大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

こうもり谷ので事故

期間:2012.12.13
参加者:Z君、Hohshin、Kumi、Cho、Gramps他2名

写真は活断層 by Z君

11/13日こうもり谷で事故を起こしました。

DSCF7005_convert_20121123100912.jpg


11時過ぎから登り始め、
午前中はアップで「哲学の道10C」を登り、

DSCF7006_convert_20121123100949.jpg


次に「活断層12a」を2本登り、
遅い昼食を取り、雨が降りそうになってきたので、

今日最後の1本・4本目「復活11C」を帰り間際(14:10)にトライ。

DSCF7007_convert_20121123101028.jpg


1ピン目を掛けて2ピン目位からいつもと違ってしんどい。

DSCF7008_convert_20121123101650.jpg


3ピン目も掛けて4ピン目に向かう。

DSCF7009_convert_20121123101719.jpg


4ピン目にヌンチャクを掛けようとするが、
手が離せない。

このまま登ってしまうのも怖い。

DSCF7010_convert_20121123101743.jpg

ビレーやーのZ君に落ちるとコールして、
少しクライムダウンして、壁を両手両足で押して飛び降りる。

DSCF7011_convert_20121123101811.jpg


次の瞬間分かっているのは左足がロープに引っかかったこと、
逆さまになったこと。

そして壁にお尻をしたたか打って、
背中、頭と順に壁に打ち付けられたこと。

DSCF7012_convert_20121123101835.jpg


頭はヘルメットの後部が当たったようだ。
ヘルメットのショックアブソーバーと

お尻、背中と順番に打っていったので頭へのショックが弱かったようで助かりました。

DSCF7013_convert_20121123101906.jpg


宙ぶらりんの中、
お尻の激痛を感じながら登り返そうか?

瞬時に、否降ろしてもらうべきだと。

そしてそのまま降ろしてもらう。

DSCF7014_convert_20121123101934.jpg


着地したらお尻の周りの激痛と左お尻がゴムまり状に腫れる。

それに背中、胸周りが痛い。

ロープをほどいてもらい、
その場で横になる。

DSCF7015_convert_20121123101958.jpg


自分でも過呼吸しているのがよくわかる。
意識してゆっくり深呼吸に努める。

身体を動かすと背中の周りが強く痛む。

ハーネスを外しその場から荷物の置いてあるところまで移動。

そこは平地なのでとにかく横になって休む。

DSCF7016_convert_20121123102024.jpg


その間みなさんがロープ、ヌンチャク、シューズ等々を回収して
ザックにまとめてくれる。

Hohshinさんが自分のザックを先に下ろして、

再び戻ってきて私のザックを担いて下山してくれる。

私は下の道路のまで自力下山。

DSCF7017_convert_20121123102051.jpg

先行してくれたChoさんが車をそこまで入れてくれ、
そこから駐車場まで運んでくれる。

そこからはZ君に家の近くの病院ま搬送してもらう。

病院での検査の結果尾てい骨付近の強打と挫創。
そして第12胸椎に圧迫骨折の疑いがあると診断。

3日後の再検査で圧迫骨折と診断。全治3ケ月。あ~あ!2ケ月で治すぞ!!

