大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

瑞浪・屏風山
期間:2011.11.21夜~23
参加者:A木、O串、Ho田、Mo本、Gramps

DSCF2976_convert_20111124174644.jpg
屏風山から見た瑞浪の街

先週末も瑞浪を予定していたが、天候不良で中止になる。
今回は2日間で23日はイマイチのようだが22日は天気良さそう。

20時大阪駅集合。
ゆっくり走って23時30分キャンプサイトに到着。

早速小宴会。
持参した菊正宗を飲んで楽しみ1時過ぎに就寝。

11月22日:
みんな寒い、さむいで6時半までシェラフの中。

今シーズン一番の寒さで、6時現在2℃。
近くの食堂で朝食を摂るも寒いのでゆっくりする。

8時半頃岩場に到着。
天気も良く日当たりも良いので寒さをあまり感じない。
良かった。
展望台からの眺めは今日も気持ちが良い。

1本目はロンパールーム右の5.9(ナイン)のスラブ。何とかOSできて嬉しい。

DSCF2967_convert_20111124174535.jpg
ロンパールーム右の無名ルート5.9(スラブ)を登るMo本さん

2本目はロンパールーム5.9(ナイン)のスラブこれもやっとのところでOSでき良かった。

DSCF2984_convert_20111124174900.jpg
ロンパールーム5.9スラブを登るGramps

3本目:アイキャッチャー5.9のスラブ。
ここはもトップロープ(TR)でノーテンで登れた。

DSCF2972_convert_20111124174614.jpg
アイチャッチャー5.9スラブを登るHo田さん

3本ともまだまだ恐さが出て余裕で登れない。

4本目:秀則コーナー5.9のクラック。
ここは先回TRで登ったので、今回はリードしたかったが、既にTRになっていたのでそのまま登る

今回はスタンスはクラックに入れずに登ったので比較的楽に登れた。

DSCF2990_convert_20111124175023.jpg
秀則コーナー5.9クラックを登るHo田さん

5本目:原住民10bcのフェース。
先回は少し濡れ気味だったのでTRで登ったが今回はリードで登ってみる。

RPできたものの厳しかった。

DSCF2989_convert_20111124174949.jpg
原住民10cフェースを登るMo本さん

DSCF2991_convert_20111124175058.jpg
展望台での昼食休憩

6本目:感激10aのクラックルート。
TRで。出だしが上手く離陸できず断念する。

7本目:新人クラック5.9のクラック。TRでトライ。
なかなか難しい。何回もテンションを掛けてやっとトップアップできた。
登った感じは全く無い。

8本目:感激10a:TRで再度挑戦してみる。
今度は出だしのムーブを変えてやってみたら上手く離陸できた。

途中でワンテンしたが上まで抜けれた。

DSCF2992_convert_20111124175148.jpg
感激10aクラックを登るA木さん

9本目:ハッピークラック10a:TRで。
ここは何とかノーテンで登れたがリードを考えて登るようにしなくてはと反省。

DSCF2995_convert_20111124175239.jpg
ハッピークラック10aを登るO串さん

4時になったのでこれで今日は終る。
充実した一日を過ごせました。

下山してお風呂に行き、
すっきりしたところで先日行った台湾料理店で夕食。

先回は注文し過ぎ食いすぎたので(ここはボリュームたっぷりです)、
今回は適当に注文してアルコールの方を充実さす。

帰りに酒を仕入れてキャンプサイトで7時半から10時まで2次会。

明日の天気予報は13時くらいから雨模様で朝早くから登ることにして就寝

DSCF3001_convert_20111124175317.jpg
ビールと紹興酒で食事

11月23日(水):
5時半起床:昨日の朝ほど寒くない。

A木さんと私は4時半起床でお湯を沸かしたりして朝の歓談。

6時、近くのお店で朝食、6時半出発、7時半クライミング開始。
朝の天気予報では晴れに変わっているがここは曇り。

今日は大岩周辺でのクライミング。

1本目:なんてったってアイドル10bのスラブ。
TRでトライ登れそうも無いがトライしてみる。

なんと喘ぎあえぎでノーテンで登れた。
