大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

 タイ・プラナン リゾートクライミング (その1)

日程:2014年1月16日夜~1月27日朝         
参加者:Nanohabab、ひよこ、えい、Sono、Ina、Mym、Higsy、Koku、Gramps

今年のタイは涼しかった(勿論例年よりですが)。

1月16日(木):
22:00関空に集合して16日深夜便でタイ・バンコクへ。

1月17日(金):
今年はプーケットからだったので、ホテルには12時過ぎに到着。
DSCF1255_convert_20140127162151.jpg
プーケット空港で出迎えのタクシーを待つ。

バンコク到着前の機内放送で5時の気温は18度。
ここ数日涼しいそうだ。

DSCF1261_convert_20140127162218.jpg
途中休憩をする。
プーケットからホテルまでタクシーで2時間を要する。

早速着替えて岩場に向かう。

DSCF1266_convert_20140127162247.jpg
船から見るライレイ西海岸

今日はダイアモンド・ケーブ。

DSCF1268_convert_20140127162314.jpg
Nulktion 6a(10a)を登るMymさん

同日出発のクラビ経由の大阪のおなじみのグループは既に何本か登っていた。

DSCF1269_convert_20140127162344.jpg
Attacktit 6c(11b)を登るSonoちゃん

DSCF1270_convert_20140127162438.jpg
Les Petites oreilles 6b+(11a)を登るBabさん

DSCF1275_convert_20140127162504.jpg
大阪のおばちゃん

今日私の登ったルートは
Nullaktion6aとles Petites Oreilles6b+の2本。

1本目のルートは2箇所スリングからケミカルアンカーに打ちかえられていた。

DSCF1276_convert_20140127162530.jpg
帰りの船上
夕食はホテルの前のレストランで済まして、
部屋で2次会。ちょっと飲み過ぎたかな?

DSCF1279_convert_20140127162554.jpg
先ずはビールで乾杯!

スポンサーサイト
タイ・プラナン(その2)

期間:2014.01.18

DSCF1282_convert_20140128214709.jpg
今日も船に乗ってクライミングに

5時半起床。少し寝坊した。
昨夜の酒がまだ少し残っているようだ。身体がなんとなくだるい。

腰痛体操をしていつもの海岸に出かける。
満月である。それにしても例年より涼しい。

23度である。例年は27度くらいなので4度も低い。
昨日の機内放送の「ここ数日は涼しい朝が続いています」を思い出す。

それとびっくりしたのだが、せみ時雨も聞いた。過去にあったかなあ?

今日の浜辺の散歩は寝坊したこともあり、
半往復で切り上げて帰る。

DSCF1283_convert_20140128214808.jpg
ライレイビーチを行く

朝食時、昨年も来られていたドイツ人ご夫婦に会えて再会の挨拶を。

今日のエリアはタイワンド・ウォール。
ここの岩場は一日中ウインディーであるが、
今日は特に強く吹いているようだ。
登ったルート:

DSCF1286_convert_20140128214902.jpg
Circus Oz 6a+を登るSonoちゃん

1本目はMonkey love 6b::ダイナミックなルートで何回登っても面白いルートだ。

DSCF1288_convert_20140128214954.jpg
Monkey Love 6bを登るGramps

2本目はCavemanの下部6b?:出だしが核心。

DSCF1293_convert_20140128215146.jpg
Circus Oz 6a+を登るEiさん

3本目:Organ Grinder 6c:洞窟の淵を登って行く豪快なルート。
今回もどうにかノーテンで登れたので満足。

DSCF1304_convert_20140128215030.jpg
Organ grnder 6cを登るBabさん

続いて岩場を移動してWee's Present Wallへ
なぜか身体がだるい。昨夜の飲みすぎが影響しているのかな?
登る気がしない。

4本目:I Don't Know 6a1本登って終了。

DSCF1301_convert_20140128215221.jpg
Organ grnder 6cを登るGramps

今日の夕食もホテルの前のレストランで済ます。
ここで飲みすぎたのか、
ホテルに帰っての2次会はほとんど眠ってしまっていて、
日本から持参した好きな日本酒も飲まずじまい。
タイ・プラナン(その3)

