_20160720100519.jpg
取り付きに咲いていました。

30年登っているが、左方カンテは①最初に登った時、②正月の時、③3月の積雪期に雨に降られて登った時。そして④今回の塗れぬれの登攀が思い出として記録されそうです。

そして日帰りで登ったのも初めてでした。
歩き疲れました。体力トレにはこれも良いような気がします。

最後にタイミングが悪くTu君の写真が最初の後ろ姿のみで済みませんでした。

ここは明日から天気はもっと悪くなりそうなので、甲府幕岩に転戦と決まる。
お風呂に入って例の台湾料理屋には23時過ぎに到着。遅い夕食を済ませて幕営地に。







スポンサーサイト