大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

タイ・プラナン    リゾートクライミング(その1)

2015.01.23

日程:2015.01.22~02.02
参加者:えい、Mym、Sono、Hiro、Gramps


DSCF4269_convert_20150203121516.jpg
ライレイビーチ

昨深夜関空発で、23日10時過ぎにホテルに到着。

DSCF4263_convert_20150203121356.jpg
深夜機内で出た軽食
機内食は3回出る。関空を出て直ぐ、バンコク到着前に、そして乗り換えて直ぐと

DSCF4265_convert_20150203121455.jpg
バンコク空港のトイレ

関空23日0:30→バンコク 05:00 (現地時間)、08:00→クラビ 09:20。 時差2時間

11時半クライミングに向かう。
今回も昨年同様にダイヤモンドケープへ行くことにする。

DSCF4275_convert_20150203121545.jpg
ダイヤモンドケーブで登るSono ちゃん、ビレーはHiro さん

船代は昨年と同じ値段の100バーツ。
だが円安で100円くらい値上がりした勘定である。

DSCF4273_convert_20150203121606.jpg
去年もいたが、流石に登るのはうまいもんだ

DSCF4274_convert_20150203121627.jpg
突然地上に降りてきてMym さんのバナナを失敬して・・・
去年はMym さんが登っていたら、集団で寄って来て威嚇された。ご難続きのMymさん

今日登ったルートは:

1)⑨Keep The Jam Man 6a

2)⑦番の途中から左上 6b?

3)⑪Oil Friends 6b

オールトップロープであるが何とかノーテンで登れた。

⑪は09年にOSしているが、今の私の状態ではリードは厳しく感じた。

DSCF4279_convert_20150203121650.jpg
Keep The Jam Man を登るHiro さん

DSCF4284_convert_20150203121744.jpg
Oil Friend を登るMym さん

DSCF4281_convert_20150203121712.jpg
トップロープで楽しむGramps

今日はこれまでで、
すぐ脇にレストランができたのでここでビールを飲んで帰る。(シンガビアー80b)

DSCF4285_convert_20150203121812.jpg
出来立てのレストランで登る人を眺めながらビールで乾杯。

帰りの船の上で感じたこと「何年もプラナンに来ているが、
今年はなぜか例年と感じが違う。

DSCF4288_convert_20150203121836.jpg
帰り船

覚めているわけではないが、いつものあの高揚感がない。

リードができないためであろうか?それともほかに?
クライミングそのものは楽しく登れているのに、
なぜか少し違う。その少しとは一体何だろうか?わからない。

今夕はあの屋台に食を求めたが、
いつも通いなれたあの屋台がどこにも見当たらない。

そういえば昨年はずいぶん上のほうに追いやられていた。

とうとう今年は追い出されてしまったのだろうか?
安くてうまい焼きそば、焼き飯・・・
そしてコンビニで買ったビールで乾杯もできなくなってしまった。

DSCF4292_convert_20150203121905.jpg
ホテル前のレストランでの夕食

ということで、ホテルの前のレストランで済ます。
ここもおいしい料理が食べれたので満足。

両替:2万円⇒5406B B=3.699円
船台:200B、夕食代=270B

DSCF4295_convert_20150203121932.jpg
Hiromi & NanohaBab の遺影とともに  at Ei room
スポンサーサイト
タイ・プラナン    リゾートクライミング(その2)

2015.01.24

朝5時半に起きて体操、散歩の予定が起きれずに6時半までベッドに横になっていた。
朝食を7時に取って、8時15分出発。

DSCF4296_convert_20150203212505.jpg
出発前のアオナン・ビーチ
毎朝アオナン・ビーチから船で目的のビーチへ。今日はライレイ・ビーチへ向かう

今日のエリアは「タイワンドウォール」
これも昨年と同じスケジュールであった。

DSCF4298_convert_20150203212543.jpg
今日行くタイワンド・ウォール   船上から

このエリヤは1日中日陰で風が吹いているので涼しい。
風が吹くと砂埃が立って悩まされてたが、
昨年、今年も砂埃は舞わずに居心地がよくなった。

Babさんの散骨をした。Babさんも皆と来ているのだ。

DSCF4300_convert_20150203212609.jpg
Mala Mujer 6b 30m を登るEi さん

登ったルート: (オールトップロープ)

1)⑥Monky Love 6b 25m  ノーテン
  少し厳しく感じた

DSCF4302_convert_20150203212633.jpg
Monky Love 6b 25m を登る Mym さん

2)⑩Mala Mujer 6b 30m ノーテン
  初トライ

DSCF4309_convert_20150203212720.jpg
Organ Grinder 6c を登る Hiro さん
Hiro さんはマスターで登ったが、残念ながら最後でテンションがかかってしまった。
それにしても最初のトラバースのムーブがきちっと決まっていた。
さすがである。