期間:2014.01.16~01.27
1月19日:
DSCF1309_convert_20140130112613.jpg
アオナンの乗船場風景

4時45分起床。ベッドの上で腰痛体操をして、浜辺に散歩に出かける。
今日は浜辺の端からはしまで往復歩けた。
朝の薄暗い中、何人かのジョッガー達も楽しんでいる。

DSCF1311_convert_20140130112647.jpg
今朝も船に乗って岩場に向かう

今日のエリアは「Echer Wall」。

どこを登ろうか目標がないので、
だらだらと登ってしまった。

薄曇のようだったので、このエリアを決めたが、
やはり晴れてきて登るのには暑すぎた。

しかし、人気ルートミネソタを登るのであれば日陰なので大丈夫である。

DSCF1322_convert_20140130112747.jpg
Best Route in Minnesota 6c(11b)をトライするHiyokoさん
惜しくも2トライ目でRPを逃す。

今日登ったルート:

1本目:Humming Song 6b(10d)
アップではちょっときつかった。2011年MOSしているのに、
意識的ではあるが、1回テンションを入れてしまった。
Babさんはノーテンションでした。

DSCF1312_convert_20140130112716.jpg
Best Route in Minnesota 6c(11b)をトライする大阪別働隊のNZKさんとスポットするITO君
見事FLしました。

2本目は:Name Unknown 6b(10d)
出だしに小ハングがあり楽しいルート。
登り終わって調べたら初トライであった。OS.(BabさんはMOSでした)

3本目:Scorpion 6a+(10c) :
今回で4回目の登りであるが、
3年ぶりとなるとオンサイと見たいである。適当に登れるので楽しいルートである。

DSCF1327_convert_20140130112821.jpg
Minnesotaのヌンチャクを回収するMayumiさん

4本目:Goodby Salvador 6a+(10c) :
7年ぶりのトライ。当時はオンサイトできたが、今回はやっとノーテンで登れた。
カンカン照りの下なんとか登れたものの厳しかった。

次にその隣の7a+(12a)をトライしようと思ったが暑さで萎えてしまった。

ミネソタ6cを果敢に挑戦していたhiyokoさんも、2トライ目惜しくもRPならず。
だが、次回はいけそうな雰囲気でした。

DSCF1328_convert_20140130112900.jpg
帰り船
ボートマン見習いの息子

今日の夕食は屋台。去年まであった屋台群が消えてしまっている。
情報を頼りに探し当て、いつもの屋台を見つけ出すことができた。

以前の場所は「ガヴァメント」の指示で全屋台が営業できなくなったそうだ。
かなり上の方に移動していた。屋台数も激減している。

DSCF1329_convert_20140130112936.jpg
屋台で一杯飲みながら夕食

美味しい焼きそば、焼き飯にあり付け幸せ。
例によって、2次会はホテルの部屋で開催。

DSCF1330_convert_20140130113004.jpg
ホテルでの楽しい二次会
タイ・プラナン(その4)

期間:2014.01.16~27

1月20日
DSCF1335_convert_20140130160245.jpg
今朝のアオナン海岸

4時50分起床。いつものようにベッドで腰痛体操。
5時30分過ぎに出発。海岸までの15分、
腰を前後ろに曲げたり、肩甲骨体操を交えて浜辺に。まだ暗い。お月様も大分欠けてきている。
相変わらず気温は低いようだ。
今日は浜辺の1/4を歩き、次の1/4をスロージョッギングしてみる。
歩きに比べやはり速い。残り2/4は歩く。

