大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

不動岩正面壁 イレブンJ(11j) 第2登

先日アンパンマンさんから11J登りましたよとお聞きしました。
プライベートグレード11jの第2登をうれしく思います。

不動正面を登られているクライマーの方、12を狙っている方ぜひトライしてみてください。
この11jが登れれば、ガバホールドの12aはすぐに登れるようになること請け合いです。

以下は2007年2月に書いた記事です。


不動岩プライベートグレード                   2007.02.28
         11j(イレブンJ)不動岩のもう一つの遊び方)   Gramps

フリーを始めたクライマーが不動の正面に来て一所懸命に登り、各ルートをRPしたらより高いグレード、新しいルートを求めて次の岩場に移動していくのを毎年、毎年見てきました。
私もその一人ですが・・・それでも不動は私の愛する素晴らしい岩場です。

 不動の正面で一度に2本、3本と連続して登ったらどんなグレードになるのでしょうか?
それを登れたらまた新たな自己満足ができるのではとプライベートグレードを考えたのが一昨年の11月。

2~3ヶ月登ってはトライするのを忘れてしまい、何ヶ月も後に思い出したようにトライをして、昨日ようやく全部レッドポイントできました。嬉しかった!

このグレードはオンサイトグレードであれば12クラスはあると思いますが一度RPしたルートを連続して繋いでいくため、あくまでもグレードは11クラスとしました。

12を登るための持久力をつける良いトレーニングになるのではないでしょうか。

記録:
05.11.05:タイコ・ワンマン:11g
06.01.08:小熊・タイコ:11e
06.01.17:小熊・ワンマン:11f
06.01.22:ペガサス・小熊・タイコ11f
06.01.25:ペガサス・タイコ11d
06.03.11:ペガサス・ワンマン11e

06.12.03:小熊・タイコ・ワンマン:11i
06.12.05:ペガサス・小熊:11c
06.12.11:ペガサス・タイコ・ワンマン:11h
06:12.18:ペガサス・小熊・ワンマン:11g

07.02.27:ペガサス・小熊・ワンマン・タイコ:11j

不動岩正面壁プライベートグレード(その1)(レッドポイント)

ペガサス 11a                      
小熊物語 11b                      
タイコ 11c                      
ワンマンショー11d                    
                           
ペガサス・小熊 11c= a+b                  
ペガサス・タイコ 11d= a+c                  
ペガサス・ワンマン 11e= a+d                  
小熊・タイコ 11e= b+c                  
小熊・ワンマン 11f= b+d                  
タイコ・ワンマン 11g= c+d                       
ペガサス・小熊・タイコ 11f= a+b+c                  
ペガサス・小熊・ワンマン11g= a+b+d                  
ペガサス・タイコ・ワンマン11h= a+c+d                  
小熊・タイコ・ワンマン 11i= b+c+d                                      
ペガサス・小熊・タイコ・ワンマン11j=a+b+c+d    
スポンサーサイト
八ヶ岳・南沢大滝・アイスクライミング

