大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

2011年の山行は終りました。
今年は228日の山人生でした。ご一緒してくれた方々に感謝です。

来年もよろしくお願いします。
12/31 八ヶ岳                             
DSCF3197_convert_20120105231024.jpg
裏同心ルンゼF5の滝
12/30 八ヶ岳
12/27 不動岩 アイゼントレーニング
12/24 瑞浪
12/23 瑞浪
12/22 ゲレンデクライミング
12/21 ゲレンデクライミング
12/19 駒形岩 アイゼンアブミトレーニング
12/18 不動岩 アイゼントレーニング
12/17 不動岩 アイゼントレーニング
12/15 ゲレンデクライミング
12/14 ゲレンデクライミング
12/13 烏帽子岳
12/12 ポンポン山 ボッカ 神峰山寺~ポンポン山~天王山~大山崎駅
12/10 大岩ヶ岳 アイゼンボッカ 2往復
DSCF3073_convert_20111209183315.jpg
感激をトライする
12/07 瑞浪
12/05 芦屋川~宝塚アイゼンボッカ
12/04 御着の岩場 
DSCF3021_convert_20111209190442.jpg
御着の岩場で登る
11/30 不動岩 アイゼントレ20本/累計61本             210
11/28 不動岩 アイゼントレ5本/累計41本
11/27 雪彦山
11/26 不動岩 アイゼントレ10本/累計36本
11/25 不動岩 アイゼントレ4本/累計26本
DSCF2988_convert_20111208211017.jpg
屏風岩・ロンパールームを登る
11/23 瑞浪・屏風山
11/22 瑞浪・屏風山 
11/20 不動岩 アイゼントレ8本/累計22本
11/17 ゲレンデクライミング
11/16 ゲレンデクライミング
11/15 芦屋川~宝塚 ボッカ縦走
11/14 不動岩 アイゼントレ6本/累計14本
11/12 不動岩 アイゼントレ4本/累計8本
11/10 ゲレンデクライミング
11/09 名張・屏風岩
11/08 不動岩 アイゼントレ 4本
11/06 芦屋川~宝塚 ボッカトレ
DSCF2810_convert_20111105205131.jpg
三倉岳・モルモット11a
11/04 三倉岳
11/03 三倉岳
11/02 ゲレンデクライミング

10/29ロックガーデン ぽっぽ岩登りスクール
10/28 烏帽子 オヨネ、盛り上がろう、サイレント、フィギア
10/27 ゲレンデクライミング
10/25 烏帽子 タイム、ハーフ、ウイング・ジャスティース、盛り上がろう、すきま、まいど
DSCF2591_convert_20111024210829.jpg
屏風山・ルート「秀則」を攀じる?
10/23 瑞浪・屏風山
10/20 ゲレンデクライミング→室内壁2
10/19 ゲレンデクライミング                             184
10/18 烏帽子
10/16 烏帽子 RCS実技
10/15 室内壁1

10/13 不動岩 
10/12 ゲレンデクライミング→RCS座学
DSCF2447_convert_20111022164438_convert_20111022164533.jpg
左方カンテ5ピッチ目
10/10 錫杖岳
10/09 錫杖岳
10/08 錫杖岳(前夜より)

10/06 ゲレンデクライミング
10/04 小川山
10/03 小川山
DSCF2207_convert_20111022163246.jpg
烏帽子左岩稜
10/02 小川山
10/01 小川山

09/29 室内壁(1時間)
09/28 ゲレンデクライミング→室内壁(1時間)
DSCF2102_convert_20110930135038.jpg
山河微笑
09/25 瑞牆山
09/24 瑞牆山
09/23 瑞牆山
DSCF2076_convert_20110920203705.jpg
108手課題の51手目
09/20 室内壁6(2時間)
09/18 駒形岩 緑の光線、緑の光線(TRアプローチシューズ)、ひまわり(TRアプローチ)、チンケ(APS)、
       サイレント、天井桟敷(MOS)、オヨネ(APS)

09/17 室内壁5
09/15 ゲレンデクライミング
09/14 堡塁岩→例会 カンテ、枯れ木、中央クラック、スカイライン
09/13 室内壁4
09/11 芦屋川~宝塚
09/10 百丈岩→室内壁3 下部岩壁、東稜、中央ルンゼ右2回(アプローチシューズ)
09/08 ゲレンデクライミング→室内壁2
09/07 烏帽子岩 1)アフタ2)アブミ3)太陽4)ジャスティース5)おじいちゃん6)ハーフ(アプローチシューズでTR)
09/05 室内壁1

