FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

不動岩中央壁小熊ルート下部ボルト左側への移設について
2012.05.14

最初に、Nさん、OさんにKinet掲示板をみてくださいと言われて、やっと見るという
勉強不足を反省と共にお許しを下さい。

20数年間不動に慣れ親しんできています。
その間相当の人たちがこの中央壁を訪れ小熊、ワンマンショー、タイコ、ペガサスにチャレンジしていったことでしょう。

その中の多くの人はレッドポイントをしたら次の岩場へと移動し去っていきました。

この岩場に10年20年と常時訪れ楽しんで登っているクライマーは僅かです。

そんな環境の中で今問われているワンマンショーと小熊の下部のルート分割が提案されているようです。

その理由を挙げてみると

1) 小熊を登っているとワンマンショーが登れない。
2) ボルトを左に寄せれば、小熊のルートがより直線的になりすっきりする。
ではないでしょうか?

私は現状維持でなんら問題はないと考えて(思って)います。満足しています。

だから

1)の小熊、ワンマンショーを登っている人がおれば待っておればよいだけです。

昔私的にペガサス、タイコ、ワンマンショー、小熊を続けて休み無く登れば11jとグレードづけしてトライしていました。

これには持久力のほかに、タイミングが必要です。

登りたい所に誰かが登っておれば続けて登れません。
11jは待つことです。そしてそのタイミングが合ったとき初めて11jをRPできました。
最高の気持ちでした。

この小熊、ワンマンショーのように下部を共有しているルートは他にもあります(
どなたか共有しているルートは知りませんと言っておりますが)。
柏木、備中、小川山、城山、隣の烏帽子、駒形にも共有しているルートはあります。

不動だけでは有りませんね。

そんなルートもやはり待たなければなりません。

もし50歳なら60歳までは10年あります。
私の歳までなら18年もあります。

時間は十分あります。

過去の多くの人たちが歩んだようにこのルートをRPして他の岩場に早く行きたいために時間が無いのであれば問題外です。
そんな気持ちの人ならあえてこのルートを登らなくてもいいのではないでしょうか?
この岩場を何年もこよなく愛する人なら待つ時間なんて十分あります。

2) のボルトを左に寄せればルートがすっきりする。
すっきりとは直線的になる事がすっきりすることなんでしょうね。

私は今のままでもすっきりしたルートで素晴らしいルートと思っています。

今のルートの横に別にボルトを打たなくとも良い所に、
いくつかの理由でボルトをわざわざ打ち足すことは岩場が汚れることに他無いと考えています。

このルートの製作者は何を考えて共有にしたのでしょうかね?

今まで、この形で登って11aの小熊をオンサイトした、
レッドポイントしたのであって、
何十回も、ひょっとすると100回以上かもしれなく登っている素晴らしいクラシックルートが、

たった上記の理由で変えられてしまうことには、
違和感を抱き、寂しい限りです。

グレードが高いルートは1ピン目が比較的高いところにあり、
1ピン目を掛け損なうとグランドフォールであり恐いですね。

先輩から良く言われました。
その離れた1ピン目まで登れないのであれば、恐いのであればそのルートを登るには10年早いと思えと。

小熊の1ピン目も遠いですね。
20年ほど前にRPのためにトライしていた頃は
今のようにその手前左に長いヌンチャクを掛けてなんてしていませんでした。

でも今は長いヌンチャクを掛けて登っています。

その下に一本打ち足せばよいのには勝手な考えです。
打ち足したボルトが無ければ登れない人は、

どこのルートでも同じですが自分で考え工夫をして登ればよいだけです。

ウリウリの1ピン目も同じです。
昔はこれも手前左にカムをかまして登っていました
(落ちたら振られて余り効果が無いかもしれませんが)。

ワンマンショーを登る時も手前のクラックにカムを噛まして登っていました。

長くなりましたが、
小熊も1ピン目の手前左に長ヌンチャクを付けて登る場合は、
ワンピン目を掛けた後にテンション無しで

少しクライミングダウンして掛けた長ヌンチャクを外してから登れば落ちた時に足に引っ掛ける心配は解消されるでしょう。

また3ピン目から左上していくロープにハング上で落ちてロープバーンをした人を私は見たことがありません。

最後に20数年登っていますが、
ボルト位置を変えたらと言う事を聞いたためしがありません。

また何でも反対ではなく
時代と共に新しく変えていく、変わっていくことに良いことであれば受け入れる心は持っております。

ぽっぽ会もKINetにその意義を感じ毎年僅かな金額ではありますが、
協力させてもらっています。

ぽっぽ会内での討論も未だしておりませんが、
とりあえず「ぽっぽML」で意見を聞いています。

14日現在、賛成7名、反対5名、その他0です。

賛成意見、反対意見は意見交換の場で発表させていただきます。




スポンサーサイト