大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

伯耆大山

日程:2012.02.24夜~02.25              
参加者:NanohaBab、Motoro、ひよこ、Shokuda、Ichie、Ki永、Seghro、Gramps
DSCF3493_convert_20120229104015.jpg
今回参加したぽっぽ会の面々

牧師さん、Ko下さんが直近で不参加になったため、
当初予定していた別山尾根、弥山尾根はパーティー編成に無理が来たため弥山尾根のみに変更。

ところが直前に天候が悪くなったので
今回は一般道(夏道)を山頂を目指すことにする。

金曜日の夜2台の車に分乗して
(南茨木21:00発、芦屋川22:00発)
米子道途中のパーキング上野で1時~3時まで仮眠。

起きたら天気予報どおり雨が降り始めている。
雨は嫌だなあ。

1_large_convert_20120229100549.jpg
出発準備

それでも大山寺駐車場に着いた頃には雪と変わり助かる。

用意をしているうちに雪も殆ど止んでいる。
路面も凍結はしていない。

3_large_convert_20120229100612.jpg
駐車場・いよいよ出発

やはり今日は温いのだ。弥山尾根は雪崩れが恐い。

3_large闖贋ソョ_convert_20120229101736
両側は除雪された雪の壁?ブロック?

勿論登山道入口からは雪道だ。
昨日天気は晴れだったので多くの方が登られたことだろう。

登山道もばっちり踏み固められておる。

先頭を新人のKi永君が、続いて2番手に新人のSegrho君が続く。
3番手にリーダのShoku田君。

DSCF3471_convert_20120229101046.jpg
出発して1時間余

この編成が良いか悪いかはその時の状態で決まるからこのままの隊列で進む。
Kiku永君なかなか上手いペースで登ってくれる。

DSCF3473_convert_20120229101804.jpg
6合目避難小屋

暑くなってきたので3合目位で服装整え休憩。
続いて6合目非難小屋で大休止。

DSCF3474_convert_20120229103311.jpg
避難小屋内部(搬送用ボートも備え付けられている)

相変わらずガスっており、
まわりの景色が見えないのが残念。

DSCF3475_convert_20120229101954.jpg
さあ、出発!(小屋は尾根の東側の雪の下にある)
この写真の右側(南)にある。

この辺りから何故かいつものように、
でしゃばって先頭を歩いている自分がいる。

山頂へと続く稜線にでたら案の定急に強い北風が左横から吹きつける。

視界も7~80mのところ、
ほぼ50m間隔で竿が差してあるので助かる?
忠実にそれを辿って15分。

DSCF3478_convert_20120229102018.jpg
頂上小屋もほぼ1階部分まで埋まっている

頂上避難小屋に到着。
小屋は雪の中。

今年も一階入口への道を掘り起こしてくれている。
潜るように降りて行き、避難小屋に入り休憩。

28_large闖贋ソョ_convert_20120229102118
1階入口への雪洞。2階からも入れたが今はどうなっているのかな?

目が慣れていないので中は真っ暗。やがて慣れ始めると結構明るいなあと誰かが言っていた。

小学生の頃雑誌小学館?に書いてあったことを今でもやっている。
映画館に入るとき片目を閉じて入る。入ったら閉じた目を開ける。
そうすれば館内の暗さに早く対応できる。

DSCF3484_convert_20120229102053.jpg
小屋の中での寛ぎの一時。あったかい!

風の無い小屋の中は天国である。
お茶を飲みながら行動食を食べたり、

写真を撮ったりして4~50分過し下山開始。

7_large_convert_20120229102204.jpg
ぽっぽビッグスリー!