朝食後、いつものように船に乗って岩場へ。

DSCF1336_convert_20140130160319.jpg
いつも乗せてくれているボートマン

今日はレスト日なので登らないように心がける

DSCF1338_convert_20140130160348.jpg
岩場「One,Two,Three」の海縁ではやくも朝寝するひよこさん。

岩場は「One,Two,Three」。
登らないように我慢していたが、1本だけトライしてみる。
Selee 6a(10a) 簡単なルートだが、楽しく登れる。OS

DSCF1341_convert_20140130160548.jpg
Selee 6a(10a) を登り終えた大阪別働隊のNew K2さん

DSCF1339_convert_20140130160516.jpg
Make A Way 6b(10d)を登るHgsyさん

続いて「Hidden World」:
皆さんは、Stanic Alliance 6a+、やらSpace Head Gone Ape 6B、
Red Dwart 7a等を登っていたが、私は我慢して登らず。

DSCF1345_convert_20140130160622.jpg
Stanic Alliance 6a+(10c)をトライするBabさん

DSCF1346_convert_20140130160714.jpg
Space Head Gone Ape 6b(10)をトライするINNOさん

DSCF1351_convert_20140130160826.jpg
Space Head Gone Ape 6B(10d)を登るKNiさん

DSCF1347_convert_20140130160751.jpg
Red Dwart 7a(11d)を登るSonoちゃん

DSCF1357_convert_20140130160856.jpg
帰りは潮が満ちてきていた
One Two Threeでクライミングを楽しんでいる多くの観光客

今日のクライミング終了はいつもより早く、3時半に渡船。
4時前にはホテルに帰還。

ビールを1本飲んで、昨日の屋台に出かける。美味しかった。

DSCF1358_convert_20140130160924.jpg
今日も屋台で一杯を楽しむ

その後はお決まりのホテルの部屋で2次会となる。
それにしても園ちゃんはよく飲む。飲み過ぎだ!

DSCF1359_convert_20140130160952.jpg

タイ・プラナン(その5)

期間:2014.01.16~27
DSCF1360_convert_20140130212254.jpg
今日も行きます

1月21日:
今朝は4時半起床。腰痛体操をして、
5時過ぎにホテルを出て浜辺に向かう。

初日の月は海面より20度くらいのところの海上にあったが、
今はほぼ真上にある。

それにしても涼しい。
朝が早いせいか、散歩やらジョッギングしている人に会わない。

今日も浜辺往復の1/4だけスロージョッギングをしてみた。
昨日より楽に走れたが、無理をしないようにする。

浜辺から上がってきたら、ひよこさん、Eiさんにばったり会う。
ひよこさんは、道路をジョッギングしてきたところ、
Eiさんは今から浜辺の散歩のようです。

朝食後、Wild Kingdom wallに出かける。
今日は少しハードなところをトライしてみよう。

DSCF1362_convert_20140130212327.jpg
Freedom Safari 7a(11d)でテンションを掛けながらアップするつもりが・・・
「思わず頑張ってしまいました」と彼女ひよこさんの弁

今日トライしたルート:

1本目:Barato Brato 6a+(10c)
ノーテンで登れたが、結構登りこたえがあった。
このルートは日が当たって暑かった。

DSCF1364_convert_20140130212359.jpg
Barato Brato 6a+(10c)をトライするHGSYさん

2本目:Briishly White 7a(11d)
初トライ。2テン。
なかなか面白いルートである。

古希になったので、
これからは無理をせずにテンションを掛けながら登っても個人的RPとしよう。

この場合は2テンなので「テンテンRP」とする。

DSCF1375_convert_20140130212542.jpg
Briishly White 7a(11d) をトライするGramps
最初のトラバースから抜け出るのが核心。

3本目:Freedom Safari 7a(11d)
このルートは5年前にRPしているが、
今回は「テンRP」であった。このルートもお勧めである。

DSCF1378_convert_20140201134149.jpg
Freedom Safari 7a(11d)を登るGramps
ガバホールドの持久力ルート。最後に核心が来る。

