FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

  会山行 八ヶ岳
    大同心大滝、南沢小滝、南沢大滝
photo by YouSaku & Gramps

36_large_convert_20120322215904.jpg
南沢大滝の前でYousaku君

期間:2012.03.18~2012.03.19
参加者:牧師、Ki川、ひよこ、YouSaku、Gramps

17日夜から出かける予定であったが天候が良くないので、
牧師宅で泊まって翌朝から出かけることにする。

朝出発したものの雨は一日降り続け未明から上がりそうということで、
今回は美濃戸口の八ヶ岳山荘に泊まって未明から出発とする。

DSCF3548_convert_20120322214809.jpg
八ヶ岳山荘で寛ぐ

3月18日:美濃戸口に14時着。荷物を下ろして八ヶ岳山荘でゆっくりする。

3月19日:大同心大滝:2時起床。3時30分出発。

今日の予定は中山尾根。
赤岳鉱泉まで意外と時間を喰って7時過ぎに到着。

DSCF3553_convert_20120322214923.jpg  DSCF3554_convert_20120322214956.jpg

先ずはテント設営

先ずKi川さんが中山尾根を辞退、
続いて体調が悪いと言うことで牧師さんがテントキーパーをすると申し出があり、
これからどうするか迷う。

中山尾根への出発時間も遅くなってしまったので、
今日は大同心大滝でアイスクライミングをすることに変更。

26_large_convert_20120322214846.jpg
大同心大滝前にて

不調の牧師さんはテンとキーパー。

大滝には既に2パーティーが来てクライミングをしている。
場所を適当に空けて頂く。

最初は氷柱中間部のボルト、ハーケンまで登って、ここでトップロープでクライミング。

30_large_convert_20120322215024.jpg
標柱左の登攀のGramps

アイスクライミング3回目の新人Yusaku君はスイスイと登っていく。
久し振りのKi川さんは最初苦労したものの直ぐに慣れ、上手く登る。

44_large_convert_20120322215118.jpg
Ki川さんの登攀

アイス初めてのひよこさんはアックスの振りがぎこちない。
が直ぐに慣れなかなか上手く登って行く。

40_large_convert_20120322215053.jpg
初経験のひよこさんの

みんなすご~い!

続いて今度は上まで登って右岸の木にあるビレーポイントでトップロープにする。
この氷柱を登るのは実に20年振りである。

51_large_convert_20120322215158.jpg
20年振りの大滝登攀・Gramps

アイスクライミングには全く興味が無かったのでご無沙汰である。
今年から何故か興味がわき大峰に3回通う。

そして今日で4回目。4回目にして登れたので感激一入である。

56_large_convert_20120322215222.jpg
今回でアイスクライミング3回目の新人YouSaku君

みんなの上手く登るのには驚きである。
私もトップロープでもう1本左端を登らせてもらう。

58_large_convert_20120322215246.jpg
久し振りのアイスクライミングを楽しむ(苦しむ?)Ki川さん

76_large_convert_20120322215311.jpg
今日がアイス初めてのひよこさん。

92_large_convert_20120322215332.jpg
トップロープで登るGramps

今日はこのへんでお開きして帰ることにする。

DSCF3559_convert_20120322215403.jpg
クライミングを終えて下山開始

アイスキャンデーではコンペも終わり、
残った人たちがセッションをして楽しんでいる。


テントに入って宴会開始。
ちょっと飲みすぎてしまった。まあ良いか!!!

明日は依然体調が芳しくない牧師さんは中山尾根はちょっと難しいということで
今回は諦めて南沢大滝でアイスを楽しみ、一日早く下山することにする。

3月19日:南沢小滝、南沢大滝
3時半起床、食事、テント撤収して6時出発。
行者小屋経由で南沢小滝前に8時過ぎに到着。

6_large_convert_20120322215932.jpg
南沢大滝に向う

服装を整え小滝に向う。
先ずは右側を登り、トップロープを掛けて全員登る。

DSCF3563_convert_20120322215530.jpg
小滝左を登るYouSaku君

続いて左側を登りトップロープをかけた後
右側のツララ状のところをトップロープで登ってみる。
なかなか面白かった。

8_large_convert_20120322215959.jpg
気温はマイナス8℃(6時現在)

ここでザックの置いてあるところに戻り昼食タイム。
大滝から帰る3人組の1人から名指しで声を掛けられるもどなたか分からない。

「Tub田です」何年ぶりだろう。
あの頃と面影が違っているような気がする。

「大滝は貸切ですよ」のひと声で皆で見に行くことにする。

なんと昔来た時とは全然感じが違う。
そのスケールの大きさにびっくり。

DSCF3574_convert_20120322215601.jpg
大滝前の牧師とGramps

登りたいが時間が遅い。
まだアイスクライミングの経験の少ない私には焦りが入れば危ない。

59_large_convert_20120322220026.jpg
トップロープで登るKi川さん

登るのは次回と諦め右から廻りこんでトップロープを張り楽しむことにする。
高さがあるので登り甲斐がある。

DSCF3581_convert_20120322215826.jpg
牧師さんのクライミング

およそ35mはあるだろうか?各自1本登り終了。

昨日、今日と満足できるクライミングが出来ました。

68_large_convert_20120322220046.jpg
Grampsのクライミング

4時下山開始、6時美濃戸口出発。大山崎9時40分着。

DSCF3573_convert_20120322221427.jpg
今年は素晴らしく氷が発達した南沢大滝
スポンサーサイト