まだなぜ逆さ吊になった原因がわからない。

001_convert_20121126193757.jpg
コルセット生活で横になっております。
スポンサーサイト
こうもり谷

DSCF6974_convert_20121121200925.jpg
今朝の衝原湖

期間:2012.12.13
参加者:Z君、Hohshin、Kumi、Ch0

中国から帰ったらお誘いメールを頂いていた。

前日に「明日は15時から雨模様の予報が出ているが行くのですか?」
「行きますよ」の返事。

当日、烏帽子へ行く他の友達は雨の予報だから
今日はインドアに行くとメールをもらう。

1か月半ぶりのこうもり谷も紅(黄)葉してきている。

DSCF6977_convert_20121121201006.jpg
紅葉も進んでいました。衝原湖畔のサイクリングロード

今日も遅い11時に到着。
15時から雨予報と早く帰る予定の人。

ということで今日は少し詰めて登ることにする。

DSCF6978_convert_20121121201029.jpg
クライミングエリア上部から見た衝原湖
赤がもっと鮮やかだったのに上手く出せずに残念です

1本目:アップで哲学の道。久しぶりなのか少々力が入っている。きつかった。

Z君はアップでカンテを6ピン目まで。
そのあと

DSCF6989_convert_20121121201124.jpg
今日2便目の「哲学の道」をトライするChoさん。見事RPされました。

2本目:活断層をアップを兼ねて登る。
2テンでトップアウト。

Z君、カンテをトライ。

DSCF6984_convert_20121121201057.jpg
「カンテ12c」をトライするZ君

3本目:活断層:中間部の小ハングでスリップ。

右手1本でこらえたが、
無理せずにテンション掛けて右肩を休ませる。

この後何とかトップアウトで来た。1テン。

DSCF7001_convert_20121121201202.jpg
「活断層12a」をトライするKMKさん

遅い昼食を済ませて
昼から最後のトライにかかる。

カンテをしようか復活をしようか迷ったが、
最近厳しいのを登っていないので復活に決めてトライ。

DSCF6981_convert_20121121201228.jpg
「鷲鼻ハング」を登るKWSKさん

4本目:復活:
1ピン目を掛けて2ピン目位からいつもと違ってしんどい。

3ピン目も掛けて4ピン目に向かう。
4ピン目にヌンチャクを掛けようとするが、

手が離せない。
このまま登ってしまうのも怖い。

ビレーやーのZ君に落ちるとコールして、
少しクライムダウンして、壁を両手両足で押して飛び降りる。

DSCF7009_convert_20121121201254.jpg
「活断層」を登るGramps

今日はこれで何もかも終わってしまいました。雨も降ってきました。
参加のみなさんお世話になりました。
中国・陽朔(桂林)クライミング) (その1)

日程:2012年11月02日~11月11日         
参加者:Mutumi山、NGTさん、KYMさん、ASOさん、QPさん、Gramps

DSCF6600_convert_20121114210358.jpg


 陽朔でのクライミングは昔から一度は行ってみたいと思っていたところである。
今回縁あってこの機会を得ることができた。

 残念ながら天候がイマイチであったものの、
それなりに楽しく過ごせました。

強いて言えば、グループの中にもう一人10台以上を問題なくリードしてくれる人がおれば、
私もハイグレードを挑戦できたかな?

尖閣問題もここ陽朔ではどこ吹く風と見受けたのは間違いでしょうか?

陽朔がこんな都会とはびっくり。
それでも民営バスで30分も行けばそこはのどかな風景に心休まるところでした。

そんな中での大らかな気持ちでのんびりとクライミングが楽しめました。

現地のクライマーとも友好的に過ごせたたことに尖閣、反日ってなんだろうなんて思ってしまいます。
でも決して我々は過去のことを忘れてはならない。

日程:
11月02日(金):関空→陽朔(出国日)
11月03日(土):Space Buttress(クライミング午後)
11月04日(日):The Egg(クライミング)
11月05日(月):Wine Bottle(クライミング午後)
11月06日(火):桂林観光
11月07日(水):興坪(Xing Ping シンピン)観光
11月08日(木):大榕樹(Banyan Tree Crag)偵察
11月09日(金):Wine Bottle(クライミング)
11月10日(土):The White Mountain(クライミング)
11月11日(日):陽朔→関空(帰国日)

11月2日(金):
関空13時40分発、上海経由で桂林に21時着。
ここからタクシー2台で陽朔のホテルへ22時30到着。

もう遅いためかシャワーの湯がぬるいので入らずに就寝(1時)
(これが4つ星のホテルかと疑う)。

11月3日(土):曇り時々晴れ。Space Butrress
昨夜雨が降ったようだ。
6時半起床予定が寝過ごして7時に起床。

朝食を取って近くの中国銀行で両替。

DSCF6591_convert_20121114210425.jpg
ホテル付近の陽朔の通り

10時40分、バスセンターから民営バスで高田行に乗り込み大榕樹にて下車。
料金一人3元。そこから探しながら30分ほどで目当ての岩場に到着できた。

DSCF6593_convert_20121114210448.jpg
バスを降りてスペース・バットレスに向かう

昨年は通行料を取られたようである。
今回は誰もいなく通行料と称するものは取られなかった。

DSCF6594_convert_20121114210514.jpg
バットレスに向かう道

地元のクライミングトポによると請求されても払わないようにしてくださいとある。

DSCF6598_convert_20121114210557.jpg
日本ではもう見られなくなった脱穀風景

曇り時々晴れる天気で、動くと少し暑いくらい。
日本でひいた風邪がまだ治っていない。

DSCF6597_convert_20121114210535.jpg
スペースバットレスの岩場

今日登ったルート:

