大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

タイ・プラナン(その5)リゾートクライミング

日程:2013年1月17日夜~1月28日朝         
参加者:Ei、Sonoちゃん、INN、UHR、ASOK、KN、Gramps

写真は文章の行間に適当に挿入しました。
DSCF7887_convert_20130201072917.jpg
朝ぼらけの浜辺を散歩する

1月23日(水) :
昨夜はまた部屋に集合して2次会ムード。
私はこれ以上飲めないのでベッドで横になって聞いたり話したりしていた。

いつの間にか眠ってしまっていたようだ。

22時過ぎに目覚めたときには、
皆さん各部屋に退却されていた。

今朝は寝過ごしてしまった。
目覚めたら5時40分である。

それでも6時前にはいつもの散歩に浜辺に出かける。

今日は時間の関係で歩く距離を半往復と短縮する。

浜辺の水際接線に対してすこし角度のある波は、
打ち寄せる波頭が進む方向に走るように進んでいく。

繰り返し、くりかえし起こる白波は曙光に美しく輝いて走っているようだ。

こんな光景を見られるのも散歩しているものの特権か?

今日も薄曇であったが昨日よりは明るいような気がする。

朝食後8時15分出発。

DSCF7898_convert_20130201073018.jpg
Freedom Safari 7a 25mを登り終えてのSonoちゃん

今日のエリアはwild Kingdom Wall

DSCF7903_convert_20130201073056.jpg
Name Unknown 6b 25mを登るUHRさん

登ったルート:全てトップロープ
1)⑫Freedom Safari 7a 25m
2)②Barato barato 6a+ 15m
3)⑮Name Unknown 6b 25m

DSCF7918_convert_20130201073142.jpg
Name Unknown 6b 25mを登るGramps

Freedom Safariは故吉岡さんの思い出のルート(私にとっても)なので最初に登る

無理せずに2テンで登る。
終了点に吉岡さんの思い出のカラビナを残置してくる。

ひと登りすると汗びっしょりになるが、
降りてきてすこし休んでいると汗も引きしのぎやすい。

さわやかな風が吹いてくるので寝たくなるも寝ずに我慢がまん。

終って次はFire Wallに転戦。
大賑わいで登るところもない。

DSCF7924_convert_20130201073218.jpg
Fire Wallから俯瞰したトンサイ湾の浜辺

結局私は登らずじまいに終る。
リハビリの私にはちょうど良かったかも。

帰り際に少し雨が降ってきたがすぐに上がった。

夕食は海岸べりのレストランに出かける。

DSCF7926_convert_20130201073416.jpg
浜辺のレストランから見た夕日

丁度海の向こうに日が沈むところ。
きれいな光景を見ることができ幸せだ。

DSCF7927_convert_20130201083206.jpg
素晴らしい夕日でした

メニューは
パイナップルライス、焼きそば、トマトスープ、トムヤンクン、そしてシンハビール。

DSCF7932_convert_20130201073343.jpg
夕食のひと時

締めて一人430バーツ。
最近は安上がりに済ますようになってきた。

帰りにぶらぶらショッピング。孫2人のTシャツを購入。

プラナンその6に続く
スポンサーサイト
タイ・プラナン(その6)リゾートクライミング

日程:2013年1月17日夜~1月28日朝         
参加者:Ei、Sonoちゃん、INN、UHR、ASOK、KN、Gramps

写真は文章の行間に適当に挿入しました。
DSCF7974_convert_20130201153519.jpg
タイワンド・ウォールより見たライレイビーチ、トンサイ方面

