大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

小太郎岩

期間:2012.08.25夜~26        
中級登山学校に参加。

DSCF5333_convert_20120828093658.jpg
小太郎岩・ライオンハング全景

8月26日:
昨日第一岩壁で登って18時に現地到着。
喫茶「谷の風の通り道」のご好意でテラスで宿泊させていただく。

DSCF5331_convert_20120828093725.jpg
お店の外に作って頂いた中級登山学校の看板

昨日は3時間睡眠でのクライミングであったので、
21時半に就寝、今朝4時起床。

DSCF5334_convert_20120828093748.jpg
今年から現れた人気坊や。まだ名前が付いていません。ご主人作

今回は初めての遊軍として、Anちゃんと二人で生徒さんの後を登ることになる。

Anちゃんはなぜか今回が小太郎岩デビューだそうで、
昨日はO串さんとライオンの鼻の右と左をセカンドで登ったので、
今日はライオンの鼻の真ん中をリードしてもらうことにする。

DSCF5362_convert_20120828094447.jpg DSCF5364_convert_20120828094523.jpg
下部岩壁のINUE,HSI &Yousaku、SMZ、KWN 

1) 下部岩壁左のアブミルート:L:Anちゃn:
生徒さんの後を快調に登る。
天狗の鼻下で先発隊の登りの時間待ち。

先発のメンバーは:
鼻左をO串・Yousaku・KWN、
鼻をA木・HRT・かつ、に続いてMRHM・FRKW・TOKUちゃんの2パーティー。
鼻右はKWT・OKT・KWBTの計4パーティーである。

DSCF5367_convert_20120828094558.jpg
鼻下までの登攀をするTKS君

我々が鼻下に到着した時は、
A木パーティーのセカンド・ラストが登っている。

DSCF5368_convert_20120828094627.jpg
A木パーティーのHRT君とかつ君(鼻中央)

先行2パーティーを待たなければならないが致し方ない。

DSCF5370_convert_20120828094655.jpg
鼻左のO串さん

DSCF5371_convert_20120828094722.jpg
水分補給のKWT君

DSCF5372_convert_20120828094801.jpg
鼻左のYousaku君

2)鼻下まで:L:Gramps:
2番目のリーダーが登り始めたので鼻下までのフリー15mを登る。
ここでも相当時間待つはめになる。

DSCF5382_convert_20120828095000.jpg
鼻下までをフォローするAnちゃん

DSCF5376_convert_20120828094828.jpg
鼻フォローのかつ君とその下をリードするMAKIYOちゃん

DSCF5378_convert_20120828094857.jpg
鼻下までをリードするKWT君と確保のOKT君

3)鼻:L:Anちゃん:

DSCF5393_convert_20120828095231.jpg
鼻リードのAnちゃん

長いこと待って登り始める。
初見でのリード最後のハング越えで少しだけ手間取ったが上手く乗り越えていく。

ハンギングビレーで確保してもらいフォロー。
このルート久しぶりに登る。

DSCF5390_convert_20120828095050.jpg
鼻の最終ハングを越える生徒のFRK君           
 DSCF5391_convert_20120828095117.jpg
後輩の登りを見つめるMSIさん

ビレー点がつかえているため2ピン下でアブミビレーで長いこと待つ。

シューズが新品のフリー用できついので痛くてしょうがない。

曇っていたので、暑さにやられずに済んだことが幸運である。

DSCF5401_convert_20120828095257.jpg
鼻右ルートのYousaku君

4)最終ピッチ:L:Gramps:
このピッチもAnちゃんにリードしてもらう予定であったが
ハンギングビレーをこれ以上続けていると腰に支障をきたしそうなので、
我儘言ってこのままつるべスタイルでリードさせてもらう。

DSCF5403_convert_20120828095405.jpg
鼻中央を乗越たところから見た青蓮寺川

単調なアブミの掛け替えから、
左上後小ハングを乗越そのあとは15mほどフリーで登り終了。

DSCF5407_convert_20120828095436.jpg
最終ピッチを登るGramps。その上は徳ちゃん

小ハング乗越少し前から風が吹き出して涼しい。
ビレー点は日陰でそよ風が吹いてくれて天国のようだ。

Anちゃんが登ってきて登攀終了。
少し休んで左の下降路を1ピッチ懸垂を交えての下山。

朝5時半出発、帰還はなんと14時少し前の9時間半余りの長時間となる。


DSCF5414_convert_20120828095504.jpg
店のご主人に入ってもらっての記念写真            
 DSCF5415_convert_20120828095526.jpg
小太郎岩をバックに記念写真