1本目:⑰The Milky Way 5,9 10m MOS

2本目:⑯Dark Star 6a (10b) 10m MOS クラックを使いながら登る

DSCF6599_convert_20121114210624.jpg
ダークスターを登る

3本目:⑮Interstalgtic Cruiser 2p 6c(11b) 27m 最終パートで1テン。残念。

今日はこれで終了。
風邪もだいぶ楽になってきたようだ。良かった。

バスでホテルに帰りシャワーを浴びて18時半より夕食を取りに出かける。

DSCF6607_convert_20121114210650.jpg
夜の西街(その1)

DSCF6612_convert_20121114210712.jpg
夜の西街(その2)

夕食後、西街(シーガイ)をショッピング。
あまりにもの人の多さにびっくり。21時帰還、22時就寝。

DSCF6613_convert_20121114210741.jpg
西街のそばにある登山店
中国・陽朔(桂林)クライミング)(その2)

日程:2012年11月02日~11月11日 

DSCF6619_convert_20121115171403.jpg
The Eggの途中にあるタワー 

11月02日(金):関空→陽朔(出国日)
11月03日(土):Space Buttress(クライミング午後)
11月04日(日):The Egg(クライミング)
11月05日(月):Wine Bottle(クライミング午後)
11月06日(火):桂林観光
11月07日(水):興坪(Xing Ping シンピン)観光
11月08日(木):大榕樹(Banyan Tree Crag)偵察
11月09日(金):Wine Bottle(クライミング)
11月10日(土):The White Mountain(クライミング)
11月11日(日):陽朔→関空(帰国日)

11月4日(日):曇り一時晴れ。The Egg
昨夜も雨が降ったようだ。
5時起床、腰痛予防体操後、陽朔公園を散歩。

7時朝食。朝食はバイキング。

DSCF6621_convert_20121115171434.jpg
The Egg への道

今日のエリアはThe Egg。
8時半、センターより普益(プーイ)行に乗り込み約25分の岩村寺、鶏蚕村辺り(Big treeのあるところ)で下車。

DSCF6625_convert_20121115171527.jpg
マンゴー

今日登ったルート:

East Face
1本目:⑤Cover Boy Meets Mr.Hilty  5.9  26m  MOS

DSCF6627_convert_20121115171604.jpg
Cover Boy Meets Mr.Hiltyを登るGramps 

2本目:①Crispy  5.9 25m MOS

DSCF6635_convert_20121115171700.jpg
Crispyを登るNGTさん

North Face
3本目:㉖Name? 6b+(11a) 20m MOS
少し細かいところもあるが楽しく登れた。

DSCF6629_convert_20121115171628.jpg
Chocolate Milk Crackを登るASOさん

4本目:All The King's Horse 5.9 27m MOS 楽しく登れ素晴らしいルート。

DSCF6640_convert_20121115171729.jpg
CrispyのGramps

5本目:㉙Rooster Booster 10a 31m OS
この壁で一番長いルートで登っていてとても気持ちがよい。

DSCF6650_convert_20121115171917.jpg
All The King's Horseを登る中国人クライマー
Rooster Boosterより撮る 

DSCF6653_convert_20121115171952.jpg
岩場の前でのんびり草を食む水牛 

今日も雨に降られずに済んだことに感謝(一時ポツン、ポツンと来たが)。
入浴後夕食を取るため街に出かける。

DSCF6660_convert_20121115172022.jpg
西街で毎晩キンカンを売っている。
懐かしい天秤ばかり。これで20元。

今夕は少し豪華に香港飲茶で。

DSCF6663_convert_20121115172048.jpg
香港飲茶で夕食
80元=1100円/人

帰りにスパイダーマン攀岩店でトポを100元で購入。

DSCF6679_convert_20121115172120.jpg
毎夜、西街入口に出張してくる公安車
不思議なことに一度もPolicemanを見かけたことがない

中国・陽朔(桂林)クライミング)(その3)