1月24日(木):
5時起床。ベッドで軽く体操後、浜辺に散歩に出かける。
今日も雲の合間には青空が見えるものの曇っている。

浜辺1往復の4分の1をゆっくりゆっくり走ってみる。
何とか走れたものの長い間走っていないので、すねの辺りの筋肉が強ばっているのがわかる。

DSCF7933_convert_20130201153558.jpg
明け方のアオナン・ビーチ
  
朝食時、皆さんすこし疲れが出ているようなので、
出発は15分延ばして8時30分とする。

今日のエリアはタイワンド・ウォール。
タイワンドウォールは
いつも日陰でその上に一日中風が吹き抜けて涼しく登れるエリアである。

DSCF7937_convert_20130201153642.jpg
Caveman下部 6b 10mを登るASOKさん

そして上から海を見下ろせ、
ロケーションも抜群である。

DSCF7938_convert_20130201153714.jpg
Monky Love 6b 25m を登るKNさん

ただ、今日は一時的に凪もあった珍しい日でした。
それでも楽しく登れました。

DSCF7953_convert_20130201153749.jpg
Circus Oz 1ピッチ目 6a+ 25m終了点から見たライレイ湾

DSCF7942_convert_20130201153919.jpg
Caveman下部 6b 10mを登るINNさん

登ったルート:全てトップロープ
1)⑥Monky Love 6b 25m
2)②Organ Grinder 6c 25m ノーテン
3)⑤Circus Oz 1ピッチ目 6a+ 25m
4)⑧Caveman下部 6b 10m

DSCF7941_convert_20130201153843.jpg
Circus Oz 1ピッチ目 6a+ 25mを登るEIさん

DSCF7964_convert_20130201153952.jpg
Organ Grinder 6c 25m 終了点間際のGrams

14時過ぎであったが、
全員疲れ気味なので終了して、ライレイのお店をショッピング。

DSCF7973_convert_20130201154138.jpg
ライレイ湾入口

DSCF7970_convert_20130201154028.jpg
Out of Stcks 7a+ 25m をトライするSonoちゃん

DSCF7980_convert_20130201154212.jpg
仲の良いお二人さん

帰還して30分の階段空身昇降。
飲んだビールのアルコールも汗とともに流れたようだ。

シャワーを浴びて食事に出かける。

DSCF7971_convert_20130201154058.jpg
Circus Oz 1ピッチ目 6a+ 25m終了点から俯瞰したライレイ・ビーチ

気になっていたので今日一日(24日)の気温を測ってみる。

ホテルの室内気温:就寝時はクーラーを切って寝ます。
朝方計ってみたら27.9度でした。

日本では熱帯夜ですが、
長袖長ズボンでも暑くありません。湿気が少ないからでしょうか?

朝方の外気温は28度でした。

昼ごろの岩場(日陰でウインディー)では30度でした。


プラナンその7に続く
タイ・プラナン(その7)リゾートクライミング

日程:2013年1月17日夜~1月28日朝         
参加者:Ei、Sonoちゃん、INN、UHR、ASOK、KN、Gramps

写真は文章の行間に適当に挿入しました。
DSCF7982_convert_20130202105316.jpg
今朝のアオナンビーチ     今回初めて晴れた朝を迎えました。

1月25日(金):
5時起床。昨夜は何度となく目覚める。
疲れているのだろうか?

朝の散歩はいつもより15分早くスタートする。
初めて晴れた朝を迎える。15分早いとまだ暗い。

トンサイから船で3人やってきた。
料金を聞いたら500バーツだったそうだ。

一昨年聞いた時は600バーツだと聞いた。
価格交渉で適当に決められるようだ。

今朝は先ず浜辺1往復の1/4を歩いて、
次の1/4をゆっくり走り、次の1/4は歩き、最後の1/4をゆっくり走ってみた。

汗びっしょりになるも、爽快感がある。
帰ってシャワーを浴び朝食とする。

DSCF7985_convert_20130202105414.jpg
ノースフェースにサルの集団(10数匹)が現れました。
子ザルもうまく壁を登っていきます。
やばいところはお母さん猿がストップをかけていました。


DSCF7989_convert_20130202105453.jpg
Nullakyion 6a 23m上部を登るサルとUEHRさん
横からボス猿に威嚇され、下からは物珍しくついて来られていました。

今日のエリアはダイヤモンドケーブ。
ダイヤモンドケーブは到着したその日に来たところであるが、
残念ながら当日は胃痛と腸の異変でトイレに何回も走り大変な状態で、
皆のクライミングを見ていただけで終わった。

今日は体調もよく楽しく登れました。

DSCF7990_convert_20130202105517.jpg
Keep The Jam Man 6a 20mを登るKNさん

DSCF7993_convert_20130202105614.jpg
Les Peites Oreilles 6b+ 21mを登るASOKさん

登ったルート:全てトップロープ
1)⑨Keep The Jam Man 6a 20m
2)⑫Nullakyion 6a 23m
3)⑮Seven Seven Seven 6b 23m
4)⑱Attactic 6c 20m  残念1テン(11年RP済み)

