FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

裏六甲・烏帽子岩
クライマーのゲレンデ(練習場)の一つである裏六甲・烏帽子岩はJR福知山線・道場駅から歩いて20分のところにある。(久し振りのロッククライミングの報告文)

期日:2011.06.22
参加者:Shok田、Si川、Gramps

DSCF1010_convert_20110624103012.jpg

登る前の確認。
ぽっぽ会では「フリーもヘルメットを被って登りましょう!
登る前にはロープ、ハーネスの確認を忘れずに!」
を推進中

今日はクライミング冬眠中であったShoku田さんが代休が取れた。
そして今燃えているSi川さんが年休をとっての参加。

雨が降ったらオーバーハングしているところで
人工登攀の練習をすることでアブミ持参で行くことにする。

天気は曇り無風。
湿度が高いが幸運にも雨は降らないでいてくれる。
道場駅10時過ぎに出発。

烏帽子に着いたらもう顔見知りの人たちが何人も来ている。

先ずはアップルートでウォーミングアップ。Shok田さん、Si川さんも登り終わったら顔中汗。
湿度が高いのでしょうね。

DSCF1004_convert_20110624102821.jpg
「ハーフ&ハーフ」の中間部スラブを登るSi川さん

2本目は熊カンテ。
久し振りのShok田さん見事ノーテン。

DSCF1007_convert_20110624102935.jpg
「熊カンテ」を登るShok田さん

続いてSi川さんがトライ。彼もノーテン。
登り終わって一言「レッドポイントでした」おめでとう!

3本目:ゴールドフィンガー:
Shok田さんマスタースタイルでトライ。

途中でちょっと動きが止まる場面もあったがこれまた見事ノーテンでクリアー。

次にSi川さん。何故か何度かフォール。
「この前はすっと登れたのに???」とぼやくこと仕切り。

DSCF1011_convert_20110624103102.jpg
「ゴールドフィンガー」を登るGramps

4本目:易しいところ?ばかりじゃ上手くならないよの言葉で、
今度は「おじいちゃん11a」に挑戦。

Shokさんからトライ。スムーズにハング下まで進む。
ハング越えのところのヌンチャクにクリップが出来ない。

何度かトライしたが諦めて次に交替。
相当な運動量と汗の量で満足顔。

DSCF1014_convert_20110624103214.jpg
「おじいちゃん」をトライするShok田さん

続いてSI川さん。テンションA0を含めとにかく終了点に辿りつく。
181cm(去年までは182cmあったとか)の長身がハング越えにはかなり有利か?

終ってみて何度か詰めてトライすれば行けそうとの感想。
お二人がもう一度トライするとのことだったので隣の「タフ10d」を登ってみる。

年々登るのがしんどくなってくるのが分かる。
やっと登れたという感じ。

5本目:Shok田さん「おじいちゃん」を再トライ。
今度は何故かハングに行く前のフェースでフォール。

久し振りのクライミングで筋肉回復力が遅くなっているのでしょうか。
それでも何とか終了点まで行ってしまった。

隣のルート名じゃないけど、やっぱりタフな奴じゃ。

DSCF1013_convert_20110624103135.jpg
DSCF1016_convert_20110624103301.jpg
DSCF1017_convert_20110624103345.jpg

ここで折角アブミを持ってきたのだからということで、
人工登攀の練習をすることにする。

連日の雨で、オーバーハングの壁ではあるが染み出しでびっしょり濡れている。
それに染み出した水がぽとぽとと落ちてくる。

1本目:センター右の短いルート
久し振りの私。登り始めのぎこちなさが自分でも良く分かる。

DSCF1018_convert_20110624103430.jpg
真ん中右ルートの出だしを人工登攀

登ってる最中に足首を蚊に2箇所刺される。
終ってみたら汗びっしょり。

早速線香をつけたら蚊もいなくなった。

続いてShok田さんは超久し振り。
それでも昔取った杵柄。

最初は手こずっていたが、上手いもんだ。

続くSi川さんはアブミキャリアが少ないがそれなりのこなしている。

DSCF1022_convert_20110624103636.jpg
登り終わったShok田さん

2本目:終了時間も迫ってきたので短い簡単な垂壁でもと。
ところがこれが難しい。

ぴん間隔が遠すぎる。
身長が10年前より3,5cm縮んでいる私には最上段に乗っても届かない。

左に回り込んだりして(チョンボ)してやっと終了点に到着。

ヌンチャクを残してSi川さんにバトンタッチ。
最初のピンでぐらっ!それ以後はさすが長身のSi川さん。

難なくこなして終了点に。

続いてやや長身のShok田さんも無難に終了点に。

終って大北前で缶ビールで乾杯して帰途に着く。
それにしても蒸し暑い一日であったが皆満足、まんぞく!

ありがとうございました。

DSCF1019_convert_20110624103508.jpg
スポンサーサイト