日程:2012年11月02日~11月11日 

DSCF6727_convert_20121116133012.jpg
ライトアップされた陽朔公園内の西郎山(Xi Lang Hill)
ここに登ると陽朔市街が一望できる
 
時々ここに登ってボッカトレをしました。

11月02日(金):関空→陽朔(出国日)
11月03日(土):Space Buttress(クライミング午後)
11月04日(日):The Egg(クライミング)
11月05日(月):Wine Bottle(クライミング午後)
11月06日(火):桂林観光
11月07日(水):興坪(Xing Ping シンピン)観光
11月08日(木):大榕樹(Banyan Tree Crag)偵察
11月09日(金):Wine Bottle(クライミング)
11月10日(土):The White Mountain(クライミング)
11月11日(日):陽朔→関空(帰国日)
11月5日(月):雨後曇り雨 Wine Bottle 

5時起床予定が寝過ごして6時前に起床。
時間的に腰痛体操、ストレッチしかできないので散歩体操は割愛。

DSCF6680_convert_20121116133044.jpg
ホテルの食堂

7時朝食、8時ロビー集合。
なんと雨。今日の予定地は白山だったが中止して様子見することに。

DSCF6681_convert_20121116133112.jpg
改装工事中。足場はすべて竹で組まれていました。

待っていてもやみそうもない。
諦めてウインドーショッピングに出かける。

DSCF6683_convert_20121116133150.jpg
市場風景(その1)

最後のに市場を見学。
肉、魚、野菜が中心であるが、肉類にはびっくり。
犬、ウサギ、猫までいる。

DSCF6686_convert_20121116133221.jpg
市場風景(その2)

DSCF6687_convert_20121116133250.jpg
市場風景(その3)

DSCF6688_convert_20121116133313.jpg
市場風景(その4)

11時何度かの雨止み。
降っていてもよいからとにかく出かけてみることにする。

近くて一番便利な岩場・Wine Bottleに出かけてみる。

12時過ぎにロビーに集合。
バスセンターから高田行で蝴蝶泉で下車。

DSCF6689_convert_20121116133342.jpg
蝴蝶泉(岩に大きな羽をひろげた蝶が岩に取り付けてある)
この岩はの中段から外が展望できるようだ。
そしてこの蝶の両側にもクライミングルートがあるのには驚きである。
(ただし登れるのは観光客のいない時間帯ン身のようだ。登るつもりでそばに近づいたわけではないのに係員に制止のゼスチャーをされた)


ここから岩場まで5分。
幸運なことに天気は回復傾向にあり岩場に近づくに従い雨も上がり日も射してきた。

DSCF6692_convert_20121116135530.jpg
Wine Bottle に向かう。前方の岩がWine Bottle

今年の晴れ男パワーはまだ健在のようだ。

今日登ったルート:

1本目:⑯The Miracle of Lankou 5.9 26m MOS 3つ星 とにかく長い。汗をかきまくる。

DSCF6693_convert_20121116133451.jpg
The Miracle of Lankou を登るMTMさん

2本目:⑮Shu Ba Jie 10a 19m MOS 上部のやや右にトラバースする核心部が面白い。

DSCF6698_convert_20121116133555.jpg
Shu Ba Jie を登るGramps

3本目:③Slak 10b 26b  MOS これも長い。コルネを使って登って行く。

DSCF6694_convert_20121116133527.jpg
Watered Wine を登るASOさん

DSCF6704_convert_20121116133628.jpg
怪獣のようなコルネSlak 10aはこの横を登っていく

DSCF6707_convert_20121116133659.jpg
Summit NO1をトライ中のアメリカ人パーティー
途中の穴に蛇がいたそうだ。写真を見せてもらう。結構大きなやつだった。
4日後登ってみたがその時はいなかった。


ここで雲行きが怪しくなってきたので退散開始。
しかしながら結果として21時ころ現在まで降らずにいてくれている。

DSCF6713_convert_20121116133736.jpg
陽朔公園前の大通りにある掲示板(1)