それも下からの声で上部も直登出来た。

DSCF3005_convert_20111124175355.jpg
なんてったってアイドル10bスラブを登るMo本さん

2本目:なんてったってアイドル。
スラブになれるためにもう一度トップロープでトライ。

今度は少しマシにノーテンで登れた。
それにしてもリードは1ピンめまでが遠すぎて恐い。

3本目:アタックNO1:10bのクラック(TR):
クラック部分の少し上ったところが難しい。

何とか越せたその瞬間にフォール。
落ちた原因が分からない。

気を取り直して再度トライ。
今度は上まで行けた。

DSCF3010_convert_20111124175437.jpg
アタックNO1・10bクラックを登るGramps

だんだんと雲行きが怪しくなってきた。
天気予報を確認したら2時頃から雨に変わっている。

4本目:ウォーターシュート5.9スラブ:
下部が厳しいが何とかクリアーできOSできた。

DSCF3013_convert_20111124175505.jpg
ウォーターシュート5.9スラブを登るGramps

ここで昼食休憩。
終って桃割れ岩地区にに移動。

着いた頃よりポツポツし始める。
「ダーリンスラブ」、「アームロックでききますか」にTRしたが

DSCF3014_convert_20111124175544.jpg
ダーリンスラブ10aを登るO串さん

私は登らずに下山準備をする。
いよいよ降り出したので下山。

今回の2日間充実していました。
瑞浪にはまりそう!

記録:
11/21.22:大阪駅20:00→瑞浪キャンプサイト23:30.就寝1時、起床6:30→取り付き8:30~終了16:00、風呂、食事、2次会、就寝22:00

11/23:起床4:30、出発6:00~取り付き7:30~終了14:00~駐車場14:20→大山崎JC17:45
スポンサーサイト
     六甲山縦走
(阪急芦屋川~風吹岩~東お多福山~石の宝殿~阪急宝塚駅)

DSCF2935_convert_20111118182159.jpg
塩尾寺(エンペイジ)下展望台からの宝塚の街

期間:2011.11.15
参加者:Icchie、Hiyoko、Gramps

2回目の冬山トレの歩き、今年5回目の芦屋川~宝塚である。

DSCF2913_convert_20111118181334.jpg
芦屋川駅前出発   9:10

先回は汗びっしょりになったので、
今回はその対策で下着は通常のポリエエステル素材と汗取り用の変形タオルを背中に入れて歩く。

前回と違い晴れているため湿度も高くない。
滝の茶屋で見繕いをして出発。

DSCF2915_convert_20111118181648.jpg
滝の茶屋出発のIcchieと山ガール   9:50

プラブーツにアイゼンで足が重い。
早く1kg以下の革靴に買い換えたい。

湿度が低いとはいえ、
風吹岩に着いたらやっぱり汗びっしょりになる。

先ずタオルを背中から外す。
頬にあたる冷たい風が気持ちが良い。

今日は芦屋の街も奇麗に見える。

DSCF2916_convert_20111118181717.jpg
風吹岩到着     10:25

ここからはそんなにアップダウンも無く水飲み場跡へと進む。
水飲み場でしばし休憩。

DSCF2919_convert_20111118181802.jpg
水飲み場跡出発     11:10

東お多福やままでは結構厳しい登り下りを4回ほど繰り返す。

東お多福山からの眺めも良好。
風が吹くと寒い。

休憩中は防寒着を着込まないと居られない。

DSCF2923_convert_20111118181838.jpg
東お多福山出発       12:00

東お多福山~石の宝殿がこのコースの一番トレーニングができるところだ。
心して出発。

3人で話をしながら登っていくと意外と早く着いた。
と思いきしや、所要時間はいつもとあまり変わらない。

石の宝殿で今日楽しみに持ってきた即席お汁粉を飲む。
ところが1㍑のテルモスに熱々したお湯を注いだが湯気が立っていない。

相当寒いので直ぐにさめてしまったのだろうか?
飲んでみたらやっぱりぬるい。

期待した熱いお汁粉が飲めずがっかり。

テルモスのお湯を確認したらそんなに熱くない。
どうしたことだろう。

ホームセンターで買ったテルモス。
交換してくれるだろうか?