DSCF4307_convert_20150203212855.jpg
Hiro さんをビレーするSono ちゃん

DSCF4303_convert_20150203212815.jpg
タイワンドウォールから俯瞰したライレイ湾

3)②Organ Grinder 6c ノーテン
  今の体でノーテンで登れたことを褒めてやりたい。うれしかった。

DSCF4315_convert_20150203212748.jpg
トップロープとはいえこの身体で6c をノーテンで登れてたのはうれしかった。
 
この後、Wee's Present Wall へ移動する。
1)⑧Hello Christine 6a+ 20m

DSCF4320_convert_20150203212920.jpg
Hello Christine 6a+ 20m を登るHiro さん

Mymさんは果敢にShit Rest Day 7a+ 25m をトライしていた。

DSCF4321_convert_20150203212947.jpg
ライレイビーチ

今日の夕食は屋台風のレストランがあるということで出かけてみたが、
美味しさイマイチ、価格高いで、2度といかない。

終わってタイマサージを受ける。
男性でやたらときついだけ。まだ初心者のようだ。(200B)

船台(往復):200B、夕食:330B
タイ・プラナン     リゾートクライミング(その3)

2015.01.25

今朝は5時半起床。腰痛体操をして、6時過ぎにホテルを出て浜辺に向かう。

やっぱり朝の散歩は気持ちがよい。夜明けの浜辺にはジョッギングする人や、散歩する人が適当にいる。
間もなく夜明ける浜辺はの景色は見た人でないと分からない美しさである。

DSCF4323_convert_20150204185249.jpg
夜明け前のアオナン・ビーチ
今年からライトが点灯され明るくなりました

DSCF4325_convert_20150204185318.jpg
今日も船に乗って出かける

朝食後、いつものように船に乗って岩場へ。
なぜか今日も昨年と同じスケジュールでEsher Wall へ。

DSCF4328_convert_20150204185349.jpg
プラナン・プライベートビーチとハッピーアイランド
干潮時は歩いて渡れる(写真は干潮になりつつある)。
ハッピーアイランドも楽しいルートがある。


DSCF4329_convert_20150204185536.jpg
今日のクライミングエリア・Esher Wall
左の洞窟は昨日のタイワンドウォールに繋がっている。
洞窟探検も面白い


今日はなぜかそんなに登る気がしない。

Hiro 、Mymさんはアップに⑩Long Doo 5 12m を登る。

Sonoちゃんは①Best Route in Minnesota 6c を登る。
そこへ帰ってきたHiro さんが今日の課題 Minnesota にトライ。

ハング越でテンション。その上のフェースは怖い怖いのテンション。
もう登らないといいつつ降りてくる。

DSCF4331_convert_20150204185605.jpg
ミネソタ 6c をトライする Hiro さん

そのあとトップロープで登らせてもらう。
このルートは5年ぶり。ハングが登れず。
過去MOSを含めて3回登っているがテンションなしなのに悔しい。

不動の小熊、ワンマンショー、タイコといずれも11台のハングが今の私には超えれない。
ここもやっぱり駄目でした。

この後 Mymさんがトライ。ハング越でテンション。
あとはスムーズに登り切った。

DSCF4341_convert_20150204185640.jpg
同じくミネソタ 6c を登る Mym さん

もう登らないと言っていた Hiro さんが再チャレンジ。
「芹谷の舞姫の再来ですよ」と激励する。

舞姫も1回目はハチャメチャであったが、2回目はばっちりRPしました。
Minnesota もまったく同じように登ってしまったのだ。
それにしてもあんなに長レストできるものだと感心。

今日はこれでおしまい。

登ったルート:
1)Best Route in Minnesota 6c 25m

DSCF4343_convert_20150204185728.jpg
One Two Three エリア のそばでビールを飲んでリラックスムード

One Two Three エリア のそばでビールを飲んでリラックスした後、3時半に帰還。
5時半の夕食までシャワー、洗濯そして熱燗の日本酒を飲んだりして過ごす。

DSCF4345_convert_20150204185809.jpg
日中のアオナン通り

夕食はホテルの前のレストランで済まして、今日もマッサージをしてもらう。

疲れていたのか、横になって本を読んでいたがいつのまにか眠ってしまったようだ。


タイ・プラナン>      リゾートクライミング(その4)

2015.01.26

朝5時半起床。軽い体操をして浜辺に。
昨日は反往復しかできなかったが、今朝は時間が許したので1往復できた。

今日はレスト日。
Sonoちゃん、Ei さんはカヤックを借りて潜りに出かける。

今のところHiro さん、Mym さんは部屋でリラックスしているようだ。

私は3日分の記録を書き終えたところ。
今から本を読んだり、少し水に浸かりに行こうかと考えているところである。

Mym さんが屋台を見つけてきたので、Hiro さんと3人で昼食に行ってみる。
あの例の美味しい屋台のご夫婦はいなかった。

本を読んでいたら1時間ほど眠っていた。

DSCF4346_convert_20150205115631.jpg
部屋で一休み。カヤックで適度の疲労か?気持ちよさそう!

