大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

比良山・堂満岳・中央稜 
    
日程:2011.01.09               
参加者:牧師、Fuseさん、Katsu、NanohaBab、だって姉さん、
             Kit川、Tamtam、けむまき、Gramps

比良山系、今回は堂満岳・中央稜に。

南茨木、新大阪発の2台の車に分乗して7時出発。

何と湖西道路を下りたところ・比良イン谷に入るところからもう雪がありここより車では先に入れない。
ここで服装を整え9時に出発。

DSCF3209_convert_20110117224339.jpg
湖西道路から比良山入り口のここからもう車も入れず。

見慣れた顔もいる。彼らは東稜から堂満岳に登るそうだ。
イン谷口では雪をびっしり被った車が泊?まっている。

DSCF3211_convert_20110117224424.jpg
昨日から入山した車はこんな状態でした。(イン谷口)

去年1月の山行報告
「先週土曜日は武奈が岳に。雪の少なさに温暖化を強く感じました。
一週間経った今日はそれ以上に雪が無くなっている。近い将来が恐ろしい」

DSCF3213_convert_20110117224503.jpg
大山口分岐

幸いというかトレースがしっかりと付いている。
1ルンゼにもしっかりと付いている。

中央稜取付き辺りまで来たら少し上でラッセル奮闘していた。
大声でお礼を言ったら、「ここから代わってや」との返事。

「すみません、ここから左に行きます」。
中央稜はルンゼから分かれて、ここから左の稜に向う。

けむまき君にラッセルをしてもらい稜取り付きへ。
たった15mほどだが大奮闘しなければ行けない。すごい雪の量である。

DSCF3215_convert_20110117224546.jpg
中央稜と利付きへのラッセル。

登る順番は、Gramps・Tamtam・けむまき、牧師・Fuseさん・Katsu、Bab・Kit川・Datte姉さん。

1ピッチ目:出だしの岩に2~30cmびっしり雪が付いている。

届く範囲を両アックスで落としたがその上の雪が覆いかぶさってきていて登れそうも無い。
廻り込んだ左の面からはどうかとのぞいてみるもちょっと無理のようだ。

再び戻って再トライ。
兎に角一歩登ってみる。

案の定、雪が覆い被さってきて動きが取れない。
忍耐でその上の雪を掻き落してホールド探し。

DSCF3216_convert_20110117224628.jpg
1ピッチ目の終了点間際・けむまき君

アックスを叩き込んだらどこかに引っかかった。
左も打ち込んでみたらまた引っかかったので、強引に登ってみる。

その瞬間覆い被さっていた雪がめがねの中にがばっと入り込んで何も見えなくなってしまった。
右手アックスで身体を支えて左でメガネを外し雪を吹き飛ばす。

同じことを2~3度繰り返しやっと岩稜は乗り越せた。
ところがその上の雪稜がふわふわ雪でラッセルが思うように進めない。

途中でビレー点も取れず、崩れたら一巻の終わりだ。
慎重に必死にアルバイト。

何度も登っている稜だがこんな雪の状態は初めてである。
状況は違うが昔正月に登った鹿島槍北壁のようだ。

何とかビレー点に到着。
すごいアルバイトをした。

このような登攀は初めてのセカンド・けむまき君も中々登ってこない。
辛抱強く待つ。

それでもやがて姿を現してきた。
サードのTamtam君はスムーズに登ってきた。

DSCF3217_convert_20110117224708.jpg
1ピッチ目終了間近のTamtam君

その後のパーティーの牧師君はTamtamを追いかけるように登ってきた。
苦労して登ったところをそんなに簡単に登ってきて欲しくない。

牧師、曰く「最初と4人目では困難さは雲泥の差がありますよ」と慰めのようなことを言ってくれる。

2ピッチ目の壁を見たらこれまたすごい雪の付着量である。
3m上の取り付までも強烈なラッセルを強いられそう。

「どうしょう?」と独り言を言っていたら「そんなことを言って、どうせ行くんでしょ」と牧師さん。
しょうがない、行こうか。

兎に角壁の取り付まで苦戦しながら行ってみる。
壁を見たら2~30cmくらいの雪の付着量だ。

これならトライできそう。
登り始めにハーケンを1本打ってトライ開始。

雪を払って引っかかりを探す。
割れ目にアイゼンの出っ歯をかけ、アックスで手がかりを探す。

右手は上手く掛かる、続いて左手を捜し打ち込む。
これを手がかりにぐいと上った瞬間

左手のアックスがはずれあわや墜落かと思った瞬間右手がしっかり掛かっていたので墜落せずに済んだ。
その後慎重に雪を払いながら、

DSCF3218_convert_20110117224749.jpg
2ピッチ終了点から見下ろした2ピッチ目

左の頼りない小枝にビレーを取りながら登り終わって大岩でビレー。
続いてけむまき君、Tamtam君、正直言ってアイゼン登攀はそんなに経験が無いのに結構上手く登ってきた。