08/31 室内壁9                                       154
DSCF1964_convert_20110901212451.jpg
谷川岳・衝立岩正面壁ダイレクトカン2ピッチ目
08/30 谷川岳(朝帰阪)
08/29 谷川岳
08/28 谷川岳
08/27 谷川岳(夜から)
08/25 室内壁8
08/24 堡塁岩                                  149
08/23 室内壁7→例会
2011蟆丞、ェ驛趣シ廟convert_20110825090253
小太郎岩50m空中懸垂スタートテラス
08/21 小太郎岩・ライオンハング→室内壁6
08/20 小太郎岩・ライオンハング
08/19 小太郎岩(夜から)
08/18 ゲレンデクライミング→室内壁5
DSCF1787_convert_20110825093520.jpg
剣岳・チンネ左稜線・T5核心部
08/16 剣岳 熊の岩~室堂
08/15 剣岳 チンネ・左稜線
DSCF1752_convert_20110825093441.jpg
剣稜会ルートのトラバースピッチ
08/14 剣岳 Ⅵ峰Cフェース・剣稜会
08/13 剣岳 室堂~熊の岩
08/12 剣岳(夜から)
08/11 室内壁4
08/10 甲子園
08/09 室内壁3→例会
08/04 ゲレンデクライミング→室内壁2
08/03 ゲレンデクライミング
08/01 室内壁1
DSCF1633_convert_20110731122202.jpg
駒形岩でのアブミ練習
07/30 第一堰堤~石の宝殿~宝塚縦走、駒形岩・烏帽子岩
07/29 芦屋川第一堰堤
07/28 ゲレンデクライミング
07/27 ゲレンデクライミング

07/24 雪彦山:東面スラブ~滑り台~大凹角直登、地蔵正面右カンテ
07/23 雪彦山:三峰姫山、友人登路各1P、地蔵東稜
07/22 雪彦山へ(中級登山学校)
07/21 ゲレンデクライミング                             127
07/18 比良山:リトル比良(6時間半)
07/17 烏帽子岩:アブミ練習、オヨネ、ジャスティース、おじいちゃん、タフ
07/14 ゲレンデクライミング

DSCF1217_convert_20110720115405.jpg
The Cheaf 第二ピークにて。従兄弟の娘さんとその夫と
07/13 帰国:19:20伊丹空港着
07/12 Squamish:13:10出国
07/11 Squamish:Mosquito、Zombie
07/10 Squamish:Smoke Bluffs:Pixie Corner、Mosquito
DSCF1274_convert_20110720115532.jpg
A Little Tostiea 10bc 24m
07/09 Squamish:Upper malamute、The Cheaf:Grand Wall
07/08 Squamish:Cheakamus Canyon:Circus、Main Event
07/07 Squamish:Rest&移動日(キャンピングからHostelへ)
07/06 Squamish:Smoke Bluffs:Nest&Cool、Penny Lane
07/05 Squamish:Murrin:Up Among the Firs、Sugarloaf
DSCF1294_convert_20110720115610.jpg
Penny Lane 5.9 30m
07/04 Squamish:The Cheaf山頂までの ハイキング 
07/03 Squamish:Rest Day
07/02 Squamish:Murrin:Bog Wall、Shnnon Fall
DSCF1398_convert_20110722115832.jpg
Exasperator 10a 25m
07/01 Squamish:Cheakamus:Ciacus,Main Event
06/30 Squamish:テン場探し
06/29 Squamish:入国
06/29 Squamish:出国

06/27 ハイク:善峰寺~ポンポン山~若山神社~島本(6.5H)
06/25 不動岩:アルパイントレ
06/23 烏帽子 およね、アブミ2本、サピエンス、ジャスティース~屋根の上、すきま風
DSCF1024_convert_20110624103715.jpg
人工登攀の練習
06/22 烏帽子 アップ、熊カンテ、ゴールド、おじいちゃん、タフ、アブミ2本
06/19 ハイク:長岡天神~光明寺~善峰寺~柳谷観音~若山神社(6H)
06/15 ゲレンデクライミング
06/14 ゲレンデクライミング 
06/13 ハイク:天王山~ポンポン山(8H)

06/10 不動岩 ミート、タイコ、ワンマン、ペガサス(雨のため14時下山)
06/09 ゲレンデクライミング
06/08 ゲレンデクライミング
06/06 ポンポン山~天王山(歩き)
06/05 クリーンハイク(千刈)
06/04 不動岩 6本(久し振りのクライミング。体がたがた、指先ヒリヒリ)
06/03 尺代~無線中継所(歩き)

