FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

自転車・背割り堤1周

2015.06.08

今日の天気予報は13時ころから雨。
雨が降るまでということでクライミングに誘われていた。
6時前の朝の散歩時に落ちて来たので参加を取りやめました。

散歩から帰って、
7時前の天気予報はそれより早くなって11時ころから降り出すかもでした。

DSCF5217_convert_20150608161906.jpg
淀川のサイクリングロード

それじゃ今から自転車で1時間くらい走ってみよう。
三川合流(桂川、宇治川、木津川)近くの背割堤1周コースに行くことにして、
早速出発。

背割りまで向かい風で30分強かかりました。

DSCF5218_convert_20150608161928.jpg
背割堤の桜並木(宇治川の橋の上から)

DSCF5221_convert_20150608161949.jpg
宇治川と木津川に挟まれた背割堤と桜並木
この背割堤の周りに周回コースがあります。

記録:背割り堤1周
走行距離:20㎞
所要時間:1時間05分
平均速度:18.6㎞/h




スポンサーサイト



中級登山学校補講その3
                       自治会・草刈、山岳会・クリーンハイク
2015.06.07

今日は自治会の草刈と毎年恒例の山岳会のクリーンハイク(清掃登山)が重なってしまった。

DSCF5196_convert_20150608141605.jpg
草刈の7説明会

去年、今年と自治会の役員なので、
今朝は公園の草刈に参加して時間があればクリーンハイクに参加することにした。

DSCF5198_convert_20150608141629.jpg
公園の草取り風景

草取りは腰が痛くなるので大変でした。

草取りが済んでクリーンハイクの現場に向かうも、既に終わってみなさん昼食、団欒をしていました。
毎年6月の第1日曜日に行われるクリーンハイク。
当初はかなりゴミが見受けられたが、年々少なくなってきました。

日本人のマナーも年々向上してきていることが分かります。

DSCF5199_convert_20150608141658.jpg  DSCF5200_convert_20150608141721.jpg
お弁当を広げて美味しそう。

終わって、ぽっぽ会は懸垂下降訓練・検定、事故脱出基礎、アルパイントレ、中級補講と別れて練習をしました。

DSCF5202_convert_20150608141744.jpg
懸垂下降検定を受けるAmy ちゃん

DSCF5203_convert_20150608141806.jpg
自己脱出基礎の一時停止練習の2Yhs 君

DSCF5206_convert_20150608141832.jpg
「フリーもそこそこ登れるようになったのでアルパインも合わせてやっていきたい」と抱負を語るBig Mouth 君

一方東壁では、アルパイントレに励んでいます。

DSCF5213_convert_20150608141936.jpg
アルパイントレに励む今年の中級スタッフのMiwmiw さんとIij さん。

中級補講組・Yuko さんとGrampsは:
下降路の登下降、懸垂2ピッチ、トップロープ2回、ロワーダウン2回、最後に2ピッチ登攀で補講3を終了しました。

最後にNanoaBab さんに今日も無事故を報告とお礼をしました。

DSCF5209_convert_20150608141913.jpg
どなたかがお花をお供えしてくれてました。
ありがとうございました。

今日はカメラを持参して登っていなかったので、他の会員の練習風景が撮れませんでした。残念!



ボッカハイキング(天王山)

2015.06.06

DSCF5172_convert_20150608120646.jpg
天王山ハイキング道の入口の一つ
いきなり急勾配が始まる。

2日クライミングが続いたので、今日は休養日。
午前中用事を済ませ、
昼からリハビリを兼ねて夏山に向けて体力アップをしなくてはと心のどこかで焦っている。

事故後初めて20㎏を背負って出かけてみる。

目標は山崎聖天~天王山~小倉神社往復だが、
無理をしないように、厳しかったら途中で引き返すことにする。

DSCF5175_convert_20150608120708.jpg
秀吉旗立松付近に咲いていたつつじ

連日の暑さから一転爽やかな日である。
視程も良さそうだ。

DSCF5177_convert_20150608120730.jpg
第1展望所から眺めた長岡京市~京都方面
視程が良く、遠くまで見渡せた。

第1展望所から山頂までは、15分くらいで行ける。

DSCF5178_convert_20150608120751.jpg
天王山山頂

DSCF5180_convert_20150608120812.jpg
秀吉と千利休
堺屋太一の説明の陶板絵図

10分ほど休憩して、小倉神社に向かおうかどうか思案したが、
下って登り返しは今の身体では厳しそうなので、
小倉神社への分岐までの稜線歩きをして引き返すことにする。

途中トレイルから少し離れて第2展望所に行ってみる。

DSCF5183_convert_20150608120832.jpg
第2展望所からの眺望。京都方面
眺望抜群でした。

DSCF5185_convert_20150608120858.jpg
遠く京都タワーも見えました(18倍ズームで)

樹間からの木漏れ日を受けながらの稜線歩きは爽やかで気持ちが良い。
展望所から10分足らずで、小倉神社への分岐点に到着。

DSCF5186_convert_20150608120918.jpg
分岐点に作られたテーブル&椅子

休憩後、小倉神社に下りたかったが無理をしないで引き返すことにする。
天王山山頂を通り越し、十七烈伝のお墓に寄ってみる。

禁門の変:長州藩が当地を押さえた上で京都御所へ進撃するが、
結果的に敗走し、参陣していた真木保臣ら十七烈士は当地で自刃した。

DSCF5190_convert_20150608120941.jpg
十七烈伝のお墓
最近、立石 優著 久坂玄瑞を読んだばかりで興味をひかれた。

鳥居を背に旗立松付近からの眺望もよい。

DSCF5194_convert_20150608121012.jpg
八幡方面が良く見える。

記録:
山崎聖天13:45~第1展望所14:03~天王山山頂14:17、14:26~第2展望所14:47、14:50~
小倉神社への分岐14:57、15:08~山崎聖天15:59


所要時間:2時間23分
20kgボッカ