小屋から出たら、Shoku 田、Segrho、Ki永のビッグスリーが弥山山頂まで行きたいということで、
彼ら3人が頂上ピストンしてから下山することに。

とにかく風がきついので寒い。

9_large_convert_20120229102228.jpg
Ichieさん。

下りの稜線で初級冬山登山学校の連中が登ってくるのに出くわす。
お互いに挨拶を交わしながら上へ、下へと分かれる。

5_large_convert_20120229102145.jpg
Shoku田LとKi永君

12_large_convert_20120229102252.jpg
一休み

稜線を過ぎ、夏山道に入れば風も無く寒くも無い。
なるべくトレースの無いところを一直線に下りる。

DSCF3488_convert_20120229102328.jpg
6合目避難小屋前(汗かきのSegrho)

13_large_convert_20120229103235.jpg
ひよこちゃん

6合目避難小屋と後一箇所で休憩をとり駐車場に帰還。

元大阪におられ現在尾道にお住まいの女性(ルーズ山の会のO山さんと中級登山学校同期の方)にお会いする。
彼女とは何年か前にも石鎚山でもお会いした。
彼女も山が好きなんだなあ。

帰りは温泉に入って美味しいものを腹いっぱい食べて帰阪。

今回は新人参加のため山頂付近で雪洞、ビーコン操作等雪訓をしたかったが、
日曜日に用事を作ってしまった人もいて、
日帰り山行になってしまったのが残念である。

それでも雪の中に入ってこれただけでも充実した一日が過せ感謝です。

DSCF3495_convert_20120229115240.jpg
無事帰還 

記録:
南茨木21:10→上野PA23:30、起床3:00出発5:05→大山寺駐車場6:00、6:55~山頂避難小屋9:50、10:40~大山寺駐車場12:20→温泉12:50、14:30→南茨木20:00(途中事故渋1時間)  

Photo by Segrho,Ki永、Gramps
スポンサーサイト
大峰アイスクライミング

DSCF3463_convert_20120227194314.jpg
今日のシェークスピアの氷結状態

期間:2012.02.19 (日)
参加者:Kuri、Ichie、Kiku 、Gramps

多くの写真提供:Ki永君

DSCF3462_convert_20120227194350.jpg
シェークスピアの氷と新人の一人・Ki永君

昨夕は和佐又ヒュッテでダッテ姉さんさんの還暦祝いをした。
今日はのんびり組みとアイスクライミング組と分かれる。

DSCF3445_convert_20120227194423.jpg
のんびり組に見送られてアイスクライミングに出発

我々アイス組は5時過ぎ起床、
6時から広い寒い食堂でストーブに(その周りだけしか暖かくならない)火をつけ、
ヒュッテのおばちゃんが事前に用意しておいてくれた朝食。

生卵は白身が凍りつつある。
外の気温はマイナス15℃(昨夜おばちゃんが寝るときはマイナス19℃だったそうだ)。

味噌汁を温め、ご飯をよそって、
納豆をかき回し、のりを袋から出し、

いよいよ食べようとしたらもう熱々の味噌汁がぬるくなってしまっている。
ご飯も茶碗が冷たかったせいか冷えてしまっている。

こんなに今朝は寒かったのだ。

のんびり組みも皆さん起きてきてストーブを囲んで団欒。

Yama1号車しかないのでYamaさんにお手数を掛け
途中に止めてあるIchie車まで送ってもらう。


下る道の早朝の景色が気持ちが良い。
Ichie車停車場所はそんなに雪も積もっていなく助かる。

周りの山々に朝日があたり青空と雪の白と
金色の光りのコントラストが素晴らしい。
思わずシャッターを切る。

荷物を載せ代えYamaさんに礼を言って別れる。
Ichie車のの暖機10分ほど
掛け出発。

国道169号に出たら除雪もされ問題なく進めた。
大台へ入口には昨夜から来たと思われる神戸ナンバー、相模ナンバーの車が3台駐車してあったが、
我々はそのままワサビ谷入口まで進む。