05/31 ポンポン山~尺代(歩き)
05/26 ゲレンデクライミング
05/25 ゲレンデクライミング
05/19 ゲレンデクライミング
05/18 ゲレンデクライミング
05/15 第一岩壁 途中で腰痛再発
05/13 烏帽子 ハーフ、タイム、すきま、サピエンス、ウイング、ジャスティース(リハビリ・未だだめ)
05/07 不動岩 ミート&ポテト、タイコ(腰を痛める)                       86
05/05 小川山 親指岩、左岸スラブ
DSCF1169_convert_20110508183103.jpg
ノイズイノの登攀
05/04 小川山 ソラマメスラブ、屋根岩
05/03 小川山 そらまめスラブ、屋根岩
05/02 小川山 マラ岩、妹岩
05/01 八ヶ岳→小川山
DSCF1116_convert_20110508182910.jpg
横岳山頂
DSCF1127_convert_20110508183005.jpg
赤岳頂上小屋前
04/30 八ヶ岳 硫黄岳~赤岳縦走
04/29 八ヶ岳 入山
04/28 ゲレンデクライミング→八ヶ岳
04/26 ゲレンデクライミング
04/24 不動岩(中級・アイゼン)菱形、蜂の巣左、クラック、懸垂下降指導。(フリー)タイコ、ペガサス、小熊
04/21 ゲレンデクライミング
04/20 烏帽子 ハーフ、まいど、子供だまし、寄ってらしゃい→屋根の上→タキシード、タフ→おじいちゃん
04/17 不動岩(中級・主にNP)東壁中央、砂被り、クラック、ハーケン、重箱
04/16 烏帽子 ハーフ、イナバウアダイレクト、おじいちゃん、盛り上がろう、ウイング、ジャスティース
04/14 ゲレンデクライミング
04/13 ゲレンデクライミング
04/09 六甲山縦走: 芦屋川~宝塚 重登山靴、21kg
DSCF0889_convert_20110408154520.jpg
中山山頂
04/07 大峰山: 大峰山~中山最高峰 軽登山靴、15kg
DSCF0765_convert_20110408154424.jpg
金勝アルプス・天狗岩
04/05 金勝アルプス: 上桐生~天狗岩~金勝寺 重登山靴、19kg
DSCF0723_convert_20110404172223.jpg
第一岩壁・「これなんですか」
04/03 第一岩壁:サキサカ、これなんですか、彼なんですか、直登
DSCF0708_convert_20110408154611.jpg
経ヶ岬
04/02 経ヶ岬:7本登る

03/31 ゲレンデクライミング
03/30 ゲレンデクライミング 
DSCF0668_convert_20110329143228.jpg
中山連山・見晴台
03/28 縦走: 清荒神~中山~山本 ドタ靴18kgボッカ
03/27 不動岩:アイゼン(菱形右、蜂の巣左、砂被り)フリー(ハーケン、ミュージック左、タイコ、ミート、ワンマン)
03/24 ゲレンデクライミング
DSCF0622_convert_20110329143416.jpg
三倉岳・モアイクラック
03/23 三倉岳:モスクラック
03/22 三倉岳:ヒップクラック、モアイクラック、モスクラック
03/21 三倉岳:ピークハント
03/20 明戸岩:
DSCF0573_convert_20110329143342.jpg
大堂海岸・スーパークラック
03/19 大堂海岸 スーパークラック、モンキールーフ、モンキー左、アメフラシ、スーパークラック、岡山ルート
03/17 烏帽子:タイム、ハーフ、すきま、太陽(フォロー)、ジャスティース、
03/16 ゲレンデクライミング
03/15 烏帽子:アフタ、すきま、寄ってらしゃい、ゴールド、ジャスティース、サピエンス
03/13 不動岩:アイゼントレ:東壁中央、ワンポイント、クラック。ミート。タイコ、リトル2本  
DSCF0463_convert_20110314190059.jpg
六甲山最高峰
03/12 六甲最高峰:阪急六甲~油コブシ~最高峰~宝塚(ボッカ)
03/10 ゲレンデクライミング
03/09 烏帽子:アイゼンアブミ4本、タイム、すきま、アフタ、ジャスティース
03/08 烏帽子:タイム、ハーフ、熊、盛り上がろう、隙間、ウイング、ジャスティース
DSCF0414_convert_20110307095949.jpg
ハーケンルート photo by Datteねいさん
03/06 不動岩 アイゼントレ 44
03/05 烏帽子:アイゼンアブミ&フリー
03/04 六甲麻耶山: 三宮~六甲ケーブル(ボッカ)
03/03 ゲレンデクライミング
03/02 ゲレンデクライミング
DSCF0299_convert_20110307101451.jpg
旭岳山頂(すごい風でした)
02/27 旭岳東稜
02/26 旭岳東稜
02/25 夜から八ヶ岳東面
02/24 ゲレンデクライミング
02/23 烏帽子:
IMGP3007_convert_20110225095601.jpg
別山山頂ナイフエッジを終えて下降準備中
02/19 大山・別山尾根
02/18 大山:夜より
02/16 烏帽子:
02/13 不動岩:アイゼントレ&フリー
02/12 比良山
DSCF0038_convert_20110225103147.jpg
武奈が岳・山頂手前
02/11 比良山
02/10 烏帽子:タイム、アフタ直登、熊カンテ、寄ってらしゃい~タキシード、盛り上がろう
02/09 烏帽子:ハーフ、アフタ直登、ウィング、ジャスティース~屋根の上、ジャスティース~タキシード、寄ってらしゃい、盛り上がろう
02/05 不動岩:アイゼントレ&フリー
02/03 帰国:  :烏帽子岩
02/02 プラナン:Ao Nang
02/01 プラナン:Dum's Kichin
2011020419523080c_convert_20110207183609.jpg
Lion King 核心部手前 photo by Mameo san
01/31 プラナン:Muai Thai
01/30 プラナン:Rest
01/29 プラナン:Hidden World
01/28 プラナン:Dum's Kichin & Ton Sai
01/27 プラナン:Dum's Kichin
01/26 プラナン:Dum's Kichin & Ton Sai
01/25 プラナン:Rest
01/24 プラナン:Keep
01/23 プラナン:Escher World 洞窟探検
01/22 プラナン:Escher World
01/21 プラナン:Diamond Cave
01/20 プラナン:One Two Three
01/19 タイへ:
01/16 百丈櫓:セルフレスキュー他
01/15 不動岩:アイゼントレ:山頂アイゼンボッカ2往復、蜂の巣左、クラック、クラック、クラック右、カンテ、       菱形 (夜百丈がわらで新年会)
01/14 不動岩:アイゼントレ:東壁中央右、東壁中央やや右、砂被り、ワンポイント、逆L、砂被り、菱形右 
01/13 ゲレンデクライミング
01/10 比良山: 堂満岳中央稜:大雪でした。
01/08 烏帽子:タイム、太陽、寄ってらしゃい、屋根の上、ジャスティース、タキシード、ジャスティース、タキシード
       ジャスティース、タキシード、盛り上がろう、ジャスティース
01/07 烏帽子:太陽、ウイング、屋根上、ジャスティース、タキシード、寄ってらしゃい、盛り上がろう、ジャスティース
01/05 ゲレンデクライミング:
01/04 不動岩:リトルボーイ、タイコ・ワンマン、小熊・ペガサス、ミート、金太郎・ミート(TR)
Image258_convert_20110106183716.jpg
元旦の若山神社から家族が見た初日の出
01/02 若山神社:初詣
01/01 八ヶ岳:阿弥陀岳・北稜><
スポンサーサイト
瑞浪・屏風山

