FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

高槻の山・太閤道

期間:2013.09.09
単独

DSCF9950_convert_20130910093828.jpg
山の中腹にある若山神社から
前方右の山は男山。天気が良ければ初日の出が見られる

昔、子供を連れて、太閤道から初日の出を見るため、大晦日、最終電車に乗って高槻駅から歩いてこのルートをヘッドランプを点けて歩いた道です。

今日はその反対側の登山口から歩いてみました。

太閤道は山崎の合戦(天王山の戦い)のおり、
太閤秀吉が天王山の主戦場へ向かうため越えたという道。

DSCF9948_convert_20130910093801.jpg
若山神社本殿
1300年以上の歴史があるそうだ。

家から山の中腹にある若山さん(若山神社)まで歩いて40分余。
若山さんへの階段も結構きつい。

ここでこれから歩く用意を全部済ませて出発。

境内に太閤道入口と書かれてあるところから登り始めであるが、
いきなり急登が続きトレーニングには打って付けである。

今年の1月リハビリで登った(今回もリハビリか?)時よりもずいぶん楽に、
というよりも早く登りが終わってしまった感がある。

稜線に出たら、
少しのアップダウンをしながら南へと歩いていく。

はぼ林の中の小径を歩いているので暑さは全く感じられない。
今日はむしろ涼しいと言ったほうがいいくらいである。

DSCF9951_convert_20130910093853.jpg
三川合流が望める休憩地

途中三川合流(桂川、宇治川、木津川)が見える地点と、
展望地点の2か所から(初)日の出を拝むことができる。

DSCF9952_convert_20130910093923.jpgDSCF9953_convert_20130910093956.jpg

DSCF9955_convert_20130910094024.jpg
もう一つの展望台から見た淀川と枚方市南部方面

そこを通過すると、少し歩いた地点から急激に下りとなる。

やがて小さな広場らしいところに到着する。
そこは金龍寺跡である。シャガが群生していた。

DSCF9957_convert_20130910094050.jpg
金竜寺跡

ここからも下りでおよそ15分で登山口に到着。

DSCF9961_convert_20130910094140.jpg
太閤道登山口

第2名神の工事が進んでいる。
バス停はすぐである。

DSCF9960_convert_20130910094116.jpg
第二名神工事も進んでいた。

あまりにも早く到着したので、
折り返ししようかと思ったが、

昨夕も走っているので今日は自重して、
帰りに図書館に寄ることにする。

歩いた時間が2時間15分、図書館に居た時間4時間と歩きよりも図書館滞在がが長くなってしまった。
まあいいか!

記録:
若山神社10:05,10:15~三川合流の見えるところ10:48~若山三角点11:02~展望台11:05~金竜寺跡11:25~登山口11:40~磐手橋バス停11:45→高槻駅12:00
スポンサーサイト