FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

不動岩正面壁 イレブンJ(11j) 第2登

先日アンパンマンさんから11J登りましたよとお聞きしました。
プライベートグレード11jの第2登をうれしく思います。

不動正面を登られているクライマーの方、12を狙っている方ぜひトライしてみてください。
この11jが登れれば、ガバホールドの12aはすぐに登れるようになること請け合いです。

以下は2007年2月に書いた記事です。


不動岩プライベートグレード                   2007.02.28
         11j(イレブンJ)不動岩のもう一つの遊び方)   Gramps

フリーを始めたクライマーが不動の正面に来て一所懸命に登り、各ルートをRPしたらより高いグレード、新しいルートを求めて次の岩場に移動していくのを毎年、毎年見てきました。
私もその一人ですが・・・それでも不動は私の愛する素晴らしい岩場です。

 不動の正面で一度に2本、3本と連続して登ったらどんなグレードになるのでしょうか?
それを登れたらまた新たな自己満足ができるのではとプライベートグレードを考えたのが一昨年の11月。

2~3ヶ月登ってはトライするのを忘れてしまい、何ヶ月も後に思い出したようにトライをして、昨日ようやく全部レッドポイントできました。嬉しかった!

このグレードはオンサイトグレードであれば12クラスはあると思いますが一度RPしたルートを連続して繋いでいくため、あくまでもグレードは11クラスとしました。

12を登るための持久力をつける良いトレーニングになるのではないでしょうか。

記録:
05.11.05:タイコ・ワンマン:11g
06.01.08:小熊・タイコ:11e
06.01.17:小熊・ワンマン:11f
06.01.22:ペガサス・小熊・タイコ11f
06.01.25:ペガサス・タイコ11d
06.03.11:ペガサス・ワンマン11e

06.12.03:小熊・タイコ・ワンマン:11i
06.12.05:ペガサス・小熊:11c
06.12.11:ペガサス・タイコ・ワンマン:11h
06:12.18:ペガサス・小熊・ワンマン:11g

07.02.27:ペガサス・小熊・ワンマン・タイコ:11j

不動岩正面壁プライベートグレード(その1)(レッドポイント)

ペガサス 11a                      
小熊物語 11b                      
タイコ 11c                      
ワンマンショー11d                    
                           
ペガサス・小熊 11c= a+b                  
ペガサス・タイコ 11d= a+c                  
ペガサス・ワンマン 11e= a+d                  
小熊・タイコ 11e= b+c                  
小熊・ワンマン 11f= b+d                  
タイコ・ワンマン 11g= c+d                       
ペガサス・小熊・タイコ 11f= a+b+c                  
ペガサス・小熊・ワンマン11g= a+b+d                  
ペガサス・タイコ・ワンマン11h= a+c+d                  
小熊・タイコ・ワンマン 11i= b+c+d                                      
ペガサス・小熊・タイコ・ワンマン11j=a+b+c+d    
スポンサーサイト



八ヶ岳・南沢大滝・アイスクライミング

期間:2013.03.21夜~23
参加者:Nanohabab、NewK2、Gramps

DSCF8558_convert_20130325152151.jpg
美濃戸から見た3月22日の阿弥陀岳

怪我復帰後3度目のアイスクライミング。
今回はアイスクライミング初めてのNewK2さんと3人で小滝、大滝で楽しみながらの練習をしてきました。

3月22日(金):
連日暖かい日が続いているので
コンディションを心配しましたが何とか登れる状態でした。

DSCF8559_convert_20130325133206.jpg
登攀準備前の休憩

今日は小滝で練習。
2週間前にはぶら下がっていた右側の氷もバッサリと落ちていた。

DSCF8560_convert_20130325133232.jpg
小滝全景。右端に落下した氷柱が見える

この時期になると氷も荒れて階段状を呈しているが
我々初心者にとっては氷に慣れるために丁度良い。

DSCF8561_convert_20130325133253.jpg
1本目の登攀・Gramps

DSCF8572_convert_20130325133328.jpg
Babさんの登攀

DSCF8577_convert_20130325133359.jpg
NewK2さんの登攀

天気も良く、全く寒くなく素晴らしいクライミング日和となる。
また我々以外に誰もいないのでのんびりと登ることができた。

DSCF8590_convert_20130325133427.jpg
3本目の登攀

DSCF8595_convert_20130325133456.jpg
4本目の登攀

各人それぞれ4本づつ登って終了。

昔はアイスクライミングなんてどこが面白いろんか?なんて言ってたが、
今じゃ結構面白くなってきた。

3月23日(土):
天気予報では今日は曇り。
昨夕1時間ほど雪が降ったが、4時の起床時には快晴である。

DSCF8599_convert_20130325151505.jpg
3月23日の南沢大滝全景

今日は大滝に出かけてみる。
土曜日なのと早く帰らなければならないので早朝出勤。

6時半に到着。
小滝と比べてスケールは格段に大きい。

DSCF8605_convert_20130325133557.jpg
1本目の登攀・Gramps

昨日は小滝のブルーアイスに感激、
今朝はそのスケールにびっくりのNewK2さん。

まだ我々以外に誰も来ていない。
今日も我々に貸切の用意をしてくれたのであろうか?

DSCF8607_convert_20130325133637.jpg
リード中のGramps

と下の方から「ぽっぽー!」のコール。
今朝入山して赤岳主稜をワンディーアッセントするぽっぽの若者衆4人である。
ぽっぽコールを返す。

いつもそうだが、
山でぽっぽコールを聞くとなぜかうれしくなる。

氷の状態は右半分は下を水が流れている。
中ほども一部シャンデリア状態のところがあるも、
何とか登れる状態である。

DSCF8622_convert_20130325133701.jpg
Babさんの登攀

上部に行くと上からの融けた水が切り状態で降ってきて衣服を濡らすが、
我慢はできる。

DSCF8624_convert_20130325133726.jpg
NewK2さんの登攀。

ここは私が3本、
babさん、newK2さんがそれぞれ2本登って10時過ぎに下山。

丁度このころから大勢のパーティーが登って来られた。

早朝練習は勘が当たったと自分たちをほめながら下山。
充実したアイスクライミング練習ができました。

今季のアイスクライミングはこれが最後でしょう。

来季は怪我をしないように注意して、
もっと精力的に楽しんでみたい。

DSCF8629_convert_20130325152225.jpg
美濃戸から見た3月23日の阿弥陀岳