大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

クライミング

2016.04.26

13059401_705430056264507_1906253485_n_convert_20160427123721.jpg
岩場      Photo by Miwaちゃん

今日は長い間行きたいと思っていた新しい岩場に行ってきました。
駐車スペースがないので大勢の人がいっぺんには行けないですね。
岩場もさほど大きくありませんでした。岩場の前もスペースに限りがありました。

どこの岩場でもそうですが、特にここはクライマーのマナーが試されます。

初めての岩場は本チャン気分が味わえて緊張して登れて良いですね。
やさしいところを登って楽しんできました。

記録:
①S. B 5.6 OS
②B.A. 10a OS
③P.N. 10c OS
④S.M. 11a OS
⑤S.G. 10b OS
⑥Y.K. 10a FL


DSCF9670_convert_20160427234740.jpg



スポンサーサイト
クライミング・こうもり谷

2016.04.24

DSCF9909_convert_20160424215447.jpg
穏やかな衝原湖。

今日・日曜日のこうもり谷は静かでした。
右岸は2人のみ。左岸は我々4人のみでした。

岩場の前の平らなところで、上部にいる人と上を向いて会話しながら歩いていたら、足元にある石に躓いてしまった。
前につんのめり、まだ治っていない左足首を強く踏ん張ってしまったので、また痛みだした。

不注意である。
「慣れ、油断、慢心、横着に陥りません」を毎朝唱えているだけか?
情けない。

鎮痛薬を塗ってテーピングをする。
幸い登るときには全く痛まない。

DSCF9910_convert_20160424215509.jpg
ガングリオン5.9 でアップするKumiko さん。

先ずガングリオン5.9 でアップして、そのままムラコメXにヌンチャク掛けをしてくる。
続いてK2 君の「雲に乗って11b」のビレーをする。

隣のルートをBig Man さんが登っている。

DSCF9913_convert_20160424215639.jpg
「イボコロリ左足11a」を登るBig Man.。

「雲に乗って」今日1回目のトライをK2さんが始めるも核心部で登ったり、降りたりを繰り返している。

DSCF9916_convert_20160424215703.jpg
雲に乗るを登り終えて笑顔するK2君。
写真から見るとまるでRPできたようなポーズです。
本日1回目のトライ(通算2回目)だったがヘロヘロ状態でした。
それでも今日3便目(通算4回目)でRPしたようです。

5月1日に再度トライしてきれいに登ってください。


この後、今日の課題「ムラコメX 11a」をトライ。
核心部のムーブ探しで時間を要したが、上手く登り切れOSできました。

DSCF9919_convert_20160424215724.jpg
ムラコメX を登るGramps。

隣の右岸に行ってきました。
右岸はGanちゃんが「復活11c 」をモチマスさんが鷲鼻をトライしていました。

DSCF9929_convert_20160424215756.jpg
「ワシバナ」をトライするモチマスさん。

足の痛みがきつくなって来たので先に下りて皆を待つことにする。

記録:
①ガングリオン   5.9
②ムラコメX    11b  OS 23m
③猫の渡り廊下 10bc MOS
素敵なルートでした(24m)

DSCF9667_convert_20160424224808.jpg


芦屋川~宝塚ボッカトレ

2016.04.22

DSCF9852_convert_20160423092757.jpg
金曜日。出発地点の芦屋川駅前にはハイカーは一人もいなかった。

良かった!今朝目覚めたら疲れていない。

GW山行トレのため、18 ㎏、足も重めに負荷をかけ出かける。
宝塚に着いた頃には負傷した背中が極端に疲れている。

脚も疲れていた。
かかった時間は7時間20分。昨年の9月の時は⒘㎏・アプローチシューズで6時間30分。
脚の負荷が違うがこんなにも時間差がてるのだろうか?
GW山行に行けるか不安がよぎる。

昨年の9月の時も疲れたと書いてあったのを見て気も少し楽になった。

芦屋川駅前は山に入る人は誰もいない。
少し寂しい気持ちでスタート。

芦屋川の桜も新緑の装いをしている。
2週間でこうも変わるもんだ。

DSCF9853_convert_20160423092817.jpg
今日4/22の芦屋川桜並木↑  ↓4/6日の桜並木 
DSCF9557_convert_20160423093652.jpg