期間:2013.03.21夜~23
参加者:Nanohabab、NewK2、Gramps

DSCF8558_convert_20130325152151.jpg
美濃戸から見た3月22日の阿弥陀岳

怪我復帰後3度目のアイスクライミング。
今回はアイスクライミング初めてのNewK2さんと3人で小滝、大滝で楽しみながらの練習をしてきました。

3月22日(金):
連日暖かい日が続いているので
コンディションを心配しましたが何とか登れる状態でした。

DSCF8559_convert_20130325133206.jpg
登攀準備前の休憩

今日は小滝で練習。
2週間前にはぶら下がっていた右側の氷もバッサリと落ちていた。

DSCF8560_convert_20130325133232.jpg
小滝全景。右端に落下した氷柱が見える

この時期になると氷も荒れて階段状を呈しているが
我々初心者にとっては氷に慣れるために丁度良い。

DSCF8561_convert_20130325133253.jpg
1本目の登攀・Gramps

DSCF8572_convert_20130325133328.jpg
Babさんの登攀

DSCF8577_convert_20130325133359.jpg
NewK2さんの登攀

天気も良く、全く寒くなく素晴らしいクライミング日和となる。
また我々以外に誰もいないのでのんびりと登ることができた。

DSCF8590_convert_20130325133427.jpg
3本目の登攀

DSCF8595_convert_20130325133456.jpg
4本目の登攀

各人それぞれ4本づつ登って終了。

昔はアイスクライミングなんてどこが面白いろんか?なんて言ってたが、
今じゃ結構面白くなってきた。

3月23日(土):
天気予報では今日は曇り。
昨夕1時間ほど雪が降ったが、4時の起床時には快晴である。

DSCF8599_convert_20130325151505.jpg
3月23日の南沢大滝全景

今日は大滝に出かけてみる。
土曜日なのと早く帰らなければならないので早朝出勤。

6時半に到着。
小滝と比べてスケールは格段に大きい。

DSCF8605_convert_20130325133557.jpg
1本目の登攀・Gramps

昨日は小滝のブルーアイスに感激、
今朝はそのスケールにびっくりのNewK2さん。

まだ我々以外に誰も来ていない。
今日も我々に貸切の用意をしてくれたのであろうか?

DSCF8607_convert_20130325133637.jpg
リード中のGramps

と下の方から「ぽっぽー!」のコール。
今朝入山して赤岳主稜をワンディーアッセントするぽっぽの若者衆4人である。
ぽっぽコールを返す。

いつもそうだが、
山でぽっぽコールを聞くとなぜかうれしくなる。

氷の状態は右半分は下を水が流れている。
中ほども一部シャンデリア状態のところがあるも、
何とか登れる状態である。

DSCF8622_convert_20130325133701.jpg
Babさんの登攀

上部に行くと上からの融けた水が切り状態で降ってきて衣服を濡らすが、
我慢はできる。

DSCF8624_convert_20130325133726.jpg
NewK2さんの登攀。

ここは私が3本、
babさん、newK2さんがそれぞれ2本登って10時過ぎに下山。

丁度このころから大勢のパーティーが登って来られた。

早朝練習は勘が当たったと自分たちをほめながら下山。
充実したアイスクライミング練習ができました。

今季のアイスクライミングはこれが最後でしょう。

来季は怪我をしないように注意して、
もっと精力的に楽しんでみたい。

DSCF8629_convert_20130325152225.jpg
美濃戸から見た3月23日の阿弥陀岳
     備中・長屋坂(KGさんの還暦祝い山行)

日程:2013.03.16~17
参加者:KG、タオチュー、晴れ山、だって姉さん、ポイ、
           子ヨーゼフ、Mototoro、Ysy、牧師、ひよこ、Shokuda、Gramps

今日の主役のKGさんが広島在住のため、
大阪と中間あたりの備中で開催することに決まりました。

16日(土):長屋坂に集合。

ハイキング組は牧師、子ヨーゼフ、YSYさんは臥牛山に登りに行き、
帰りにだって姉さんを高梁駅でピックアップして食料を調達してくれて山小屋に直行する。

クライミング組はポイ君のこの日まで延ばしにのばした
「黒鳥の交差点」RP応援がてら適当に登る。

DSCF8493_convert_20130318212845.jpg
先ずは先輩・ポイさんから「黒鳥の交差点」を。ビレーヤーはタオチュー君

おっと、広島から来ている新進気鋭のたおちゅー君も今日は「黒鳥」のRPをひそかに狙ってきているようだ。

2人の間には登る前から、
静かな火花が散っているようだとは穿ったみかたか?

DSCF8498_convert_20130318212915.jpg
ザグでアップするひよこさん

思わず「タオチュー、先輩より早くRPしたら承知しないぞ!」
と冗談でも本気でもないことを言ってしまった。

久しぶりにお会いする島根のSkさん。お子様と来られていた。

DSCF8520_convert_20130318213203.jpg
SKさん親子


今日の結果は、たおちゅー君が先行あわやRPと、
本日最後のトライでポイ君核心2手もうまくこなして通過。

その後不用意にもフォール。
無念!思わず「あほっ!」と怒鳴りつけてしまった。

結局今日は二人ともRPできず、」明日に持ち越しとなる。

DSCF8499_convert_20130318212938.jpg
KTGWさんの登り

私のクライミング結果:
1)ザグ、2)プラナン、3)壁の散歩道、4)ミセスりえこ、
5)スプリング、6)黒鳥の交差点

DSCF8500_convert_20130318213005.jpg
はるばる東京から駆けつけてくれた、自称晴れ男のTTハイスクール。身長は言い訳になりません。