たった1本だけの登攀であったが、満足できた今日1日でした。

DSCF5355_convert_20120828125825.jpg DSCF5356_convert_20120828125852.jpg DSCF5357_convert_20120828125914.jpg

DSCF5358_convert_20120828125942.jpg DSCF5359_convert_20120828130013.jpg DSCF5360_convert_20120828130040.jpg

DSCF5361_convert_20120828130108.jpg
明日の打ち合わせをする幹部連。




スポンサーサイト
名張・香落渓谷の岩場 第一岩壁

期間:2012.08.25
参加者:KWN、A木、OKT、HSI、Grmps

DSCF5336_convert_20120828085056.jpg
今朝の第一岩壁全景

前夜発の予定が、
パートナーの都合で午前1時に阪急南茨木を出発。

3時に仮眠所・風の通り道に到着して、6時まで寝させてもらう。
8時半集合場所の第一岩壁前へ。

川の水の量も少なく膝下で楽に渡渉で来た。
が暑すぎるせいか誰も現れず我々のみである。

それにしても暑い。

DSCF5339_convert_20120828085125.jpg
「これなんですか」のA木さん。

1本目:「これなんですか」A
木さんが登った後、カムを残してもらいリードしてみる。

下部は順調に登れる。
ハングから上の核心部はカムが取り外されているため掛けながら登る。

ハング少し登ったところでビビりが入りテンション。
トップロープなら難なく?登れるのになあ。

抜け口で手が滑ったのか、足が決まっていなかったのか
なんでか分からずじまいにいきなりフォール。

5m位落ちたか。

抜け口前に新品のカムをかましておいてそれがよく聞いてくれた。

終わってみたら汗びっしょり。ホンマに暑い。

DSCF5344_convert_20120828085148.jpg
「これなんですか」のGramps

2本目:「高田や」10b:
ここもカムを残してもらってリード。
トップロープの時はハング越えもすいすい?登れたのに、

いざリードとなるとハング越えが全くぎこちない。
こちらはテンションなしで何とか登り切れた。

疑惑のRPである。
今度は自分でカムをかましながらRPを目指そう。

暑い、あつい!

DSCF5349_convert_20120828085215.jpg
「高田屋」を登るHSIさん

3本目:「直登」
ここは以前RPしているが、
上部の核心部であるワイドクラックをレイバックで登ってしまったので、
今回はきちっとジャミングで登ってみることにする。

ここもカムを残してもらってリード。

下部は何とか登り切れた。
核心部のワイド。

トライ3回するもいずれもずり落ち。
諦めて今回もレイバックで登る。
もう暑さで登る気もなくなる。

DSCF5352_convert_20120828085242.jpg
「直登」でビレーするA木さん。
登るのはGramps

明日は中級登山学校が小太郎岩であるので、
今朝仮眠した「風の谷の通り道」に向かう。

みんなはお風呂に行くようだが、
私はここで水浴びをして生ビールを飲んで喉の渇きと疲れを癒すことにする。

DSCF5356_convert_20120828085342.jpg
「風の谷通り道」での夕食風景
夏山 小川山

期間:2012.08.13~08.17
参加者:Kuri、SnowArrow、A木、MSK木、Gramps、

IMG_8126_convert_20120901152455.jpg
弟岩のピークから見た金峰山荘

今年の夏山は谷川岳が中止になり小川山に変更するも、
お盆休みの11日~13日は天候悪しの予報で中止。

日程変更してでも行きたい気持で今回の新しいメンバーで出かけることになる。

8月13日(月):

青春18きっぷを使って高槻より野辺山駅へ。
最寄駅を12時32分に出て、乗り換え7回して野辺山には予定より10分遅れて20時35分着。

8時間の長の旅でした。

ここでステーションビバークをして明朝関東から来るKuriさんたちを待つ。
夜半より雨。

高槻は時間当たり110㎜を超える豪雨とかで心配である。

8月14日(火):兄岩
7時半、Kuri君が迎えに来てくれる。
雨は降ったり止んだりの朝。

DSCF5213_convert_20120818181138.jpg
南相木村の滝見の湯

今日は避暑を兼ねて一日のんびりすることにする。
野辺山から南相木村の滝見の湯温泉に向かう。
(関電、村の共同経営のダム建設による村への還元のお風呂か?)