DSCF6712_convert_20121116133816.jpg
掲示板(2)共産党万歳だけではない。いろいろ変わります。

今夕の食事

以下全部食べて800円/人でした
DSCF6714_convert_20121116133857.jpg

DSCF6715_convert_20121116133931.jpg

DSCF6716_convert_20121116134001.jpg

DSCF6718_convert_20121116134032.jpg

DSCF6719_convert_20121116134055.jpg

DSCF6720_convert_20121116134127.jpg

DSCF6721_convert_20121116134202.jpg

DSCF6722_convert_20121116134237.jpg

DSCF6724_convert_20121116134330.jpg


DSCF6723_convert_20121116134305.jpg

最後に

DSCF6726_convert_20121116134427.jpg
2テーブル1グループで食事に来られた中国人たち
中国・陽朔(桂林)クライミング)(その4)

日程:2012年11月02日~11月11日

DSCF6730_convert_20121117204132.jpg
桂林バス停車場 
電車、列車の駅かと思える構えでした

11月02日(金):関空→陽朔(出国日)
11月03日(土):Space Buttress(クライミング午後)
11月04日(日):The Egg(クライミング)
11月05日(月):Wine Bottle(クライミング午後)
11月06日(火):桂林観光
11月07日(水):興坪(Xing Ping シンピン)観光
11月08日(木):大榕樹(Banyan Tree Crag)偵察
11月09日(金):Wine Bottle(クライミング)
11月10日(土):The White Mountain(クライミング)
11月11日(日):陽朔→関空(帰国日)

11月6日(火):雨 桂林観光

起床5時、腰痛体操、散歩(丁度雨が上がっていた)。
バスセンタ7時出発、桂林8時半着(18元)。

ガイド付きチャーターバスで9時出発。

1) 芦笛岩:鍾乳洞:スケールの大きさに圧倒される。日本の多くのVIPも案内されているそうだ。

DSCF6731_convert_20121117204159.jpg
「芦笛岩」案内板

DSCF6732_convert_20121117204259.jpg
外国人入口は別のところからとなっている
それはおみやげ場を通過してもらうためとガイドの説明

DSCF6734_convert_20121117204440.jpg
鍾乳洞入口(ここもそうだが、いろんな色の照明でライトアップさている)

DSCF6736_convert_20121117204512.jpg

DSCF6737_convert_20121117204550.jpg
内部の広大さが表せなく残念です

2) 象鼻山:これで入場料75元も取るのかよ、といったところ。

DSCF6741_convert_20121117204624.jpg
象鼻山ゲイト

DSCF6744_convert_20121117204717.jpg
後ろの山が象鼻山
象が川に鼻を突っ込んで水を飲んでる様
これを見るだけで75元を出してよく見に来るものだ・・・
大勢の観光客が訪れていた。国民性の違いか?


3) 七星公園(動物園):
ここも入場料75元。動物園は広大で散策には素晴らしいところ。

だが動物園とは名ばかり。
そこにいるのは猿、レッサーパンダ、パンダ2頭他少しで、これが動物園?と首を傾げざるを得ない。

DSCF6750_convert_20121117204747.jpg
園内にあった「桂林動物園」この辺りには全く動物はいない。

DSCF6749_convert_20121117204824.jpg
この中にいるのはパンダのみ
ホワイトタイガーは行事があるときにのみ他の動物園から来るそうです

DSCF6753_convert_20121117204918.jpg
レッサーパンダ5匹くらいいました。
その中1匹は足が悪く上には上がれないで床を這っていました

DSCF6757_convert_20121117204946.jpg
パンダ雨降りのため獣舎に入っていました。
パンダも絶滅危惧種。この動物園も配給?で2頭のみでした
パンダの食べ物・竹が21世紀末には中国で絶滅の恐れがあるとか・・・

DSCF6759_convert_20121117205014.jpg
公園内にある七星の一つラクダ山

4) ホテルで昼食。

DSCF6760_convert_20121117205044.jpg
ツアーに含まれている昼食タイム

5) 正陽街散策:西洋風の商店街:何が良いのか良くわからなかった。

DSCF6762_convert_20121117205120.jpg
正陽街

これで桂林観光は終了。
時間が早かったので全員でマッサージに行ってみる。

130元プラス20元チップで90分。
このマッサージは好評であった


帰りは政府系バスで陽朔に帰る。
20元で民営バスより2元割高でした。

往きの民営バスは各地でお客を拾って桂林まで行く。
帰りの公営バスはノンストップで陽朔まで帰る。
なぜか時間的にはほとんど変わらなかった。

ガイド曰く「民営はスリが多いので気をつけろ。
官営はその点安全だ」そうだ???
中国・陽朔(桂林)クライミング)(その5)