47_large_convert_20120227194454.jpg
ワサビ谷入口

のんびり組みはヒュッテでゆっくりして入ノ波温泉に入って帰阪したようだ。

服装を整え出発。
林道から山に入るところの急傾斜は積もった雪の下が凍っており歩きにくい。

途中安定したところでアイゼンを装着して進む。
最初の渡渉点前で小休止。

55_large_convert_20120227194522.jpg
渡渉点

登るに従って段々と雪の量も増えてきている。

57_large_convert_20120227204801.jpg
急登を頑張る


最初の尾根の急登を越え、
ロープの張られた3mほどの岩を登りきり

一枚岩を気をつけてトラバース後
谷を横切り急登に差しかかるも今回は雪が多いので難なく登れる。

次の右へのロープがあるトラバース気味のところも苦労せずに登れた。

そこから左折して尾根を少し登りルンゼ状を直登して又右に行くのだが、
何故か今回はトレースが途中で左に折れ左の尾根上を登っていくようにトレースついている。

今回はトレースに従って行けるところまで行ってみる。
やっぱり方向が違う(GIに行く道か)ようなので

別れて右にトラバースをしてシェークスピアに向けて膝くらいのラッセル。
やっぱり雪は新雪をラッセルして進むのが気持ちが良い。

間もなく目的のシェークスピアが現れる。
先週と様変わりの氷の発達した光景にKiku君が感嘆しきり。

早速用意して登攀開始。
Kuriさんもリードする予定であったが何故か今日は止めにするとのこと。

ということは私が登らなくてはならない(内心は嬉しいが)。

今日はシェークスピア3回目。
1本目:ハムレット左。
登りも安定してきたようだ。

65_large_convert_20120227204851.jpg

 67_large_convert_20120227204914.jpg 

68_large_convert_20120227204936.jpg

 70_large_convert_20120227205001.jpg

恐怖心もちょっとした自信?ができたのかそんなにない。
1週間前の弱点を補強した効果が出ている。

74_large_convert_20120227205026.jpg

登って下りてきたら、
Ichieさんも、Kiku君も早かったとのお褒めの言葉が嬉しかった。

75_large_convert_20120227205051.jpg

77_large_convert_20120227205119.jpg

81_large_convert_20120227205148.jpg

82_large_convert_20120227205212.jpg
ビレーをするKuri

やはり回数を重ねることが上達の秘訣だろう。
まだまだ登り方はなっていないが満足感がある。

83_large_convert_20120227205243.jpg

86_large_convert_20120227205308.jpg

続いてトップロープでKuriさん。
さすが関東のゲレンデで登っているので上手く登っていく。

89_large_convert_20120227205335.jpg

Kiku 君、ちょっとぎこちない。先週アイス初めてとは思えないほどの
アックス捌きであったのにどうしたことか?
手がパンプしてしまったようだ。

94_large_convert_20120227205359.jpg

Ichieさん出だしが苦しそう。
だがまあまあの登りで完登してしまう。

DSCF3459_convert_20120227210458.jpg
Ichieの登攀

DSCF3465_convert_20120227210529.jpg
登り終えての満足 Ichie

97_large_convert_20120227205425.jpg
シェークスピアから見た素晴らしい風景

2本目:ハムレット右:TR:できるだけ手に負担を掛けないよう、強く打ち込まないで登るように練習してみる。

99_large_convert_20120227205455.jpg
登り終え満足顔。ビレーしてくれたKuriさんありがとう

3本目:TR:今日はこれだけで終了のタメ回収に登る。
真ん中は氷もゆるんできたのかアックスを打つたびに水混じりの細かい氷が顔に掛かるようになってきた。

101_large_convert_20120227205519.jpg
Kuri&Ichie

102_large_convert_20120227205546.jpg

DSCF3468_convert_20120227210556.jpg
アバラコフ

3時に終了して下山開始。
今日も我々4人の貸切状態。

天気も良く気持ちの良い一日であった。

それと1本目を登っているときにマクベスから大きな落氷にびっくり。
気温が上がってくると恐い。
もう大峰のアイスも終わりの時季になってきたのかな?