風呂でのんびりして、
途中スーパー・ナナーズで食料・酒類をたっぷり仕込んで、
キャンプサイトの小川山の廻り目目平には13時ころ到着。

昼食を取って雑談をしていたら、雨も上がり晴れてきた。
夕食まで間があるので登りに行くことにする。

兄岩:
1)先ずは3つ星のピクニクラ10b NP&B OS

DSCF5216_convert_20120818181235.jpg
ピクニクラのA木さん

DSCF5226_convert_20120818181308.jpg
同じくピクニクラのKuriちゃん

2)今度は2つ星のタジヤンⅣ 10a  OS

17時今日はこのくらいで終わり下山。
天気も良く、寒くも無く最高の気候である。感謝。
夕食時には少し飲みすぎた感あり。

DSCF5231_convert_20120818182948.jpg
夕食の準備(いつもありがとう)

8月15日(水):兄岩上部、父岩
昨夜半強烈な豪雨がテントを叩き付ける。
4時起床予定であったが、まだ降っているので1時間延長して5時起床。
雨は何とか止んでくれた。

DSCF5249_convert_20120818181407.jpg
15日の朝のキャンプ場

7時空も晴れてきたので、
昨日行った近くの兄岩に行ってみる

岩も乾いていて登れそう。
岩場は我々の独擅場。

兄岩上部:


IMG_8043_convert_20120901152519.jpg
八王子ルートを登るKuriちゃん

1)八王子ルート2ピッチ目 5.7 NP OS
Kuri君の噛ましたカムが回収不能になり、
A木さんが1時間余も奮闘したが、やっぱり取れない。

DSCF5254_convert_20120818181431.jpg
もみじルートのGramps

2)もみじ 10a MOS

DSCF5267_convert_20120818181538.jpg
兄岩上部から俯瞰した金峰山荘

3)マガジン 10a NP プリクリの疑惑のOS

DSCF5262_convert_20120818181457.jpg
マガジンのGramps

4)ウォーリーをさがせ 11a テンテン

IMG_8050_convert_20120901152211.jpg
ウォーリーを探せ

その後外れなかったカムは後ほど来られたパーティーの方が難なく回収してくれた。
その回収方法は素晴らしい。

ある一定上の大きさのカムはトリガー一杯に引いても動かない場合は、
トリガーと歯車を連結しているワイヤーを両サイドから内側に押さえると
カムはトリガー一杯に縮めた範囲より今少し小さくなるそうだ。