滝の茶屋にはいいペースで歩けていた。
やっぱりここも静かであった。
明日土曜日はさぞかし賑わうことだろ。
我が会からも4人出かける。

DSCF9856_convert_20160423093339.jpg
いつも賑わう滝の茶屋ですが・・・

ここで登山靴に履き替え風吹き岩へ向かう。

DSCF9857_convert_20160423093402.jpg
中央稜のいつものところから芦屋浜方面を望む。

風吹き岩までの急登を大汗をかいてのぼる。
風吹き岩から足にさらに負荷を加える。

DSCF9858_convert_20160423093422.jpg
風吹き岩でのんびり休憩しているパーティー    お話し内容からも幽雅にさえ見えました。

雨が峠までの道のりも長くかかった気がしました。
(先日より8分遅いだけでしたが・・・)
雨が峠の東屋で10分休憩して、石の宝殿に向けて出発。

前回は東おたふく山では休憩なしであったが、
今回はここで少し休憩しないと歩けないようだ。
ここまで前回は16分、今回は19分なのに。

石の宝殿がなかなか近づいてこない。
ここを歩き始めた頃こんなことを思って歩いていたなあと記憶が蘇る。

DSCF9867_convert_20160423093448.jpg
石の宝殿の上空はこんなに晴れているのに・・・気は落ち込みがちです。

石の宝殿でのラーメンは美味しかった!!
縦走路の方がやけに賑わしい。かなりの大勢の集まりみたいだ。
食事をしている間ににぎやかな大きな声はいつの間にか消えていた。

大休止後大平山に向けて出発。
すでにここで前回より36分遅れである。
負荷が違うのだから仕方がないと慰める。

大平山下の予定休憩地点には大勢の高校生が休憩していた。
先ほどの石の宝殿での元気な声は彼らだったのだ。

DSCF9868_convert_20160423093514.jpg
休憩中の高校生たち。     彼らのバイタリティーはすごい!元気をもらいました。ありがとう!

新入生歓迎山行だそうです。昨日油コブシから登って、研修会で一泊して今日宝塚までの歩きだそうです。
付き添いの先生方と2年生の山岳部員がアシストされていました。総勢400名弱。

この中からアルピニストが出てくれることを・・・

疲れた体も彼らと一緒に歩けて忘れさせてくれました。

DSCF9870_convert_20160423093540.jpg
今日の遠頁公園の桜↑   ↓4/6日の桜。
DSCF9580_convert_20160423093721.jpg

宝塚に着いたら背中が痛い。脚も疲れました。
それでも歩けたという達成感・満足感の方が勝っています。

DSCF9871_convert_20160423093605.jpg
宝塚駅前にこんな像があったかなあ?

記録:
芦屋川駅8:37~滝の茶屋9:02、9:10~風吹き岩9:44、9:55~水飲み場跡10:30~雨が峠10:43、10:53~東お多福山11:12、11:18~
石の宝殿12:10、12:35~大平山13:48、13:59~塩尾寺公園15:18、15:28~宝塚駅15:57

所要時間7時間20分

18 kg負荷 登山靴+α

怪我後の実績:
16年4月22日: 18㎏:  登山靴+α     :7j時間20分 :単独
16年4月04日: 13.5 kg :アプローチシューズ :6 時間11分: 単独    
15年9月27日: 8 ㎏ :アプローチシューズ :6 時間14分: 単独 
15年9月03日: 17 kg :アプローチシューズ :6 時間30分: 単独          雨
15年6月18日:                   :7 時間40分: NewK2、machan
15年3月22日: 9 ㎏: アプローチシューズ :7 時間   : Ichie、Kaori、2yhs他
15年2月24日: 6 ㎏: アプローチシューズ :5 時間44分: 単独


DSCF9663_convert_20160423093803.jpg
クンシラン

クライミング・こうもり谷

2016.04.20

DSCF9843_convert_20160421061554.jpg

前期高齢者クライミンググループ定例の山行に久しぶりに参加しました。

DSCF9845_convert_20160421061628.jpg
今朝の衝原湖。

参加者は7名なのにほとんどの人は右岸に行ってしまって、左岸はワンさんと2人のみ。

少ししたら知り合いの3人パーティーが来られたので5人になりにぎやかになりました。

DSCF9846_convert_20160421061827.jpg
「イボコロリ左足」をトライする Big Man さん。

今日の目標は「雲に乗る 11b 」である。
最初に「ガングリオン 5.9 」でアップする。

この後手違いもあり、エレキバンDへのTR掛けに時間を要してしまった。

で目標の「雲に乗る」のトライが大幅に遅くなる。

24mと長いルートで面白そうなルート。
終了点がどこにあるかを確認してからスタート。

初めてのトライなので慎重にのぼる。
核心部(らしいところも含めて)3か所ある。

最後が本当の核心らしいが何となく登れてしまった。
2番目の核心部の方がやばかった気がする。

20160420123951_IMG_1874+01_convert_20160421061743.jpg
「雲に乗る 11b 」をトライする Gramps 。                Photo by Z 君

11b MOSは 2 回目だったかな? 
とにかく怪我後初めて11bをオンサイトで登れたので嬉しい!
 