およそ1時間半で駐車場所に到着。
今日も楽しく過ごし一日が終りました。

記録:和佐又ヒュッテ5:00起床、7時出発→わさび谷入口8:00~シェークスピア10:30、15:00~ワサビ谷入口16:30、17:00→阪急南茨木19:00

    
大普賢岳・和佐又ヒュッテ(だって姉さんの還暦祝い山行)

DSCF3413_convert_20120223214545.jpg
和佐又ヒュッテ(雪が降ってくる。ほんの少しだけ~ど)

日程:2012.02.18日~19日                
参加者:ダッテ姉さん、NanohaBab、Kuri、Ichie、Yama1号、Yama2号、Motoro、Ki永、Gramps

ダッテ姉さんの還暦祝い。
今回はダッテ姉さんのホームゲレンデ大峰の和佐又ヒュッテで開催することになる。

DSCF3415_convert_20120223214617.jpg
和佐又ヒュッテ前(大普賢への出発前 11:15)

前日大峰・地獄谷シェークスピアでのアイスクライミングを楽しんだ後
1人ワサビ谷入口で幕営。

今回は3台の車に分乗して和佐又に入る予定であったが、
その1台・Ichie号にワサビ谷入口近くの国道169号線で8時過ぎにピックアップしてもらう。

和佐又ヒュッテは新伯母峯トンネルを出て直ぐ右折。
昨夕から降った雪がここからは除雪されていない。

四駆でないIchie車は直ぐに登れなくなる。
ここでチェーンを装着。

慣れていないので装着に悪戦苦闘の末1時間掛かってやっと装着。
後ろには4駆のYama1号車、

少し待ってYama2号車の到着。
この車も4駆ではない。やはり登れない。

Yama 2号車はここに置き止めして2台に分乗して進む。
やがて急坂にさしかかったらチェーンを装着したIchie車が動けなくなる。

この車もここで放置。
Yama1号車でヒュッテ往復してやっとヒュッテに全員到着。

今日の予定大普賢岳往復は時間的に不可能になってしまう。
どうせ予定通りに到着していてもこの雪では難しかったと思われる。

DSCF3416_convert_20120223214642.jpg
いよいよ出発

今回は「笙の窟」までのピストンに切り替えて出発。

天候は曇り時々雪。
一列に並んで、ラッセル交替で進む。

DSCF3419_convert_20120223214814.jpg
尾根に出たところで小休憩  11:45

尾根筋に出たところで小休憩。
ここから北西に尾根を登りつめていく。

DSCF3420_convert_20120223214841.jpg
尾根を忠実に登り詰めていく

気温が低く新雪のため雪が軽く
ラッセルもそんなにアルバイトをしなくても進める。

この辺りからMotoroさんが前へ出て頑張りはじめる。
この3月の篠山マラソンンに初参加のトレが出ているのか頑張ること凄い。

代わってGramps。
その次はIchieさんも頑張ってラッセル、

続いて新人・Ki永君。
雪山は今日が4日目

(過去3日は比良堂満1ルンゼ中央稜、比良3ルンゼ搬出訓練、
大峰ワサビ谷アイスクライミング)。

4日目にしてもう雪慣れか?
若さのなせる業かどんどんラッセルして進んでいく。

Grampsも3ヶ月は彼より優位にと宣言しているが
どうも5月まで持ちそうもなさそう。

DSCF3421_convert_20120223214909.jpg
シタンの窟  12:30

DSCF3422_convert_20120223214952.jpg
急登(鎖と雪ノ下には階段があった)  12:40

DSCF3423_convert_20120223215024.jpg
朝日の窟  12:53

それはさて置き、
この後は2人で新雪を踏みしめてシタンの窟、朝日の窟と通り過ぎ
今日の目的地・笙の窟へ到着。

DSCF3424_convert_20120223215057.jpg
笙の窟(今日の目的地)ツララの暖簾?  13:00

大きな岩小舎の真ん中に祠がある。
祠の庇にも、後ろの岩にも一杯ツララが吊り下がっている。

その壮観さに思わずシャッターを切る。

ここでYama 2号さんが用意して来てくれた
「祝ダッテ姉さんの還暦」の横断幕を出して記念写真。

DSCF3428_convert_20120223215129.jpg
ダッテ姉さんと記念写真

少し休憩して今登って来た道を折り返す。
スキー場に着いたら大普賢方面の展望出きた。

全員しばし立ち止まって見上げ、
次回の登頂をつぶやく。

和佐又ヒュッテに戻たのは14時半。
宴会は17時半から。

DSCF3431_convert_20120223215201.jpg
部屋での寛ぎ?(もう2リットルの「菊正宗」の酒は空いてしまった)

