大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

名張・香落渓谷の岩場 第一岩壁

時:2011.05.15

DSCF1230_convert_20110516184250.jpg
渡渉点から見た柱状節理の第一岩壁遠望

昨日休養して少し不安は残るが今日のクライミングに望む。

4時半起床。
いつもの腰痛体操を簡単にやって、6時過ぎ待ち合わせの梅田に出かける。

Tujimo号でO沢さんと3人で名張に向う。
暑くも無く寒くも無く五月晴れの最高のクライミング日よりである。

取り付きに到着したら昨日から来ている連中はもう登っている。
BWトレのかつお師匠もI君本数登りをやっている。

「直登」も既にロープが張られている。

DSCF1225_convert_20110516184053.jpg
「プルトニューム10c」のかつお君

1本目:「直登」Tujimoは今日の目標:このルートのRPと意気込んでいる。

TRでカムをかませてのトライ。
なかなか感じが良い。

次に私。最初から足が痛い、肘が痛いとギクシャクした登り。
テラスの少し前で腰痛発症。

テラスて休ませてもらい痛みが治まるのを待つ。
ここからのワイドが例によって上手く出来ない。
テンションかけてやっと登り終える。

DSCF1221_convert_20110516183928.jpg
「3時11a」上部のKiyoniさん

2本目「直登」Tujimoレッドポイントトライとクラック初リード。

先ほどより1番カムを1つ余分にかまして順調に登って行く。
最後のワイドも危なげなくこなし「雄叫2声」と共に見事RP。

今度が私の番。TRかリードかどうしようかな?
「彼がRPしたのだから当然俺もしにゃ」としょうも無い意識がもたげる。

俺もRPしたるぞと心の中で。
「リードで行きます」。

果たして先ほど手足が痛かった最初の部分も痛みを全然感じずにスムーズに登れている感覚。

上部のワイド部分はやっぱり中心線に体重移動が出来ず登れそうにも無い。

ここでRP逃したら悔しい。
クラック登りじゃなくてレイバックで乗り越しまで登ってしまう。
疑惑のRPでありました。やっぱり腰がおかしい。

3本目:上部「プルトニューム10c」・下部「3時11a」をトップロープ。
最初にKiyomiさんのトライ。
下部をテンションかけながらも登りきり上部へ。

ワイドを少し登っところでギブアップ。

続いてTujimo。下部は2~3テンで登りきり、
上部のワイド苦戦して出だしでギブアップ。

DSCF1223_convert_20110516184017.jpg
「3時11a」のTujimo

次に私の番。腰痛を心配しながらトライ。
下部中間部でビビィと電気が走る。

直ぐに降ろしてもらう。
取り付きで横になって痛みが過ぎるのを待つ。

DSCF1226_convert_20110516184127.jpg
Yokoちゃんのフィアンセ他

落ち着いたところで荷物を整理して先に下山する。

河原で本を読みながら皆を待っていたら、
A木さんが現われる。しばし談笑。

DSCF1234_convert_20110516184324.jpg
河原にてのんびり談笑して皆を待つA木さん

6時過ぎ皆も下山してきた。
今日のクライミングも中途半端ではあったが結果楽しく一日を過ごせた。ありがとう。

DSCF1227_convert_20110516184200.jpg
夕暮れ時

それにしても腰痛、肘痛とでクライミングは絶望。


スポンサーサイト
     春山 八ヶ岳縦走&小川山

南八ヶ岳(赤岳鉱泉~硫黄岳~赤岳~行者小屋~赤岳鉱泉)
小川山(フリークライミング)
期間:2011.04.28夜~05.05

小川山

期間:05.01~05.05
参加者:Y本1号、Hassy、Akkin、Yohkoちゃん、Hiyoko、Y中、Gramps、Hohry(ピトン)