長屋坂は2年振りの訪問ですべてのルートがオンサイトトライ気分。

「壁の散歩道」、「ミセスりえこ」は難しかったが何とか登れた。
「スプリング」は3テンでOSしたルートとはとても思えない。

DSCF8501_convert_20130318213033.jpg
今日の主役・還暦を迎えたKGさん

DSCF8507_convert_20130318213102.jpg
ミセスリエコを登るKGさん

「黒鳥の交差点」はほうほうの体でトップアウト。
このルートも10年ほど前にホンマにRPしていたのか疑問が残るほどだ。

DSCF8508_convert_20130318213131.jpg
スプリングを登り始めるGramps

夕方からはKGさんの還暦お祝い宴会。
今回は特別の催しもなく、岡山産和牛でのすき焼き鍋を囲んで歓談。

DSCF8527_convert_20130318213233.jpg
宴会に突入。先ずは乾杯!おめでとうございます。

残念なことに進呈するお祝いの品を家に忘れて来てしまった。
担当者に成り代わりお詫びします。「すみません」。

DSCF8529_convert_20130318213302.jpg
還暦祝いのお品・目録渡し

DSCF8530_convert_20130318213332.jpg
中島みゆきファンのKGさん。

DSCF8532_convert_20130318213400.jpg
駆けつけてくれたShokudaさんと

DSCF8539_convert_20130318213433.jpg
宴会一コマ

DSCF8541_convert_20130318213508.jpg
宴会一コマ(その2)

6時から始まった宴会も11時半に終わり、
明日のRPのために就寝。

それにしても持ち込んだ酒の量は多かったなあ!
飲んだ量は知りません、わかりません。

17日(日):
今日ももちろん長屋坂。
昨日と打って変わって大賑わいである。

顔見知りの方々も何人かお見受けしました。

DSCF8544_convert_20130318213537.jpg
アンパンマンも来ていました

今日の「黒鳥」RPを目指すお二人。
先ずは禁を破ってタオチュー君が早々とRP。

下りてきてビレーヤー・ポイ君の前で土下座する役者ぶりを披露。

DSCF8551_convert_20130318213636.jpg
タオチュウー君の「黒鳥」RPの瞬間。おめでとう!

満を持していたポイ君も、
早川会長の「RPは今日まで延ばせ」の命を良く守って見事RPしました。
苦節2か月?

これに対して私は?
1)ザグ、2)ミセスりえこ、3)ストライクバック、4)ストライクバック、5)スプリング、6)99(ナイティーナイン)

DSCF8547_convert_20130318213604.jpg
久しぶりに岩に取り付いたYSYさん

1回目の「ストライクバック」は何とかトップアウトでき、
2回目にはノーテンでとトライしたが力尽きて登りきれずがっくり。

DSCF8552_convert_20130318213710.jpg
久しぶりにお会いしたお二人

少し休んで、「スプリング」を登ってみる。
昨日3テンであったが、今日は何とかノーテンで登れたのでちょっと落ち込みから立ち上がれた。

続いて、何年振りだろうか「99ナインティーナイン」にトライ。

DSCF8556_convert_20130318213819.jpg
アラミちゃんの吹き矢の娘

オンサイトトライのようだ。
残念ながらムーブは分かったが、もうよれよれで力がでない。

新進気鋭のたおちゅー君に後をお願いして、悲しい敗退。

破竹の勢いの彼もさすがに疲れているのか、
フラッシングはできなかった。

なぜかホッとしている自分がそこにいた。

このころ会長・牧師も、ひよこさんもTTはハイスクールで苦戦していた。
もうこれで終わりましょうと言っているようだ。

ということで、今回のKGさんの還暦山行も幕となりました。

いつも思うことだが、
「よしっ!フリーも頑張るぞ」と。

でもフリーだけじゃ満足できないのも事実。
いろんなことがしたい。クラックも、アイスもアルパインも。

まあ楽しく登れれば良いじゃん!!(東京弁?フリーが登れない言KGか)

DSCF8553_convert_20130318213746.jpg
「黒鳥」RP後の満面の笑顔、得意げ顔のポイ君。おめでとう!