雪山衣装から開放されもう部屋で皆宴会モード。
おっと一番若いKi永君は未だエネルーギーが余っているようで小屋には入ってこない。

スキー場へ出て楽しんでいるようだ。

我々?はもう宴会開始時間前に
Babさん持参の「菊正宗」2リットルがもう空いてしまった。

5時半いよいよ食堂で、
ダッテ姉さんの還暦祝い。

DSCF3433_convert_20120223215232.jpg
場所を移して食堂での還暦祝い

もう出来上がってしまっているIchie、Gramps、Kuriは
参加してはいるが何をしたか記憶が無かったとか。

DSCF3441_convert_20120223215305.jpg
記念品贈呈

DSCF3442_convert_20120223223711.jpg
今日参加できなかった会員からの贈り物(好きなお酒のようだ)

8時前に部屋に戻り3次会開始。
私は明日の用意をしているうちに寝てしまった。

Ichie さん、Kuriさんは炬燵で眠ってしまったようだ。

残り6人は炬燵を囲んで
それなりに楽しまれたようだ。

それにしてもこの部屋はだだ広く、
天井も高い(天井は無い)。

ベッドも3段あるが最上階は危険とかの理由で使用禁止になっている。
炬燵、石油ストーブ2個置いてくれているが寒い部屋だ。

聞くところによると、
どこかの小学校を移築し改造したそうだ。

イメージしていたヒュッテとはかけ離れていたが、
これはこれで趣のあるヒュッテである。

ヒュッテのおばさんもなかなが味のある人でした。

明日は昨日行った地獄谷のシェークスピアへアイスクライミングの予定。
大峰アイスクライミング

DSCF3400_convert_20120220181039.jpg
今日のシェークスピアの氷結状態

期間:
2012.02.17 (金)
参加者:A木、K2、Nomachie、Gramps
    
先回11日にハムレット左をリードしたので今日はその右をリードしてみる。

1本目:ハムレット右。
先週こうしたらもう少し楽に登れるだろうところを修正してトライ(フィフィ、ヌンチャク改良)したら、
少し余裕で登れた。

DSCF3402_convert_20120220181112.jpg
ハムレットを登るK2君とNomachie

2本目:ハムレット右:TR。少し難しいところを登ってみる。
降りて来て最右のツララ状のところをトライ
やっぱりTRだと気楽に登れる。

DSCF3405_convert_20120220181139.jpg
リア王を登るA木さん

3本目:ハムレット左:TR。上部は左側の垂壁部を登る。
降りて来て最左のツララ状を登ってみる。

ツララ状のところ下部が繋がっていないので登るのに工夫が要ったが
何とか登りきれた。

4本目:リア王:TR。
右から左上気味に登り、

真正面は薄いのでその右を登り
最後は真ん中から乗り越え右トラバースしてビレー点へ。

登り始めのところはシャワー状態で
びしょびしょになりながらの悪戦苦闘でした。

DSCF3408_convert_20120220181238.jpg
ハムレットを登るGramps

先週に比べ少し慣れてきた感じがする。
天気も良くその上我々4人だけの貸切状態でなんだか申し訳ないようだ。

明日は会の方の還暦祝いを
和佐又ヒュッテでするので

私一人はワサビ谷入口で幕営。
1人でテントで過ごすのは20年ぶりかな?