試してみたらその通りであった。
ありがとうございました。

父岩:
A木さんが「小川山物語」をまだ登ってないので
行きたいということで出かける。

DSCF5270_convert_20120818181606.jpg
小川山ストリートを登るA木さん

私も「クはクライマーのク」を3年前にワンテンで残しているので、
そこをトライすることにする。

「小川山物語」が登られていたので、
「小川山ストリート」をA木、Kuriさんが登ったが、

まだ「物語」は一人の青年が奮闘しているので
「クは…」をトライすることにする。

DSCF5271_convert_20120818181631.jpg
「クはクライマーのク」を登るKurikuriさん

5)クはクライマーのク 10c RP
丁度3年前の同日ワンテンと記録してある。
ルートの記憶は全くないので、オンサイト気分で緊張している。

中間部が核心である。
今回は何とかクリアーできたのでうれしかった。

「物語」登攀中の青年まだ奮闘している。

続いてA木さんがトライ。
核心部で苦戦。

その頃より突然雨。登れない。
左から回り込んでヌンチャク回収。
ずぶ濡れになってしまう。

それでも30分もしたら雨も止んで、
岩も上からどんどん乾き始めてくる。

隣の岩場を見に行ったら、
タジヤンⅡも下部の核心部以外は乾いていたので左からトライ。

6)タジヤンⅡ 10a ノーテン 下の核心部は濡れていたので今回はパスして登る。

7)小川山物語 5.9 ノーテン 3年ぶりに登ったが楽しいルートである。

DSCF5276_convert_20120818181657.jpg
人気の「小川山物語」

今日はこれで終了。

8月16日(木):妹岩
今日からSnowArrow、MSK木両君が参加。
4時起床してゲートまで迎えに出る。

6時、5人で妹岩に向かう。

1) 愛情物語 5.8 NP OS 左上するルート。右手が少し甘い。

DSCF5280_convert_20120818181723.jpg
「愛情物語」

2) ジャックと豆の木 10b/c NP TR ノーテン

DSCF5289_convert_20120818181747.jpg
「ジャックと豆の木」のA木さん

3) ジャックと豆の木 10b/c NP プリクリで2テン

DSCF5296_convert_20120818181813.jpg
同じく「ジャックと豆の木」のSnowArrow君

4) 龍の子太郎 5.9 NP ノーテン 今回で3回目

DSCF5309_convert_20120818182001.jpg
「龍の子太郎」を登る小学校3年生のみずほちゃん

5) カサブランカ 10a NP プリクリでOS?

痛めていた右手中指第一関節を再び痛めてしまった。

DSCF5319_convert_20120818182052.jpg
カサブランカを登るGramps

6) カシオペア軌道 10b TR ノーテン 

指を痛めたのでTRで登らせてもらう。
直登とオリジナルルートをトライ。

DSCF5313_convert_20120818182029.jpg
カシオペア軌道を登るSnowArrow

DSCF5304_convert_20120818181906.jpg
「イエロークラッシュ」をトライするMSK木君

今日はここまで。

NPも少し進歩したような気がする。うれしい!

今日から来られているKTRご夫婦と食事を共にする。
KTRさんのお話では雷が鳴ったら直ぐ纏めてテンバに逃げかえること。

IMG_8105_convert_20120901152748.jpg
テンバでくつろぐSnowArrow,MS木君、A木さん

8月17日(金):弟岩

KTRさんのご案内で今日は弟岩に出かける。
SnowArrow、MSK木君はおむすび岩に出かけることになる。

1)ケンタウルス伝説 10b MOS

2)小川山劇場 3P (5.9,10d,5,9) MOS
(A木、Kuri、Gramps)

DSCF5325_convert_20120818182115.jpg
小川山劇場2ピッチ目のKuriKuri

2ピッチ目はフェースを登らずに左のクラックを登る。
10dは無い。

3ピッチ目リード中・桜の木のところで首、左右の腕にちくっとした強い痛み受ける。
またもや毛虫にやられたようだ。

DSCF5327_convert_20120818182139.jpg

IMG_8119_convert_20120901152423.jpg
小川山劇場3ピッチ目のGramps
毛虫に手首、首回りを刺されたようだ

先日やられた際の病院の薬が下に置いてある。
先生の弁では早く塗れば塗るほど毒が回らないので被害は小さいとのこと。

終了点のピークで確保中に雷鳴がし出す。

昨夜のKTRさんの話を思い出すと同時に薬も早く塗りたい。
早く下りなくちゃ。

DSCF5330_convert_20120818182236.jpg
弟岩ピークでビレー

下りてきたら、天候はいよいよやばくなってきた。
急いで片づけて下山、テンバに戻る。

果たしてKTRさんが言ってたように雷鳴とともに大粒の雨が。
間一髪間に合った。

おむすびに行った彼らが1時間経っても帰ってこない。
かれらは雨にやられたようだ。

そうこうしているうちに帰還してきた。
雨もやみそうにないので帰阪することにする。

帰りは風呂に入り今日中に帰るべく高速を急ぐ。
こうもり谷・清掃&Climbing
期間:2012.08.05
参加者:NanohaBab、TamTam、Gramps他大勢

DSCF5198_convert_20120806114007.jpg
今日の衝原湖

大阪駅前6時半集合。
我々は花田号でK川、NanohaBab、Kinchan、Piekoの5名で出かける。

こうもり谷の近くの神社に7時40分頃到着。
すでに大勢の方たちが清掃を始めている。

DSCF5189_convert_20120806114052.jpg
清掃風景(その1)

総勢100名強の集まり。
遠くは徳島、岡山からも来られている。

年一度のこの清掃はこうもり谷を使わせていただいている感謝と、
地元の方たちとの友好の場である。

DSCF5190_convert_20120806114115.jpg
清掃風景その2)