DSCF6823_convert_20121118204238.jpg
途中で出遭った漓江下りの遊覧船(桂林から陽朔まで5時間の船旅)

日程:2012年11月02日~11月11日

11月02日(金):関空→陽朔(出国日)
11月03日(土):Space Buttress(クライミング午後)
11月04日(日):The Egg(クライミング)
11月05日(月):Wine Bottle(クライミング午後)
11月06日(火):桂林観光
11月07日(水):興坪(Xing Ping シンピン)観光
11月08日(木):大榕樹(Banyan Tree Crag)偵察
11月09日(金):Wine Bottle(クライミング)
11月10日(土):The White Mountain(クライミング)
11月11日(日):陽朔→関空(帰国日)

11月7日(水):曇り 興坪(シンピン)観光

雨の予報であったため、私の要望を入れてくれてシンピンに出かける。
結果は雨はほんの少し降っただけであった。ASOさんはレスト日とする。

5時30分起床。6時過ぎに外に出てみると雨が降っている。
廻り廊下で散歩体操。7時食事。

バスセンター8時半発のバスでシンピンに向かう。

すごい悪路(がたごと、時には座席から飛び上がるほど)を抜けて1時間でシンピンに到着。
日本人・林さん経営の旅館までの街路はひなびた素晴らしいところ。

DSCF6770_convert_20121118204326.jpg
商店街から路地を望む

DSCF6771_convert_20121118204400.jpg
まだ商店街も開いていないひなびた街路

DSCF6776_convert_20121118204439.jpg
石畳の街路が旅情を誘う

DSCF6778_convert_20121118204542.jpg
路地その向こうはすぐ山

DSCF6780_convert_20121118204613.jpg
シンピンを訪れた地方の娘さんたち

DSCF6785_convert_20121118204751.jpg
軒先では


林さんに挨拶を済ませて筏船による2時間の漓江(リコウ)下り。
(実際は上り1.5時間、下り30分)。

DSCF6793_convert_20121118204906.jpg
オーナーの林さんと(2002年より営んでいるそうです)
林さんの経歴はすごい!
林克之
1946年静岡に生まれ、高校は静岡、大学は東京、大学院中退(専攻中国語)
長野でいろいろアルバイトを、その後ネパールヒマラヤ山麓・チョロモン村でミニ水力発電を設置
現在シンピンでロッジを経営。ラオジャイ山への」登山道を開設、現在漓江(リコウ)の清掃を考えておられる!
水力発電についてのお話は山と渓谷社刊「村に灯がついた」林克之著に載っています。
NanohaBabさんは10年ほど前に中国に植林行った折に彼にお会いしている。

天気は曇りであったが素晴らしい景観である。

所謂漓江下りは、桂林から陽朔までの5時間。
それよりも安くて楽しく時間的にも適度であるというのが昨年漓江下りをした2人の弁。

これはお奨めルートである。来て良かった。

DSCF6789_convert_20121118204932.jpg
漓江下り

DSCF6790_convert_20121118205002.jpg

DSCF6791_convert_20121118205040.jpg

DSCF6822_convert_20121118205452.jpg
途中中州に下してくれて写真撮影

DSCF6807_convert_20121118205232.jpg


DSCF6808_convert_20121118205303.jpg
筏ボートは客4人乗り

DSCF6826_convert_20121118205525.jpg

遅いお昼を林さんの奥さん(現地の方)の料理を頂き(50元/人)、
最後にラオジャイ山に登る。

DSCF6837_convert_20121118205636.jpg
お昼に出していただいた料理。右端のイズミダイはどんな魚?