DSCF3412_convert_20120220181310.jpg
1人テントで楽しむ

記録:
大阪駅6:00→ワサビ谷入口8:15、8:30~シェークスピア10:30?、16:40~ワサビ谷入口17:50
大峰アイスクライミング

DSCF3398_convert_20120214113226.jpg
大峰地獄谷・シェークスピア・リア王

期間:2012.02.10(金)夜~11(土)
参加者:牧師氏、Icchie、O西、Ki永、Gramps(A木、NO1、Ok田、Kuz川)
    
最近余り興味の無かったアイス、クラック、スラブに興味が出てきました。

この3つは相当努力しないと行く機会に恵まれない。
アイスも今季やっと2回目である。

DSCF3388_convert_20120214114317.jpg
林道から出発

4年ぶりのシェークスピアの訪問。
今回は「初リードを」と15年ぶりに縦爪アイゼンを買って意気込んで出かける。

3_large_convert_20120214113609.jpg DSCF3389_convert_20120214113347.jpg DSCF3390_convert_20120214113423.jpg
渡渉点

今回は新人2人(2人も前回の比良山に続き雪山2回目である)
と牧師さん、Icchieさんの5人でテント生活トレを兼ねて前夜から出発。

昨夜就寝が遅くなり、今朝は7時起床。

ワサビ谷入口に到着したらお友達の4人がもう出発するところである。

目指すシェークスピアには10時40分くらいに到着。
今日の初リードトライは勿論左側(ハムレット?)。
思ったより壁がそそり立っている。

16_large_convert_20120214121010.jpg
初?リードのGramps   Photo by O西

A木さんが気を遣ってくれ易しいルートを空けてくれた。

恐いのでスクリューを小まめに打って登る。
2ピン目終って少しランナウト気味。

ビレーしてくれている牧師さんから「ピンを取って」の声。
分かっているが取れない。

やっと身体を安定させてスクリューを打ち始めようとした瞬間にフォール。
びっくりする間もなく逆さまになって落ちていく自分がいるって感じ。

直ぐに身体にショックを感じ逆さのままストップ。
耳が少しロープで擦れたのか痛い。

身体を立て直す。
チェストハーネスが何かおかしい。

78_large_convert_20120214123457.jpg
牧師さんの登攀  Photo by O西
左右合わせ締めていたバックルが壊れ左右がぶらぶら状態になっている。
カラビナで繋ぎ合わせて、再度登り直す。

度胸がついたのか先ほどよりもリラックスした気持ちで登っていける。
登るに従い徐々に登るコツかつかめてくる感じ。

28_large_convert_20120214121652.jpg
やっと終了点に近づいた。  photo by O西

終了点に着いたが、
やったという感激が思ったより無い。
とはいえ嬉しい。

時間も相当掛かってしまった。
ビレーしてくれていた牧師さんありがとう。

これがシェークスピアの初リード。
これから焦らずに楽しみながら徐々にリード本数を増やしてゆこう。

50_large_convert_20120214123407.jpg
登る前にチェック  photo by O西
61_large_convert_20120214123436.jpg
新人・Ki永君の初アイスクライミング  Photo by O西

2本目は今登った右側をトップロープでトライ。

69_large_convert_20120214123516.jpg
Grampsのトライ   photo by Ki永

3本目は先ほど登ったところを再度トップロープで登る。登りきって少し降り、その左の垂直壁をトライしてみる。

朝一番い比べ氷もゆるんできているのかアックスもアイゼンも良く刺さり易しくなってきている感じ。

他の皆さんも積極的に楽しんで登っている。

27_large_convert_20120214123604.jpg
Icchieのクライミング photo by Ki永

時間も大分遅くなったので下山することに。
みんな楽しかった一日に満足。

55_large_convert_20120214123541.jpg
新人・O西君の初氷登  photo by Ki永

帰って記録を見たらなんと初リードではなかった。
記憶の低下にうんざり。

4年前の記録(高下さんと)

3今日本目やはり自信がないがリードしてみることにする。

1本目のスクリューを出だしに差し込む。それから少し上ったら怖くなり

2本目を入れる。こんなに近くに確保を取ったらスクリューが足らなくなってしまう。
その2本目にぶら下がって1本目を回収。

ここから事実上スタートである。
1.5m位でフィフィにぶら下って2本目のスクリューを埋め込む。

3本目を中段の緩傾斜手前に、

緩傾斜が終わった辺りに4本目、

最後ののっこしに5本目を取って何とか抜けれた。
初めてのリードである。感激!!! 