若いってこんなことかな。

3ピッチ目:沢山積もった雪稜を喘ぎながらラッセルして小岩を乗り越し下って再び雪壁を登る。

見た目は簡単に登れそうだが、取り付いてみると、きのこ雪を乗り越すような状態になる。
雪をかき込んでは踏み固めるも中々足場が作れない。

まるで垂直のようだ。
何回もメガネの中に雪が入り、その度に中断。
と左足がすっぽ抜け崖下に雪が落ちていった。冷や汗。

DSCF3219_convert_20110117224829.jpg
2ピッチ目をフォローするけむまき君

どうにか登りきり、ここからまたラッセル15m。少し太めの木でビレー。

けむまき、Tamtam君が程なく登って来て、そのまま20m先の大木まで行ってもらう。
雪崩を警戒してそこで確保してもらいルンゼをトラバース。

雪崩れる心配がなさそうなのでロープを解く。
ここからは時間もかなり遅くなったので稜を登らずにルンゼを登ることにする。

彼らにロープを整理してもらっている間にラッセルをして少しでも上にトレ-スをつけておく。
7~80m付けた頃にTamtam、けむまきが追いついてきた。

ラッセルに自身のあるTamtam君に代わってもらう。
しかしながら彼のラッセル方法では雪質と急登では中々上に進めない。

後ろから追いついてきた牧師さん「どないした?進んでないじゃん」。
「牧師さん、見本見せてやって」とGramps。
流石牧師さん中々上手いもんだ。

その後はルンゼ通しにラッセルをしながら高度を稼ぐも一箇所やばいところがあったのでフィックスを張る。
牧師、Grampsで先にトレースを延ばす。

牧師、Grampsといっても牧師さんが殆どかな?無念だが私も年を取りました。

「前半で力を使ったからなあ」なんて自己弁護。自己弁護するようではやっぱり歳か?
 もう十数年このルートを登っていない牧師さん「もう直ぐかな?」

「いやいやまだまだ」なんて会話を交わしながらに進むもも、う辺りは暗くなり始めてきた。

そういえば15年程前Babさんが新人だったころ
このようなラッセルを強いられてイン谷口に21時過ぎになったことがあったな。

いつまでも登ってこないBabさんを心配しながら待っていた時に見た月は何故かきれいであった。

15年前・今の牧師さんより一つ若かった。
一人でラッセルしても疲れも出なかったのになあ。

しょうがない。無理せずにこれからもトレーニングをして体力維持に努めるようにしよう。

パーティーが2つに分かれてしまった。、
けむまき君に待ってもらって、
後ろのメンバーと合流した時点で無線連絡をもらうことにしてラッセルを続ける。

程なく後続からの無線を受け一安心。

山頂部の少し手前にきついところがある。
ここを乗り越えれば山頂まであと少し。

山頂に17時40分到着。

予定していた東稜からのトレースが無い。
今朝少なくとも2パーティー6名が東稜から登るということで入山したはずなのに。

やっぱりこの雪で断念したようだ。
ルンゼからトライしたパーティーも途中で断念したようだ。

金糞峠からも今日は入山していないようだ。

だがこちらは昨日のトレースか?少し残っていることと、
このルートなら下山の自信があったのでこれを下りることに決める。

まもなく後発組も登頂し、少し休憩。
幸いにも山頂から留守本部に携帯が繋がった。

最終下山報告時間より遅れる旨を伝えTamtamを先頭に下山にかかる。
微かなトレースがあるとはいえ結構ラッセルしなくてはならない。

Tamtam頑張ってくれている。
Tamtamのように若い人、新人の人は積極的にラッセルを申し出て欲しいものだ。

ラッセルはやればやるほで上手くなる。