期間:2011.12.23~24
参加者:HanaKin、Piikoさん、K2yaさん

12月23日(金):
梅田6時集合は厳しいので、
当日日帰りで行くピトンの会のK2号に上牧から多賀SAまで乗せてもらう。
ここでHanaKin号に合流して瑞浪に向かう。

DSCF3123_convert_20111225193937.jpg
大岩から見た瑞浪の街

9時半ごろ岩場に到着。
今日はPiikoちゃんがゾンビフレークのRPを目指しているようで最初に大岩に向う。

先ずはアップで「なんてたってアイドル」10bを登るPiikoちゃん。

私は
1本目::「なんてたってアイドル」10bをTRで登らせてもらう。

先月2回TRでトライして2回とも何とかノーテンで登れているが、
「スラブの10台が登れるようにが」来年の課題で

このルートもとにかくスラブになれるでTRでトライしてみる。
前回より厳しく感じたが何とかノーテンで登れる。

DSCF3128_convert_20111225194251.jpg
なんてたってアイドルを登るKinちゃん

2本目:「なんてたってアイドル」10b:
再度TRでトライしてみる。

ノーテンで登れた。先ほどもリードしいや!りーどしいや!とうるさかった。

3本目:「なんてたってアイドル」10b:
今度は何も言われなかったので反対にリードしてみようかと。

やってみたら核心部が大味になってしまったが何とかRPできた。
嬉しかった!

DSCF3130_convert_20111225194338.jpg
なんてたってアイドル10b RPできました

4本目:隣のルート「クリスタル・スラブ」11a:にPiikoちゃんが挑戦していたのでとても無理とは思っていたが、

皆のトライしてみたら、トライしてみたらの声でTRでトライしてみることにしてみる。
なんと下部でワンテンで登れた。

その後場所をゾンビフレークのところに移動して食事。
Piikoちゃんはゾンビフレークにトライ。

DSCF3136_convert_20111225194418.jpg
ゾンビフレークを登るPiikoちゃん(残念ながらRPは次回に)

5本目:「アタックNO1」10b、クラック:
今回もクラックの出始めが上手く行かずにワンテン。

ワンテンと入ってもまだまだRPには程遠~い!

DSCF3137_convert_20111225194502.jpg
アタックNO1のK2yaさん

6本目:ゾンビフレークをフォローで回収にまわる。
トラバースに入るところが難しい。
テンテンでした。

今日はこれで終わり風呂に入って、
台湾料理で飲んで、テントで少し飲みなおして就寝。

DSCF3138_convert_20111225194555.jpg  DSCF3139_convert_20111225194628.jpg
ピトンの会の方たちと。彼らは今から大阪に帰ります