93_large_convert_20120214123627.jpg
帰路の下り。注意を要する場所の1つ   photo by Ki永

141_large_convert_20120214123652.jpg
帰りの林道。
比良山・雪山搬出訓練
     雪山体験&トレ&搬出訓練参加

日程:2012.01.28~29               
参加者:O西、Ki永、Gramps、NanohaBab(28日のみ)

新人二人の雪山体験2日目は搬出訓練に参加しました。
実は私もこの時季毎年タイでの暖かリゾートクライミングのため、6年ぶりの参加でした。

1月29日(日):

7時集合のため5時に起床。
時間的にゆっくりできると思っていたが、のんびりしすぎたのか慌てる。

今日の搬出訓練は初級登山学校冬班と
一般の2グループで同じ堂満3ルンゼで実施することになる。

DSCF3359_convert_20120130145054.jpg
公園で事故者梱包の事前練習1

DSCF3360_convert_20120130145131.jpg
事故者梱包事前練習2 頭部

我々は一般グループに参加。

初級は3ルンゼに直ぐに向う。
こちらは公園で負傷者の梱包デモをしながら体験をした後、

DSCF3363_convert_20120130145205.jpg
金糞峠への登高

途中2回休憩を取りながら3ルンゼ源頭に向う。

今日の訓練は沢での引き下ろし。
到着後1)工作班、2)搬出班、3)回収班に班分け。

DSCF3366_convert_20120130145326.jpg
スコップの運び方

我々3人は工作班に所属。
久し振りの搬出訓練参加のため正直戸惑う。

少ししたら要領も呑めてきた。

CASR8R0O_convert_20120130145615.jpg
工作隊のステーション設営

やはり先日のぽっぽ確保・搬出訓練の反省会でも感想と同じ、
毎年参加して続けないと自然に動きが出てこない。

時間を惜しまずに参加しなければと思った瞬間でした。

引き下ろしの際に途中で初級班と交錯したりして
ややこしい場面もあったがなんとか双方も無事搬送できました。

DSCF3374_convert_20120130145357.jpg
事故者搬送その1

今回搬送方法は初級、
一般と2つの方法をしたがどちらが良いのであろうか?

昔小同心クラックで大学生が滑落両足首骨折した時に
大同心基部までロープ吊り下げトラバース。

その後大同心稜を5名で下までおろしたことがありました。
その時は今回の初級のシステムでしました。

そのシステムは3人が交互背負い(1人先導、1人背負い、1人背負い人介助)、
2人が交互にビレーでした。

今回の初級のシステムでビレーの役割で
こうした方がもう少しスムーズにいけたのではと思ったところがありました。

そちらの反省会に出ていないのでまた後日話し合いたいです。

DSCF3375_convert_20120130145431.jpg
事故者搬送その2(雪で埋めて渡渉)

さてお二人にはそばにいてもらって手伝いながら体験してもらいました。
が搬出の一部しか体験されてないのでこれからも一緒に参加してお互いマスターして行きましょうね。

この搬出訓練も実際の山ではこんなに大勢いることはありえないので
事故発生即対応は出来ないかもしれません。

パーティー内搬出もあわせて勉強して行きたいです。

DSCF3376_convert_20120130145506.jpg
反省会

2日間、若いお二人(私の歳の半分)の熱意、意欲に私も発奮出来ました。
無理をせず日常のトレーニングを欠かさず山人生謳歌したいです。

ありがとうございました。

記録:1月29日:
公園(BC)起床5:00、集合7:00、8:00~金糞峠9:45~3ルンゼ上部10:15~搬出終了13:25~公園14:15、反省会終了15:00、下山開始15:30→帰宅17:00