還暦のKGさんからのメッセージ:

このたびは、
私の為に還暦山行をしていただきありがとうございました。

備中では、久しぶりのフリークライミングを楽しめることができました。
(橋本劇場も)

又、夜の宴会も盛りあがり楽しく過ごせました。
たくさんの料理をしていただき感謝しております。
あらためてお礼申し上げます。

私は、1月末に定年退職しましたが、
再雇用でしばらく同じ仕事を続けております。

これからは、以前より自由な時間が増え、
ぽっぽの皆さんと登る機会も増えると思いますがよろしくお願いします。

私としては、Grampsさんみたいに
後10年くらいはアルパインを続けたいと思っております。

これからもよろしくお願いいたします。



   八ヶ岳
    乙女の滝、ナイヤガラ滝、南沢大滝、小滝


期間:2013.03.07~2012.03.09
参加者:NanohaBab、Ogs、Hnd、Gramps

DSCF8427_convert_20130310160748.jpg
乙女の滝

3月7日(木):
今回はのんびりアイスクライミング。
7日早朝出発して夕方赤岳鉱泉小屋に到着。

DSCF8368_convert_20130310160826.jpg
美濃戸から見た阿弥陀岳

DSCF8374_convert_20130310160848.jpg
歩きだして1時間・15時20分。大同心、小同心が見えてきました。

前月に続き今回も小屋泊まりとする。
テント泊もできなくなり、だんだんと堕落?していくのだろうか。

夕食までに少し時間があるので、
人工アイス壁・アイスキャンディーを1本づつ登ってみる。

DSCF8377_convert_20130310160927.jpg
人工氷壁・アイスキャンディーを登るHndさん
DSCF8382_convert_20130310161001.jpg
アイスキャンディーのOgsさん
DSCF8384_convert_20130310161225.jpg
Gramps
DSCF8387_convert_20130310161252.jpg
NanohaBabさん