DSCF1191_convert_20110508150434.jpg
小川山レイバック

今年の春山は穂高岳・涸沢周辺を計画していたが
直前に雪崩れ発生等で入山禁止になったため急遽八ヶ岳から小川山に変更する。

5月02日:Y本1号さんは下山。
Hohryさんは休養を兼ねてハイキングに出かける。

私は隣のテントの方たちとマラ岩周辺に出かける。
私を含め6人のため3人ずつに分かれてクライミングを楽しむ。

Morning さん、TamTam君の組に交ぜてもらう。

登ったルート:
1) マラ岩:川上小唄5.8(2回目)

DSCF1153_convert_20110508145407.jpg
卒業試験10bをオンサイトしたTamtam

2)妹岩:センター試験MOS
3) 妹岩:卒業試験5.10b(2回目)

DSCF1160_convert_20110508145530.jpg
卒業試験のMorningさん(惜しくも2撃)

4)妹岩:龍の子太郎5.8NP MOS
5)妹岩:龍の子太郎TR(2回目)

DSCF1163_convert_20110508145640.jpg
龍の子太郎NP MOS

5月03日:今日はHassy、Akkin、Yohkoちゃん、ひよこ、Y中、Horyさん達とゆっくり出かける。
行き先はソラマメスラブ下部、屋根岩4峰。

登ったルート
1) マイルドタジヤン5.8 MOS 
2)ワイルドタジヤン10.c ワンテン

DSCF1165_convert_20110508145758.jpg
ワイルドタジヤン

3)ワイルドタジヤン メニーテンション 

DSCF1180_convert_20110508151128.jpg
ノイズイノを登るHory 

4)ノイズイノ5.10b MOS

DSCF1173_convert_20110508145924.jpg
ヨーロッパツアーを登るakkin

この後スラカン10dをを登ってみたかったが、アッキン大明神の雨あめ降れふれのお祈りで
降雨になったためベースに戻り食料買出し後夕食。

5月04日:今日もゆっくり目のスタート。
天気は良。今日も昨日と同じソラマメスラブと屋根岩4峰に出かける。

1) 生木が倒れた5.9 MOS 
2)ソラマメハング5.10c (2回目)

DSCF1174_convert_20110508150909.jpg
ソラマメハングのYohkoちゃん。MOS逃し惜しくも2撃

3)ソラマメ5.9 RP(2回目) 
4)ソラマメTR (3回目)
5)スラカン10d ワンテン(クライムダウンでスリップ)

DSCF1177_convert_20110508150043.jpg
スラカンを登る

6)スラカンRP(2回目) 
7)ヨーロッパツアー(TR)
8)甘食10b MOS

スラカンのクライムダウンの時にスリップ。
その際腰を痛めたのを引きずっていて、後日(7日)のクライミング時に再発。
ちょっとやばい。

DSCF1182_convert_20110508150211.jpg
ノイズイノを登るひよこちゃん(2日目に見事RP。2撃)

Akkinが5峰中段の「私の傾斜」11dを2撃。凄い!
Y中君は東京のHo内さんとマラ岩、妹岩方面に行き充実したクライミングが出来たと大満足そうでした。

今日も食料買出しのついでに風呂に入って夕食。

DSCF1187_convert_20110508150307.jpg DSCF1188_convert_20110508150348.jpg

5月05日:今日は11時までにベースに戻って下山準備のため余り登る時間がない。
ぐずぐずしていたので予定先を変更して
親指岩の小川山レイバックを見学(カム類を持っていないので)後、

八幡沢左岸スラブのトムといっしょ10a を登る(3回目)。
ジャーマンスープレックスをトライしたかったが、
塞がれていて時間切れのため諦めてベースに。

DSCF1192_convert_20110508150516.jpg
クレージージャム

今回の小川山は肘痛のため積極的難度を求めずにゆったりした登りを楽しみました。

12時過ぎ下山開始、予想に反して余り渋滞もなく20時30分帰宅できた。
     春山 八ヶ岳縦走&小川山

南八ヶ岳(赤岳鉱泉~硫黄岳~赤岳~行者小屋~赤岳鉱泉)
小川山(フリークライミング)


期間:2011.04.28夜~05.05

八ヶ岳

期間:04.28夜~05.01
参加者:Y1号、Gramps、Hohry(ピトン)、U松、K松(フリー)
 