DSCF9851_convert_20160421061918.jpg
「ネック エレキバンD 11d 」をトライするワンさん。

対岸では10人余の人がのぼっていました。

DSCF9849_convert_20160421061852.jpg
「旅路」をトライするSB さん。

少し休憩してロープの掛かっている「エレキバンD」をTRでトライさせてもらう。
「エレキバンC」のようには登らせてもらえず。
テンテンもいいとこでした。

記録:
①ガングリオン 5.9 ノーテン
②雲に乗る  11b MOS
③エレキバンD 11d TR 全くダメでした。


DSCF9843_convert_20160421061554.jpg




自転車・木津川流れ橋まで

2016.04.19

天気も良いので昼から自転車に乗ってみました。
目標は30㎞。
往きは向かい風をと考えたら木津川の流れ橋まで。

最近新しくなったと聞いていたので楽しみにしてゆっくり走ってみました。

DSCF9829_convert_20160419182515.jpg
木津川に架かっている流れ橋。

流れ橋のいわれ:
木津川に架かる橋で日本最長の木橋。大水の度に流れるという特徴がある。そのことから流れ橋と言われている。

増水して橋桁まで水が達すると全長を八分割して、ワイヤーで連結された橋床が流される。
橋床は片方が繋がれているため流失することはない。
減水後復元できる。

橋長:355.9m
幅員:3.0m

DSCF9831_convert_20160419182556.jpg
流れ橋休憩所近くに咲いている八重桜。

流れ橋で少し休んで引き返す。
途中、背割堤に寄ってみる。

DSCF9837_convert_20160419182621.jpg
本日の背割り堤桜並木↑     ↓4月5日の背割り堤桜並木
DSCF9520_convert_20160419182745.jpg

DSCF9527_convert_20160419182809.jpg
本日の背割堤、↓   ↑4月5日の背割り堤
DSCF9839_convert_20160419182642.jpg

DSCF9841_convert_20160419182703.jpg
白のハナミズキ。
桜の後に所々に咲いていました。

記録:
走行距離:32km
走行時間:1時間49分
平均速度:17.5km/h


当てが外れた今日のクライミング・烏帽子岩

2016.04.18

昨日は雨から快晴に。
当然今日は晴れと思い込んでいたら、曇りところによってはにわか雨。

とにかく出かけてみる。
常連の岩さん、Mさんがすでに登られていた。

我々もすぐに用意をしてアップルートを登る。
パラパラし始める。
続いてハーフ&ハーフを登るも、
登り終わったころには本降りとなる。

先日の台湾クライミングと全く同じパターン。
台湾から雨パターンを持ち帰ってしまったのか?

ハーフ&ハーフを登り切って駒形岩方面を眺めたら、
まだ残っている桜と濃い緑、新緑の淡い緑のコントラストが素晴らしい。

13051623_1010084725751712_8152134645237496866_n[2]                   Photo by Ng さん。

今日は雨でもこれが見えたことで良しとしよう。
うどんはお酒とともに大北商店前で頂く。
今日も美味しく食べれました。

GW山行のために、少し体力が残っていたので帰宅して5㎞走りました。
やり過ぎの心配があります。



中級登山学校・駒形岩(アブミ)・烏帽子岩(フリー)

2016.04.17

昨日に引き続きの中級登山学校。
今日は最初に大岩が岳までボッカから始まりました。

DSCF9767_convert_20160418155211.jpg
Nanoha Bab さんの白いミツバツツジがやっと咲きました。
中級のコーチを長くしてくれていましたBabさんは一昨年の春ここ不動岩で永眠されました。
ご冥福をお祈りします。
皆さんが大岩が岳へボッカされている間にポイ君と不動岩に行ってお参りをしてきました。


ボッカを終えて、駒形岩、烏帽子岩に分かれてアブミ練習、フリークライミングを行いました。
アブミは多くの人が初めての体験だったようです。

以下その様子です。

DSCF9772_convert_20160418155236.jpg

DSCF9773_convert_20160418155256.jpg

DSCF9774_convert_20160418155320.jpg

DSCF9775_convert_20160418155341.jpg

DSCF9776_convert_20160418155405.jpg

DSCF9778_convert_20160418155442.jpg

DSCF9779_convert_20160418155511.jpg

DSCF9785_convert_20160418155539.jpg

DSCF9787_convert_20160418155607.jpg

DSCF9789_convert_20160418155630.jpg

DSCF9790_convert_20160418155653.jpg

DSCF9791_convert_20160418155717.jpg

DSCF9792_convert_20160418155745.jpg

DSCF9794_convert_20160418155813.jpg

DSCF9797_convert_20160418155835.jpg

DSCF9799_convert_20160418155859.jpg

DSCF9800_convert_20160418155938.jpg

DSCF9801_convert_20160418160006.jpg

DSCF9802_convert_20160418160032.jpg

DSCF9803_convert_20160418160058.jpg

DSCF9804_convert_20160418160125.jpg

DSCF9805_convert_20160418160153.jpg

DSCF9807_convert_20160418160216.jpg

DSCF9810_convert_20160418160326.jpg

DSCF9811_convert_20160418160356.jpg

DSCF9812_convert_20160418160419.jpg

DSCF9813_convert_20160418160441.jpg

DSCF9817_convert_20160418160507.jpg

DSCF9819_convert_20160418160531.jpg

DSCF9822_convert_20160418160555.jpg

DSCF9824_convert_20160418160645.jpg

DSCF9828_convert_20160418160711.jpg

今日はこれでお終い。

台湾・龍洞クライミング(その1)