14:30 カヤックに出かけていた2人が帰ってきた。
楽しかったようだ。カヤック半日で 600B だそうだ。
タイ・プラナン     リゾートクライミング(その5)

2015.01.27

起床して体操後、海岸を散歩して朝食を取り今日のエリア・Hidden World に向かう。

DSCF4347_convert_20150205150514.jpg
ホテルから船着き場への通り

DSCF4348_convert_20150205150605.jpg
今日も通い船で向かう
前列のお二人はChineseの家族連れ。
今年は中国の家族旅行の方を良く見かけるようになりました

DSCF4351_convert_20150205150737.jpg
ライレイビーチにて

DSCF4350_convert_20150205150640.jpg
小さなカニが作った紋様
砂の粒子がすごく細かい

最近は身体の都合でトップロープしかできず、
厳しいところや新規ルート等を積極的に登れない。

Sono ちゃんはBanana Ship 7b+をトライするために、
隣のRed dwarf を登ってヌンチャク掛けをする。

DSCF4353_convert_20150205150918.jpg
Red Dwarf 7a を登るSonoちゃん

私はそのRed Dwarf はワンテン地獄にはまっている。
(10年に4回トライ、11年に2回、13年にTRで1回トライしている)

DSCF4354_convert_20150205150951.jpg
Head Gone Ape 6b をアップで登るHiro さん

Sonoちゃんのビレイをし終えて、head Gone Ape 6b をTR で登るも、
「こんなに難しかったかな」と感じる今日この頃である。

DSCF4356_convert_20150205151027.jpg
Red Dwarf 7a の核心部をトライするHiro さん
Hiro さんほどの実力ある人は最初からリードで登って欲しかった。

トップロープ状態のRed Dwarf をMym さん、Hiro さんが登った後にトライさせてもらう。

DSCF4359_convert_20150205151112.jpg
Red Dwarf の上部を登るMym さん

核心部は全く歯が立たない。
以前とは相当登攀力が落ちている。致し方ないことだが空しさを感じる。

Sonoちゃんは、隣の7b+をトライ。
彼も以前より相当登攀力が落ちてるようで、トップアウトができないようだ。

我々3人は再度Red Dwarf にTR で挑戦。
Hiro さんは核心部だけを何回も、なんかいもトライしてムーブをおこし、そしてできた。
次はリードでRPに自信をつけたようだ。
私はそこが登れなくてもとにかく上に抜けて、1回挑戦したと数えるようにしている。

RPする方法にはいろんなやり方があるんだなと感じました。

DSCF4360_convert_20150205151145.jpg
Red Dwarf の下部を登るEi さん

このルート3回目のトライに今度はMym さんがリードでチャレンジ。

5ピン目をかけようとロープを手繰り寄せた瞬間フォール(2:00頃)。
で今日のクライミングはここまでになりました。

1)右足首周辺を添え木とテーピングテープで固定。と同時に下降路を工作。
2)ヌンチャク等を回収
3)船をチャーターしてアオナン海岸へ
4)アオナン海岸からホテルまでTukTukuで運ぶ。
5)ホテルからオーナーに病院まで送ってもらう。(病院到着5:00)
6)レントゲン検査で2か所骨折が判明
7)今夜9:00手術(その前にCTを念のため撮る)
8)術後処理で午前2:00までかかる。(Ei さん、Hiro さんに泊まってもらう)
タイ・プラナン    リゾートクライミング(その6)

2015.01.28
2015.01.29


28日、今日は緊急にレスト日に変更。
朝から病院へ。いろいろ手続き等打ち合わせて帰還。

DSCF4361_convert_20150208080308.jpg
手術後

DSCF4362_convert_20150205180440.jpg
何年も通いなれたこの屋台
やっと見つけました。

29日、今日も岩登りをやめて、病院に向かう。

DSCF4364_convert_20150205180517.jpg
朝食(バイキングです)

DSCF4365_convert_20150205180600.jpg
TukTukで病院に向かう(途中で普通車に)

DSCF4366_convert_20150208080819.jpg
包帯交換

DSCF4367_convert_20150208080410.jpg
手術と固定

病院での出来事、および今後の対策

1)タイ航空東京事務所に電話を入れて、国内、国際線とも車椅子が利用できるように依頼する。
  東京事務所からタイ航空にコンタクトを取ってもらう。
  その結果を明日再度こちらから電話でお聞きする。

2)治療費:一昨日の見積もり額・・・・より大幅にアップの話が出る。理由は外側の固定プラントが大幅に加算されたから。

  先方の話では当初見積もり額(最大見積額)の2,1倍になる。
  とても払える金額ではないと返答。

3)ドクターが来診に来て、固定器具の材質を変えてコストダウンをしてみると(チタンからステンレスに)。
  明日血液流しの管を取り外し、松葉つえで歩けるようにする。
  2月1日の退院はOK