今年の春山は穂高岳・涸沢周辺を計画していたが
直前に雪崩れ発生等で入山禁止になったため急遽八ヶ岳に変更する。

4月28日:
22時半、京都駅前で集合し、諏訪湖SAで仮眠後美濃戸に向かう。
幸いなことに最奥の赤岳山荘駐車場まで車で入れた。

ここで服装を整えて出発。
阿弥陀岳がきれいに見える。

DSCF1087_convert_20110506170215.jpg
赤岳山荘駐車場から見た阿弥陀岳

今日は赤岳鉱泉までなのでのんびりとゆっくり行くことにする。


2時間歩いた頃には大同心、小同心がくっきりと姿を現す。
天気が良いことに感謝。

DSCF1090_convert_20110506170311.jpg
大同心、小同心が初めて現われる。

それから30分後には赤岳鉱泉に到着。
名物アイスキャンデーが未だ残っている。
がもう登るのにはちょっと無理かも?

DSCF1093_convert_20110506170401.jpg
赤岳鉱泉名物・アイスの人工壁・「アイスキャンディー」と大同心

テンバはまだテントの数も少ない。
適当な場所を確保して設営。

夕食前に小屋に行って酒を購入して燗酒を頂く。
ほろ酔い加減でテントに戻り夕食。

昨夜の睡眠不足もあるので早々と就寝。

4月29日:
5時起床。久し振りに良く眠りました。
今日は東京からの若いお二人を待って、硫黄岳からぐるっと一周の縦走である。

彼らは8時頃到着した。
若いのか殆ど休憩も無しで8時15分出発。

DSCF1094_convert_20110506170602.jpg
出発を前に

天候、体調、体力の加減で硫黄岳まで行って、
そこで前進するか引き返すかを決めることにする。

天気予報では今日も晴れとなっていたが、
青空は6時過ぎまででその後曇ってしまう。

樹林帯をゆっくり登りながら進む。
高度に弱いらしいHohryさんはちょっとしんどそう。

歩き始めて1時間ちょっとで赤岳、中岳、阿弥陀岳の雄姿が見えてきた。

DSCF1096_convert_20110506170652.jpg
赤岩の頭への途中から見た赤岳・中岳・阿弥陀岳

26年前の3月に初めて縦走した時丁度阿弥陀岳ががモルゲンロートに染まったあの美しい姿は今も忘れられない。

今日は八ヶ岳初めての3人も時間も遅いので見ることも出来ず残念である。

赤岩の頭からの稜線にでる前に休憩を兼ねて防風対策をする。

今年の正月はこの稜線で防風対策をしていたのにも拘わらず
手が痺れそうなくらい冷たかった。

DSCF1097_convert_20110506170743.jpg
赤岩の頭附近から見た硫黄岳

さすがに4月末、風はきついが寒さはさほど感じない。
それでも硫黄岳山頂に着いた時には更に風がきつくなる。

DSCF1100_convert_20110506170843.jpg
硫黄岳への登高

DSCF1104_convert_20110506170945.jpg
硫黄岳山頂にて

ここでどうするか思案。
引き返そうかと問えば八つ初めての3人の顔がちょっと不満顔で頷いている。

いつもよりかなり強い風が気になる。
「それじゃ、100m進んで引き返ししましょう」ということで納得。

3人の状態を観察しながら下る。
200mくらい進んだところで何とか行けそうだと判断したが、
再び尋ねてみると3人とも行くとの返事。

Y1号さんと相談して前進することに決定。

それにしてもすごい風である。
クライミング用の短いピッケルを持っているY1号さんと私はバランスを取るのも厳しい。
油断すると吹き飛ばされそうになる。

少し進んだ地点で30分ほど前を歩いていた5~6人パーティーが戻ってきた。
彼らは横岳の登り手前で引き返してきたとか。

DSCF1107_convert_20110506171045.jpg
横岳手前の雪壁を行くK松さんとY本1号さん

我々はとにかく進んでみる。
横岳も結構積雪があり岩稜はでていない。