2016.04.10~15

行く前の天気予報は期間中毎日雨。
しかし出かける朝の天気予報は12日(火)のみ曇り・降水確率零%と出たが、
これではモチも上がらない。

4月10日(日)

宿泊地・基隆のホテルに17時30分に到着。
雨です。それほど強くは降っていません。

シャワーを浴びて夜店街に出かける。

DSCF9675_convert_20160416131440.jpg
雨も止んだ夜店街。   ホンマに賑わっていました。

今夜は露店でわけも分からないものを注文して夕食とする。
明日の天気も期待せずにおやすみなさいです。

4月11日(月):

DSCF9677_convert_20160416131524.jpg
朝食はバイキング。         

朝の散歩時は少し雨が降っていたが、
出かける時には止んでいた。

岩場はホテルからバスで4~50分のところにある。
昨年も基隆では降っていても岩場では止んでいる場合もあった。

ということでとにかく出かけてみることにする。
今日のエリアはSchool Gate。

DSCF9678_convert_20160416131604.jpg
もうすぐ岩場に到着。

DSCF9680_convert_20160416131628.jpg
「Oh ! 5.8」を登るKoji さん。

DSCF9681_convert_20160416131707.jpg
Nanoha Bab さんも一緒しました。      「Oh ! No ! 11c」をトライするKoji さん。

まるで日本の梅雨時みたいな天候で、いつ降ってきてもおかしくない状態である。

雨にやられないためにも、いきなり「OH ! No ! 11c」 にトライをしてみる。
が、核心部のホールド(ムーブ)がわからず、右のカンテを掴んでしまった。

これを使うと10c だそうだ。 まあ10cをMOS できたから良しとしよう。


DSCF9682_convert_20160416131727.jpg
「Oh !」の出だしを登るEi さん。

DSCF9686_convert_20160416131755.jpg
「Oh ! No !」をトライするInachy さん。

ここで雨が降り出してきた。すぐに本降りになった。
結局 「Oh ! No!」 はムーブも分からず仕舞いで本日のクライミングは終わってしまった。
まあ1本でも登れたから良し!

ホテルで濡れたガチャを干して明日に備える。

今日の夕食は去年行きたかった鉄板焼きにする。
ボリュームも有り、そして美味しかった。

DSCF9690_convert_20160416131821.jpg
鉄板焼き屋。

記録:
①「Oh ! No ! 11c」の10c バージョン MOS











台湾・龍洞クライミング(その2)

2016.04.10~15

4月12日(火):

今朝も散歩時はどんよりと曇っている。
しかし出発する8時ころには晴れてきてくれた。

DSCF9693_convert_20160416165813.jpg
アプローチ(その1)  バスを降りたところ。

DSCF9694_convert_20160416170400.jpg
アプローチ(その2)     海辺に向かって下りて行きます。

今日のクライミングエリアは「back Door」 である。

DSCF9696_convert_20160416170443.jpg
「Back Door」最左。      下降途中から

DSCF9697_convert_20160416170508.jpg
「Back Door」 中央壁。

DSCF9704_convert_20160416172820.jpg
「Harmit Crab 5.9」 を登り終えて下降する Inachy さん。

雨は心配しなくてもよさそうだが、やっぱり気になります。
ということで、アップなしで「Everyday’s Welfare 11a」 にトライする。

このルートは昨年我が会の若手・Kaka さん、TamTam君、Yousaku 君たちがRPしたルートだった気がする。
当時はまだまだ体調も悪くそれに挑戦する気がしなかった。
今回は何となく登って見ようと思えた。

下部は連日の雨のためか滑っている。
下部の核心部のムーブが分からず仕舞いでテンションをかけて上に進む。

上部核心部はヌンチャク掛けが核心のようだ。
ここはヌンチャクが掛かっておれば登れそう。

2~3テンでトッププアウトできた。

2回目のトライでRPできうれしかった。
天気もまあまあだったせいか下部の滑りもなくなっていた。
下部核心部は予定していたムーブ(左手ホールドを考えていたところを右手で掴んでしまったため)全く違うムーブで登ってしまった。
2度と同じムーブができるだろうか?

DSCF9715_convert_20160416170659.jpg
「Everyda's Welfere」を登るGramps。     上部核心部を過ぎたところ。

DSCF9701_convert_20160416170534.jpg
やりました!  ここまで登れるまで復活したのかとうれしいです。

これで調子に乗り過ぎて身体を壊さないようにしなくちゃ。
無理は禁物!