食事前に持参した愛飲している菊正宗を燗して一人頂く。

DSCF8388_convert_20130310161319.jpg
夕食のひと時

DSCF8391_convert_20130310161346.jpg
今晩の献立

3月8日(金):
今日はじょうご沢の乙女の滝に出かける。
Fi、F2の滝は埋まっている。

F3の滝は左から巻いて越して、前に進む。
やがて右奥に立派な滝が見えてくる。乙女の滝である。

取り付きまでは雪で埋まっており、
凍っているところは最後のみである。

乙女の滝は風の通り道だそうだが、
今日の風はきつい。時々飛ばされそうになる。

DSCF8400_convert_20130310161414.jpg
乙女の滝をリードするOgsさん

風があるので寒い。
取りあえず左から滝の裏側に廻りこんで、防寒のための服装を整える。

一部水が滴り落ちている。
その滴が飛んできて服を濡らすが直ぐに凍りついてしまう。

乙女の滝は全員初めてである。
今日は一番登り易いところを選んで右を登ってみることにする。

Ogsさんがリードしてくれて、
残り3人はトップロープでトライする。

DSCF8403_convert_20130310161438.jpg
乙女の滝のBabさん

TRで登るのだが、
右の壁には足を掛けずに登るように心がけ、
それができたので満足です。

あまりにも寒いので、各人1本登って、
次のエリア・ナイヤガラの滝に移動することにする。

ここより少し下りて、
右に曲がり(下からは左)登り詰めていくこと10分で到着。

DSCF8409_convert_20130310161506.jpg
ナイヤガラのHndさん

正月よりは大分埋まっているとのこと。

ここは真ん中をリードしてみる。
何とか抜けれた。時々青空が覗く。

DSCF8414_convert_20130310161536.jpg
ナイヤガラのGramps

振り返ってみると左に大同心、
その向こうに赤岳、中岳、阿弥陀岳が美しい。

DSCF8419_convert_20130310161615.jpg
ナイヤガラから見た大同心、赤岳、中岳、阿弥陀岳

寒いので「のんびりクライミング」を実行に移し下山開始。

DSCF8426_convert_20130310161746.jpg
下山開始

帰りのF3は懸垂で下り、
小屋に2時半に帰着。

まだ早いのでアイスキャンディーで遊ぼうという意見もあったが、
「のんびりクライミング」を実行して部屋でほっこりする。

勿論、菊正を「燗をほっこりとして一杯飲まう」

DSCF8440_convert_20130310161813.jpg
夕食はステーキでした

3月9日(土):快晴
21時就寝、6時起床。

DSCF8445_convert_20130310161851.jpg
外は窓の近くまで積もった雪とツララと

昨夜に引き続きよく眠りました。
昨夜は時々強い風が吹いていたようだ。

外に出てみたら大同心も小同心も真っ白に化粧している。
雪も降ったようだ。

DSCF8454_convert_20130310161927.jpg
昨夜の雪で大同心、小同心も雪化粧

今日は南沢大滝でのアイスクライミング。
8時出発して中山峠で小休憩後、行者小屋小屋経由で南沢小滝に。

DSCF8455_convert_20130310162254.jpg
中山乗越を登ってくる3人

南沢はOgsさん、Hndさんは初めてとか。

DSCF8463_convert_20130310172229.jpg
南沢小滝

昨日の乙女の滝、ナイヤガラの滝も誰もいなかったが、
小滝も我々だけである。

晴れていて風もなく温かい。
アイスクライミング日和である。

DSCF8473_convert_20130310162355.jpg
南沢小滝のHndさん

DSCF8470_convert_20130310162524.jpg
同じく小滝のBabさん

Ogs、bab、Hndさんの順で登り、
最後に私が登る。

どうにかリードで登れた。

DSCF8475_convert_20130310162451.jpg
南沢小滝をリードするGramps

その後TRでOgsさんと私は下まで繋がっていない氷柱にトライ。

腕がパンパンにパンプしてしまう。
(翌日の今日くしゃみ、咳をしたら腹筋が痛い)

ここを終えて次は大滝に向かう。

小滝から約10分詰めるたところにある。
3人の若者が既に登っていた。

我々の後すぐに年配のお二人が登って来られた。
昨年3月大同心大滝でお会いしたベテランのお二人である。

滝の真ん中をOgsさんがトライ。
トップロープを張り終えたら、
「もう時間がない」と事務方より声がかかる。

DSCF8485_convert_20130310162551.jpg
南沢大滝を登るOgsさん

Babさん、Hndさんはパス。

私はリードしてみたかったが、
時間の関係でそのままTRでスクリューを回収しながら登ることにする。

「アックステンションなしでスクリューを回収しながら登る」ことを課してみる。

見事?できたのでうれしかった。

登り終え整理してみなさんにお別れの挨拶をして下山開始。

もう少し登りたかったが、時間が無くなったのでしょうがない。

今回はのんびりした山行ができました。
楽しかったです。皆さんに感謝。

記録:
3/7:大阪駅6:30→名神高槻バス停7:00→美濃戸駐車場13:00、
   美濃戸山荘13:30~赤岳鉱泉小屋15:50

3/8:小屋8:15~乙女の滝9:15、ナイヤガラの滝13:45~小屋14:35
3/9:小屋8:00~中山乗越8:27、8:35~行者小屋8:45、8:50~
   南沢小滝9:35、大滝13:20~美濃戸駐車場14:00→高槻バス停20:30
   30年ぶりの 鷲峰山(じゅぶさん)