DSCF2925_convert_20111118181912.jpg
石宝殿(イシノホウデン)到着のHiyokoさん   12:45   


ここまでで時間にして半分、
後はあまりアップダウンは無いが持久力養成のコース。

歩き出して暫くしたら軽快に歩いてくる7~8人のグループに追いつかれ、道を譲る。

その後を歩いていたら彼らに追いつく。
彼らは九州は福岡から来られた方たちとか。

いつの間にか抜きつ抜かれつで進む。

DSCF2928_convert_20111118181953.jpg
大平山(オオヒラヤマ)出発準備のGramps   14:15

大平山で休憩していたら直ぐに追いついてこられた。
明日もまた縦走をしてフェリーで帰られるそうだ。

何故か我々もペースが上っているようだ。
どこかで福岡チームを意識しているようだ。

ペースが早くなったことでトレーニングになるのでこれはこれで良いことだ。

DSCF2931_convert_20111118182028.jpg
塩尾寺で靴も履き替え軽やかに   15:45

塩尾寺でジョッギングシューズに取替える。
足の軽いこと、軽いこと。

やっぱりプラブーツから皮靴に買い換えよう。
それにしても物入りになりそう。

昨日購入依頼したクライミングギアが6万円強、そして今日プリンター修理代が
1万5千円、イヤホーン修理代が5千円、

近々の航空費が8万5千円。
その上革靴代が5万円。

またその上にクライミングシューズも買わなくちゃ。
あ~あ!破産だ!!!

DSCF2938_convert_20111118182107.jpg
宝塚到着    16:10

ということで宝塚ではコンビニで缶ビール1本で我慢する
(一丸さんが用事があるから早く帰りたいとのことで助かりました)。

飲みたいが、飲みたいが飲まずに電車に乗った。

今日も思い切り身体を動かせた満足感と感謝。気持ちが良い。




記録:
阪急芦屋川9:10~滝の茶屋9:34、9:47~風吹岩10:26、10:33~水飲み場跡11:04、11:11~東お多福山11:40、11:58~石宝殿12:43、13:00~大平山14:04、14:16~塩尾寺15:14、15:43~阪急宝塚16:10
7時間(前回5時間45分)
名張・香落渓谷の岩場 屏風岩
期間: 2011.11.09

4時半起床。
いつもの腰痛体操を簡略にやって、6時過ぎ待ち合わせの上牧駅に出かける。

K2号でKatsuo君、Nomattieさんの4人で名張に向う。
今回は初めて新名神(草津~)経由で行く。

少し寒いが天気晴れの最高のクライミング日よりである。

今日は平日なのに大勢のようである。
我々4名のほか、Kiyomiさん、Hanaちゃん他3名。

Kiyomiさん、Katsuo君と私は屏風岩へ。
他は第一岩壁に決定。

クラック新参者の私は屏風岩は初めてである。
先ずKiyomiさんがマシュマロマン10aを、続いてKatsuo君もマシュマロマンをトライ。

DSCF2853_convert_20111111112941.jpg
マシュマロマンを登るKiyomiさん

DSCF2855_convert_20111111112854.jpg
続いてマシュマロマンを登るKatsuo君

ついでにトップロープを張ってもらう。

1本目:「マシュマロマン」10a:取り付きガぐじゅぐじゅ。これでもマシな方とのこと。

少し登ったところにタオルを置いてくれていたので、
それを使わせてもらいシューズを拭いて登り始める。

なかなか良い感じ。
少し登ったら少しワイドになり厳しくなる。

がごまかしながらも登り続けていけた。
ここが核心部のようだ。

後はどうにか登りきれた。25mくらいか。

DSCF2857_convert_20111111113022.jpg
Grampsのマシュマロマン

それでも核心部の登りに納得できず、
後で再度トライして安定した登りが出来るようにしよう。

DSCF2859_convert_20111111113058.jpg
寛ぎの一時

休憩後Kiyomiさんが「片付けてしまおう」と自分自身に言い聞かせるようにパンドラ11aにトライ。
安定した登りで見事RP。

DSCF2863_convert_20111111113301.jpg
見事にレッドポイント!のKiyomiさん

続いてKatso君がモスラ11c(40m)にトライ。
ほんまに長時間・3テンでトップアウトする。

DSCF2873_convert_20111111113422.jpg
モスラ11cをトライするKatsuo君

昼食後、1本目登って3時間も経っているだろうか?
2本目にトライ。

2本目:
「マシュマロマン」:トップロープで今度は安定した登りをしようと取り掛かる。
いきなり足が滑る。

シューズの裏が濡れている。
幸先悪いなあと思いながらスタート。

前回と感じがまるで違いムーブがぎこちないことがはっきり分かる。
核心部でフォール。

何回トライしても登れない。
前回とどう違うのかもさっぱり分からずにパニック。

とにかく登りきって回収しなくてはならない。
一旦下ろしてもらって、3番カムをぶら下げて再度挑戦。

悔しい!!!が、やっぱり核心部で登れない。
カムを噛ましてレスト。

下から足が決まっていない。
右足を胡坐をかくようにして入れよ。

その通りにしたらなんと立ち上がれた。
少しづつカムを上げながら進む。

DSCF2882_convert_20111111113511.jpg
2回目のマシュマロマンをトライするGramps(下にロープがあったらなあ!)
そんな日はいつやって来るのかなあ?