天気の良い日の景観は素晴らしいそうだ。
漓江その向こうに林立する奇峰。

DSCF6839_convert_20121118205746.jpg
林さんが作られた石段の道を登ってラオジャイ山々頂から漓江を俯瞰
生憎ガスっていて視程がいまいちだったのが残念でした

今日は曇りでその全景は望めなかったがそれでもその静景は素晴らしい。

林さんとお別れの挨拶をして帰りの街路をバス停に向かう。

DSCF6843_convert_20121118205818.jpg
帰えりの街路から振り返って望んだラオジャイ山々頂

今日は素晴らしい一日であった。
中国・陽朔(桂林)クライミング)(その6)
日程:2012年11月02日~11月11日

DSCF6908_convert_20121119184628.jpg
蝴蝶泉
蝶の両サイドにルートがある。右側:10b 約22m。左側:5.9 15m

11月02日(金):関空→陽朔(出国日)
11月03日(土):Space Buttress(クライミング午後)
11月04日(日):The Egg(クライミング)
11月05日(月):Wine Bottle(クライミング午後)
11月06日(火):桂林観光
11月07日(水):興坪(Xing Ping シンピン)観光
11月08日(木):大榕樹(Banyan Tree Crag)偵察
11月09日(金):Wine Bottle(クライミング)
11月10日(土):The White Mountain(クライミング)
11月11日(日):陽朔→関空(帰国日)

11月8日(木):雨 大榕樹banyan Tree Crag
朝から雨。起床5時、
腰痛予防体操、ストレッチ、ホテルの回廊を歩きながらの体操といつものようにこなして、7時に朝食。

気圧は5時時点より徐々に上がり
11時現在8ヘクトパスカル上がったが雨は止まない。

12時半、雨の中大榕樹の岩場を偵察に行くことにする。

高田行バスで大榕樹下車。

DSCF6861_convert_20121119184720.jpg
大榕樹の岩場

少しうろついたが大榕樹のSouth & East Faceが見つかる。
ここの11bのルート⑨Open Teamは被っていて濡れない。

ここをトライしたかったが他の人は登らない(登れない)ので諦める。
もう一人イレブンが登れる人がいたら遠慮せずにトライするのだが・・・

North Faceを見に行ったがここはしょぼい。
結局今日はモチ上がらずに登らずに帰ってきてしまった。

DSCF6862_convert_20121119184803.jpg
右が大榕樹がある公園(観光客で賑わっている)

11月9日(金):曇り時々小雨 Wine Bottle
今朝もどんよりした雲でいつ降ってもおかしくない天気である。
5時起床。体操、廊下散策、朝食。

ぶらぶらしていてもしょうがないので、
一か八かで一番近い岩場・ワインボトルに出かけてみることにする。

DSCF6864_convert_20121119184837.jpg
Wine Bottleへの道

ここは4日前に訪問しているので今日は2回目である。

今日の登ったルート:

1本目:⑱Watered Whine 5.8 18m MOS

DSCF6867_convert_20121119185204.jpg
Watered Whine を登るISKWさん

2本目:⑰Summit NO1 5.9 21m MOS

DSCF6870_convert_20121119185246.jpg
Summit NO1 を登るGramps

DSCF6873_convert_20121119185322.jpg
Summit NO1 を登るNGTさん

3本目:⑨Where's the Jag 6b+(11a) 2テン マスター

DSCF6899_convert_20121119185638.jpg
Where's the Jag をトライするMTMさん

DSCF6893_convert_20121119185552.jpg
Slack 10bを登るISKWさん

4本目:⑨Where's the Jag 6b+(11a) RP

DSCF6884_convert_20121119185513.jpg
Where's the Jag を登るGramps

DSCF6903_convert_20121119185744.jpg
Summit NO1 を登るASOさん

時々小雨がぱらつくが壁は濡れない
(3日間雨が降っていたのに濡れていない)。

DSCF6902_convert_20121119185714.jpg
Summit NO1 を登り終えてのNGTさん

最近新しいルートに積極的に取り付いていないにで、
果敢に攻めきれずに躊躇しているようだ。

今後は新しいルートにもどんどんトライしていかなくてはと感じた日である。

DSCF6907_convert_20121119185827.jpg
蝴蝶岩
中から登れて展望ができるようになっている

DSCF6909_convert_20121119185903.jpg
蝴蝶岩の入口

DSCF6910_convert_20121119185932.jpg
蝴蝶岩前から見たWine Bottleの岩

帰路ホテルの近くの陽朔公園内のタワー・西郎山(Xi Lang Hill)にボッカトレをして帰る。

DSCF6913_convert_20121119190001.jpg
陽朔公園内のタワー・西郎山(Xi Lang Hill)山頂にて

入浴して夕食に出かけ、その後1時間西街をショッピング。

DSCF6919_convert_20121119190114.jpg
今日の西街の賑わい

DSCF6920_convert_20121119190145.jpg
中国人若者のコンパ?
盛り上がっていたその若者達のパワーはすごかった。
中国・陽朔(桂林)クライミング)(その7)