DSCF8356_convert_20130306132611.jpg
和束町の茶畑

期間:2013.03.04
参加者:NanohaBabさん、Gramps

鷲峰山は今回で3回目の訪問である。
最初は30年前に、そして2回目は翌年の1984年秋でした。

その当時の記憶は金胎寺山門を入ったところの寺務所前か、
多宝塔前かは記憶がないが素晴らしいモミジの紅葉と、

行場内にある滝しか覚えていない。

そして今回登ったルート・大道寺コースは過去に登った東海自然歩道の犬打峠経由、
湯屋谷コースとは違ったコースから登れたのもよかった。

DSCF8262_convert_20130306130905.jpg
京阪宇治駅前

京阪宇治からバスで維中前で下車、
空は晴れ亘りハイキング日和である。

DSCF8264_convert_20130306130936.jpg
田圃道のその奥の中央の山が鷲峰山だそうです

温かい日差しの下、たんぼ道を進んでいく。
一番遠くに見える山が鷲峰山の山頂だと連れが教えてくれる。

遠くには茶畑の緑が美しい。

DSCF8267_convert_20130306130957.jpg
茶畑

間もなく左に大道寺、右に信西入道の塚、
少し進んだ左に天満宮の鳥居を後にして道なりに急坂を登って行く。

DSCF8271_convert_20130306131024.jpg
大道寺
DSCF8272_convert_20130306131045.jpg
信西入道の塚
DSCF8273_convert_20130306131111.jpg
天神宮

途中振り返ると田辺の街?が眺望できる。
1時間余りの登りで立派な東屋の休憩所に到着。

DSCF8275_convert_20130306131133.jpg
休憩所の東屋

平成5年建設と記されていた。
東海自然歩道との合流点であもある。

ここで小休憩して、後は平たんな道を進むこと15分。
ここから5分少しで急になった坂を登りきったところが、金胎寺の山門である。

DSCF8281_convert_20130306131202.jpg
金胎寺山門

ここで小休憩をして山頂に向かう。
山頂の手前の平坦地には本堂、多宝塔、行者堂があり、

DSCF8285_convert_20130306131358.jpg
多宝塔
DSCF8286_convert_20130306131429.jpg
本堂
DSCF8287_convert_20130306131458.jpg
宝篋印塔

その上の山頂(685m)からは北に少し開けており、
そこからは遠く琵琶湖、その向こうに雪を冠った比良連峰が望めた。

DSCF8291_convert_20130306135932.jpg
山頂より北方面を望む
写真でははっきり見えませんが、琵琶湖その向こうに雪を冠った比良山がはっきり見えました。

地理的には北西方向には愛宕山、地蔵山が望めそうだが、
見えたのがそれらの山なのか私にはよく分からなかった。

戻って行場めぐりに出かけることにする。
入口に料金箱が供えてある。

DSCF8297_convert_20130306131641.jpg
行場入口の料金箱

金300円也。30年前は100円であった。

DSCF8299_convert_20130306131713.jpg
行場に入ってすぐのところから見た展望

初めは尾根道を進み展望も開けたところを通り過ぎ、
迎え行者の石像を見ながら少し下り、

DSCF8302_convert_20130306131741.jpg
迎え行者像

やがてまた平坦な尾根進んで、「行場の辻」辺りから一直線に下っている。
やがて水音が聞こえてくる。

DSCF8304_convert_20130306131809.jpg
東覗

東の覗き、西の覗きは木々が生い茂って迫力は今一つである。
滝の手前に到着。

DSCF8305_convert_20130306131839.jpg
西覗

ここからは滝への真下へは進入禁止。
左にトラバースして、胎内潜りを経ると。

DSCF8314_convert_20130306131907.jpg
胎内潜りを出たところ

その先に小さな滝がある。
左側が一部凍っている。

近づいて写真を1枚。
その後沢を遡って行くと踏み跡もなくなりどうもおかしい?