DSCF1372_convert_20140130212505.jpg
Barato Brato 6a+(10c)を登るMayumiさん

DSCF1376_convert_20140130212616.jpg
人間のクライミングを見学に来た尾長猿

4本目:Name unknown 6b+(11a)
最後に登ったからか結構きつかった。
最終地点でホールドが分からずに苦戦。何とかノーテンでした。

DSCF1391_convert_20140130212749.jpg
Name unknown 6b+(11a)をトライするKniさん
結構被っていてしんどい

DSCF1368_convert_20140130212435.jpg
Briishly White 7a(11d)を登るSonoちゃん

DSCF1382_convert_20140130212715.jpg
Name unknown 6b+(11a)をトライするBabさん

DSCF1393_convert_20140130212849.jpg
毎年お会いする常連のNMRさん
Wild Thing 7b(12b)に取り付いておられました

DSCF1395_convert_20140130212917.jpg
ビールを飲みながら船を待つ乙女たち。
トンサイビーチ

DSCF1399_convert_20140130212954.jpg
帰り船から見た景色

今日はホテル前のレストランで夕食。

DSCF1408_convert_20140130213025.jpg
これもお馴染みの夕食のひとコマ
タイ・プラナン(その6)

期間:2014.01.16~27
DSCF1410_convert_20140131093123.jpg
今朝のアオナン船乗り場風景

1月22日:

起床は目覚しで起こされて5時。体操後、浜辺へ。
最初の1/4を歩き、次の1/2をスロージョッギング。
走り始めたら誰かがついて来るような感じがする。

と思ったら若い女の子が横にぴったり「私スポーツ好きです」と走りながら話しかけてくる。
その後ろに連れの2人の若い女性が追走してくる。

「フランス人です。英語は・・・」と勝手にしゃべってくる。
10代に見えるがタバコを吸っている。

「何歳?」「26歳」と返事が返ってくる。
ラリっている感じ。

それ以上相手にせずにマイペースで走っていたら、
彼女らは途中で走るのを止めてしまった。

今回初めて1/2を走ってみたが、何とか走れたのでうれしい.

今日のエリアは「The Keep」。
One Two Threeでアップしてから行くことにする。

1本目:Someboy 6a+(One Two Three) MOS
簡単かなと思っていたが、意外と力を使ってしまった。

ここからKeep。

DSCF1411_convert_20140131093157.jpg
Tongue Thaid 1st pitch 7a+(12a)をトライするGramps

DSCF1419_convert_20140131093427.jpg
Genngis Bonnd 6b(10d)取り付から見た風景

2本目:Tongue Thaid 1st pitch 7a+
4ピンまでがせいぜいでした。
5ピン目へのホールド甘いと思ったところ、実は奥に穴があった。残念。
次回またトライしてみよう。

DSCF1414_convert_20140131093230.jpg
Bottom Feederの下部(6a)を登るBabさん

DSCF1418_convert_20140131093350.jpg
今日はレスト日のSonoちゃん

3本目:Genngis Bonnd 6b(10d)
長いルート28m?で面白い。
登った後の海の景色がすばらしい。
ぜひカメラを持って登ってください。

DSCF1422_convert_20140131095159.jpg
Genngis Bonnd 6b(10d)を登るEiさん

DSCF1425_convert_20140131093542.jpg
Genngis Bonnd 6b(10d)中間点から見た風景

DSCF1415_convert_20140131093316.jpg
Genngis Bonnd 6b(10d)をRPして
3年前トップロープで登っているため、オンサイトではなかったようです。