12月24日(土):
3時頃寒さで目覚める。
薄いシェラフじゃちょっと厳しい。

フリースを着込んで寝袋の上にダウンを掛けて寝なおす。

6時隣の須磨のパーティー起床。
横に寝ているKinちゃんは未だぐっすり。

そっと起きて散歩に出かける。
寒い!気温はマイナス4℃である。

6時40分車で寝ていたPiiko、K2yaさんも起きたようだ。

7時40分マクドナルドに行って朝食。
どうせ岩も冷たいだろうからゆっくりする。

DSCF3140_convert_20111225194703.jpg
展望台の側にある柿

9時過ぎに岩場に行ったら、
須磨の人たちは1時間も前から来て登っているとのこと。

彼らは今日で帰るとのこと。
我々は明日まで。

期間が長いとゆっくりしてしまい、
気分的にだらけが出るようだ。

まあ若い時ならがつがつ登るのも良し、
のんびりやるのもまた良いかと自身を納得さす。

DSCF3141_convert_20111225194735.jpg
須磨の方たち

今日は「ハッピートライ」をRPしたい気持ちが半分と
クラックのABCらしきところでクラック登りを覚えたい気持ちが半々。

Piikoちゃんが「エースをねらえ」10bをTRでアップとのことだったのでそこを登らせてもらうことにする。

1本目:「エースをねらえ」10b クラック:
下から見たルートは難しいだろうが登りたい気持ちを出させてくれるルートだ。

トップロープでトライ。
オフウィドゥスに入るところから難しくなる。

四苦八苦でもがいて登るも精魂尽きてテンション。
テンション掛けて向きを変えたら登れた。

がテンション掛けずに向きを変えれるのか?
ムーブが繋がっていないでとにかくトップアウト。

DSCF3146_convert_20111225194809.jpg
エースをねらえのGramps

2本目:「エースをねらえ」
再度TRでトライ。今度は何とかノーテンでいけた。

向きを変えるところも何とかできた。
今度はカムも噛まさずに登ったので、次回は噛ましながらトライしてみよう。

時間はなんと13時半。
ここまでまだたった2本しか登っていない。まあ良いか!

3本目:「ロンパールーム」5.9 スラブ:
前月OSしているが、スラブに慣れる練習をTRでしてみる。

今回は出だしを右からトライしてみる。
やっぱり登れずにワンテン。

4本目:「ロンパールーム」降りてきて再度登り返す。
今度は先ほどの出だしのスリップしたところもスリップすることなく登れた。

5本目:仮称「卵岩スラブ右」TR。
細かい、が少しスラブに慣れてきたか?何とかノーテンで登れた。

DSCF3150_convert_20111225194842.jpg
卵岩の左スラブ(仮称)のK2yaさん

次回リードしてみたい。
きっとリードは厳しいだろうな。

2日間終ってみたらクラック4回、スラブ7回とスラブが圧倒的に多い。
クラックも頑張らなくちゃ。

今日も終ってお風呂屋に、なんと昨日と全く同じ時間の17時20分に入浴。
夕食は日本食、テントに帰って小宴会。

明日の天気予報。これまたびっくり一日中雪マーク。
21時帰阪決定。

即座にテントを撤収して21時35分帰阪開始。
0時30分帰宅

瑞浪の天気実績:6:00曇りマイナス1℃、9時曇りマイナス1℃、12時雪
        15:00雪
記録:
12/23:上牧6:05→岩場9:30~終了16:30、風呂、食事、2次会、就寝22:00
12/24:
起床6:00、出発7:20~取り付き9:30~終了16:30→風呂、食事、二次会21:00,テント撤収、帰阪開始21:35→上牧12:00
高槻の山・神峰山寺~ポンポン山~天王山
ポンポン山(その21) 

2011年12月12日(月)曇り時々日差し

6ヶ月振りのポンポン山訪問でした。
高槻から神峰山寺口行きバスは1時間に1本しかない。
孫を幼稚園行きバスに見送り
(母親が付いているのだから別に見送らなくとも良いのだが、見送りたいのである)高槻バス停に急ぐ。

9時11分発バスに乗りこむ。
神峰山口で降りたのは我々のほかおっちゃん二人のみ。

DSCF3078_convert_20111216153559.jpg
神峰山寺(カブサンジ)山門

暑がりで、寒がりの私は早速4枚脱いで下着1枚になって出発進行
(出発進行は2番目の孫の最近の口癖の一つ)。

今日はポンポン山山頂まで休みなしで行く計画。
神峰山寺、本山寺を素通りして一定のペースで進むも

DSCF3081_convert_20111216153637.jpg
本山寺入口

高槻の古木を過ぎた辺りの平坦なところでで少し休む。

DSCF3082_convert_20111216153706.jpg
高槻の古木に指定されている杉

ここから20分でポンポン山山頂に到着。
持ってきたGrampsうどんを用意。

DSCF3086_convert_20111216153743.jpg
ポンポン山山頂


いつの間にか常連組みが集まりだしている。

DSCF3087_convert_20111216153819.jpg
常連組の昼時(防風対策がしてあった)

Grampsうどん:切った野菜(白菜、人参、ねぎ、椎茸、小松菜)、豚肉を自作の汁で炊いてうどんを炊き出来上がり。

これらの下拵えをしていつも出かけてきます。
良く行く不動岩正面壁の前でこれを炊くと、

登っている人が何人もその匂いで落ちたとか、
落としたとか言われるほどGrampsうどんは有名とか。

冗談、じょうだんです。
下拵えも自分でやっていません(連れ合いは私が家に居られると困るので積極的に作って追い出しにかかっているだけです)。

DSCF3089_convert_20111216153848.jpg
ポンポンヤマにやってきた若者たち。今日は休日とか。

山頂で1時間少し過ごして、出発進行!