これでやっと核心部が越せた。
後は何とかクリアーでき終了点に到着できた。ほんまにどうか分からないが、少し何かを得れた気がする。

少しづつ進歩していっているようで嬉しい。
(ほんまに進歩してるんかな?ともう一人の私が言っている)

この後Katsuo君再度モスラに挑戦。
今度は先ほどテンション掛けたところも安定した登りで着実に上に上っていく。

今度は時間も早い。
休むところで休んでどんどん高度を稼いでいる。

よ~っし今度は行ける。
と突然フォール。あと10cm。

ほんとに惜しかった。
次回はRPできそう。

俺もこのくらい登れるようになってやるぞ!(いつのことやら)

DSCF2866_convert_20111111113339.jpg
この虫、何の虫?沢山います。くも?ダニ?

終って会の例会に出席。
今日はスクールの受講生4人も参加してくれる。

何人会に入ってくれるであろうか?楽しみである。
     六甲山縦走 (阪急芦屋川~石の宝殿~阪急宝塚駅)

期間:2011.11.06
11/03~11/6の飛び石連休の後半は雨のため前半のみで帰阪。
肘痛が再発したので昨日は室内壁も控えていた。

今日もやっぱり休めることにするも体が動けうごけと疼き始めてきた。
雨模様であるが冬山トレを兼ねて歩くことを思い立ち家を出る。

荷物は12kg、重登山靴のいでたち。

芦屋川に着いたとたん振り出すも、
滝見茶屋に着く頃には上ってくれた。

DSCF2834_convert_20111107135707.jpg
滝見茶屋の滝

それにしても蒸し暑い。
風吹岩までの登りでびっしょり汗をかきシャツもびしょびしょである。

風吹岩からの下界の眺望はなし。
致し方ないでしょう。

ここでおにぎりを半分食べる。
持参した腰掛が重宝である。

DSCF2836_convert_20111107135741.jpg
風吹岩

こんな雨でも何組か歩いている。
ある人は今度の六甲山全縦走のトレーニング、

ある人は初めての最高峰経由有馬まで、
家族連れハイキング、トレールランの人もいると様々。

次の休憩地点は水飲み場跡。
ここでは私の知人も入っている兵庫の山岳会の月1度の清掃ハイクに遇う。
ありがとうございます。

DSCF2839_convert_20111107135814.jpg
ごみを拾いながらハイクを続けてくれている兵庫か山岳会。水飲み場跡で

年々ごみの量も減ってきているそうだ。今後も啓蒙を兼ねて続けられるそうだ。
そういえば我々も年1回だがモラルの高まりかごみの量は相当減ってきている。

清掃ハイクなどしなくても良いモラルの高い社会は来るのでしょうか?

彼らを途中で追い越し東お多福山で休憩していたらまたお会いできた。
凍らして持ってきてくれたグレープフルーツを頂き恐縮。

DSCF2842_convert_20111107135842.jpg
今日のクリーンハイクはここまでだそうです。

彼らはここまでで下山されるそうだ。

ここから一度土樋割まで下り、
石の宝殿までのきつい登りである。

今日は背負っている荷物も軽いのでそんなにきつく感じずに登れた。

今回はわざとT/C(ポリエステル・綿混)の綿の混紡率が60%と多いシャツを着て濡れた状態でどの位耐えられるか試してみる
(ザックの中にはいざという時の着替えようシャツ、防寒用品は持参)。

びしょり濡れたシャツは歩いている時は冷たさを全く感じない。
休憩しているときも時間が短いことと気温もまあまあ高かったので冷たさは感じなかった。

ただ風が出てくると冷たさはもろに感じた。

石の宝殿時点で3個もってきたおにぎりの2個半を食べ終わっていた。

ここからは余りアップダウンもない概ね下りで宝塚までおよそ14kmくらいか。

途中太平山で休憩して、先を急ぐ。
大谷乗越を過ぎた辺りから蓬莱峡で冬山トレを終え宝塚までのボッカ組のパーティーに何組も遇う。

彼らは重荷のため歩きは遅いので先に行かさせてもらう。

ひょっとしたら大阪労山の初級冬山の皆さんに会えるのではと足を速めたがなかなか会えない。

DSCF2846_convert_20111107135917.jpg
塩尾寺入口

いつも塩尾寺で休憩するのだが、
その下の塩尾寺駐車場(公園)で会えるのではと休憩もそこそこにして下ってみたら、
いました。

反省会も終わり宝塚駅に出発するところである。
何故か会えて凄く嬉しかった。

DSCF2847_convert_20111107135947.jpg DSCF2848_convert_20111107140024.jpg
大阪労山・初級冬山教室の面々

