FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

京都・西山三山(西山古道) 
 西山三山(光明寺、善峰寺、柳谷観音)と西山古道 

2011年6月19日(日)曇り

最近は30年前に戻ったように近隣の里山歩きに忙しい。

ポンポン山、おおさか環状自然歩道を歩いているうちに、
西山古道に興味がわき今日歩いてみることにする。

西山古道は西山三山(善峰寺、光明寺、柳谷観音)を結ぶ道である。
昔は信仰の道として利用されていたが、いつしか忘れられた道となっていた。

近年NPO法人の方たちがこの忘れられていた道を整備、
復興してくれ素晴らしいハイキング道として甦りました。

三山は別々に何度も訪れているところだが、
一度に全部を訪問したことはなかった。

今日は昔人を偲んで三山めぐりをしてみる。

雑用があり出発が遅れてしまい、
出発地・阪急長岡天神をを出たのが10時15分。

この道を歩くのも久し振り。
天神さんの五条池も結構整備され綺麗ななっている。

DSCF1641_convert_20110620154522.jpg
長岡天満宮の五条池

丹波街道を最初の光明寺に向う。
結構蒸し暑い。

途中から光明寺の真ん前に出る横道がある。
この道は今まで気がつかなかった。

森閑とした中にある光明寺。
参道両側がもみじの緩い傾斜の石段を登りつめると、

法然上人の立像と本堂がどっしりと構えている。

DSCF1643_convert_20110620154753.jpg
光明寺山門

10分ほどで次の善峰寺に向う。

向い芝交差点で左に折れ丹波街道から善峰道に入る。
竹やぶを通り抜け、
田植えの終った道端から望む西山の峰の頂稜部はガスがかかり、
スケールは違うにしても丁度安曇野から見るアルプスの山々の風情があり思わずシャッターをきる。

DSCF1655_convert_20110620154832.jpg
善峰道から望んだ西山上部は雨雲が掛かっていた

それにしても舗装道路の道は気分的にも疲れそう。
小塩から登りになり元気が出てくる。

ジョッガー、トレールランナーと思われる人たちが思いおもいにこの坂で練習している。

DSCF1661_convert_20110620154913.jpg
バスで参拝に来られた方はこの橋を渡って山門へ

長岡天神から1時間半余善峰さんに門前に到着。
中に入ると結構時間もかかるので今日はここでお参りして、西山古道に向う。

DSCF1663_convert_20110620154951.jpg
善峰寺山門

NO1の番号を記した西山古道の道標が立っている。

DSCF1664_convert_20110620155035.jpg
西山古道スタート地点

小谷に掛かった橋を渡るといきなりの登りである。
がその登り坂も5分もするとアップダウンの少ない小道の散策道となる。

古道に入って10分でポンポン山への分岐。
ここを柳谷観音の道標に従って左のトラバース道を進む。

DSCF1670_convert_20110620155113.jpg
こんな水の流れ落ちている地点が何箇所かあった。梅雨時で水量が多いのかな。

木々の中を歩くので六甲縦走より気持ちが良いなあなんて考えながら歩いていたら、
見覚えのあるポイントに到着。

ポンポン山から下りてきた大沢・善峰分岐である。

ここからは先週天王山から登って来た道を逆走(歩)である。
木立の間からも街が見える。

DSCF1676_convert_20110620155150.jpg
送電線下の展望地から見た長岡京市、京都市街

DSCF1680_convert_20110620155355.jpg
曇り空の下でしたが持ちの良い小道でした。

DSCF1679_convert_20110620155224.jpg
海印寺方面分岐から見た長岡京市街

静かな一人歩きをしばし楽しみながら沢に下りていくと響いた音が一定のリズムで聞こえてくる。
ここ3週連続でここに来ているが気づかなかった。

ししおどしの音である。

DSCF1683_convert_20110620155437.jpg
谷にこだまするのか大きな乾いた音が響いている

沢より登りきり下った所が柳谷観音駐車場である。
その少し手前立石橋方面は土砂崩れのため通行禁止になっている
(先週は立て札がなかった)。

駐車場から右に折れ、最後の訪問寺・柳谷さんへはすぐである。
入り口の両側のアジサイがきれいに咲いていた。

DSCF1692_convert_20110620155520.jpg
立頭山・楊谷寺(柳谷観音)山門

奥のアジサイは未だ早いと聞いたので来週の楽しみとして見に行かず。

アジサイの他に、目に良く効く独鈷水(おこう水)も有名である。
そういえば毎月17日には母がいつもこの水をもらってきていたのを思い出した。

DSCF1694_convert_20110620155556.jpg
独鈷水(おこう水)汲み場

その後ベンチに座っておにぎりを食べていたら
見覚えのある人が山門をくぐって本堂の写真を撮っているではないか?