4)我々の語学力では細部にわたっての交渉が難しいので、
 東京の専門機関にお願いして、価格交渉をしてもらうように依頼。
  やっていただけるか、返事待ち。

註:日本の医療機関ならば医療費は信じて?支払するが、当地は信用できるか疑問である。
  :デポジット(供託金?)はEi、Hiro、Gramps の3人で支払う。

DSCF4368_convert_20150205180741.jpg
夕食時 Ei さんはビールの代わりにこれを飲む
今日は早めに帰ってきて早めの夕食でした。



タイ・プラナン    リゾートクライミング(その7)

2015.01.30

今日は一段落したので岩場に行くことにする。

DSCF4371_convert_20150207125909.jpg
今日はトンサイエリアに行ってみる

DSCF4370_convert_20150207125842.jpg

トンサイ、ワイルドキングダムを予定していたが、
曇っていて日差しがなかったので、ファイアーウォールに変更。

DSCF4372_convert_20150207125939.jpg
ファイアーウォール・The Groove Tube 6a 25m の終了点から見下ろす。

先ずは、⑭The Groove Tube 6a 25m をSono ちゃんがリード。
次にHiroさんがTRで登りかけたが、体調不良を訴えて断念。

どうしたのかな?一昨夜の付き添いによる疲労か?
続いてTRで、Gramps、Ei さんが登る。

DSCF4373_convert_20150207130008.jpg
The Groove Tube 6a 25m 終了点から俯瞰したトンサイ、ダムズキッチンエリア

やさしいルートであったが面白い。

DSCF4375_convert_20150207130040.jpg
曇空と晴れ間の境界

曇っていた空も一変、かんかん照りになってきた。
エリアを変えてワイルドキングダムへ。

DSCF4377_convert_20150207130111.jpg

Hro さん依然調子が悪そうなので、
それに全員なんとなく登る気がしない。
みんなMym さんのことが気になっているのだ。

それで、今日は岩場めぐりに変更。

この後トンサイエリアへ。

DSCF4378_convert_20150207130142.jpg
トンサイエリア

Sono ちゃん、Grampsはビールを少し飲んで休憩。
そしてダムズキッチンを見て丘越えでライレイへ。

DSCF4381_convert_20150207130208.jpg
ダムズキッチンのThe Lion King 6c+

この丘越の道、トラバースルートができ、整理されていて随分楽になった。

DSCF4384_convert_20150207130239.jpg
ライレイビーチ①

DSCF4386_convert_20150207130306.jpg
ライレイビーチ②

ライレイのお店でビールを飲みながら昼食。

ホテルに帰ってMym さんに関して以下のことが進展した。

1)タイ航空との交渉で車椅子の予約が取れた。
3時間前にクラビのチェックインカウンターに行ってリコンファームのこと。
(実際は車いすは座席までで、2座席分提供してくれていました)

2)21時、海外医療情報センターと連絡が取れ、
明日先方のバンコク支社より電話で交渉してもらえる(医療費)

3)Mym さんに診断書、領収書、レセプト(rezept)をもらうようテレにて再確認。
  
4)外側の固定金具の」材質変更(チタン→SSに)作業を明日行う。(価格減少)

5)以上Mym さんに連絡済

DSCF4397_convert_20150207130335.jpg
Hiromi さん、Bab さんの遺影にお参り
タイ・プラナン    リゾートクライミング(その8・最終)

2015.01.31~02.02


DSCF4398_convert_20150207220403.jpg
今回最後の散歩(2月1日6時半のアオナン海岸)

1月31日

今日も岩場行きは中止して午後から病院に出かける。

診断書、レセプト(rezept)らしき物をもらう。

レセプト(rezept)明日10時までに医者に書いてもらう。

明日(2/1)は病院の玄関まで車椅子。

そこからクラビ空港までtaxi.。クラビ空港から関空までは車椅子。
日本での病院手配:mym さんから家族に連絡してもらい確保。

最後の晩餐はMymさんがいなく淋しい。

明日は15:30ホテルを出て病院でMymさんをピックアップして空港へ。

02月01日

15:00ホテルのオーナーも病院は一緒に来てくれました。

病院で治療費最後の交渉を終えて、空港に向かう。

DSCF4401_convert_20150207220433.jpg
機内のMym さん

DSCF4402_convert_20150207220501.jpg
トランジットは特殊車で移動(バンコク)

DSCF4403_convert_20150207220526.jpg
特殊車外観

2月2日早朝、関空に何とか到着しました。

Mym さんの一日でも早い回復をお祈りします。


烏帽子岩&退院祝い

2015.01.21

今日の烏帽子は空いていました。
相変わらずにトップロープでリハビリに励んでいます。

DSCF4227_convert_20150122151637.jpg
ハーフ&ハーフのKN さん

DSCF4230_convert_20150122151656.jpg
「いないないばあ」のTN さん

DSCF4246_convert_20150122151726.jpg
屋根の上のバイオリン弾きのHG さん
残念ながらRP を逃しました

DSCF4247_convert_20150122151752.jpg
「寄ってらっしゃい」下部の杉山
左足が上がりました。絶対に上がらないと思っていた足が上がりスタンスに届きました。
少しは戻ってきているのだなあ!うれしい