DSCF9703_convert_20160416170559.jpg
「Everyday's welfare」をトライするAlfonzo さん。

DSCF9732_convert_20160416170729.jpg
「Cowboy Arete 10a」を登るKoji さん。
 
DSCF9733_convert_20160416170756.jpg
「Cowboy Arete」 をトライする E i さん。

DSCF9735_convert_20160416170819.jpg
今日は天気も気持ちも良しでした。

記録:
①Everybody's Welfare 11a 2~3テン
②Everybody's Welfare 11a RP
③Cowboy Arete TR 回収 ノーテン


帰ってGW山行のため階段ボッカを25分して夕食に出かける。
台湾・龍洞クライミング(その3)

2016.04.10~15

4月13日(水):


散歩に出る前の5時半頃は雨も止んでいた。
が、散歩終わる頃の6時半ころにはまた降り出してきた。
NHKテレビの天気図を見ると日本の南側から延びる前線が台湾上空にかかったままになっている。
まるで日本の梅雨の状態だ。

DSCF9738_convert_20160418211319.jpg
朝食   一日の植物性を取る時間でもある。

それでもめげずに今日も45分バスに乗って出かけてみる。
バスを降りる頃には雨も止んで道路も乾いている。
淡い希望を抱いて岩場(Music Hall)に向かう。

DSCF9740_convert_20160418211348.jpg
往きのバスの中で。

DSCF9741_convert_20160418211418.jpg
今日の海辺。  白波が立っていました。

ミュージックホールに行くにはトラバース道がある。
濡れていたら荷物を背負っては少し不安もあるが、
幸い乾いていたのでほっとする。

DSCF9742_convert_20160418211445.jpg
トラバース中の仲間たち。

ここで龍洞(ロンドン)のクライミングエリアを紹介します。
全部で9つのエリアが海縁にあります。
丁度バス停1駅分です。

バス停・龍洞港を降りたところから、
①校門口(School Gate)、②鐘塔(Clocktower)、③長巷(Long Lane)、④音楽庁(Music Hall)、⑤大礼堂(Grand Auditorium)、
⑥第一洞(First Cave)、⑦第二洞(second Cave)、⑧黄金谷(Golden Valley)、⑨後門(Back Door)。
一つ先のバス停・佛祖廟からは⑨の後門、⑧の黄金谷へ降りれます。

DSCF9746_convert_20160418211549.jpg
Music Hall の前でBab さんと。

雲行きが怪しくなってきました。
急いで登ることに。
残念ながらアップで1本登ったころに降ってきました。

片付けを急いで、洞穴のエリア(第二洞)に転戦。
皆のモチは完全に下がってしまいました。

DSCF9748_convert_20160418211619.jpg
第二洞から除いた海。

それでもKoji さんは意気軒高とトラッドにトライの意志あり。

DSCF9750_convert_20160418211721.jpg
第二洞の中にあるトラッドルートをオブザベするKoji さん。

クラックの中も滑っていた。
昨年雨降りにトライしたときはほとんど濡れていなかった。
2本登って退散してきました。

帰りはゴールデンバレーを登ってバス停に。
今日はクライミングエリアをほぼ一回りしたことになる。

DSCF9751_convert_20160418211744.jpg
帰ってきました。ホテルのロビー。

記録:
Music Hall:
①Wedding Route 5.7 OS
第二洞:
②Box of Rain 5.8 TR ノーテン trad
③Grotto 10b TR ノーテン trad







台湾・龍洞クライミング(その4)

2016.04.10~15

4月14日(木)

DSCF9756_convert_20160419100131.jpg
朝食。     毎朝同じメニュー。

どうせ今日も雨だろうと1時間遅らせて出発予定にしたら、なんとと曇り!
今日のエリアは早く逃げれるようにと端っこのSchool Gate。

雨が心配なので登りたいルートもリード方式は諦めてトップロープにする。

今日の目標ルートは「Tigar's Tooth 」11b である。
先ずは隣の「Oh ! 5.8 」を登って、降りしなに「Tigar1s Tooth 」にトップロープをかけてくる。

「Oh !」をTRでEi さんに登ってもらった後、「Tiger!s Tooth 」にトップロープで取り付く。
なんとノーテンで登れてしまった。
トップロープオンサイト?だ。

登り終わった途端に降り出してきました。
今日も目一杯登れず。
でもTRだったが、11bをノーテンデ登れたので満足、まんぞくです。

帰還して、GW山行向けにボッカトレ。
からペットボトル9本に水を入れて体感20㎏でホテルの階段を1時間ボッカ。
汗びっしょりになりましたが、身体すっきりです。

DSCF9763_convert_20160419100234.jpg
夕食。
DSCF9764_convert_20160419100253.jpg

DSCF9757_convert_20160419100204.jpg
Hiromi さんと Nanoha Bab さん。

今日の記録:
①Oh ! 5.8 マスターノーテン
②Tigar's Tooth 11b TR ノーテン(初トライ)
 やっぱりマスターでリードすべきであった。

4月15日(金):