DSCF1426_convert_20140131093619.jpg
Genngis Bonnd 6b(10d)30m終了点からの眺め

今日はこれでおしまい。

Sonoちゃんはレスト日で見学。

BabさんはBottom Feederの下部(6a)をオンサイト。
Gengis Bond最上部でまさかのフォール。

HiyokoさんはGengis Bond とAspirin 6cを残念ながらOSを逃す。

DSCF1429_convert_20140131093651.jpg
ライレイ・ビーチ

DSCF1432_convert_20140131093735.jpg
帰り船

夕食は屋台が一杯だったので、
ホテルのレストランで。

DSCF1434_convert_20140131093806.jpg
夕食

今日もいっぱい飲みました。
2次会のホテルの部屋では皆さんがいつ帰ったのさえ知らずに、
ほとんど寝ていていました。

DSCF1409_convert_20140131093049.jpg
海岸通りで手に入れた日除け帽子
タイ・プラナン(その7)  レスト日

期間:2014.01.16~27

DSCF1277_convert_20140131174025.jpg


1月23日

DSCF1284_convert_20140131174052.jpg

目覚ましの音も知らずに寝ていました。5時15分起床。
今日で1週間経ちました。お月様も真上の位置になりました。

DSCF1311_convert_20140131174118.jpg

昨日同様、砂浜の1/4歩き、1/2走り、1/4を歩きました。
引き潮直後の浜の砂の粒子はすごく細かく、走っても決して潜ることはない。

DSCF1405_convert_20140131174626.jpg

レスト日なので岩場得も行かずに完全休養日とする。

DSCF1361_convert_20140131174220.jpg

山行報告、読書、昼寝、マッサージ、
そして、今日帰るHiyokoさんを送ったりして一日が過ぎた。
DSCF1396_convert_20140131174249.jpg

夕食後、またまた2次会で盛り上がる(私だけか)。

DSCF1398_convert_20140131174317.jpg

DSCF1399_convert_20140131174348.jpg

DSCF1401_convert_20140131174423.jpg

DSCF1403_convert_20140131174450.jpg

DSCF1416_convert_20140131174528.jpg
タイ・プラナン(その8)

期間:2014.01.16~27

1月24日:

5時ジャスト起床。浜辺へは6時到着。
初日の朝の満月から8日経った今朝は丁度半月で天空に輝いている。

今日の砂浜は霞がかかり薄暗さが倍増している。
いつものように1/4歩き、1/2走り(13分)、1/4歩いた後、ラジオ体操。

このころになると明るくなってきて、
朝の景色も美しくすばらしい。
ここから10分かかってホテルへ帰還。

今日の岩場は、「Thaiwand Wall」。
いつもウィンディーでここから見下ろす海辺の景色はすばらしい。

1本目:Caveman7a+(12a):
最初のハングが乗越せずに敗退。7年前は登れたのに残念。

DSCF1443_convert_20140131211213.jpg
Caveman7a+(12a)をトライするGramps

2本目:Primal Scream 6a+(10c):
7年ぶりのトライ。結構厳しかった。

DSCF1441_convert_20140131211139.jpg
Circus Oz 6a+(10c)を登るEiさん

3本目:Solution 6b+(11a):
最初のピンをクリップするのが怖そうなので、
トップロープで登る。

最初のピンのところでフォール。
最初からやり直してTRレッドポイント。

DSCF1447_convert_20140131211243.jpg
Monkey love 6b(10b)を登るKNIさん

この後、「Wee's Present Wall」に移動。

4本目:Ling rong Hei 6b(10d):
4年前にMOSしていたが、久しぶりなのでOSトライ気分で登れた。
良いルートだと思う。

DSCF1449_convert_20140131211316.jpg
Mot khao Dar 7b(12b)をトライするSonoちゃん(左)と
Ling rong Hei 6b(10d)のgramps


5本目:Low Season 6c(11b):
出だしのコルネ、中間部に細かいホールド、最終のハング(核心か)と変化に富んで面白い。

昨日リボルトしてくれました。
タイ・プラナン(最終回)