日程:2012年11月02日~11月11日

DSCF6925_convert_20121120195050.jpg
The White Mountain(白山)の岩場
最高グレード5.15もあります

11月02日(金):関空→陽朔(出国日)
11月03日(土):Space Buttress(クライミング午後)
11月04日(日):The Egg(クライミング)
11月05日(月):Wine Bottle(クライミング午後)
11月06日(火):桂林観光
11月07日(水):興坪(Xing Ping シンピン)観光
11月08日(木):大榕樹(Banyan Tree Crag)偵察
11月09日(金):Wine Bottle(クライミング)
11月10日(土):The White Mountain(クライミング)
11月11日(日):陽朔→関空(帰国日)

11月10日(土):雨 The White Mountain(白山)
最終日の今日も雨。いつものように5時起床。
ベットで腰痛体操&ホテルの回廊での歩き体操。

朝食後取りあえず9時にロビーに集合。MTMさん、ASOさんはレスト日。

集合はしたものの雨のためぐずぐずしている。
とにかく雨でも登れるという白山に行ってみることにする。

DSCF6922_convert_20121120195121.jpg
ちょっと道間違えて入り込んだ小道に鈴生りになっていたキンカン

DSCF6924_convert_20121120195158.jpg
白山へのアプローチ

The White Mountain(白山)はClimbing Festivalを開催していた。

被っているので大概のルートは濡れない。
イレブン、トゥエルブにトライしたかったがモチが上がらない。

DSCF6927_convert_20121120195225.jpg
白山の岩場全景

今日登ったルート:

1本目:㊵The Comedians 6a+ (10c) 25m MOSなかなか面白い快適なルート

DSCF6928_convert_20121120195254.jpg
The Comedians 下部を登るGramps

DSCF6930_convert_20121120195349.jpg
核心部を登る

DSCF6936_convert_20121120195618.jpg
The Comedians を登るKYMさん

DSCF6937_convert_20121120195641.jpg
The Comedians を登るISKWさん

2本目:㉔The Missing Link 6a+(10c) 13m MOS 短いボルダチックなルート。

今日は雨で登れないと思っていたが2本だけだが登れてよかった、
festivalはカナダの21歳の女性が賞をゲットしました。

この岩場は中上級向け岩場ですがスケールが大きく素晴らしいところでした。

DSCF6939_convert_20121120195719.jpg
西郎山(Xi Lang Hill)山頂
中国の青年に乞われて記念写真

DSCF6942_convert_20121120195750.jpg
西郎山(Xi Lang Hill)山頂にて
中国の青年の真似をして後姿
今日もボッカ?

11月11日(日):晴れ 帰国日
なんと言ったらょいのでしょうか?
今日から晴れ日のスタートでしょうか?

5時起床。
空を仰いだら雲一つない空に、お月様と金星が輝いているではないでしょうか。

それでも腰痛予防体操、散歩と消化して朝食。
7時半迎えのタクシーで桂林空港に。

DSCF6949_convert_20121120195823.jpg
桂林空港

DSCF6958_convert_20121120195851.jpg
桂林上空

DSCF6963_convert_20121120195921.jpg
上海虹橋空港

DSCF6966_convert_20121120195945.jpg
高速道路から見た上海のマンション?群

桂林空港→上海虹橋空港→上海浦東空港→関空には予定時刻を50分過ぎて21時50分に到着。

DSCF6968_convert_20121120200008.jpg
高速道路に「客車」専用レーン(左端)があるのにはびっくり
客車レーン:タクシ、バスー専用レーン?空港間の高速道路だけにあるのだろうか?

DSCF6970_convert_20121120200103.jpg
速度規制客車専用レーンは100km-80,小型車レーン80km-60km,大型車レーンは80km-50km,大小型車レーンも 80km-50km

最終電車前に間に合い帰宅は0時20分。
ホテル出発から帰宅まで約17時間
やっぱり時間を要しますね。

今回の山行も無事終わりました。