彼らと別れてここで少し休憩後駅に向う。

濡れたシャツ、ズボン、下着で歩きとおせました。
着替えを持たずに雨に濡れた時の精神的耐えれるようにとしょうもない試みでした。

駅のトイレで全部着替えてすっきり。
今日も身体を動かしたすっきりの満足感で車中の人となる。

DSCF2849_convert_20111107140207.jpg
宝塚駅に到着

記録:
阪急芦屋川10:30~滝の茶屋10:55~風吹岩11:30~水飲み場12:05~東お多福山12:35~石宝殿13:30~大平山14:35~塩尾寺15:40~宝塚16:15
(5時間45分)
三倉岳(702m) 登攀


DSCF2786_convert_20111105155750.jpg
管理棟手前広場から見た三倉岳 

日程:2011.11.2夜~4日               
     (計画は3日~4日:三倉岳、5日~6日:帝釈峡)
参加者:Ko下、Taochu(3日のみ)Ozw、Gramps

飛び石4連休でどこかにと思って声を掛けるも
ぽっぽ会員は飛び石が休めない。

Katuoさんからの伝で先日瑞牆山に行ったOzwさんから行けるとのメールをもらい2人で出かけることになる。
ぽっぽ広島支部のKo下さん、Taochuさんも3日に三倉に行くということで現地で合流して一緒に登ることになる。

彼らとは久し振りクライミングで楽しく過ごせた。

2日20時30分、JR島本駅前集合。
名神高速・大山崎JC→山陽道・大竹IC経由三倉岳キャンプサイトへ3日1時半到着。

なんと今夜はOzwさんの一言「寝ます」で少し飲みたかったが飲まずに眠りに。
7時半起床。飲まない翌朝はすっきりしている。

DSCF2784_convert_20111105155830.jpg
初日の朝は各自持参品で食事をする。

Ozwさんに感謝。
アルコール抜きの日は何年振りであろうか?

静かなキャンプサイトである。
紅(黄)葉も進んできていて美しい。

11月3日(木):

9時に広島組みと合流して、源助崩れエリアに。

1本目:モアイクラック5.9 :先回OSしたところ。
今回はトップロープでノーテンで登れた。

DSCF2789_convert_20111105155906.jpg
ヒップ・クラックのKo下さん

2本目:ヒップ・クラック5.9:蜂の巣も廃墟になってるのをOzwさんが確認してくれる。

先回TRでワンテン。
今回もやはり上部でワンテン。

DSCF2801_convert_20111105155946.jpg
ヒップ・クラックのGramps

3本目:ヒップクラック:TRで今回はやっとノーテンでいけた。

DSCF2807_convert_20111105160056.jpg
ヒップ・クラックのTaochuさん
バック&フットの一休み

4本目:モルモットクラック11a:TR。下部途中で息切れ敗退。

DSCF2816_convert_20111105160203.jpg
モルモット・クラックのOzwさん
RP出来そうなのにどうしてなのか?ちょっと焦りがあるか?

DSCF2810_convert_20111105160131.jpg
モルモット・クラックのGramps

この後Taochuさん、Ko下さんは「猫のひめい10b」をTRでトライ。
私もする予定であったが、OZさんのRP目指しての「モルモットクラック」ビレー時間になったため登らず。
次回の楽しみにしておく。

Ozwさん残念ながらRPできず。また課題となる。

DSCF2818_convert_20111105161007.jpg
猫のひめいを登るTaochuさん

終ったら日も暮れ始め途中からランプをつけての下山となる。

久し振りに会え楽しくクライミングが出来た。
終って一緒に飲めないのが淋しく残念です。

11月4日(金):
昨夜少し飲んだ菊正宗の2リットル入りの紙パックを枕にして寝たのが悪かった。
キャップが上手く締まっていなかったようでその下に引いたアタックザックは濡れぬれ、

パックを包んでいた買い物袋に酒がいっぱい溜まっているではないか!!!
パックには3合くらいしか残っていないようだ。あ~あ!