雪稜登りで案外楽に登れそうなのでロープも出さずに登ってもらう。

DSCF1111_convert_20110506171141.jpg
横岳への登高

登ったところに5~6人のパーティーがいた。
彼らは赤岳方面から来たようだ。

とその中の若い一人が「石鎚で会ったですよね」と聞いてきた。
なんと石鎚山地元の赤蠍攀破衆の方々でした。

2006年、2007年2月に北壁に行った時にソロで登っていた人だ。
その折にお世話になった方と東稜を登った時にお世話になった方たちでした。

それと良く憶えてくれていたのが嬉しかった。
聞くと今日は鉱泉泊まりとかで再会を約して南北に分かれる。

このように山で再会すると何故かすごく嬉しいものだ。

DSCF1114_convert_20110506171240.jpg
横岳山頂にて

横岳からは風も少しはマシになるかと思いきしや全くその気配がない。

日ノ岳の下りの雪壁は3月でも天気の良い日は雪が腐って物凄く怖いが
今日は雪も安定していたので恐怖を味わうことなく下りれた。

DSCF1117_convert_20110506171327.jpg
地蔵尾根への分岐(道標と地蔵様)

地蔵尾根の分岐を過ぎた辺りから時雨模様になってきた。
とにかく展望荘まで頑張ってそこで大休止を予定していたが、

小屋に入ったら「泊まるの?赤岳まで行くの?」「赤岳まで行きます」と答えたら
「ここで休んじゃいけない。直ぐ出なさい。

頂上小屋に泊まったら、明日は天気が悪くなるので下山できないよ。とにかく今日中に下山した方が良いよ」
全く商売抜きのアドバイスを頂きありがたいとともに恐縮しました。

DSCF1123_convert_20110506171442.jpg
赤岳への登高(先頭はU松君)

少し休んで赤岳の登りにかかる。
雪ではなく右からの風雨を受けながらの登高となる。

40分ほどで山頂に到着。
記念写真を撮って直ぐに下山にかかる。

DSCF1124_convert_20110506171526.jpg
赤岳頂上小屋前にて(U松君とK松さん)

幸い下山路も雪が岩稜覆っており比較的楽に下りれた。

あれだけ強く吹いていた風も文三郎尾根まで降りてくると嘘みたいに穏やかになった。
途中で大休止して行者小屋を経由してベースの赤岳鉱泉に4時前に到着。

残念なことにテントの外に出していた食料をカラスにやられてしまった。
それでも何とか夕食は出来そうであったが、

DSCF1139_convert_20110506171630.jpg
鉱泉小屋での夕食の一時

Y本1号さんの提案で今夕は小屋でU松君、K松さんと一緒に小屋の食事を頂くことにする。

DSCF1148_convert_20110506171712.jpg
赤蠍攀破衆の方たち

横岳山頂でお会いした赤蠍攀破衆の方達との再会を喜び合う。
また秋の石鎚、冬の石鎚に行ってみたい。

DSCF1150_convert_20110506171810.jpg
赤蠍の方達と一緒に

その節はよろしくお願いします。

八ヶ岳初めての3人さん良く頑張りましたね。
一人は北海道に転勤になるとか、北海道の山を案内してくださいね。


5月1日:
今日は天気良くないので、テントを撤収して下山。
風呂に入り、清里の清泉寮のソフトクリームを食べ、

途中のスーパー・ナナーズで食料を調達して小川山・廻り目平キャンプ場へ。

キャンプサイトはガラ空きである。
既にキャンプしているTamtam君他4名の横にテントを張る。

記録:
4/29:赤岳山荘駐車場9:00~休憩10:40~大同心が見えた所11:10~赤岳鉱泉小屋11:40
4/30:鉱泉8:15~赤岳・阿弥陀の良く見える所9:30~赤岩の頭附近9:50~硫黄岳山頂10:10~横岳山頂11:40~地蔵尾根分岐13:10~赤岳山頂14:05~文三郎・阿弥陀分岐14:30~行者小屋15:20~鉱泉小屋15:55