途中尾根通しに左に行かないように注意していたが、
今回もやっぱり間違ってしまった。

100mほど登り返し正規ルートに戻る。

後は所どころなくなって入るが微かなトレースと尾根をみながら金糞峠に。
峠には19時20分到着。

ここで少し休憩をして一気に下の駐車場へ。

ここで登攀具を整理し車の置いてある湖西道路まで。

21時25分着。
早速留守本部に無事下山報告。

12時間余りの行動になってしまった。

無事下山できたから言えることだが、みんなの満足感も一入である。

DSCF3221_convert_20110117224917.jpg
帰着した時の車の状態

それにしてもこんなに厳しい登攀を全部トップで登らせてもらい
ありがとうございました。

記録:
1月9日:南茨木7:00→湖西道路終点9:00~イン谷口9:20~イン谷公園9:50~中央稜取り付き12:10~堂満岳・山頂17:45~金糞峠~19:20~湖西道路21:25→南茨木22:40  

感想、反省事項
牧師さん:
昨日の堂満山行ですが結論からいうとリーダーとしては失敗でした。
結果として夜間行動になってもいいのですが、そのためには、

1) 行動(ルート、時間予測、メンバーの体力と技量、装備等)
2) 在宅への連絡 
3) 天候 などのチェックと明確な判断を行いメンバーに伝えないといけませんでした。

13時40分に2ピッチ終了だったのですが、引き返すならこの時と認識していました。
この時の私の判断は、堂満ピークまで2時間、イン谷まで2時間。ピークからトレースありというものでした。

結果はピークまで4時間弱。イン谷まで3時間。
ピークからのトレースはうっすらでした。

ミスの原因は、堂満の経験豊富なGrampsさんの参加で自身のルート研究がおろそかになったこと、
Grampsさんとあうんの呼吸でやってしまい、ちゃんと話しをしなかったこと。
かと考えています。

ご心配をかけた在宅のみなさま、申し訳ありませんでした。
メンバーのみなさまお疲れ様でした。

山行としてはああいうのもありですが、
リーダーとしての過程と判断が悪かった。
ということです。申し訳ありません。

Fuseさん
大人数で12時間という長い行動、
最後はヘッデン行動というのはわたしにとってははじめての体験となり、
いろいろと感じることが多かったです。

一言で言うと充実した山行で最高に楽しかった、です。
身近な山で今回のような経験ができたのはほんとに貴重だったと思います。

歩いている途中、この場所がもし八ヶ岳とかもっと厳しい山だったら、
吹雪だったらと想像することが何度もありました。

ヘッデン行動で山頂に上がる道は、雪の中を微妙な木登りで、急なところもたくさんありました。
ちょっと沢で藪こぎをしているような感覚があり、プラス雪がたくさん積もっているという状況でした。

その道を、Grampsさん、牧師さん、横田で先頭グループとして歩いていました。
他の皆さんとは、少し離れていました。

お二人がライトだけで交代でラッセルしてくれていたのですが、
3人でいるのに一緒に手伝うことができないのが、不甲斐なく申し訳ないと思って歩いてました。

たとえ10分でもいいから、ほかの人と同じようにスピードを落とさず、
ラッセルができるようになるという今後の課題ができました。

状況が悪くても、前に進まないといけない中では、
出来る人がするということになると思うのですが、

すべてにおいて頼っているいまから早く抜け出して、
すこしづつ自分でも出来ることを増やしていきたいと思います。

(あれ、すいません。去年も同じことを言ってたような記憶がいま。。。)