6cのこのルート力いっぱい使って登ったので満足をしています。

DSCF7992_convert_20130202105548.jpg
Seven Seven Seven 6b 23mを登るINNさん

今日も14時30分と早めに終わり、
ライレイの登山店でショッピング。

Tシャツ、クライミングパンツを購入(1割引いてくれた。サンキュー)

DSCF7994_convert_20130202105718.jpg
ガイドさんと
一昨年はこの店はなかった。
一昨年このガイドさんが突然ビレーを依頼してきたのにはびっくりしました。
後で聞いたらお客さんのビレーに不安があったからだそうです。
面白いガイドさんもいるんだなあと、その時思った。
そのガイドさんです。


夕食は一度も顔を出していない屋台にする。
行く前にもうビール、日本酒を飲みながら記録を書いています。

シャワーを浴び、出かけるも、
結局今夜も屋台に行かずに近くのところで食べることになる。


プラナンその8に続く
タイ・プラナン(その8)リゾートクライミング

日程:2013年1月17日夜~1月28日朝         
参加者:Ei、Sonoちゃん、INN、UHR、ASOK、KN、Gramps

写真は文章の行間に適当に挿入しました。
DSCF8006_convert_20130202120751.jpg
今朝のアオナン・ビーチ

1月26日(土):
起床5時15分。腰周りの調子がいまいち。
疲れが溜まってきているのだろうか。

今日のエリアはトンサイ、ダムズキッチンである。

DSCF8009_convert_20130202120826.jpg
トンサイの海に散骨をするEIさん

疲れていそうなので、無理をしないでアップと一昨年RPした、6c+ライオンキングのみにしよう、
と今は思っていっるのだが・・・

浜辺に散歩に行く途中でも腰の状態がいまいち。
今日は走らずにゆっくり歩いて、写真を撮ったりしながら散歩そのものを楽しむ。

昨夕から調子を壊しているエイさんの体調は峠を越したとか。

DSCF8020_convert_20130202120858.jpg
Rod Yaak 6b 15mを登るUEHRさん

Dum’s Kitchen

DSCF8018_convert_20130202120950.jpg
Pahn Taalod 6a 15m を登るKNさん

DSCF8021_convert_20130202121017.jpg
Rod Yaak 6b 15m を登るGramps

登ったルート:全てトップロープ

1)⑭Pahn Taalod 6a 15m
         出だしと中間部でテンション。コルセットが邪魔して足が上げれない。
2)⑫Rod Yaak 6b 15m
         最後の核心部でテンション。これもコルセットのせいにしよう。
         どちらも以前にMOSしているので悔しい。