DSCF3090_convert_20111216153929.jpg
釈迦が岳(水無瀬川の源頭)

釈迦岳を経由して柳谷観音さんの横を通り天王山に。
このコース取りは多分初めてかもしれない。

DSCF3092_convert_20111216154005.jpg
展望台への道

DSCF3095_convert_20111216154041.jpg
展望台からみた紅葉も盛りは済んでいた

DSCF3097_convert_20111216154116.jpg
小倉神社への分岐

DSCF3099_convert_20111216154146.jpg
天王山山頂(誰が石済みしたのかなあ?)

DSCF3100_convert_20111216154218.jpg
天王山中腹の展望台から見た名神山崎JC附近。この辺りも天下分け目の合戦場跡

DSCF3104_convert_20111216154249.jpg
宝積寺の枝垂れ桜

DSCF3105_convert_20111216154320.jpg
宝寺の三重塔

結構歩きごたえがある。
終着点大山崎駅には夕暮れになってしまった。

記録:
JR高槻9:11→神峰寺口9:30~神峰寺9:50~本山寺口10:50~高槻の古木11:10~休憩地11:28~ポンポン山11:50、12:50~釈迦岳13:20~西山古道道標NO4(善峰寺分岐13:50~送電線下展望台14:10~柳谷観音~天王山ハイキング道入り口~小倉神社分岐(休憩)15:50~天王山16:20~天王山中腹展望台16:37~宝寺16:50~阪急大山崎駅17:03 
           裏六甲 大岩ヶ岳     アイゼン歩きトレ       

期間:2011.12.10

10日、11日の両日で瑞浪の屏風岩に登りに行く予定であったが、
肘痛になってしまい断念。

会の皆さんは不動へアイゼントレ、フリークライミングと出かけたが、
岩登りが出来ない私は皆さんと別れて一人大岩ヶ岳にアイゼン歩きトレに出かける。

大岩ヶ岳山頂往復は時々やっているが、
今回は初めて2往復を試みる。

というのは当初芦屋川~宝塚を予定していたが、
大岩ヶ岳ならば終ってから会のみんなと道場駅前で飲める。

1往復では歩きトレとしては不足なので、2往復に決めた理由である。

貯水池から山頂まで1回目は1時間10分、2回目は1時間。
山頂から貯水池まで1回目は1時間00分。2回目は55分でした。

山頂で2回、麓で1回それぞれ10分休憩をとり、
総時間5時間30分かかりました。

疲れましたが、良い練習になりましたと自己満足しています。

記録:
道場9:40~貯水池前10:00、10:10~山頂11:20、11:30~麓取付12:22、12:35
~山頂13:25、13:40~麓取付14:26~貯水池前14:35、14:53~不動岩下15:05
瑞浪・屏風山
期間:2011.12.07
参加者:K2、Nomachichi、K2谷、Gramps