DSCF2825_convert_20111105160415.jpg
取り付きへの道

今日はOzwさんと2人で青白ハングに出かける。
快晴で結構陽射しもきつく暑い。

岩場は我々のみである。

1本目:兵隊クラック10a:TR:簡単なように見えたが
下部も一箇所きつく上部の最終地点もなかなか厳しい。
ワンテン。汗びっしょり。

2本目:ノーマルチムニー5.8:フォロー:ひたすらバックアンドフットで登るのだがカムをかます所が無くリードはこわい。

30m登ったところからの眺望は素晴らしい。mこのチムニー下の管理事務所からもはっきり見える。

3本目:兵隊クラック:TR:やっぱり厳しかったが今度は何とかノーテンで登れた。
リードはまだまだの感。

4本目:モス・クラック10a:フォロー:リードのOZさんも苦労して時間も掛かったが見事RP。

DSCF2829_convert_20111105160450.jpg
モス・クラック中間点手前を登るOzwさん

3月にTRで2回登ったがその時は中間点まで。
今回もその中間点までは一箇所核心部があるも比較的スムーズに登れた。

問題はその上が本当の核心部にようだ。
出だしから厳しい(ちょっと恐く思い切りが要る)

上に行けば行くほどムズク(難かしく)なってくる。中に入り込み背腹ジャムを効かせてずり上がる。
必死のパッチで何とかずり上がれた。

リードの時は果たしてカムをかませるだろうか?
一応ノーテンで登れ満足。

4時になったので終了。

今日も力一杯出し切っての登攀に2人とも大満足しての下山。

明日から帝釈峡に移動して2日間クライミングの予定であったが、
雨模様のため中止して帰阪することにする。

11/2
JR島本20:30→名神大山崎JC→山陽道大竹IC→2号線左前方ダイハツの看板のある…とか陸橋…を右折→三倉岳キャンプサイト1:30
高速料金4200円

11/4
キャンプサイト18:00→山陽道大竹IC→宮島SA夕食(約1時間)→名神大山崎JC→JR島本23:40
高速料金4100円。 走行距離808km 






烏帽子・駒形岩

時:2011.10.28
参加者:NanohaBab、Datte姉さん、Gramps

久し振りに会員と駒形岩で11(イレブン)台にトライしました。
天気も良く楽しいクライミングを楽しむ。

DSCF2700_convert_20111101110232.jpg
タフを攀じる友人のTonyaさん

先ずは烏帽子岩の「いじわるオヨネ」で全員アップ。
次にDatte姉さんは「太陽がいっぱい」

DSCF2701_convert_20111101110410.jpg
オヨネを登るBabさん

Babさんは「アフタバイト」。
私は「盛りあがろう」をトライしたが全くだめでした。

暑すぎたが言い訳です。

Datte姉さんさんが「アフタバイト」をトライして昼食とする。

言い訳をしたので昼食後は涼しい駒形に移動。


Babさんが「斜陽をトライ」怖いこわいといいながら登ってしまった。
次は私の番。

DSCF2706_convert_20111101110819.jpg
サイレントティアーズのGramps

久し振りの「サイレントティアーズ」にトライしてみる。
ムーブはどうだったか覚えていない。

出だしから苦戦。
何度か試してみてようやく離陸できた。

上部核心部も何とか登れてほっとする。

Datte姉さんが初めてこのルートをトライ。
初めてなのでトップロープでやることに。

DSCF2702_convert_20111101110448.jpg
サイレントティアーズのDatte姉さん

下部で頑張るも難しそう。でもこれからに繋がりそう。

続いてBabさんも何故かトップロープでトライ。
過去にRPしているのだからリードしたらよいのに。
何回かのトライでトップアウトする。

続いて「フィギアヘッド」。
怖いので最初のピンにプリクリしてトライ。

下部は何とかテンションなしで通過。
上部核心のレイバックスタイルになかなかなれなかったが何とか出来嬉しかった。

このルートもノーテンで登れたので自分を褒めてやりたい。

Datte姉さんも初めてだが果敢に挑戦。
明日への期待が出てきたか。

BabさんもTRでトライ。

DSCF2704_convert_20111101110518.jpg
フィギアーヘッドのBabさん

今日はここまでで終了。

次回は20年前にRPしているプロミネンスをトライしてみたい。
年々登るのが厳しくなって来るようだ。