DSCF8016_convert_20130202120923.jpg
トンサイの海を見つめて、在りし日の彼を偲んでいるのだろうか・・・

日がさしてきたのと、皆さんも、私も疲れたようで、
モチベーションがあがらず。

6c+のライオンキングは挑戦する気さえ起きない。

売店でSonoちゃんと私はビール2本飲んでリラックス。

DSCF8030_convert_20130202121043.jpg
体調も戻ったのでSonoちゃんと一杯

もう登らないと最初に行っていたUEHRさんに、
売店の前の6bのルートを面白いですよと勧めたらその気になって登り始める。

続いてASOKさん、KNさんも釣られたように登りはじめるる。

最終日の今日はこれで打ち止めで、
船の時間まで昼寝などして休養となる。

DSCF8038_convert_20130202121150.jpg
トンサイ・ビーチ

DSCF8040_convert_20130202121215.jpg
今季最後の帰り船にて

帰りに今回初めて屋台に寄って焼き飯を食べる。
屋台の雰囲気も一昨年とは様変わりである。

同室の園ちゃんの仕事が終わった後、
部屋で最後の夜を飲んで食べて過ごす。少々飲みすぎました。

プラナン最終回に続く

タイ・プラナン(最終回)リゾートクライミング

日程:2013年1月17日夜~1月28日朝         
参加者:Ei、Sonoちゃん、INN、UHR、ASOK、KN、Gramps

写真は文章の行間に適当に挿入しました。
DSCF8045_convert_20130202221053.jpg
西の空に浮かぶ月。今回初めてみる月

1月27日(日):
5時起床。飲みすぎのせいか、
胃がすこし重い。

案の定下痢であると同時に後悔の念にかられる。

最後の浜辺歩きに花を添えてくれました。
まん丸い月が西の空から海辺を照らしている。

昨日まではこの時間はもう沈んでしまっているが、
今日初めて見ることができ、最高の最後の散歩ができました。


まさに早起きは三文の得でした。
月が沈んだら、東の空が明るくなりところどころ黄金色に染まった雲が見える。

DSCF8051_convert_20130202221126.jpg
月が沈んで、東の空は茜色に

1/2はジョッギングで走り通せたのでこれにも満足でした。

帰ってシャワーを浴び朝食とする。
ほんまに良い朝でした。

DSCF8056_convert_20130202221151.jpg
DSCF8058_convert_20130202221217.jpg
DSCF8060_convert_20130202221249.jpg
DSCF8061_convert_20130202221313.jpg
DSCF8062_convert_20130202221339.jpg


午前中は帰国準備、精算後ショッピング、食事をしたりして時を過ごす。

1月28日(月):
午前6時過ぎに関空に無事帰国して今回のタイ山行も終了しました。

記録:
1/17自宅20:00→関空21:57
1/28関空00:30→バンコク05:00、07:40→クラビ08:50?→ホテル09:15?
1/27ホテル16:20→クラビ16:50、19:05→バンコク20:20、22:35→
1/28→関空06:00、→自宅09:30


レート:
2008年→1バーツ3.3円。
2009年→1バーツ2.59円
2010年→1バーツ2.81円。
2011年→1バーツ2.72円。
2013年→1バーツ3.106円


DSCF8063_convert_20130203214133.jpg
故吉岡さんの記念樹・蝋梅の前にタイのビールをお供えしました。
蝋梅は道場駅前の大北商店の北側に昨年1月に植樹しました。
タイから帰ってきたら、花が咲いているかと思っていましたが、まだ蕾でした。
クライミング後にこの所で車座になって故吉岡さんはビールをよく飲んでいました。

2月7日:
DSCF8072_convert_20130207200704.jpg
今日烏帽子に行く前に、寄ってみましたら咲き始めていました。思わずシャッターを・・・

太閤道

期間:2013:01.16

山崎の合戦の折、
秀吉が西から山越えをして来たところからこの名がついたとか。



今日もリハビリです。
11㎏の荷物を背負って、展望台までの予定。

DSCF7716_convert_20130116154147.jpg
高浜街道の街並み

自宅から高浜の部落を抜けてを若山神社まで。
途中の島本体育館では連れ合いが卓球をしているので寄ってみる。

DSCF7721_convert_20130116154223.jpg
体育館での卓球風景

DSCF7724_convert_20130116154246.jpg
フラワーロード   四季を通じて花が咲いている

若山神社でしめ飾りをお返しして、小休止。

DSCF7726_convert_20130116154309.jpg
若山神社本殿

ここから太閤道の出発である。
いきなり急な登りとなる。

DSCF7728_convert_20130116154332.jpg
太閤道入口

怪我後先日の8㎏ボッカ?から11㎏にレベルアップ?
11㎏なのに20㎏くらい背負っている感じ。

体力が落ちているのだろう。

太閤道は若いとき何度も歩いているが、今回は20年ぶりくらいか?
ところどころ記憶のないところもある。

およそ50分くらいで目的の展望地に着いた。
神戸から来たというHCの方たちが昼食をしている。

DSCF7733_convert_20130116154432.jpg
神戸から来られたシニアーHCの方たち。入会を誘われたが…

ここから見る三川合流は最高である。
三川・左(西)から桂川、宇治川、木津川が合流して淀川となって大阪湾に注いでいる。

DSCF7730_convert_20130116154359.jpg
展望地から見た三川(左から桂川、宇治川、木津川)
中央少し上の左か右に走っている高架橋は京滋バイパス

このまま進めば金竜寺方面であるが、
今日は20分ほど休憩して、今来た道を引き返す。

45分で若山神社に到着。
最近は登りと下りに要する時間がほぼ同じである。

DSCF7737_convert_20130116154455.jpg
若山さん(若山神社)境内

若山さんの境内で、冬の日を浴びながらのんびりしたひと時を過ごし、
下山にかかる。

記録:
自宅9:35~体育館10:00~若山神社10:35、10:45~展望地11:35、
展望地11:55~若山神社12:40、13:00~自宅13:50
 烏帽子岩 その1 リハビリ(オール、トップロープ)