継続的にリハビリやってれば、少しづつ戻ってくるのだなあ


この後上の核心部は割愛して、屋根の上のヴァイオリン弾きを登りました

DSCF4254_convert_20150122151818.jpg
寄ってらしゃいから屋根の上のヴァイオリン弾きにつなげるS さん
DSCF4260_convert_20150122151849.jpg
HiromiとBab さんの蝋梅も芽吹き始めました

この後大北商店前で一杯やって、カツオ君の退院祝いに出かける。

DSCF4261_convert_20150122151919.jpgDSCF4262_convert_20150122152012.jpg
かつお君の退院祝い

登ったルート:オールトップロープ
1)ハーフ&ハーフ
2)ゴールドフィンガー
3)いないないバア
4)サピエンス
5)屋根の上のヴァイオリン弾き

今日はテンションなしで登れました

明日から保養がてらプラナンに行ってきます!



太閤道・アイゼン

2015.01.20

リハビリの一環として足腰の強化をしようといろいろ考えています。
まだ完治していないので、今日は空身でアイゼンを履いて歩いてみました。

DSCF4214_convert_20150120175536.jpg
若山神社への階段
約200段あるので今の私のリハビリには役立つでしょう。

若山神社でアイゼンをつけて、太閤道の稜線へ向かう。

DSCF4215_convert_20150120175607.jpg
若山神社
向こう側が本殿、手前は稲荷大社

DSCF4217_convert_20150120175632.jpg
太閤道沿いあるゴルフ場
今日も静かなゴルフ場でした。
下山時に1組のゴルファーが楽しんでいました。


DSCF4220_convert_20150120175930.jpg
三川合流の見える展望地
桂川、宇治川、木津川の三川と男山

登り始めて約1時間で展望地に到着しました。
ここで景色を楽しみながらお茶休憩20分

DSCF4223_convert_20150120180013.jpg
若山神社に帰って来ました
下山は約45分かかりました。

記録
自宅13:00→若山神社入り口13:40~若山神社13:27、13:33~三川合流展望地14:14、14:32~神社15:08、15:12~
神社入り口15:19→自宅15:35
新人講習&体験会  不動岩

2015.01.18

参加者:10名+体験者1名

今日は新人2名と体験者1名で不動岩・東壁で実施。

DSCF4200_convert_20150119210401.jpg
大テラスでの準備

DSCF4202_convert_20150119210421.jpg
懸垂シミュレーション

DSCF4203_convert_20150119210656.jpg
こちらは体験クライミングの準備

DSCF4204_convert_20150119210721.jpg
懸垂下降練習と体験クライミング打ち合わせ

私のパーティーはポイ君、新人の2mamas 君と3人ででした。

DSCF4205_convert_20150119210742.jpg
クラックルート手前をリードするポイ君

DSCF4206_convert_20150119210808.jpg
ポイ君を確保する新人・2mamas君

DSCF4207_convert_20150119210834.jpg
菱形ハングをリードするポイ君と確保する2mamas 君

DSCF4209_convert_20150119210900.jpg
菱形ハングをフォローする2Mamas 君

DSCF4210_convert_20150119210925.jpg
菱形ハングの下降路をリードしながら下りる2Mamas 君

今回はポイパーティーで行動したため、
他パーティーの動きが撮れていないことをお詫びします。


今日は自治会の運営委員会があるため、お先に下山しました。

DSCF4212_convert_20150119210954.jpg
大北商店前で

一足お先下山組と10分間の待ち時間で1パイ飲んで車中の人になりました

今日登ったルート:

1)東壁クラックルート(フォロー)
2)菱形ハング(フォロー)
3)リトルボーイ(トップロープ)
懸垂下降訓練&新人講習

2015.01.17

ぽっぽ会の懸垂下降の訓練と新人の講習を櫓を使って実施しました。
参加者は17名でした。

新人向けには:
 1)登攀システム
 2)事故脱出
 3)懸垂下降
 4)支点構築


新人以外の訓練は:>
 1)懸垂時のすっぽ抜け体験(シングルロープのロープ振り分けミス)

2)確保木セットミス(2本のロープを結んだ時の1本は末端をセット。ロープを懸垂器具に1本のみセット)

 3)カウンター懸垂(末端結び目を確保器に当てる。ハーネスのロープをを解かずにカウンター懸垂)

 4)確保器セルフロック解除

 5)3分の1引き上げシステム

 6)結び目通過(マリナーヒッチ、細引き切断、プルージック登り返し

7)フリー終了点(リング)でのロープ結び替え
 
8)トップ墜落セカンドの引き込まれからの脱出
 
9)懸垂下降の確保器代用

10)ロープと細引き でシングルロープの懸垂&回収

11)ロープ風呂敷
     

 1)懸垂時のすっぽ抜け体験(シングルロープのロープ振り分けミス)
DSCF4192_convert_20150117224408.jpg
すっぽ抜け体験

 2)確保木セットミス(2本のロープを結んだ時の1本は末端をセット。ロープを懸垂器具に1本のみセット)
DSCF4194_convert_20150117224434.jpg
確保器セットミス体験