DSCF2584_convert_20111209182316.jpg
イブ11c

高槻に6時18分集合して出発。
中央道に入るのに一つ前の小牧ICで出てしまい30分ほどのロスとなる。

10時頃展望台に到着。
天気は予報に反し良好でよかった。

我々以外に地元の人1人、名古屋から来ている1人のみ。

先ずは秀則コーナー、イブにトップロープを張る。
1本目:秀則コーナーをTRでカムを噛まして登ってみる。
他の人はイブ11cをトライしたが私は肘痛のため諦める。

DSCF3067_convert_20111209183139.jpg
秀則コーナーのK2谷さん

2本目:秀則コーナー:リードでトライ。先ほど設定したカムの位置と微妙に違うが何とかRP出来嬉しかった。

DSCF3069_convert_20111209183214.jpg
イブをトライするK2さん

続いてはッピークラック10aと感激に別れそれぞれにTRを張る。
私はハッピークラックをRPしたかったのでそちらに迷わずに向う。

3本目:ハッピークラック:TR:先回TRでノーテンで登れていた。今回も先ずはTRでトライ。

先回よりは上手くノーテンで登れたが力が入っている
(カムを噛ましながら登る)。

4本目:ハッピークラック:リードでトライ。
途中まで上手く登れたが3分の2くらいでスリップ。

112492132_org_convert_20111209221206.jpg
ハッピークラックのGramps   Photo by Nomachichi

その際右ひじをクラックに挟み強い力が加わってしまう。
下まで下り少し休んで、カムを回収のために登り返す。
この回収でえらい労力を使ってしまった。

5本目:ハッピークラック:十分休んでから登ればよかったのにトライしてしまったので、
今度はテンションだらけのメロメロ状態でやっとトップアウト。

クラックリードでテンション掛けて登ったのは初めて。
これでカムにテンション掛ける恐さが少し薄らいだ気がする。

6本目:ハッピークラック:TR:意地と次回のためとトライしておこうとやったが疲れているのだろう、
全くムーブも何もあったものではない。

112492211_org_convert_20111209220225.jpg
昼の一時   photo by Nomachichi

7本目:感激:先ほどのところでやってしまった右ひじ。

明日になれば痛み出すのははっきりしているのだから止めとけば良いものを、
ついついトライしてしまった。

離陸が上手く行かない。
2度失敗後、離陸できそのまま終了点まで登れたが、
右ひじにも影響したことだろう。

とリードするのにカムを噛ませるだろうか良く分からない。

DSCF3072_convert_20111209183243.jpg
感激を登るGramps

今日はこれで終わり。
ちょっとフラストレーションが溜まった状態だが、
今日の課題2本RPの中1本出来たのでまあ良しとしよう。

帰りは養老SAで夕食を摂って帰宅。

PS:湿布していたがやっぱり翌朝、右肘痛が出てきた。
これで両肘痛になってしまった。

今週末の土日の瑞浪訪問までに治りますように。

     六甲山縦走
阪急芦屋川~風吹岩~東お多福山~石の宝殿~阪急宝塚駅
期間:2011.12.05

年末冬山トレーニングでアイゼンボッカをMLで呼びかけたが、
月曜日のためか誰も応じてこない。

一人で歩くことにして、
芦屋川8時半出発を予定するも一人のため出発が遅れがち。

家をでる前にPCを見たらなんとNanohaBabさんから参加表明がMLに流れていた。
早速返事。

9時芦屋川集合。少し遅れて到着。
ベンチに息子さんくらいの青年と座っている。

DSCF3048_convert_20111206153731.jpg
芦屋川で会ったK君

青年の名はK君24歳。
今日は友達と約束して最高峰から有馬温泉へ行くとか。

自転車に嵌っているこの青年、山にも少し興味がありそうでした。
ぽっぽHPを紹介して分かれる。

今日は暑い。
高座の滝で服装を整え出発。

DSCF3049_convert_20111206153541.jpg
高座の滝で

風吹岩までに2~3パーティーのハイカーを追い越す。
いつものことだがここまでで汗びっしょりになる。

DSCF3052_convert_20111206153623.jpg
風吹岩に到着

ジャケットを1枚着込んで休憩。
それでも休んでいると寒くなってくる。

先ずは3個持ってきたおにぎりの1個の半分を食べ、出発。

DSCF3053_convert_20111206153658.jpg
風吹岩を出発前

40分足らずで水飲み場跡に到着。
あれだけ良かった天気なのに、ここに来て少し雨がぱらつく。

DSCF3055_convert_20111206153809.jpg
水飲み場に

ここでもおにぎりを半分食べるも冷たいので今ひとつである。

ここからはアップダウンを繰り返して東お多福山へと進む。
この縦走コースは今年は今回で6回目、
この冬山向けでは4回目となる。

ちなみに昨年は8回歩いている。
ということは今年もあと2回は歩いてみたい。

DSCF3056_convert_20111206153840.jpg
東お多福山に到着

東お多福山で15分の大休止。
いつも休憩する標高表示のある道標から南を望むと大阪湾の水がきらきらと光っている。
ここから初めて見たような気がする???新発見のような気がして嬉しくなる。

DSCF3057_convert_20111206153912.jpg
東お多福山を出発

さてここから石の宝殿までの登りが核心部である。
一旦土樋割まで下りて登りに差し掛かる。

ゆっくり登る。何度かのアップダウンを繰り返して石の宝殿へ。
きついピッチだが40分くらいで登れる。

DSCF3060_convert_20111206153948.jpg
石の宝殿に到着

それにしても寒い。
おにぎりが冷たく感じる。

温かいお茶、紅茶、お湯を持参したことは成功でした。

そういえば先回ここでお汁粉に1リットルのテルモスからお湯を注いだら湯気も立たない。
お湯がぬるくなっていたのだ。

ぬるいお汁粉の不味いこと。
買ったところにクレームをつけ新しいのと交換してもらう。

今日はその新しいテルモスにお湯を入れて持参したもののお汁粉を忘れてしまった。
全く歳は取りたくないものだ。

ここからは余りアップダウンも無く西風も受けるのでジャケットを羽織って歩く。
横風を受けるとそれでも寒いくらい。

DSCF3062_convert_20111206154019.jpg
大平山に到着

大平山まではほぼ平坦なトレールを1時間余歩くのみ。
長く感じられる区間だ。

大平山麓で約15分休憩して最後のピッチ塩尾寺に向う。
このピッチも結構長く感じられる。やはり1時間掛かっていた。

DSCF3064_convert_20111206154049.jpg
塩尾寺に到着

塩尾寺で服装を整理して宝塚に。
ちょっと気持ちがゆるんでいつもより時間が掛かる。

DSCF3065_convert_20111206154123.jpg
服装も整理して下山にかかる

宝塚で今日の労働を酒3本で癒して帰路に着く。

今日も充実した一日が過ごせた。ありがとうございました。

DSCF3066_convert_20111206160550.jpg
慰労場所

記録:
阪急芦屋川9:10~高座の滝9:35~風吹岩10:28~水飲み場跡11:08~
東お多福山11:52~石宝殿12:48~大平山14:09~塩尾寺15:24~宝塚16:32
姫路・御着の岩場