帰国日。のんびり帰国準備をして12時にホテルを後にする。
今度いつまた来れるのかなあ?
この地は雨がついてまわるようだ。

登った日4 日間で計9本で1日あたり2,5本。
本数は登れなかったが、
11a を2撃、11b をTRだったがノーテンデ登れたのでうれしい。









自転車・嵐山、背割堤・桜

2016.04.08

DSCF9638_convert_20160408141820.jpg
枝垂れ桜と渡月橋。

今週は桜鑑賞三昧でした。
3日:道場千苅花祭り、4日:京都植物園、5日:背割堤、6日:芦屋川、宝塚、8日:嵐山、背割堤と。

肩痛でクライミングもできないとこうなるんですね。
身体を動かしていないと死んでしまうタイプなのだと言われたことがある。

GW山行のトレを兼ねて嵐山へ行ってきました。

DSCF9625_convert_20160408141617.jpg
桂川左岸(JR鉄橋下シモ)の桜並木。
JR鉄橋上カミ も続いている結構長い桜並木でした。

DSCF9627_convert_20160408141642.jpg
桂川右岸から見た桜並木。
走りながら見る桜は疲れた体を癒してくれる。

DSCF9628_convert_20160408141705.jpg
かなり散っていますが、まだまだ見れます。

DSCF9633_convert_20160408141731.jpg
ゲートボールに興じる。
私もあと10年経ったらできるのだろうか?

家を出て1時間50分、やっと嵐山に到着しました。

DSCF9634_convert_20160408141753.jpg
嵐山サイクリングロード入口付近から見た桜。

DSCF9640_convert_20160408141847.jpg
Bab さんと枝垂れ桜&渡月橋。

DSCF9643_convert_20160408141947.jpg
インドネシア人にとって頂いた。
今日の?嵐山は外国人だらけみたい。

50分ほどゆっくりして帰路につきました。
気持ちがよかったです。

DSCF9648_convert_20160408142011.jpg
帰り道、水彩画で桜を描いておられました。

DSCF9650_convert_20160408142036.jpg
こんなところも走りました。
京都市消防局の脇か?

帰りがけに先日行った背割堤も覘いてみたくなりました。

DSCF9654_convert_20160408142115.jpg
ピンクのじゅうたんの背割堤周回道路。                宇治川側
昨日の雨でかなり散ったようです。  

DSCF9657_convert_20160408142142.jpg
木津川側の桜並木。
かなり散ってしまいましたが、まだまだ見れました。

DSCF9658_convert_20160408142221.jpg
今流行の中国スタイル?
今年は多く見ました。

DSCF9660_convert_20160408142249.jpg
かなり散っていますが・・・・

20分ほど休んで帰路につきました。
GW山行のトレーニングになったでしょうか?
本人はかなり疲れています。

記録:
自宅7:30→嵐山渡月橋9:20、10:10→八幡・背割堤11:20、11:40→自宅12:15

走行距離:58,8 km
走行時間:3 時間20 分
平均速度:17.5 km/H
芦屋川~宝塚・花見&ボッカトレ?

2016.04.06  単独

花見4連荘の今日は芦屋川沿い、風吹き岩、塩尾寺公園、宝塚の4か所で楽しめました。
今年は最高の花見年になりました。

花見4連荘(道場千苅、京都植物園、背割堤、芦屋川)

DSCF9557_convert_20160406210745.jpg
芦屋川の桜。

GW山行に向けてのトレで歩いてみました。
無理をしないで負荷は軽くして13.5kg(スタート時)、足回りはアイゼンを履かずにアプローチシューズでスタート。

DSCF9560_convert_20160406210822.jpg
滝見茶屋の滝。  いつの間にかシューズ洗いのたわしがありました。

ここから風吹き岩までが登りの核心か?
登りでしたら大腿四頭筋が痛い?
昨日の自転車乗りのせいだろうか?我慢して頑張る!