期間:2013.01.11
参加者:zume、NanohaBab、Ch、Gramps

今日は事故後59日目。定期診察の後午後から参加させてもらう。
先生の岩登りは禁止のお達しがあるが、リハビリを兼ねてALLトップロープで登らせてもらう。

登ったルート:
1)タイムトンネル
2)アフターバイト:下部のレイバックでの右足に乗り込むところはコルセットが邪魔をして乗り込めない。
3)クマカンテ
4)ゴールドフィンガー
5)ハーフ&ハーフ:下部のバランシーなところは、怖くてこわくて…
6)いじわるお米
7)おじいちゃんのどたどた落ち:左側から直登。

烏帽子岩 その2
期間:2013.01.12参加者:ZUme、YaMo、Ch、Kumi、Gramps

今日は天気も良く大勢の人が来られて、盛況でした。

DSCF7627_convert_20130114140229.jpg
ハーフ&ハーフのZume君

1本目:タイムトンネル:コルセットを嵌めているので、身体が固定されていて厳しい。

2本目:クマカンテ:

DSCF7638_convert_20130114140408.jpg
サピエンスのKumiさん

3本目:アルゼンチリ:カンテを掴んでバランスで立ち上がるところが厳しかった。

4本目:お米直登:TRなので比較的簡単に登れた。

5本目:サピエンス:やっぱり微妙なムーブがしんどい。
     上部の直登は右脇が伸びずにホールドに手がなかなか届かない。

DSCF7629_convert_20130114140347.jpg
サピエンスを登るChさん

6本目:タフ:レイバックでのハング越えはコルセットが邪魔をして左足が上がらず降参。

7本目:おじいちゃん:今日は真ん中から登る。

DSCF7636_convert_20130114140323.jpg
ゴ-ルドフィンガーを登るYamoti君
天王山~小倉神社     リハビリ

期間:2013.01.09

今日は会の季刊誌印刷&製本と例会のため時間的余裕がない。
近くの山を歩きリハビリを計画。

孫の幼稚園行きを見送った後、
天王山の麓の山崎聖天公園まで自転車で向かう。

DSCF7613_convert_20130110110410.jpg
最近立派な道標が建てられた。

先日東お多福山リハビリ歩きで8㎏背負っていたが、
今日は飲料水と少しのお菓子のみの空身歩くことにする。

山歩きは医者さんの許可がまだおりていないが、
勝手に積極的リハビリとして歩いたいる。

明後日の定期診察の結果が少々気になるのだが・・・

DSCF7614_convert_20130110110445.jpg
天王山山頂(270.4m)。石が積まれてどのくらいたったか?

誰が積んだのだろうか?どこから運んできたのだろうか?
山頂に立つといつも思います。

ここから標高200mの高さのところを北西にほぼ水平に進んでいく。
森林の中の気持ちの良いウォーキングができる。

およそ25分で、小倉神社への分岐。

DSCF7615_convert_20130110110532.jpg
この分岐のも3~4年前?に立派なテーブルと椅子を設置していただいた。

ここから右に折れおよそ25分下ったところに小倉神社がある。
下りは結構急でトレーニングには最適である。

DSCF7617_convert_20130110110555.jpg
小倉神社

小倉神社は奈良時代の718年の創建だそうだ。
平安遷都(794年)に際して御所の鬼門除けとして祈願もされたそうです。

DSCF7620_convert_20130110110619.jpg
境内にある大杉

時計を見たら印刷に行く時間が迫ってきている。
今の身体では、あわててもしかたがない。

ができるだけ急いで、今下りてきた道を登り返す。

DSCF7621_convert_20130110110641.jpg
小倉神社への分岐点。しっかりした道標もある。

気は焦るが、マイペースで歩くしかない。

往きよりも天王山までも、
そこからの下り、山崎聖天公園までも早く到着できた気がする。

DSCF7625_convert_20130110115030.jpg
山崎聖天さんの前にある公園

自転車で帰宅を急ぐ。
帰宅して昼食もそこそこにして駅に向かう忙しくも充実した半日でした。

記録:
山崎聖天前公園9:55~天王山山頂10:25~小倉神社への分岐10:47~小倉神社11:10
小倉神社11:18~分岐(稜線)11:41~天王山12:04~展望台12:13~山崎聖天前公園12:26

こうもり谷(事故検証)

期間:2013.01.08
参加者:NanohaBab、Hohshin、Ch、Zumw、Gramps

DSCF7581_convert_20130108180739.jpg
今日の衝原湖

今日のこうもり谷は寒~い!
たぶん1月には来たことがないのでは?