けむまきです

昨日は、堂満を堪能させて頂き、有難うございます。

中央稜では2番目をやらせて頂き、
雪も多く、怖さと共に楽しく遊ばせて頂きました。

また、Grampaさんと牧師さんの見事なラッセルにただただ圧巻。

特に斜面では、わかんの刺さった後しか残っておらず、
斜め上から蹴り込むイメージはよく理解できましたが、

深い雪の中でどうすればそのようなバランスで進めるものか
経験の深さを痛感しました。

まずは、ラッセルの真似事をする体力を付けていこうと思います。

下山時にはシャリバテもあり、フラフラになっていました。
Kit川さんに頂いたソイジョイで復活♪
あんなに美味しいソイジョイがあるなんて・・・
スポンサーサイト
烏帽子岩 タキシードボディー11c盛り上がろう11b は別掲

タキシードボディー11cは核心部で落ちたら庇で脛を打ちそうなのでトライしたことが無かった。

ブログにも載せているが上記2つを含めて林スラブ11cの3ルートを登ってみたくなりました。
林スラブは2010年5月に登れてしまった。
(その後登っていないのでまた登れなくなっていることでしょう)

「タキシードボディー」は

P1000523_convert_20110307081326.jpg
ここから核心部   photo by Chouさん

2010年1月24日:
1回目:「ジャスティース」から「屋根の上のバイオリン弾き」を登ってトップロープをセットする。残念ながらムーブが全く分からずに登れず。

この日5本目で初トライは疲れているかも知れない。

およそ4ヵ月後の
2010年5月14日:
2回目:TR:林スラブ11cをRPした後、
「ジャスティース11a」を登りそこからTRでトライさせてもらう。

このルートはアプローチが大変である。
登る前に11aのルートを登らなくてはならない。

ホールドも分かったので、
もう一回TRをして感じがよければRPできるかも。

それにしてもこのルートはクリップしそこなうと大フォールが待っているので 怖い。

久し振りにこのルートの開拓者Sさんにお会いする。
彼の身体もかなり快復してきているそうでした。

2010年5月16日:
3回目:「屋根の上のバイオリン」から登って「タキシード」にTRをかける。
2時の遅い昼食後「タキシード」をトップロープ。

簡単にいけると思いきや核心部でホールドが分からずにテンション。

7ヵ月後の
2010年12月10日:
4回目:前回と間が空きすぎて、最初からやり直し。
それも本日8本目じゃとても登れる訳が無い。

2010年12月27日:
5回目:「盛り上がろう11b」をレッドポイントして、
そして今日も8本目じゃとても登れそうも無いがとにかくトライをしておく。

2011年1月7日:
6回目:前回より11日目。
「屋根の上のバイオリン弾き」からトップロープを掛けに行って、今日は早々と5本目でTRトライ。
ノーテンで登れた。

その後は「寄ってらしゃい」「盛り上がろう」「ジャスティース」を登って今日はおしまい。

2011年1月8日:
7回目:今日は少々力が入っているようだ。
「タイムトンネル」「太陽がいっぱい」でアップして、

直ぐにトライしようかと思ったが弱気の虫が出てしまった。
「寄ってらしゃい」から「屋根の上…」経由でTR掛け。

「ジャスティース」からトップロープでトライ。
核心部でホールドが届かずフォール。

やっぱりリードしなくちゃ始まらない。
昼食後にお腹がいっぱいだがトライ。

緊張のせいか「ジャスティース」でかなり力を使ってしまった。
乗っ越しの核心部で決めていた右手のホールドが掴めず。

本能でその少し上の割れ目に指を押さえ込んで
左手は小さなカチに耐えながら大声と共に必死に乗りあがる。

乗っ越せた。そのまま慎重に終了点へ。
感激の後にとても見られた登りではないと自虐の念が追いかけてきた。

この後、もう一度トップロープで登ってみよう。
だがそのTRでのトライは散々であった。

が確かなムーブを見つけたような気がした。
次回は美しく登れそうな予感がしてきた。

以前はあるルートをレッドポイントしようと思えばそこばかりに集中していたが、
最近はそんなに拘らずにに楽しみながらトライできるようになったようだ。
烏帽子岩 盛り上がろう11b タキシードボディー11cは別掲 

盛り上がろう11bは20年ほど前にRPしてその後登っていない。

タキシードボディー11cは
核心部で落ちたら庇で脛を打ちそうなのでトライしたことが無かった。

ブログにも載せているが上記2つを含めて林スラブ11cの3ルートを登ってみたくなりました。
林スラブは2010年5月に登れてしまった。
(その後登っていないのでまた登れなくなっていることでしょう)

「盛り上がろう」は
2010年5月14日:
1回目:この日5本目で初めてトライしてみる。
昔登っていた登り方と違う方法でトライしてみる。

下部の右トラバースができない。
割愛して終了点まで行く。上部核心部は何とか抜けれた。

2回目:TRで下部核心部をトライしてみる。
トラバースせずに直登気味に登ってからトラバースしてみたらいけた。
次回久し振りの再RPできるかな?