風吹き岩までの道にミツバツツジもさいていました。
芦屋浜も奇麗に見えました。
脚の疲れをわすれさせて繰れるひと時でした。

DSCF9561_convert_20160406210841.jpg

DSCF9563_convert_20160406210910.jpg
芦屋浜。中央稜から。

DSCF9564_convert_20160406210933.jpg
風吹き岩にも咲いていました。

DSCF9567_convert_20160406210958.jpg
風吹き岩にて。
芦屋浜もこの岩場に登らないとこの時期は見えなくなっていました。

ここからは傾斜もないので比較的楽に歩ける。
昔はこの先に水飲み場があったのでそこで休憩していたが、
廃止になったのでその先の尼が峠まで足を延ばす。

水飲み場跡から尼が峠までは急登なので、
しんどいがトレになると思い頑張る。

DSCF9569_convert_20160406211022.jpg
お二人の青年が休憩していました。
彼らは有馬まで行くとのこと。

次の休憩予定地は東おたふく山山頂だが、トレのため1時間は歩きたい。
東おたふく山で丁度15分しか経っていなかったので、石の宝殿まで行くことにする。

ここがこのルートの核心ピッチだろう。

DSCF9572_convert_20160406211044.jpg
隣の尾根に咲いたタムシバ。

石の宝殿には尼が峠から丁度1時間で到着しました。
しんどい登りであった。

DSCF9574_convert_20160406211105.jpg
石の宝殿にある観音像。

ここで大休止して昼食とする。
この後大平山下で休憩し、
塩尾寺公園まで歩く。

DSCF9578_convert_20160406211138.jpg
西宮市街地を望む。

DSCF9579_convert_20160406211202.jpg
塩尾寺公園の桜(その1)。
今日3 度目の桜。

DSCF9580_convert_20160406211224.jpg
塩尾寺公園の桜(その2)。

宝塚に着いたら、今日4 目の花見ができました。

DSCF9582_convert_20160406211244.jpg
宝塚駅前の桜。              S 字橋から

記録:

芦屋川8:40~滝の茶屋9:10、9:15~風吹き岩9:44、9:50~水飲み場跡10:19~尼が峠10:30、10:40~
東おたふく山10:56~石の宝殿11:42、11:59~大平山13:00、13:12~塩尾寺公園14:27、14:33~宝塚14:51

13,5kg負荷 アプローチシューズ 6時間11分


怪我後の実績:

15年2月24日: 6 ㎏: アプローチシューズ :5 時間44分: 単独
15年3月22日: 9 ㎏: アプローチシューズ :7 時間   : 一丸、布施、久松他
15年6月18日:                   :7 時間40分: 粕谷、松下
15年9月03日: 17 kg :アプローチシューズ :6 時間30分: 単独          雨
15年9月27日: 8 ㎏ :アプローチシューズ :6 時間14分: 単独 
自転車・背割り堤の桜

2016.04.05

今日は脚力トレを兼ねて背割り堤の桜を愛でに行ってきました。

DSCF9511_convert_20160405180008.jpg
満開です。

自転車で約10㎞走れば背割り堤です。
案の定、大賑わいでした。

DSCF9503_convert_20160405175902.jpg
大賑わいの背割り堤。

DSCF9504_convert_20160405175920.jpg
木津川側の河川敷。

DSCF9510_convert_20160405175944.jpg
宇治川。       残念ながら船がうまく撮れませんでした。

DSCF9500_convert_20160405175841.jpg
大道芸人もハッスルしていました。

DSCF9512_convert_20160405180029.jpg
Gramps。
肩を痛めてしまったので大事を取って今週はクライミングはお休みしています。

DSCF9515_convert_20160405180049.jpg
Bab さんもおつれしました。

DSCF9520_convert_20160405180110.jpg
木津川側の桜並木。

DSCF9524_convert_20160405180133.jpg
ベンチに腰掛けてのんびりと追悼集を読んでいました。

時間とともに上空の雲が取れ始め青空が出てきて、桜が映えてきました。

DSCF9533_convert_20160405180157.jpg

DSCF9536_convert_20160405180226.jpg

DSCF9551_convert_20160405180246.jpg

DSCF9554_convert_20160405180307.jpg
帰る頃には青空ばっちりになりました。

記録:

走行距離:21.1km
時間:   1時間19分
平均速度:15.9km/h
京都での飲み会&花見

2016.04.04

雨模様で花見は半分あきらめていましたが、昼から雨も上がり幸運でした。

飲む前に植物園で桜を愛でました。

DSCF9467_convert_20160405085649.jpg
立派な枝垂れ桜でした。

DSCF9470_convert_20160405085713.jpg
どこかの新婚さんと。
「新婚さんと桜を撮らせて下さい」と言ったら、
どう勘違いされたか「どうぞ、入って下さい」となって、ご一緒させていただきました。


これで10年寿命が延びたようです。

DSCF9472_convert_20160405085750.jpg
今日の飲みメンバー。

DSCF9478_convert_20160405085811.jpg
満開でした。

花見を終えて本番の飲み会に。

DSCF9495_convert_20160405085910.jpg
日本酒専門のお店です。
料理も美味しかったです。
後半は酔いもまわって何を食べたか覚えていません


DSCF9494_convert_20160405085841.jpg
飲んだお酒
お代わりするたびに徳利が違って出てきました。

飲み過ぎましたが、二日酔いはしませんでした。
飲み過ぎに注意!
大岩が岳&不動岩アイゼントレ

2016.04.03

DSCF9419_convert_20160404090310.jpg
道場駅前の桜も満開になりました。
今週木曜日花見なのだがどうでしょうか?