事故以来もう8週間(56日)が経ちました。
どうして逆さまになって(足にロープが引っかかって)落ちてしまったのか?

どうしても分からず、現場を見てもう一度考えてみたかった。
結果は、やっぱり分からずじまいでした。

DSCF7584_convert_20130108180819.jpg
検証のために復活を登ってくれたBabさん

DSCF7595_convert_20130108180852.jpg
トップロープとリードスタイルにして再現してみる
足がこのように引っかかることが、再現ではほとんどできない。

状況は3ピン目までクリップして、4ピン目を掛けるところまで登ったが、片手が離せなくクリップができない。
そこで落ちるよと、ビレーヤーに声をかけた後少しクライムダウンをして、外に飛ぶように落ちたつもり。

結果:左足がロープに引っかかり、逆さ仰向きになり壁にお尻、背中、最後に軽く頭を打つ。

ロープはほとんど真っ直ぐに伸びているルートです。

考えられる原因があれば、お教えください。

DSCF7597_convert_20130108180929.jpg
活断層のChさん

DSCF7599_convert_20130108180956.jpg
家の用事で遅れて来たZume君

DSCF7601_convert_20130108181023.jpg
活断層の取り付にて

DSCF7609_convert_20130108181051.jpg
今日4回目の活断層を登るHohshinさん
タフですね。全く!

寒いので今日は2時で打ち止めとなりました。

不動岩・ぶら下がりショー?

期間:2013.01.06

今日は登っていた人達のテンションスタイルを見てみようと・・・

DSCF7536_convert_20130107121833.jpg
リトルボーイのCHさん
いよいよ、正面デビュー・・・

DSCF7556_convert_20130107122228.jpg
小熊のYou Saku君
初めての小熊トライ。
残念ながら時間切れでハングから上には行けず、フェースのみのトライでした。
次回に期待



DSCF7537_convert_20130107121857.jpg
タイコのSKNさん
冬は彼の季節。久しぶりのタイコは少し勝手が・・・

DSCF7541_convert_20130107121949.jpg
ミート&ポテトのOh NO!さん
正面壁・ミートも勿論初トライ

DSCF7538_convert_20130107121923.jpg
タイコのKMKさん
その昔?RPしているのに。なぜTR?

DSCF7562_convert_20130107122255.jpg
小熊のBabさん
小熊もワンマンも、タイコもRPしているのに最近は・・・

DSCF7551_convert_20130107122045.jpg
リトルボーイのHGSさん     フォールした瞬間
今日彼は見事RPされました。

DSCF7545_convert_20130107122023.jpg
小熊のFJWRさん
ここが彼の核心部。その前で時間のロスしたのが残念です。

そのほかの人もシャッターチャンスがなく載せられませんでした。
私も幸運にもテンション姿はムービーのため、載せられない。

東お多福山  (リハビリ)

期間:2013.01.05

今日は怪我以来初めての長時間歩行リハビリに行ってみる。
いつものボッカトレーニングコース・芦屋川→東お多福山→石の宝殿→宝塚の
東お多福山往復に行ってきました。

荷物も初めての8㎏を背負ってみました。
中身は途中でダウンしてもビバークできるように
マット、ツェルト、シェラフ、シェルフカバー、ガス、コッフェル、水、生姜糖と行動食。
それに雨具くらいか。