期間:2014.01.16~27

DSCF1453_convert_20140201134238.jpg
トンサイビーチ

1月25日:
昨夜23時半に目覚めたら、既に皆さんは宴会終わって各部屋に帰られた後でした。
歯を磨い寝なおす。

今朝は5時起床。浜辺の散歩も1/2で終わって帰還。
まだ疲れが残っているようなので、1本のみ登って身体を休めることにしよう。

今日帰国のHGSYさんを残して、Sonoちゃんと私は「Dum's Kitchen」、
そのほかの人は「Fire Wall」と分かれる。

DSCF1451_convert_20140201134214.jpg
Fire Wallの壁を登るBabさん
トンサイビーチより撮影

1本目:The Sit Spins 6b+(11a)
最初は右にトラバース後、クラックを登る。
適当に緊張感を持って登れる楽しいルートである。OS

DSCF1454_convert_20140201134304.jpg
トンサイビーチ
中央がトンサイクライミングエリア、右奥がダムズキッチンエリア

Sonoちゃんもこの上の7c(12d)をトライする予定であったが、
モチ上がらずに止め。今日はこれでおしまい。

DSCF1455_convert_20140201134329.jpg
ライレイビーチ(その1)
奥の岩壁はダムズキッチンの上部の一部

Fire Wallに行っている皆さんを待つことにする。
彼ら5人も各2本登って終了。

DSCF1456_convert_20140201134353.jpg
ライレイビーチ(その2)

みんなと合流して、ダムズキッチンン前を通り、丘越えしてライレイビーチへ。
今日は早めに帰還してHGSYさんを見送ることにする。

DSCF1458_convert_20140201134417.jpg
ライレイビーチよりトンサイ方面の望む

夕食はいつものレストランで、
部屋に戻って2次会。

明日は帰国日でクライミングは無し。
2次会で羽目を外したのは私だけか?
いや、そのほかに2人いたようだ。

1月26日(日):
昨夜の就寝は0時半。
朝5時起床は無理でした。30分遅れで目覚める。

浜辺に出て昨日同様に1/4歩き、1/2走り、最後の1/4は歩く。

DSCF1465_convert_20140201134441.jpg
最後の朝。アオナンビーチにて

少し膝に違和感がある。
浜辺からの帰り道もだんだんとおかしくなってくる。

朝食後、帰国準備を終え、
孫への土産を買いに出たころにはかなり痛み出してくる。

部屋に帰り湿布をして、
その後はベッドで夕方出発まで、本を読んだりして過ごす。

5時ホテルを出発して、
帰りはクラビ空港からバンコク経由で大阪へ。

1月27日(月):
予定より40分遅れで6時45分、関空に到着。
今回の避寒クライミングも無事終了しました。
比良山・武奈ヶ岳

期間:2014.01.12~13
参加者:10名:牧師、タフマス、ジジ、神戸うし、Segrho、TwinBro、S・Arrow、かつお、
              Thirota、Gramps

2日間で雪上訓練の予定。

初日は 牧師、タフマス、ジジ、神戸うし、Segrho、Thirotaの6人で雪上訓練、Gampsは武奈ヶ岳へ。
2日目は牧師、タフマス、ジジは武奈ヶ岳、神戸うし、Segrho、S・Arrow、かつおは堂満岳3ルンゼ中央稜
の予定。

TwinBro、S・Arrow、かつおは体調不良他で欠席となる。

私Grampsは8月にけがをして5か月ぶりのリハビリ山行きである。
膝の調子はまだ正座できない状態であるが、山に行けるかの不安を抱えての試山行でもある。

以下武奈ヶ岳単独山行報告:

スキー場周辺で雪上訓練をする皆さんとイン谷から分かれて、一人先行する。
DSCF1204_convert_20140113120123.jpg
イン谷口駐車場から金糞峠方面を    9:20