日頃こうもり谷を利用されていない方たちも大勢参加されている。
清掃が終わり記念写真。

DSCF5193_convert_20120806114217.jpg
記念写真準備

DSCF5191_convert_20120806114153.jpg
記念写真
参加者が100名以上になりました

そして申請済でまだ入山許可書が発行されていない方たちと
これから申請される方たちへの説明会がありました。

DSCF5195_convert_20120806114247.jpg
こうもり谷を愛する会会長UM津さんのあいさつ

終わってそのまま帰られる人、
登って帰られるかたそれぞれでした。

われわれも久しぶりに清掃の日に登って帰ることにする。

DSCF5208_convert_20120806114501.jpg
岩場で順番待ちの風景

なんと岩場は満員状態。
そして今日は蒸し暑いい日である。

DSCF5199_convert_20120806114310.jpg
カンテを登るK菅君

時折吹き下ろす清涼な極楽風に
みな幸せを感じながらのクライミングでした。

今日トライしたルート。

1本目:哲学の道:幸運にも順番待ちに隙間ができそんなに待たずにトライで来た。

2本目:ハットトリック:トップロープでトライ。細かいので核心部でぬめりダウン。

3本目:復活:2テンで抜ける。

4本目:カンテ:ヌンチャクがかかっていたのでトライさせてもらう。
7年前にRPして以来のトライである。

出だしのムーブ行ってみると何となく分かる場所と、
全く分からない場所がある。

テンションを掛けながら10ピンまで登るも、
それ以上はもう登る気力がなく降ろしてもらう。

DSCF5201_convert_20120806114332.jpg
Jun chan
この後見事ムーブ解決

DSCF5202_convert_20120806114408.jpg
見守るKinChanと
もう帰ろうのKWT

ここも復活、活断層に続いて再RPしたいところだ。

今日はまだ時間が早いが、
帰ろう、帰ろうという声もありこの辺で終わることにする。

許可書を申請している人もこれから申請しようとしている人も、
この岩場の特殊性を十分理解した上で、
少なくとも年1回の清掃にはできる限り参加してほしい。
こうもり谷

期間:2012.08.03
参加者:NanohaBab、K2、Pieko、Gramps
DSCF5185_convert_20120804134911.jpg
今日の衝原湖

9時過ぎに駐車場に到着。
あつ~い!ゴミ拾いをしながら取り付きへ。

岩場についたら汗びっしょり。
何もする気がおこらない。

それでも汗が引いていくに従い暑さを感じない。
やっぱりここは涼しいのだ。気温は28℃くらい。
風が吹くと涼しい。

壁は太陽が当たってギンギラギンに光っていて登る意欲をそぐ。

それでも一番左の「活断層」あたりから影ができ始める。

今日もK2さんの活断層RPのためヌンチャク掛けに奉公です。

1本目:活断層:アップを兼ねてヌンチャク掛けに。
何度かテンションを掛けながらハング上の最終ピンをかける。

もうハング越えをトライする気力もない。
すぐに降ろしてもらう。

続いてこのルートをK2君がトライ。
ビレーは日陰で涼しい。

2人とも下りてきた時は汗でしたびっしょりでした。

DSCF5182_convert_20120804135005.jpg
活断層をトライするBabさん

2本目:哲学の道:このルートも登りなれてきたようだ。

下りる際にハットトリックにヌンチャク掛けをして下りてくる。

DSCF5181_convert_20120804135054.jpg
パインルーフをトライするPiekoさん

3本目:先回の自信喪失で今日はTRでトライしてみる。
案の定最初の核心部が登れない。がっくり。

DSCF5177_convert_20120804135228.jpg
パインルーフでのビレーをするk2さん

4本目:指が痛くなりそうなので再トライは止め下部だけTRでトライ。
何とかムーブがわかった。

20年前にRPできていたのはホンマかいな?
中ほどまで登って下りてくる。

DSCF5183_convert_20120804135142.jpg
パインルーフを登り終えて

5本目:活断層:ハング下の8ピンまでノーテンで行けた。
ハング下に入るのにムーブが分からずワンテンして肩レスト状態の態勢になれた。

レストして乗越にトライ。
なんとできた!RPして6年が経過。

今年から再度こうもりに通い始めて全然乗越のブーブができなかったのに、
なぜこんなにあっけなくできてしまったのか不思議である。

そのムーブも6年前と同じようなムーブのようだ。
うれしかった。

次回はRP目指してトライしてみよう。
でもまたメロメロ状態かも。それでも良い。

今日は気持ちがよい。ハットトリックの下部のムーブ、
活断層の乗越もでき素晴らしい一日でした。