期間:2011.12.4(日)
参加者:Gramps、O串、Ho田、ほか

DSCF3020_convert_20111206090504.jpg
岩場取り付きの高台から見た町並み

この土日で岐阜の瑞浪に行く予定であったが土曜日が雨のため中止となる。
翌、日曜日は晴れの予想のためここ御着の岩場に来ました。

この岩場は私は初めての訪問であります。
御着の岩場の感想を含んでどんな岩場か書いてみました。

「御着の岩場」は「山神社」に行く時の左直ぐ前にある岩場です。
メインは南面にあり秋から春に掛けて最適な岩場でしょう。

DSCF3036_convert_20111206090758.jpg
お昼休みの一時

今日も1日暖かく過ごせました。我々のみといっても10名の独占場でした。

山神社の並んでいるイレブンはまるで金太郎飴を切ったように殆どのルートが
同じようなムーブで「イッチ二、イッチニ」と機械的に動かして登る感じですが、
ここのルートはその点変化がありました。

良かったのは下部が苦手のスラブで
上部がフェースになっているルートがそこそこあることでした。

グレードは山神社同様少し?甘いと感じました。
それと終了点が古くなっているので注意が必要です。

なお、現在「山神社」、「御着の岩場」も車乗り入れ禁止ですので
JR御着駅前駐車場(最高終日400円)に停めて徒歩(35分)で入山しました。

登ったルート:
1)15の春11a MOS

DSCF3035_convert_20111206090724.jpg
十五の春を登るI谷さん

2)登攀は自己責任10c (下部スラブ)OS

DSCF3030_convert_20111206090649.jpg
自己責任を登るO串さん

3)南十字星10d(少しスラブ) OS

DSCF3039_convert_20111206090939.jpg
南十字星を登るN井さん

4)ほっとこーなー下部のみ5.8位か?(スラブ) MOS

DSCF3026_convert_20111206090619.jpg
ほっとこーなー下部を登るH田さん

6)御座候10c OS

DSCF3045_convert_20111206091046.jpg
南十字星のY野さん

DSCF3046_convert_20111206091120.jpg
本日一日中ビレーしていたか?T代さん

7)お年玉10c MOS

DSCF3043_convert_20111206091013.jpg
自己責任を登るT岡さん
8)サンタの贈り物11a OS

DSCF3038_convert_20111206090831.jpg
サンタの贈り物を登るKussieさん

9)南面カンテ5.8 MOS

DSCF3021_convert_20111206090535.jpg
南面カンテを登るGramps

M中さんの写真とT代さんの登攀写真がなくすみません。

DSCF3047_convert_20111206090304.jpg
帰りに振り返って見た御着の岩場(まだY野さんとT代さんが登っているのが見えました)      16:05
不動岩・アイゼントレーニング      1日20本

期間:2011.11.30
参加者:牧師、Icchie、Yokopie、Hiyoko、Gramps

皆さんみたいにマラソンをしたいが腰痛で長い距離は走れない。
フリークライミングでAkkinみたいに再びトゥエルブを登ってみたいが
やり始めたら肘痛でぽしゃってしまう。

ということでフリーのテン台を登っています。
それもちょっと飽きてきました。

最近はスラブ、クラックに興味が湧いてきました。
どちらもエイト、ナイン台で一所懸命に打ち込め肘痛、腰痛もあまり関係なく登れるので嵌りそうです。

アイゼンは昔から不動でシコシコと登っているのが楽しいです。
正面でフリーをやっている人に良く聞かれました。

「そんなにアイゼンをやっていて何がおもしろいんですか?」と。

正面のイレブンをトライしている人はそれが登れたら満足感に浸れて楽しいのでしょう。
同じように5級ルートでもアイゼンで登れれば満足感がありますし楽しいですよと、
そんな時答えていました。

今日は先日の牧師さんのアイゼン登攀1日13本(ぽっぽ新記録)に触発され
20本を目標にしました。

参加された皆さんと一緒に登らずにすみませんでした。

9時15分スタート4時10分終了の7時間で達成できました。
今日は先日と違い本数を意識していましたので

蜂の巣ハング、カンテ、ディレティッシマ、ハーケンルートは登っていません。

それに本ちゃんを意識して通常のお昼タイム(大テラスでのうどん)もやめて行動食とポカリスエット500mlとテルモスに入れた紅茶500mlでやってみました。

17本目からは手の力をそんなに入れなくてもなんとか登れるようになりました
(指の爪を切ってくるのを忘れていたので
指先が痛くなったせいで仕方なくそうしていたのかもしれません)。

これに触発されて20本を直ぐに破ってくれる人が出てくることを期待しています。

昔、本ちゃんに行って早く登れなかったのが悔しく、帰って不動でリード&フォローで20本/日を目標に2回やったこともありました(クレッターシューズ)。

皆さん、いっぱいアイゼン練習して本ちゃんに行きましょう!

今年はアイゼントレ11月から開始。今日で61本になりました。
数年前までは10月の中級登山学校が終れば直ぐにアイゼン練習に入って翌年5月まで練習していたが、
最近は練習量が減りました。