 3)カウンター懸垂(末端結び目を確保器に当てる。ハーネスのロープをを解かずにカウンター懸垂)
DSCF4189_convert_20150117224341.jpg
カウンター懸垂①

DSCF4196_convert_20150117224515.jpg
カウンター懸垂②

 4)確保器セルフロック解除

 5)3分の1引き上げシステム
DSCF4187_convert_20150117224320.jpg
3分の1引き上げシステム

 6)結び目通過(マリナーヒッチ、細引き切断、プルージック登り返し
DSCF4197_convert_20150117224539.jpg
結び目通過

7)フリー終了点(リング)でのロープ結び替え
 
8)トップ墜落セカンドの引き込まれからの脱出
 
9)懸垂下降の確保器代用

10)ロープと細引きでシングルロープの懸垂&回収
  
DSCF4195_convert_20150117224454.jpg
ロープと細引きでシングルロープ懸垂と回収

11)ロープ風呂敷
   
DSCF4199_convert_20150117224632.jpg
 狭い場所でのロープ風呂敷利用方法
不動岩・献花&クライミング

2015.01.16

DSCF4177_convert_20150117215627.jpg
14日ぶりに新しい花になりました。
Babさんすみませんでした

14日ぶりの不動である。
まだ花は頑張ってくれていた。

DSCF4175_convert_20150117215648.jpgDSCF4176_convert_20150117215713.jpg

今日の不動正面は全員で6名のみ。静かな正面壁でした。

DSCF4180_convert_20150117215739.jpg
小熊物語を登るKWSK さん
往年の勢いが・・・でした。彼もやはり年齢には勝てないのかなあ?
ちょっと淋しさを感じる


DSCF4181_convert_20150117215803.jpg
ワンマンショーを登るHiro さん

DSCF4182_convert_20150117215826.jpg
ミート&ポテトを登る・・no さん

DSCF4183_convert_20150117215847.jpg
タイコを登るUh さん
この方も昔はよく登れたのに・・・
それでも登り続けています。頭が下がります。
クライミングが楽しいんでしょうね


DSCF4184_convert_20150117215907.jpg
ペガサスをトライする YS さん
今日初めてお会いしました、噂の人

今日トライしたルート:
1)ワンマンショー
2)小熊物語
3)タイコハング
4)ミート&ポテト
5)リトルボーイ

オールトップロープで登らせてもらいましたが、
10台以外は全てハチャメチャでした。

いつか昔のように登れるのか、全くわかりませ。
が、クライミングを楽しみたいと思っています。
若山神社から太閤道

2015.01.14

太閤道を歩いてみる。

ついでに、太閤道入口の若山神社に〆飾りを納めに持参。

DSCF4156_convert_20150115105010.jpg
途中の田圃にいたシロサギ。
近くによっても逃げ出さない

若山神社まで徒歩45分かかりました。

DSCF4160_convert_20150115105055.jpg
若山神社本殿
元旦にも初詣にきました。
今年は初日の出を拝むことができました。


DSCF4159_convert_20150115105033.jpg
集まった古い神札、しめ飾り
明日の「トン度祭り」で焚きあげられる。

大晦日から新年三が日と違い、参拝客はちらほらでした。
10分ほど休憩して出発する。

DSCF4162_convert_20150115105116.jpg
太閤道入口
太閤道・若山神社から金竜寺跡まで3.4 ㎞。

稜線まで、いきなりの急登である。
四つ辻まで3~4回のアップダウンがある。

DSCF4163_convert_20150115105137.jpg
途中ゴルフ場の横を歩く
ゴルフコースも閑散としていた

45分くらいで四つ辻に到着。

DSCF4164_convert_20150115105238.jpg
四つ辻の道標
ここからは稜線伝いに歩く

3川合流点の見える展望所までは5分である。

DSCF4165_convert_20150115105257.jpg
今日の3 川合流地点は霞がかかっている。
左から桂川、宇治川、木津川
桂川・宇治川の間に背割り桜がある。

ここで10分ほど休憩して、再び稜線歩きであるが展望はなし。
途中若山最高点(316m)のところには3等三角点がある。

DSCF4168_convert_20150115105325.jpg
三等三角点

ここより5分くらいで見晴らし台に到着。
ここからの景色も素晴らしいが、
今日は霞がかかり肉眼では良く見えるのに、
カメラではうまく撮れなかったのが残念です。

DSCF4173_convert_20150115105648.jpg
金竜寺跡
シャガの群生地になっている

ここで太閤道は一応終わりのようだが、急坂を下って
今日の歩きの終点までは磐手橋バス停までは、3~40分かかる。

今日もリハビリで無事歩けたことに感謝と満足です。

帰宅して、マッサージをしてもらい、夕方から山の会の例会に出かける。

寺社巡り&ボッカ?