なんと我が会の前会長のO島君じゃないか。
思わず大声で呼んでしまった。

お互いなんでこんな所にいるのだ???てな顔をしている。
彼とは12日に別れて、もうこれからはあまり会えないかもと思っていたら1週間後にもう会えた。

DSCF1696_convert_20110620155638.jpg
O島さんと。記念写真を撮っていただく。

これからも何度も会えそうな予感がする。

彼は枚方から自転車で来たそうだ。
ここで彼は南に、私は天王山に向うため北にと別れる。

天王山へは北から直ぐ東に変わり、
直ぐに南に方向転換後天王山入り口の道標のところをまた東に入って登って行く。

ここに来て気が変わり、
今日は天王山に登らずにそののまま南に進んで

浄土谷から左折(東)して山道に入り水無瀬川に出るルートに変更する。

およそ250メートル地点で左折しなければならないところを
携帯の不具合で操作しながら歩いていたら通り越してしまった。

と右の道からO島さんが飛び出してきた。
また再会である。

挨拶を交わし水無瀬方面へ軽快に下っていく。
私も戻るのが面倒だったのでそのまま舗装道路を下って尺代に出ることにする。

DSCF1700_convert_20110620155718.jpg
尺代の町並み

尺代からは水無瀬川を渡って若山神社に出る。

DSCF1702_convert_20110620155758.jpg
若山神社北側のお手洗い水

DSCF1704_convert_20110620155845.jpg
境内から見える木津川(淀川)、新幹線、JR、阪急、名神と狭い間に幹線が集中している。

そこで少し休憩して楠公さん公園を経て帰宅。

今日は雨を予測していたが楠公さんから5分ほど降られただけですみ幸運でした。

DSCF1720_convert_20110620160211.jpg
楠公さん公園・青葉茂れる・・・の桜井駅跡。楠木正成父子決別の地。
公園の広さは以前の3分のいになってしまったか?

次回は善峰さんからポンポン山コースを歩いてみたい。6時間(休憩を含む)

記録:
阪急長岡天神10:13~五条池10;20~光明寺10:44,
10:54~向い芝交差点11:21~小塩11:21~善峰寺入口(赤い橋)11:51~山門11:57~

西山古道入口12:10~ポンポン山への分岐12:21~大沢・ポンポン山への分岐~送電線下展望台13:10~柳谷観音第2駐車場13:37~柳谷観音13:40、

14:03~天王山ハイキング道入口14:22~尺代14:56~楠公公園15:42~自宅16:08


西山古道道標
                   道標:通過時間(分岐)
DSCF1664_convert_20110620172420.jpgNO1:12:10(入り口・善峰寺)

DSCF1669_convert_20110620172710.jpgNO2:12:21(ポンポン山への分岐)

DSCF1672_convert_20110620172835.jpgNO3:12:47

DSCF1674_convert_20110620172946.jpgNO4:12:55(大沢・ポンポン山分岐)
DSCF1675_convert_20110620173054.jpgNO5:13:09(送電線下・展望地)

DSCF1677_convert_20110620173149.jpgNO7:13:13(立石橋から奥海印寺への分岐)
DSCF1678_convert_20110620173239.jpgNO8:13:31
DSCF1685_convert_20110620173504.jpgNO9:13:33(ベニーカントリー経由大沢分岐)
DSCF1686_convert_20110620173602.jpgNO10:13:39(立石橋経由光明寺)

NO1:12:10(入り口・善峰寺)
NO2:12:21(ポンポン山への分岐)
NO3:12:47
NO4:12:55(大沢・ポンポン山分岐)
NO5:13:09(送電線下・展望地)
NO6:13:11(沢筋経由・柳谷観音分岐)
NO7:13:13(立石橋から奥海印寺への分岐)
NO8:13:31(
NO9:13:33(ベニーカントリー経由大沢分岐)
NO10:13:39(立石橋経由光明寺)
スポンサーサイト