DSCF8319_convert_20130306131935.jpg
一部凍った滝の前で

引き返してみると、果たしてルートは沢を下るようになっていた。
目の前の滝に気を取られて下りへの目印を見落としていた。

少し下って、小さな岩場を下ったところが、
先ほど直下禁止の滝「千手の滝」である。

DSCF8322_convert_20130306132002.jpg
千手の滝の前で

多分この滝が30年前に来た時の記憶に残っている滝のようだ。

少し下って今度は「五光の滝」である。

DSCF8324_convert_20130306132032.jpg
五光の滝への下り

DSCF8325_convert_20130306132109.jpg
五光の滝

ここを下って行くと、「→」印。そのすぐ先左に「x」印がある。

連れに矢印まで戻ってもらい確認してもらったが良くわからずに先へと下ってみることにする。

道に細い木が倒れて通せん坊のようになっている。
蔓がその下に同じように通せん坊状態にある。

それを潜ってどんどん下って行く。立派な林道になる。

行場入口に係の人はいなかったので地図(概念図)はもらえなかった。

尚も下ってみるもますます不可解になる。
入口で撮った概念図を確かめてみる。

もう少し下るのだろうと疑心を抱きながらも5分下ってみる。
やっぱりおかしいので引き返すことに。

最初のおかしいと思ったところに引き返してみたら、
しっかりした目印があった。

ここで渡渉して今度は登り返すのである。

おかしいと思ったところでは、
冷静になってしっかり確認しなければいけないと肝に銘じる。

ロスタイム30分。
最初の滝のロスタイム10分。合わせて40分のロスタイムとなる。

それに今思うに道を通せんぼしていたのは、
この先は行場じゃありませんという印のようだ。

渡渉して少し左にトラバースしてからは登り一方である。
岩が次から次にあらわれ正に行場といった感じ。

DSCF8329_convert_20130306132205.jpg
役小角像

岩登りをしている者にとっては2級くらいの岩場でクライミングそのものはたいしてて面白くもないが、
「行」・足腰のトレーニングとしては価値があると思う。

各ポイントポイントには名称がついてる。
護摩壇、鐘掛岩、小鐘掛、平等岩、蟻の戸渡り等々。

DSCF8332_convert_20130306132234.jpg
鎖場を登る

登っていて所々周囲の景色の良いところもありなかなか面白い行場である。
往きに通過した「行場の辻」に合流して、入口に戻る。

DSCF8335_convert_20130306132310.jpg
行場の辻(合流点)に戻ってきました
左の赤の矢印が往きの順路

高度計測ってみたら高低差205mとでました。

DSCF8336_convert_20130306132339.jpg
寺務所&休憩所
休憩所は閉まっていました

寺務所の前で遅い昼食を取って、
東海自然歩道を原山へと下山。

DSCF8342_convert_20130306132406.jpg
間伐され手入れの行き届いた杉林と東海自然歩道

途中から見る茶畑とその向こうの街の景色は疲れた体を癒してくれる。

DSCF8343_convert_20130306132443.jpg
茶畑1

DSCF8348_convert_20130306132511.jpg
茶畑と和束町の街

DSCF8351_convert_20130306132540.jpg
茶畑2

DSCF8357_convert_20130306132636.jpg

原山に着いたらバスは出た後で1時間待ち。
あのロスタイムがなければ楽勝に乗れたのになあ。

DSCF8365_convert_20130306132802.jpg
バスを待っている間にお話をした81歳のおばあちゃん。
このお歳でいまだバにイクに乗っているのには驚きました
DSCF8367_convert_20130306132832.jpg

待っている間に加茂に住んでいる山本薫さんから「迎えに行きましょうか?」と電話が入る。
ありがたかったがもう15分もすればバスも来るので、加茂駅で待ち合わせして久しぶりの再会を楽しむ。

DSCF8360_convert_20130306132905.jpg
原山からの参詣道入口

30年目の鷲峰山、
30年後に再訪できるでしょうか?その時、わたしゃ99です。

記録:
自宅6:40~最寄駅7:03→河原町7:36~祇園四条7:47→中書島7:59→宇治8:17.8:25→バス→維中前8:55~天神宮9:40~東屋休憩所10:40、10:50~金胎寺山門11:15~山頂11:33~

行場入口11:45~胎内潜り12:25~五光の滝12:44~行場の辻13:55~行場入口14:08(金胎寺境内)
14:42~原山15:40、16:37→加茂17:03


加茂17:53→島本19:20

鷲峰山行場巡り11:45~14:08

前回1時間40分、今回2時間23分(ロスタイムを引くと1時間43分)
30年前とほぼ同じ時間で回れたことに感激


交通費:
阪急:270円、京阪300円、バス(宇治→維中前)440円、バス(原山→加茂)440円?JR加茂→最寄駅950円 計2400円