昨日に引き続きアイゼントレをしました。
大岩が岳へアイゼンボッカ?(16㎏)と不動に帰ってユマールを使っての練習をしました。

大岩が岳山頂まで上り下りがノンストップで歩けたのでリハビリとしては満足です。
そして岩登りも昨日より楽に登れたのでこれも満足しています。

特に3本目のディレティッシマの2つ目の核心部が(ユマールデですが)楽にスムーズに登れたことに大感激でした。

DSCF9420_convert_20160404090330.jpg
武庫川沿いの桜も満開です。

DSCF9422_convert_20160404090351.jpg
千苅ダム。  道場町桜まつり実行委員の方に無理を言ってポーズを取ってもらいました。最初に彼はカメラに向かってくれましたが・・・

DSCF9423_convert_20160404090412.jpg
大岩が岳山頂。
360度の展望が楽しめます。おにぎり1つと飲み物を飲んで下山しました。

DSCF9425_convert_20160404090434.jpg
ダム湖俯瞰。

下山中に福知山の山岳会の団体(中、知り合い2人)に久しぶりにお会いしました。

DSCF9426_convert_20160404090453.jpg
ミツバツツジもさいています。

下山して水道局の園内の桜まつりに寄ってきました。
園内の桜は全体的に7割方の」開花か?

DSCF9430_convert_20160404090513.jpg
園内の桜(1)

DSCF9431_convert_20160404090534.jpg
園内の桜(2)。

DSCF9433_convert_20160404090556.jpg
園内の桜(3)。

見終わって不動岩に向かう。
不動岩取り付きまでの登りが一番きつかった。

DSCF9434_convert_20160404090617.jpg
不動岩中央稜正面岩。
今日も空いていました。2パーティー4人でした。

ここで残りのおにぎり2個を食べ、ひよ子さんとNanoha Bab さんのお参りに。

DSCF9436_convert_20160404090646.jpg
小熊物語をトライするFumi さん。

DSCF9439_convert_20160404090710.jpg
Nanoha Bab さん。
Bab さんの前のツツジは依然つぼみのままです。

東壁もぽっぽ会だけで独占でした。
今日はアルパインの練習。

DSCF9441_convert_20160404090736.jpg
砂かぶりを登るKaori さん。   ビレーヤーは牧師。

DSCF9442_convert_20160404090758.jpg
Shokuda 、Segrho 、きくパーティー。

DSCF9444_convert_20160404090824.jpg
フォローの牧師。

DSCF9448_convert_20160404090900.jpg
余裕を持ってリードするSegrho 君

DSCF9451_convert_20160404091103.jpg
続いてフォーローするは新人のきくさん。
中級に行けなかったので会で特訓。担当はShokuda 君、Segrho 君。

DSCF9455_convert_20160404091129.jpg
パーティーリーダーのShokuda 君。

DSCF9456_convert_20160404091158.jpg
リードするかつ君。

一方中央稜正面ではフリークライミングをするメンバーも。

DSCF9460_convert_20160404091225.jpg
タイコをトライするひよこさん。
まだリハビリ中です。

お先に下山して、お先に一杯やりながら皆さんを待つ。

DSCF9464_convert_20160404091302.jpg
例によって反省会を。

DSCF9466_convert_20160404091325.jpg
お別れプレゼントされた傘で・・・

記録:
登山口9:45~山頂10:46、58~下山口10:45 (16kg、アイゼン)

①ワンポイントハング
②砂かぶり
③中央からディレティシマ2番目の核心部~3級ノーマルルート終了点


Mototoro さんはアイゼンで大岩が岳往復~不動山頂往復で白馬主稜、北鎌尾根の練習をしていました。
私はアイゼンこれで30本になりましたが、集中してやっていないのであきません。GW50本は難しくなってきました。

他のメンバーの動向:
高松の紅峰の岩場:あわじ牛一家
中級:Twin Bro 、2yhs 、ミオ、Kei 、Sachinne






アイゼントレ・不動岩

2016.04.02

道場駅前も桜が満開です。
例年大阪より少し遅れて咲くのだが今年は同時期に咲きました。
恒例の千刈桜祭りも今年はぴったりマッチしてよかった。

残念ながらカメラを忘れたので満開の桜も撮れませんでした。

今日はひとり練習です。
他の人は中級初日に参加で4名。蓬莱峡でアイゼントレに2名。その他は?

なぜか不動も静かな日でした。
中央稜正面は2パーティー5名、東壁正面も私を含めて2パーティー4名だけでした。

先ずはNanohaBab さんの花を取りかえご冥福をお祈りする。
残念ながらミツバツツジは今日も咲いていませんでした。
Bab さんもお亡くなりになってもうすぐ2年、早いものですね。

アイゼントレ:
アイゼントレは2月6日以来の2か月ぶりである。

東壁にフィックスロープを張ってユマールで練習をする。
①東壁中央右
②ワンポイントハング
③砂かぶり


知り合いのもう1パーティーがこれで終了するということなので、
一人練習は避けこれで終了しました。

中央稜正面のパーティーは未だ登っていたので、
ここから道路までの登下降ルートを3往復ボッカして今日の練習を終了しました。
それにしても暑かった。

大北に寄ってお酒をいただき帰宅しました。