歩きだしたら結構暑い。ダケ道の分岐・大山口で脱いでここからは下着2枚で歩く。

DSCF1205_convert_20140113120148.jpg
大山口       9:35

DSCF1206_convert_20140113120209.jpg
堂満岳3ルンゼ入口の堰堤    10:08

明日ここから中央稜を登る予定であったが、用事ができたため断念する

青ガレの手前1ルンゼ下で休憩。若者が汗をかき追いついて来て、彼らもここで休憩。

DSCF1208_convert_20140113120229.jpg
青ガレ     10:15

今日の青ガレは雪で被われていて登りやすそう。

DSCF1209_convert_20140113120257.jpg
休憩中の若者

ここから金糞峠までは急登。一定ペースを守って登る。

DSCF1210_convert_20140113120318.jpg
金糞峠           10:45

今日の金糞峠は珍しく風がない。

ここからは八雲が原を通ってスキー場へ抜けるルートを取る。

DSCF1211_convert_20140113120338.jpg
八雲が原への道

最近スノーシューを履く人が増えている。ワカンと比べ潜らないので人気があるようだ。
そのため、ツボ足の私はその分潜り込みが大きく余計なアルバイトを強いられる。

DSCF1212_convert_20140113120400.jpg
スキー場跡(初心者用)                 11:45

ここから、イブルキのコバ経由かスキー場跡を登ってい行くか、少し迷ったが、スキー場跡を登りコヤマノ岳方面から行くことにする。

スキー場跡の長い登りも終えて、コヤマノ岳方面の分岐を左に下り加減に下がっていく。
行く手前方に、武奈から下ってくる人が見える。

DSCF1213_convert_20140113120429.jpg
武奈ヶ岳山頂は稜線の右奥である

この頃からあんなに晴れていた天気も曇空になってしまった。

今年は例年より積雪が多そうだ。

山頂に到着。

DSCF1214_convert_20140113120456.jpg
武奈ヶ岳山頂にて       13:30

山を始めて、この山頂に何回登ったのかなあ?
スキー場付近にいる仲間に登頂報告と下山路をメールで連絡をする
20分ほど休憩して、下山にかかる。

DSCF1216_convert_20140113120524.jpg
山頂風景(その1)

DSCF1217_convert_20140113120551.jpg
山頂風景(その2)

ここまでは、膝の痛みも感じずに登れた。
痛めている膝のこともあるが、もう昔のようにガッツガッツと登らない、登れない。下れないである。

スキー場跡までの下山路は、イブルキのコバ経由にする。

DSCF1219_convert_20140113120647.jpg
イブルキのコバ     14:15

意外と早く下りてこれた感じ。しかしながら、時間を見たらやっぱりそれなりの時間はかかっていた。

イブルキのコバから、仲間がテント設営して講習しているスキー場まで、今度は以外と長く感じられた。

DSCF1221_convert_20140113120727.jpg
仲間の皆さん。      14:35

DSCF1224_convert_20140113120853.jpg
講習会風景

皆さんは今宵楽しい宴会が・・・

3時前にお別れして下山開始。
ここからの下りは、北比良峠経由、ダケ道で大山口に下りることにする。
日帰り参加のChirotaさんと道々しての下山。

彼女とは何年振りの山行か?

調べてみたら、「甲斐駒ケ岳 赤石沢Aフランケ、奥壁」が1997.8月。
1999.1月の「涸沢岳西尾根~涸沢岳~北穂高岳~大喰岳~槍平」縦走。
「甲斐駒岳・赤石沢Bフランケ・赤蜘蛛ルート」が2001.7月であった。

13年ぶりということか。月日が経つのは早いですね。

DSCF1226_convert_20140113120934.jpg
DSCF1228_convert_20140113121012.jpg
北比良峠にて      15:15

DSCF1229_convert_20140113121052.jpg
北比良峠から望んだ武奈ヶ岳

ダケ道で一番好きなところ。
DSCF1231_convert_20140113121134.jpg
痩せ尾根の通過。

気持ちの良いところです。

それから少しして、私の地獄の始まり。
治りかけ?の左膝が痛みだしてきた、靴も小さめのため下りは指先が痛くなり始めた。

両手に持ったストックに頼り切っての下り。
騙し、だましてやっと大山口に到着。

DSCF1232_convert_20140113121203.jpg
大山口         16:35

地図を広げて確認するChirotaさん

ここからも、地獄は続いている。
しゃべって、しゃべって気を紛らわすしかない。

日の暮れる少し前の17時10分イン谷口に到着でいた。
休憩は最高のやすらぎ。

DSCF1234_convert_20140113121246.jpg
イン谷口。              17:10

昔はこのところに茶店があり、一杯飲んで帰ったものだ。 
店のタイショーはどうされているかなあ?