2015.01.12

10 日の清荒神さんに引き続き、今日は軽い荷物(12㎏)を背負って、
善峰寺、光明寺、長岡天満宮に行ってきました。

阪急東向日駅からバスで小塩まで行き、
そこから徒歩で善峰寺まで。ず~と登り坂である。

DSCF4141_convert_20150113113048.jpg
善峰寺本殿
残雪(手前)が残っていました

DSCF4142_convert_20150113113109.jpg
おちないお守りがあるとか。

阪神大震災で高速道路が崩壊。バスはすんでのところで落ちる手前で止まった。
その時運転手は奥さんから頂いていたお守りを持っていたとか。
そのお守りはここ善峰寺のものとか。

私も購入するつもりが、うっかり忘れてしまいました。
その時の運転手さんは現在平安高校の運転手をされている


善峰さんも階段、かいだんでトレーニングになる。

DSCF4143_convert_20150113113132.jpg
遊龍の松
五葉松、全長50m余り、推定600年以上
ここにも残雪があった。

DSCF4147_convert_20150113113158.jpg
1月の経堂と枝垂桜?
春の経堂と枝垂桜S.S.画
DSCF4212_convert_20120514134032[1]

お参りを済ませて、西山古道入口を見て、下山開始。
ここから小塩バス停を通過して、一路光明寺に向かう。

DSCF4150_convert_20150113113224.jpg
光明寺入口

DSCF4151_convert_20150113113250.jpg
光明寺本殿前
緩やかな登り階段だが長い

なぜか背中の荷物のせいか、脚が重い。疲れ気味です。
光明さんをお参りして、帰りは階段を使わずに回り込んで後にする。

段々と脚の疲れが出てくる。
休憩をしながら、長岡天満宮にやっと到着した感じ。

DSCF4154_convert_20150113113341.jpg
長岡天満宮本殿

DSCF4153_convert_20150113113314.jpg
天満宮・八条が池・回廊

ここもお参りのみで長岡天神駅に急ぐ。
今日は疲れました。

帰宅してすぐに風呂に入ったら、疲れも取れました。

新年早々から、若山神社、清荒神、善峰寺、光明寺、長岡天満宮と沢山お参りをしました。
今年1年は、特に怪我に気を付けて山に出かけるようにします。









凧揚げ大会

2015.01.11

DSCF4096_convert_20150111153019.jpg

今年度自治会役員になったのでお手伝いをすることになりました。

DSCF4092_convert_20150111153046.jpg
ぜんざいの用意

DSCF4098_convert_20150111153145.jpg
9 時半受付開始

DSCF4104_convert_20150111153211.jpg
空高く舞い上がりました

残念ながら曇ってきました

DSCF4105_convert_20150111153234.jpg
「アナ雪」も飛んでいました

DSCF4106_convert_20150111153256.jpg
自作の凧

DSCF4108_convert_20150111153321.jpg
6連凧

DSCF4111_convert_20150111153417.jpg
これも自作連凧

DSCF4116_convert_20150111153449.jpg

DSCF4117_convert_20150111153516.jpg
なぜかヘリも飛来してきました

DSCF4121_convert_20150111153542.jpg
遅れて来た孫たち

この頃から風が無くなりなかなか揚げれなくなる

DSCF4123_convert_20150111153608.jpg
なかなか揚がらない

この後、凧糸を一杯出して走って揚げることにする

DSCF4124_convert_20150111153635.jpg
こちらも揚がりません

風よ吹!け

DSCF4126_convert_20150111153700.jpg
走って走って!

DSCF4129_convert_20150111153724.jpg
表彰式①

DSCF4132_convert_20150111153756.jpg
表彰式②

DSCF4133_convert_20150111153820.jpg
孫たち

DSCF4135_convert_20150111155056.jpg
兄弟ふざけ

たいがい、弟が先に手を出すようだ

DSCF4136_convert_20150111155142.jpg
まだやっています
にいちゃんは、適当にあしらっているようだが・・・

DSCF4137_convert_20150111155209.jpg
幼稚園からのお友達のしんちゃんが現れました

DSCF4138_convert_20150111155906.jpg
まだ続いていました
今回はケンカにならずにすみました

夕方近所の方と初めて近くの飲み屋さんへご一緒する。

DSCF4140_convert_20150112183619.jpg
ファミリーな雰囲気の小さなスナック

清荒神・初詣

2015.01.10

清荒神へ正月初めてお参りに行ってきました。

Image700_convert_20150112095012.jpg
お参りするのに並びました

荒神さんへは 2010 年3月 Nanoha Bab さんと中山から縦走して訪問した以来である。

正月3ヶ日を過ぎているのに結構人が出ていた。
門前町の出店も賑わっている。

昨年の厄を払って、今年1年は怪我のないようにお祈りしてきました。

烏帽子岩

2015.01.09

今日の烏帽子は我々3人のみ。
天気予報は9~12時晴れ、12~15時曇、15~18時晴れなのに、
曇時々小雨、雪、あられでした。

あられはすごかった。
これで岩も濡れてしまったので2時半前に引き上げる。
大北商店前で少し飲んで帰宅とイマイチでした。

DSCF4068_convert_20150109214050.jpg
太陽がいっぱいを登る HGSY さん

DSCF4070_convert_20150109214115.jpg
太陽がいっぱいを登る Hiro
なぜかトップロープで登っている

DSCF4073_convert_20150109214143.jpg
おじいちゃんを登る HGY さん
一昨日は久しぶりにトライしてテンションがが入ったとか、
今日は難なく登られました