DSCF7517_convert_20130107104753.jpg
風吹き岩から見た芦屋方面と大阪湾

高座の滝から30分で風吹き岩。
この登り、今の私には随分きつい。汗びっしょりで辿り着いた風吹き岩の冷たい風が心地よい。


DSCF7526_convert_20130107105051.jpg
東お多福山。おひとりで来られた方が(私もそうだが)のんびりと休憩されていた。

風吹き岩から途中水飲み跡で休憩して、いよいよ東お多福山の登りにかかる。
雨か峠を通り越し、何度かのアップダウンをしながら東お多福山に到着。

風もなく柔らかい日差しの下で、ひと時の安らぎを得る。

DSCF7529_convert_20130107105118.jpg
風吹き岩から下った、中央稜から俯瞰した芦屋の市街地から大阪方面

下山は風吹き岩まで一気に下りるも疲れました。
ここで大休止をして高座の滝までの中央稜の岩稜を気を付けて下る。

この岩稜帯でご婦人がスリップして3m位落ちて倒れていたが、
幸いどこも打たずに、怪我もなかったようで安堵しました。

DSCF7534_convert_20130107105140.jpg
高座の滝・お父さんとハイキングを楽しまれていた

今日のリハビリはちょっときつかった。
それでも、無理をせずに地道に体力回復に励んで行かなくちゃと思っています。

記録:
阪急芦屋川駅11:00~高座の滝11:20(休憩)~風吹き岩12:06(休憩)~水飲場跡12:50(休憩)~東お多福山13:35(休憩)
~風吹き岩14:45(休憩)~高座お滝15:30(休憩)~阪急芦屋川駅16:00



新春・不動岩 初登り

期間:2013.01.02
参加者:TamTam、NanohaBab、Gramps、NBKW、HSN、TKG

今年の新春初登りは不動岩。
Babさんと私はTamTamグループに混ぜてもらう。

アップを終わったTamTam君はタイコハングにトライ。

DSCF7472_convert_20130102202020.jpg
タイコを登るTamTam君  RPは間近・・・

HSN君、TKGさんはミート&ポテトにトライ。
(HSKの今日の目標はペガサス。TKGさんはミート&ポテトだそうだ)

DSCF7509_convert_20130102202507.jpg
ミート&ポテトをトライするTKGさん

Babさんはアップで「リトルボーイ」を難なく登る。
私はそのロープでトップロープをさせてもらう。

このルートは事故以来初トライのリハビリである。
何とかノーテンで登れたが、ハングの下は怖い。

腕はパンプするは、指先はひりひりでした。

TamTam君が登ったタイコにはNBKW君がトライしている。

DSCF7476_convert_20130102202044.jpg
タイコをトライするNBKW君

この後、
Babさんは:みーと&ポテト、小熊をリード、小熊をTR、タイコをリード

DSCF7486_convert_20130102202337.jpg
小熊下部を登るBabさん

TamTam君は:タイコリード、タイコリード(リード中降雨で大変でした)
Grampsは:ミート、小熊、タイコをTRで登らせてもらう。
(小熊はメロメロでした。タイコは必死でしたがノーテンで登れたのでうれしい)

DSCF7500_convert_20130102202423.jpg
小熊を登るGramps

NBKW君は:タイコリード(降雨のため本日はタイコ3本のみ)
HSN君は:ペガサスリード、ペガサスリード(見事RP!)おめでとうございます。

DSCF7479_convert_20130102202306.jpg
ペガサスを登るHSN君
2トライ目でRPはすご~い!

TKGさんは:ミート、ミート(見事RP!)RPと同時に降雨。おめでとうございました。

DSCF7510_convert_20130102202528.jpg
ミート&ポテトをRPしてにっこりのTKGさん
これも3撃目!!

15時30分突然の降雨。タイコを登っていたTamTam君、
それを確保をしていたNBKW君ずぶ濡れ状態でした。

帰りに大北に残ったはBabさんとGrampsの二人でした。

それにしても酒一杯目は、一滴も飲まずにひっくり返してしまったのには口惜しかった。


13蟷エ雉€迥カ_convert_20130101140424
おめでとうございます。
6時に起きて、孫たちと近所の神社に初詣に行ってきました。

この神社は北摂連山の山の中腹にあり、
ハイキング道「太閤道」の北の起点でもあります。

中腹にあるため、天気が良ければ桜の樹間から初日の出が望めます。
毎年、地元のボーイ、ガールスカウトが参拝にきます。

今年は雲の帯が出ましたが、5分遅れで初日の出が拝めました。
DSCF7453_convert_20130101141509.jpg