ここから駅まで、後1ピッチ。痛さを我慢して最後の踏ん張りだ。

DSCF1235_convert_20140113121310.jpg
駅前のお店                 18:00

ラッキーなことにまだ閉まっていなかった。
もうあてのおでんは売り切れ、漬物で1杯飲む。

店内は神戸の山岳会の方たち10名。
講習会の帰りだそうだ。
みなさん、かなり飲んだようだ

漬物で飲んでいたら粕汁を出してくれた。
美味しかったこと。

ついついもう1杯頼んでしまった。

DSCF1238_convert_20140113121347.jpg
先ほどの神戸の摩耶山友会の方たちと。比良駅ホームにて。


5か月ぶりのリハビリ山行は最後まで順調に歩けなかったが残念です。
これから無理をせずに、ぼちぼち登って行くようにします。

久しぶりの山、雪山。単独で静かな山の中を歩けました。
今回は一筆書のように歩いてきました。

記録:イン谷口駐車場9:20~金糞峠10:45~スキー場跡11:45~武奈ヶ岳山頂13:10,13:30
~イルブキのコバ14:15~スキー場跡14:5,14:55~北比良峠15:15~大山口16:35~
   イン谷口17:10~比良駅18:00


 
初登り 備中・長屋坂

期間:2014.03~04
参加者:ヨコP、Taochu、おとうさん、Yo4d、広兄、広弟、Gramps

今年の初登りは長屋坂でした。
2日間とも温かく気分は最高でした。

DSCF1178_convert_20140106095541.jpg
カウントダウンをトライするTaochu君

年末に女王様RPの折に痛めた肩がまだ痛い。今日も無理せずに登っています。
それでも2日目には奥さん、子供たちにお土産と言って少年ジェットを3撃でした。

DSCF1185_convert_20140106095604.jpg
黒鳥の交差点を登るおとうさん

今日2撃でRPをと中口を叩いていましたが・・・
しかし3撃でRPしました。さすがでした。

この後女王様を2回登りました。感触あり!?!?

DSCF1186_convert_20140106095638.jpg
黒鳥の交差点をトライする広兄

室内壁は抜群の実力の持ち主だそうです。
外岩もなれれば、すぐに実力発揮でしょうね

__+2_convert_20140106095514.jpg
吹屋の娘を触っているGramps

全然登れません。
9年前にトライし時はトップアウトしてたのにな・・・

DSCF1199_convert_20140106095729.jpg
ミセス・リエコを登る広弟

DSCF1191_convert_20140106095704.jpg
カウントダウンを登るYo4d君

カウントダウンは難しい。毎週通って5日目16便も出してRPでした。
女王様は4撃でできたのに・・・
この後吹屋の娘を2回トライ。

DSCF1203_convert_20140106095753.jpg
ミセス・リエコを登るヨコPさん

2日目見事RPしました。先日不動のミート&ポテトRPに続く快挙。
最近やる気を出している。

古希になった私は、今年からは無理せず、自分にとって難しいところをRPを気にせずに、
テンションを掛けながら、1日2本ぐらいのんびりとトライして、
これから先10年間は登り続けれるようにしたいです。

(これからの私のRP基準は、
 終了点まで登れれば「テン・テンRP」、「テン・テン・テンんRP」と名付けます)


今回は初日吹屋の娘2回、2日目あカウントダウンを2回トライしました。

2日目の4日は13クライマー、14クライマーが集まり、吸盤12d、将軍様12d、モリ様から左に派生しているルート、流血戦、吹屋の娘と12cと登りまくりでした。
2014蟷エ雉€迥カ_convert_20140101135646

昨年は怪我に悩まされました。
今年は、健康管理に十分注意して、
楽しい山行ができますように!