DSCF4077_convert_20150109214205.jpg
同じくおじいちゃんを登る Hiro さん
12cを何本も登っているのに、今日は久しぶりのトライでテンションが入っていました

DSCF4083_convert_20150109214229.jpg
ジャスティースを登る HGY さん
ここも久しぶりのトライでうっかりスリップ。ワンテンでトップアウト

DSCF4087_convert_20150109214252.jpg
ジャスティースを登るHiro さん

今日登ったルート:オールトップロープ
1)太陽がいっぱい:登れました

2)タフ:乗り越し部で体が伸びず右手のホールドが取れない。背中にいれているプレートのせいにする。

3)おじいちゃん:何とか登れた。

4)ジャスティース:キョンを決めて、左手ホールドをとり、
キョンで決めた右足を伸ばして右手のホールドを取りに行くのだが、
プレートで背中が固定されているので、うまく体を伸ばすことができず、取れない。

ごまかして何とかトップアウトしたが、すごい霰で岩が濡れてしまったので退散。

今日もほんの少し進歩したような気がする。
烏帽子岩

2015.01.05

烏帽子岩に行ってきました。
久しぶりに温かい穏やかな1日でした。

我々以外にどなたも来られていなく、
静かな中でのクライミングができました。

Image658_convert_20150106115844.jpg
新しいルートができていました。
「クマカンテと太陽がいっぱい」の間に作られていました。

ただそこにあっただろう松の木が無くなっていました。
驚きです???!!!!


Image659_convert_20150106115737.jpg
イアナバウアーを登る HG さん

Image660_convert_20150106115821.jpg
タフをトライするS さん

今日トライしたルート:
1)タイムトンネル
2)アフターバイト
3)太陽がいっぱい
4)新ルート
5)サピエンス
6)イナバウア
7)タフ
8)ウイング

オールトップロープで登らせてもらいました。
タフはハング越えができず。
サピエンスはトラバースのところでワンテン。
ウイングも乗越でワンテンでした。

写真は携帯で撮ったので鮮明度がイマイチでした。




登り始め・不動岩

2015.01.02

昨夕より雪、朝起きたら辺り一面真っ白に変わっていた。

不動行も昼過ぎに変更。

DSCF4047_convert_20150103081226.jpg
最寄駅から見た雪景色
正月3が日に雪が降ったのは何十年振りだろうか?

DSCF4056_convert_20150103081256.jpg
NanohaBabさんに新春の挨拶
ここでも残雪見られた。さぞかし寒かったかことでしょね

DSCF4048_convert_20150103081318.jpg
ミート&ポテトでアップをするビッグマウス君
昨年就職して名古屋に、正月帰郷。

DSCF4050_convert_20150103081343.jpg
ミート&ポテトのハンク・タカシ
久しぶりのクライミング。体重もまた増えてしまったとか

DSCF4053_convert_20150103081404.jpg
ワンマンショー11dをレッドポイントかけてトライする Kaka さん
昨年末今一歩でRPを逃した悔しさで、今日に掛けたが・・・
残念!今半歩、がんばれ!!!

今日はヌンチャク掛けと1トライのみで終わる。

「明日はRPする」 と力強い抱負が ML に流れていました。

DSCF4054_convert_20150103081424.jpg
タイコハングをトライする Big Mouth 君
数年ぶりとか、RP目指すも残念ながら・・・でした。

昨年3月スペインで13を落とした彼だが、やっぱりタイコハングは難しいようだ。

過去にこのルートは13クライマー、12クライマーが久しぶりに訪れトライしているが、
ノーテンでは登れなかったのを何度か見ている。


DSCF4057_convert_20150103081504.jpg
雪降る中をワンマンショーをトライする Hiyko ちゃん

今日はこのほかに牧師さん、Izu さんが参加しました。

他会の方達は、Nz さん、Miwaちゃん他数名。
Nzさん、昨夜釣ってこられたお魚にはありつけなかったですが、
お雑煮ごちそうさんでした


今日トライしたルート
(オールトップロープ)
1)ミート&ポテト
2)リトルボーイ
3)タイコハング

タイコハング乗越の左手ホールドが届きました。
3日前は身体が伸びず全然届かずでしたのでうれしかったです。

リハビリをしていけば、背中に15㎝のプレート2本入れていても
少しずつ身体の柔らかくなり伸びるようになるのかな?4

2015蟷エ雉€迥カ_convert_20141231120342

昨年は大変な年でした。
それでも131回の山行ができ感謝しています。

今年は安全山行と健康に十分気を付けて、
楽しく過ごすようにします。