2010年5月16日: 
3回目:トラバースでムーブが分からずテンション。
そこを省略して上部第2核心を何とか抜け終了点に。

2日前の「次はいける」の希望は全て夢と消える。
それから登る機会に恵まれず。

2010年12月10日:
4回目:トップロープでトライ。いけそう!

5回目:今度はリードでトライ。ワンテン!

2010年12月16日: 
6回目:TRでトライ。ノーテンでいけた。

そして11日後の
2010年12月27日:
7回目:1本目をプリクリして登りはじめる。
2本目をクリップするのを忘れる。

クライムダウンするも厳しい。
スリップしてあえなくフォール。

8回目:直ぐにトライ。
今度は2本目も忘れずにクリップして順調に登れた。

20年振りの再レッドポイントも感激がありました。 
  年末年始・会山行 八ヶ岳

期間:2010.12.29~2011.1.1
参加者:牧師、Kit川、Fuse、Kuri、Icchiy、Tom永、Tamtam、Gramps

今年の年末・年始の会山行は八ヶ岳東面・旭岳東稜を縦走して赤岳を経て行者小屋に下り、
そこをBCにして赤岳主稜を登る計画であったが、
年末から今季最大の寒波来襲予報で計画を八ヶ岳西面に急遽変更しました。


どこを登るかは天候次第ということで、行ってから決めることにする。
ためにモチベーションもイマイチ上がらず。
まあ雪山に入れるから良いっかといったところ。

IMG_0002_convert_20110106152611.jpg
阿弥陀岳山頂にて

12月29日:
南茨木、新大阪から2台の車に分乗して21時に出発。

12月30日:
1時半中央道・諏訪湖SAに到着。
ここで5時まで仮眠朝食後、美濃戸口に。

服装を整えて、8時20分行者小屋に向けて出発。
美濃戸山荘とその後2回ほど休憩して行者小屋に到着。

途中寒さのためか右親指が痺れるほどに痛くなってきた。
一人先に行かせてもらって小屋で温まっていたら痛みもなくなりほっとする。

程なく皆が到着。テント設営。
設営と同時くらいに東京から栗田さんが到着。15時。

今日はこのままのんびりすることにして、早速宴会開始。
寝る前に時間がありすぎたが、7時には全員就寝。

それにしても天気予報とは違い、少し小雪が舞ったくらいで幸運である。
明日の天気も良く読めないが
取り敢えず安全策で硫黄岳往復とジョウゴ沢でアイスクライミングをやってみることにする。

記録:美濃戸口6:30、8:20~美濃戸山荘9:10、???~行者小屋12:35/12:45/12:55

12月31日:
4時起床、ぐずぐずしていたので出発が7時なってしまった。
天気は良さそう。

DSCF3138_convert_20110106150533.jpg
硫黄岳の登り口

途中で写真を撮ったりしながらのルンルン雪中ハイキングとなる。
最初に写真を撮ったところにオーバーミトン忘れ取りに帰る。一人ロスタイム??分。

DSCF3139_convert_20110106150627.jpg
稜線まで半分来た辺り

稜線前で皆が待ってくれていた。皆に追いつくのに相当アルバイトをしてしまった。

IMG_7041_convert_20110106150707.jpg
やっと追いつきました。

硫黄、横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳と何回見ても飽きない素晴らしい眺望である。

DSCF3142_convert_20110106150809.jpg
碧空の下の硫黄岳を望む

そういえば最初に登ったのは一体何年前かな?

DSCF3143_convert_20110106150903.jpg
目を転じれば阿弥陀岳、赤岳もくっきり見える。最高!

天気は良いが稜線はやはり強い風が吹いている。
昨日痛かった右手親指と人差し指がまた痛くなってきた。

IMG_7053_convert_20110106150939.jpg
硫黄岳山頂での記念写真

それでも山頂までは何とか我慢できたが、
記念写真を撮ってりしていたらもう我慢がしきれずに一人急いで下山させてもらう。

急いで下りたせいで血液循環が良くなってきたのか痛みも冷たさもなくなってきたので一安心。
稜線を少し下りたところで風をよけて休憩。

DSCF3146_convert_20110106151027.jpg
下山時の休憩

私の休憩はこれが初めてで、ある意味で良いトレーニングをさせてもらった。

登山口に到着したがまだ時間も十分あるのでジョウゴ沢でアイスクライミングをして遊ぶことにする。

DSCF3147_convert_20110106151116.jpg
Kuriさんのリード姿

アイスクライミングは殆どしていないのでちょっと緊張気味だが楽しく登れた。

IMG_7065_convert_20110106151145.jpg
Gramps

今回アイスクライミングが初めての人がが8人中4人もいてそれぞれ楽しめたようだ。

IMG_7072_convert_20110106151225.jpg
IMG_7066_convert_20110106151258.jpg

終ってからベースの行者小屋までは30分の道のりであるが中山乗越しの登りが結構きつかったようだ。

今日も早々と宴を開始。
窮屈なテントの中ではあるがそれなりに楽しく過ごせた。

天気が読めないので明日の予定は石尊稜にしておく。
今日も7時半と早い就寝。

1月1日:
夜中に起きたら星が瞬いていた。
午前3時起床でゆっくりするために時間を十分取って6時出発とした。

そのためではないが出発までの時間が余りすぎてしまった。
今日は昼からの天気が怪しいので早く帰れる阿弥陀北稜に変更する。

明るくなってからの出発に変更したために出発は6時40分になった。

トレースもばっちり付いており楽に進めるも、
やがてそのトレースも森林に入った辺りから
昨夜の風によって薄くなってきた。

森林限界を出た稜線で休憩を兼ねて登攀具を装着する。

ここからは左からトラバースしてきた先行者2名のトレースを辿って基部へ。

2人が登るまで少し待って、Gramps・Tom永・Tamu、Kuri・Icchy、牧師・Kit・Yok田の3パーティーで順番に登る。
最初の出だしが慣れていないので厳しかった。

皆は手こずらずに登ってきたのだろうか?上手いもんだ。

2ピッチ目も出だしが少し厳しかった。
その後はロープを解いて山頂まで。

DSCF3148_convert_20110106151343.jpg
Tom永、Tamutamu
DSCF3150_convert_20110106151528.jpg
Tamutamu,Gramps

ガスが出始めて天気も下り坂になってきたようだが、風はあまり無くラッキーだ。
記念写真を撮り下山。

少し下りたところで後続のパーティーを待つことにする。
やがて下方のコルに初級登山学校冬山隊が現われた。

昨日もジョーゴ沢でお会いし今日もここで会うとは不思議な縁?だ。
我が会の生徒のけむまき君も溌剌としていた。

彼らは今から阿弥陀岳に登って帰るそうだ。

最後の牧師パーティーも降りてきたので少し休憩をして下山に掛かる。

テンバまで20分で到着。
ここで今日帰るかどうか議論があったが、

DSCF3153_convert_20110106151621.jpg
行者小屋テン場から見た横岳

今日帰ることで結論が出たのでテンバを撤収して1時15分下山開始。

IMG_7110_convert_20110106151656.jpg
下山前の最後の集合写真

美濃戸山荘で休憩、美濃戸口で東京に帰るKuriさんと分かれて温泉に入り帰阪。

高速道路は最近に無く一度も渋滞に遇わずに帰阪できた。

時間が余ると早く帰りたい組、居残ってのんびりしたい組とが出てきて悩ませる最近である。
あなたはどちら組?

DSCF3166_convert_20110106151743.jpg
翌日の朝。初詣の神社から。昨日元旦は初日の出が見えたそうだ。

DSCF3168_convert_20110106160004.jpg
午前8時。O島さん家方面に太陽が・・・

一部写真をKuriさん、Tom永さんからお借りしました。